Microsoft Dynamics GP の総勘定元帳の年を終了した後、アカウントの転記タイプを変更します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:864913
現象
転記タイプは、Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年度末決算プロセス中に、口座残高の処理方法を決定します。貸借対照表勘定をロール フォワードして、次の年にし、利益剰余金勘定を損益勘定に展開されます。
原因
転記タイプの 2 つのオプションがある Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳勘定を設定するときにアカウントの管理] ウィンドウで、アカウントの不正な転記タイプを選択した場合にこの問題が発生します:貸借対照表または損益です。
解決方法
使用している Microsoft Dynamics GP のバージョンの下の適切なメソッドを使用します。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

~ Microsoft Dynamics GP 2015、Microsoft Dynamics GP 2013 の R2、およびより高いバージョン ~


テンプレートを使用すると、1 年を再度開いて新しい機能が追加された自分で既に正常に終了しました。この新しい機能により、することができます GL 年を再び開く、GL アカウントの設定の転記タイプを変更閉めだけで GL 年もう一度アカウントを正常に閉じるようにします。これを行うには、次の手順を実行します。

1. すべての会社を終了し、会社のデータベースの現在のバックアップを作成するすべてのユーザーがあります。

注: 場合は、Microsoft Dynamics GP インストール内のすべての会社には、他のユーザーがログインして、メッセージが表示されます、"でシステムの他のユーザーがログインしているために、過去の年を取り消すことはできません」 。すべてのユーザーは、すべての会社からログに記録する必要があります。

2。 Microsoft Dynamics GPで、ツール] をポイントし、財務ルーチンでは、ポイントを会計年度末の終了] をクリックします。

3.、年度末の終了] ウィンドウの下部にある過去の年を逆に] ボタンをクリックします。

4.ファイルを開くには年に終了した過去 1 年を再度開くには、プロセスをクリックします。

5. 会社のデータベースのバックアップを行っていることを確認するのには続行をクリックします。そうでない場合は、[キャンセル] をクリックし、続行する前に会社のデータベースのバックアップを作成します。

注: このプロセスは物理的に GL の開いているトランザクション テーブルに、GL の履歴テーブルからすべての履歴データを移動し、繰上すべての開始残高エントリを逆にします。先に閉じられることは場合と同様、このプロセスは、GL の年度を再度開きます。

6 年を再度開くと次の過去 1 年で何年も、必要に応じて再度開くと、を繰り返すことができますのでにウィンドウが表示されます。以前に閉じられた年から始まる連続の順序で過去の年を再度開くだけです。だけで終了を目的の年を作成したら、これらのウィンドウを再度開きます。

7 次にカードの中に、金融を [アカウント] をクリックします。貸借対照表または必要に応じて、利益および損益転記タイプ] フィールドを変更し、[保存] をクリックする必要があります、GL アカウントを選択します。

8. と GL アカウントの種類の編集が完了したら、Microsoft Dynamics GPでをクリックして、ツール] をポイントし、財務ルーチンでは、ポイントし年度末の終了] をクリックして閉め GL 年をもう一度。必要に応じて、年の最後の終了レポートを印刷して確認します。

メモ: を一度閉め、GL 1 年、ときに、使用されている利益剰余金のアカウントが変更されていないことと、その年の履歴データがパージされていないことを確認ください。

9. GL アカウントまたは必要に応じて、開始残高がないことを確認します。


Q は、いくつかの開始残高をしませんでしたか、GL の accountsin のさまざまな転記タイプを変更しますか?
A: システムでは、過去 1年バックを投稿することができ、これらのトランザクションの別の BBF エントリを作成します。ただし、今すぐ場合は、いったん閉め、年、それらのトランザクションは今すぐに含める BBF エントリを新しいオープンの年に、キーが実際にあるかのようです。過去 1 年の転記ではなく、その年の現在の年のトランザクションと見なされますようになりましたしが再計算されるある BBF エントリに含まれます。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

~ Microsoft Dynamics GP 2013 の SP2、Microsoft Dynamics GP 2010、Microsoft Dynamics GP 10.0、およびすべての以前のバージョン ~

次年度の転記タイプを修正するのには次の方法のいずれかを使用します。

• 場合は、アカウントとは、利益と損失のアカウントは、次の方法 1を使用します。

• 場合は、アカウントとは、貸借対照表の勘定は、次の方法 2を使用します。

注: <b>この資料の手順を実行する前に、問題が発生した場合に復元することができるデータベースの完全なバックアップ コピーがあることを確認します。

方法 1: アカウントとは、' 利益/損失 ' アカウント
貸借対照表のアカウントとしてこのアカウントは年度末決算処理が完了した後、期首残高があります。利益と損失のアカウントにアカウントを変更して、期首残高を逆にするには、次の手順を実行します。
  1. [カード] メニューには、財務をポイントし、[アカウント] をクリックします。アカウントの管理] ウィンドウで、 [アカウント] フィールドで勘定番号を入力します。貸借対照表転記タイプの領域が設定されているかどうかを確認し、[保存] をクリックします。型は、繰り越された残高を相殺して、RE のアカウントを今すぐに影響しないように、バランス シートの種類をここでする必要があります。
  2. 各国通貨での登録または登録されていないかどうかに応じて、以下の方法のいずれかを使用します。
    • 複数通貨管理は、Microsoft Dynamics GP で登録されている場合は、これらの手順に従います。
      1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、財務、] をポイントで複数通貨] をクリックします。
      2. 履歴の管理] 領域では、一般的な勘定科目のチェック ボックスをオフにするをクリックします。
    • 各国通貨での管理に登録されていない場合は、SQL Server Management Studio を開き、会社のデータベースに対して、次のステートメントを実行します。

      UPDATE MC40000 SET MNSUMHST = 0
  3. 変更、 履歴の保持のみが作成された BBF をオフセットすると、前年の実際の仕訳帳のエントリを保持しないことがあるため、総勘定元帳設定ウィンドウで設定します。設定を変更するには、以下の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定をポイントし、財務、] をポイントおよび総勘定元帳] をクリックし、
    2. 履歴の管理] 領域で、[アカウント] チェック ボックスをオンし、[トランザクション] チェック ボックスをオフにするをクリックします。
  4. [許可] 領域では、履歴への転記] チェック ボックスをオンをオンにします。前年度の日付を使用して、相殺仕訳帳エントリを投稿することができるようにします。[Ok]をクリックします。
  5. これ以前の会計年度の Year.To の期間を再度開いて、次の手順に従います。
    1. Microsoft Dynamics GP、[スタート] メニューの [ Microsoft Dynamics GPポイントツール設定をポイントし、会社、] をポイントし、[会計期間] をクリックします。
    2. 会計期間のセットアップ] ウィンドウで、[最近使用した年の Financialperiod が開いていることを確認します。
  6. 不適切な開始残高を相殺する仕訳帳のエントリを入力します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [トランザクション] メニューで、財務をポイントし、し、[全般] をクリックします。
    2. トランザクション エントリ ウィンドウで、逆に、不適切な繰越残高となる損益勘定のトランザクションを入力します。
    3. トランザクションの日付フィールドに、12/31/201 x などの閉じたの会計年度の日付を入力します。

      などの利益と損失のアカウントに、間違った借方期首残高 100.00 ドルの場合は、100.00 ドルの利益の損失のクレジット アカウントのトランザクションを作成し、100.00 ドルの利益剰余金勘定を借方します。
    4. [投稿] をクリックします。(一般的な転記仕訳帳には 2 回のエントリも表示されます。元のエントリの 1 つは、ですが、当社の設定のためできませんを保存するとバランスのオフセットがある BBF エントリには、2 番目のセット。)

      注: <b>履歴の管理の設定が有効になっていないために、トランザクションは現在の年のみを更新します。
  7. 最初同様に、履歴の管理、総勘定元帳設定」ウィンドウで設定を変更します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、財務、] をポイントで総勘定元帳] をクリックします。
    2. 履歴の管理] 領域で、[アカウント] チェック ボックスと、[トランザクション] チェック ボックスを選択するをクリックします。
    3. トランザクション履歴にトランザクションを転記するには、履歴への転記] チェック ボックスの [許可] を選択する] をクリックします。トランザクション履歴にトランザクションを転記するたくない場合は、このチェック ボックスをオフにするをクリックします。[Ok]をクリックします。
  8. どのように当初、か複数通貨を使用しているかどうかによって、複数通貨の設定を変更するのには次の方法のいずれかを使用します。
    • 各国通貨での管理に登録している場合は、これらの手順に従います。
      1. [スタート] メニューの [ Microsoft Dynamics GPの Microsoft Dynamics GP でツール] をポイントし、設定をポイントし、財務、] をポイントし、複数通貨] をクリックします。
      2. 履歴の管理] 領域で、一般的な勘定科目のチェック ボックスをオンにする] をクリックします。
    • 各国通貨での管理に登録されていない場合は、SQL Server Management Studio を開き、会社のデータベースに対して、次のステートメントを実行します。

      UPDATE MC40000 SET MNSUMHST = 1
  9. マークをもう一度、前年度の会計期間を終了するのには、会計期間のセットアップに戻ってください。
  10. 残高を確認することができますので GL アカウント 0.00 ドルは、利益と損失にアカウントの種類を変更できます。カードメニューで、これには、財務、] をポイントし、[アカウント] をクリックします。アカウントの管理] ウィンドウで、 [アカウント] フィールドで勘定番号を入力します。転記タイプ] 領域では、利益と損失のをクリックし、し、[保存] をクリックします。

方法 2: アカウントとは、' 貸借対照表 ' アカウント
年度末決算処理が完了した後、このアカウントと利益と損失のアカウントでは、期首残高は必要ではありません。貸借対照表のアカウントにアカウントを変更して、期首残高を作成するには、次の手順を実行します。
  1. [カード] メニューには、財務をポイントし、[アカウント] をクリックします。アカウントの管理] ウィンドウで、 [アカウント] フィールドで勘定番号を入力します。[転記タイプ] 領域で、バランス シート] をクリックし、[保存] をクリックします。このセクションの後で手順 6 で行った修正のエントリは、当期の期首残高を正しく更新します。バランス シートを選択します。
  2. か複数通貨を使用しているかどうかによって、次のいずれかを使用します。
    • 複数通貨管理は、Microsoft Dynamics GP で登録されている場合は、これらの手順に従います。
      1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、財務、] をポイントで複数通貨] をクリックします。
      2. 履歴の管理] 領域では、一般的な勘定科目のチェック ボックスをオフにするをクリックします。
    • 各国通貨での管理に登録されていない場合は、SQL Server Management Studio を開き、会社のデータベースに対して、次のステートメントを実行します。

      UPDATE MC40000 SET MNSUMHST = 0
  3. 変更、 履歴の管理、次の手順を使用して、総勘定元帳設定ウィンドウで設定します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、財務、] をポイントで総勘定元帳] をクリックします。
    2. 履歴の管理] 領域で、[アカウント] チェック ボックスをオンし、[トランザクション] チェック ボックスをオフにするをクリックします。
  4. 許可] 領域で、履歴への転記] チェック ボックスをオンにし、し、[ OK] をクリックします。
  5. 前年に投稿することができますので、会計年度の期間が開いていることを確認します。そのためには、以下の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、会社、] をポイントで、[会計期間] をクリックします。
    2. 会計期間のセットアップ] ウィンドウで、[最近使用した年度の会計期間が開いていることを確認します。
  6. アカウントの期首残高を作成する仕訳帳のエントリを入力します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [トランザクション] メニューで、財務をポイントし、し、[全般] をクリックします。
    2. トランザクション エントリ ウィンドウでは、貸借対照表の勘定の適切な開始残高を作成するトランザクションを入力します。
    3. トランザクションの日付フィールドに、閉じたの会計年度の日付を入力します。

      たとえば、貸借対照表の勘定は借方期首残高 100.00 ドルのである必要があります、ことクレジット $100.00 と留保利益勘定借方、貸借対照表の勘定 100.00 ドルのトランザクションを作成します。
    4. [投稿] をクリックします。

      注: <b>履歴の管理の設定が有効になっていないために、トランザクションは現在の年のみを更新します。
  7. 最初同様に、履歴の管理、総勘定元帳設定」ウィンドウで設定を変更します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、財務、] をポイントで総勘定元帳] をクリックします。
    2. 履歴の管理] 領域で、[アカウント] チェック ボックスと、[トランザクション] チェック ボックスを選択するをクリックします。
    3. トランザクション履歴にトランザクションを転記するには、履歴への転記] チェック ボックスの [許可] を選択する] をクリックします。トランザクション履歴にトランザクションを転記するたくない場合は、このチェック ボックスをオフにするをクリックします。[Ok]をクリックします。
  8. マークをもう一度、前年度の会計期間を終了するのには、会計期間のセットアップに戻る
  9. どのように当初、各国通貨を使用しているかどうかによって、複数通貨の設定を変更するのには次の方法のいずれかを使用して、またはしていません。
    • 各国通貨での管理に登録している場合は、これらの手順に従います。
      1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、財務、] をポイントで複数通貨] をクリックします。
      2. 履歴の管理] 領域で、一般的な勘定科目のチェック ボックスをオンにする] をクリックします。
    • 各国通貨での管理に登録されていない場合は、SQL Server Management Studio を開き、会社のデータベースに対して、次のステートメントを実行します。

      UPDATE MC40000 SET MNSUMHST = 1
GLYE YEC 元に戻す GL アカウントの種類の変更

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:864913 - 最終更新日: 10/14/2015 16:03:00 - リビジョン: 0.3

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbmbssqlserver kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbmt KB864913 KbMtja
フィードバック