新しいバケットを Microsoft Dynamics GP の買掛金管理の [期限切れの試用版の残高の詳細とオプション] のレポートに追加する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:864847
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP および Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯での買掛金管理の [期限切れの試用版の残高の詳細とオプション] レポートに新しいバケットを追加する方法について説明します。
詳細
既定では、[期限切れの試用版の残高の詳細とオプション] レポートは、次の 4 つのエイジング バケットを印刷するのに設定されます。
  • 現在
  • 1 ~ 30 日
  • 31 ~ 60 日間
  • 61 日以上と
買掛金管理のセットアップ] ウィンドウで複数の 4 つのエイジング バケットを使用する場合は、[期限切れの試用版の残高の詳細とオプション] のレポートに追加のエイジング バケットを追加するレポート ライターを使用する必要があります。

[買掛金管理] の [期限切れの試用版の残高の詳細とオプション] レポートには、新しいバケットを追加するには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Dynamics GP では、レポート ライターを開始します。これを行うには、適切なメソッドを使用します。
    • [Microsoft Dynamics GP 10.0、 Microsoft Dynamics GPツール] をポイントし、 [カスタマイズ] をポイントをレポート ライター] をクリックします。
    • および Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯 8.0 では、Microsoft Dynamics GP 9.0 で [ツール] をクリックして[カスタマイズ] をポイントし、レポート ライター] をクリックします。
  2. [製品] ボックスの一覧で、 Microsoft Dynamics GPまたは大草原地帯、] をクリックをし、[ OK] をクリックします。
  3. [レポート] をクリックします。
  4. ModifiedReportsウィンドウにレポートを挿入するには、選択、PM 古くなった TB オプション-詳細 元のレポートの一覧のレポートし、[挿入] をクリックします。
  5. レポートの変更] ボックスの一覧では、 PM 古くなった TB のオプションの詳細を選択し、[開く] をクリックします。
  6. レポートの定義] ウィンドウで [レイアウト] をクリックします。
  7. 新しい演算フィールドを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [ツールボックス] ウィンドウで [レイアウト] タブで、ボックスの一覧でフィールドの計算] をクリックし、[新規] をクリックします。
    2. 計算フィールドの定義] ウィンドウで、次の設定を指定します。
      • 名前: 凡例 19
      • 結果の型:文字列
      • 式の型:計算
      • [関数] タブには、次の設定を指定します。
        • システム定義のオプションをクリックします。
        • 関数:ストリップ
        • [追加] をクリックします。
      • [フィールド] タブで、次の設定を指定します。
        • リソース: RWLegends
        • フィールド:凡例
        • [追加] をクリックします。
        • いくつかの Microsoft Dynamics GP] ウィンドウで、型 19入力配列のインデックスのフィールド、および、[OK] をクリックします。
      • 計算フィールドの定義] ウィンドウを閉じるには、 [ok]をクリックします。
  8. レポートのレイアウト ウィンドウにフィールドを追加します。以下の手順を実行します。

    注: <b> 追加のフィールドを配置するには、する必要があります、レポート内のフィールドを削除または、いくつかの fieldssmaller を作成する必要があります。
    1. 凡例 19フィールドをレポートのレイアウト ウィンドウで [H1] セクションに追加します。これを行うには、凡例 19 ] フィールドを [ツールボックス] ウィンドウで、集計フィールド] ボックスの一覧からレポートのレイアウト ウィンドウで [H1] セクションにドラッグします。凡例 18フィールドの右側にあるこのフィールドを配置する必要があります。
    2. レポートのレイアウト ウィンドウで [H2] セクションに、終了時間の有効期限の期間フィールドを追加します。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. [ツールボックス] ウィンドウで [レイアウト] タブで、ボックスの一覧で古い試算表の午後の文書の一時ファイルを選択します。
      2. 終了金額の有効期限の期間] フィールドを選択し、レポートのレイアウト ウィンドウで [H2] セクションにこのフィールドをドラッグします。
      3. レポートのレイアウト ウィンドウで、終了時間の有効期限の期間フィールドをダブルクリックします。
      4. 配列のインデックスフィールドに、値を5に設定します。
      5. [表示/非表示フィールドに、非表示にすると、空のように選択します。
      6. 計算フィールドが表示されるまでは、 [フォーマット] フィールドのフィールドをクリックします。
      7. ボックスで[フォーマット] フィールドのフィールドの下で、関数と関数のインデックスを選択します。
      8. [OK] をクリックします。
    3. 適用金額のエイジング期間] フィールドをレポートのレイアウト ウィンドウで [B] セクションに追加します。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. [ツールボックス] ウィンドウで、[レイアウト] タブで、ボックスの一覧でTemp PM 古い試算表の適用テーブルを選択します。
      2. 適用金額のエイジング期間] フィールドを選択します。
      3. 適用金額のエイジング期間] フィールドをレポートのレイアウト ウィンドウで [B] セクションにドラッグします。
      4. レポートのレイアウト ウィンドウで、適用される金額のエイジング期間] フィールドをダブルクリックします。レポートのフィールドのオプション] ウィンドウが表示されます。
      5. レポートのフィールドのオプション] ウィンドウでは、配列のインデックスのフィールドに、値を5に設定します。
      6. 計算フィールドが表示されるまでは、 [フォーマット] フィールドのフィールドをクリックします。
      7. [表示/非表示フィールドに、非表示にすると、空のように選択します。
      8. ボックスで[フォーマット] フィールドのフィールドの下で、関数と関数のインデックスを選択します。
      9. [OK] をクリックします。
    4. レポートのレイアウト ウィンドウで [F1] セクションに、仕入先の Totals5フィールドを追加します。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. [ツールボックス] ウィンドウで、集計フィールド] ボックスの一覧から、レポートのレイアウト ウィンドウで [F1] セクションに、仕入先の Totals5フィールドをドラッグします。
      2. レポートのレイアウト ウィンドウで、仕入先の Totals5フィールドをダブルクリックします。レポートのフィールドのオプション] ウィンドウが表示されます。
      3. レポートのフィールドのオプション] ウィンドウで、表示の種類] フィールドにデータを選択します。
      4. 計算フィールドが表示されるまでは、 [フォーマット] フィールドのフィールドをクリックします。
      5. ボックスで[フォーマット] フィールドのフィールドの下で、関数と関数のインデックスを選択します。
      6. [Ok]をクリックします。
    5. 凡例 19フィールドをレポートのレイアウト ウィンドウでの RF セクションに追加します。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. [ツールボックス] ウィンドウで、集計フィールド] ボックスの一覧から、レポートのレイアウト ウィンドウでの RF セクションに19 の凡例フィールドをドラッグします。
      2. 凡例 19 ] フィールドをダブルクリックします。レポートのフィールドのオプション] ウィンドウが表示されます。
      3. レポートのフィールドのオプション] ウィンドウで、表示の種類] フィールドにデータを選択します。
      4. 計算フィールドが表示されるまでは、 [フォーマット] フィールドのフィールドをクリックします。
      5. ボックスで[フォーマット] フィールドのフィールドの下で、関数と関数のインデックスを選択します。
      6. [OK] をクリックします。
    6. 総計 Totals5フィールドをレポートのレイアウト ウィンドウでの RF セクションに追加します。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. [ツールボックス] ウィンドウで、集計フィールド] ボックスの一覧から、レポートのレイアウト ウィンドウでの RF セクションに総計の Totals5フィールドをドラッグします。
      2. 総計の Totals5フィールドをダブルクリックします。レポートのフィールドのオプション] ウィンドウが表示されます。
      3. レポートのフィールドのオプション] ウィンドウで、表示の種類] フィールドにデータを選択します。
      4. 計算フィールドが表示されるまでは、 [フォーマット] フィールドのフィールドをクリックします。
      5. ボックスで[フォーマット] フィールドのフィールドの下で、関数と関数のインデックスを選択します。
      6. [OK] をクリックします。
  9. 保存] をクリックをレポートのレイアウト ウィンドウで、閉じ、変更内容を保存するのには[ok]をクリックします。
  10. レポート ライターを終了します。これを行うには、適切なメソッドを使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 および Microsoft Dynamics GP 9.0 では、 Microsoft Dynamics GP [ファイル] メニューをクリックします。
    • グレートプレーンズ 8.0 では、マイクロソフトのビジネス ソリューションでは、ファイル] メニューの [ Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯をクリックします。
  11. 「PM 古くなった TB-オプションの詳細」レポートへのアクセスを許可します。Todo、適切なメソッドを使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 でこれらの手順に従います。
      1. Microsoft Dynamics GPツール] をポイントし、設定] をポイントし、システム代替/変更フォームとレポート] をクリックします。
      2. 「フォームとレポートの代替/変更」ウィンドウ次設定を指定します。
        • <b00> </b00>ID: 適切な ID を選択します
        • 製品: MicrosoftDynamics GP
        • 種類:レポート
      3. [と/更新日時の代替のフォームおよびレポートの一覧は、購買を展開し、 PM 古くなった TB のオプションの詳細を展開してMicrosoft Dynamics GP (変更済み)] をクリックします。
    • または Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯 8.0 では、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、標準的なセキュリティ ツールを使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [ツール] をクリックしてセットアップ] をポイントし、システム] をポイントし、し、[セキュリティ] をクリックします。
      2. セキュリティのセットアップ] ウィンドウで、次の設定を指定します。
        • ユーザー ID: ユーザーを選択したレポートへのアクセスを許可します。
        • 会社: 会社ごとの現在の使用] を選択します。
        • 製品: MicrosoftDynamics GP
        • タイプ: ModifiedReports
        • シリーズ:購入
      3. PM 古くなった TB オプション-詳細レポートを選択して、アクセス リストで、レポートをダブルクリックし、「PM 古くなった TB-オプションの詳細」レポートの横にアスタリスクが表示されていることを確認します。
    • または Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯 8.0 では、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、高度なセキュリティ ツールを使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [ツール] メニューで、設定をポイントし、システムを指す高度なセキュリティ] をクリックします。
      2. ダイアログ ボックスが表示されたら、[パスワードの入力してください] ボックスで、システムのパスワードを入力し、し、[ OK] をクリックします。
      3. セキュリティの詳細設定] ウィンドウで [現在のユーザーと会社の選択の状態] の [表示] をクリックし、代替、更新日時、およびユーザー設定をクリックし、します。
      4. バージョンがインストールされているかによって、次の手順のいずれかを使用します。
        • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、 Microsoft Dynamics GPを展開します。
        • 大草原地帯 8.0 では、展開でマイクロソフトのビジネス ソリューション -大草原地帯
      5. レポートを展開し、購買を展開し、変更したPM 古くなった TB オプション-詳細レポートを展開します。
      6. バージョンがインストールされているかによって、次の手順のいずれかを使用します。
        • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、 Microsoft Dynamics GP (変更済み)をクリックします。
        • 大草原地帯 8.0 をクリックして Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯 (変更済み) です
      7. [適用] をクリックし、[ OK] をクリックします。

        注: <b> 既定では、高度なセキュリティ ツールを起動すると、現在のユーザーと現在の会社が選択されます。すべての変更は、現在のユーザーと現在の会社に影響します。ただし、高度なセキュリティ] ウィンドウの [ユーザー ] 領域で、他のユーザーを選択できます。セキュリティの詳細設定] ウィンドウの [会社名] 領域で、他の企業を選択できます。
PM 古くなった TB オプション-詳細

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:864847 - 最終更新日: 10/15/2015 03:10:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Report Writer, Payables Management

  • kbnosurvey kbhowto kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB864847 KbMtja
フィードバック