RM の履歴の確認番号を追加する [期限切れの試算表

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:865107
TechKnowledge コンテンツ
ヒント:

債権管理履歴 [期限切れの試算表チェックに適用されている確認番号を追加するのには、次の手順を使用できます。

レポート ライターでは、[テーブル] をクリックします。RM_HATB_Applied_TEMPテーブルを選択し、[開く] をクリックします。

2. [関係] をクリックし、[新規] をクリックします。

3.、セカンダリ ・ テーブルのフィールドでは、 RM のキー ファイルを選択します。

4. セカンダリ テーブルのキー、 Key1を選択します。

5. [プライマリ ・ テーブルの列で、次の順序で次のフィールドを選択します:文書の種類の適用、文書番号から適用します。

6. Report Writerのメイン ウィンドウに戻るまで、さまざまなウィンドウで[ok]をクリックします。

7.レポート] をクリックして、 RM 詳細歴史的古い試算表レポートと開いて挿入することです。

8.レポートの定義] ウィンドウで、[テーブル] をクリックします。

9. RM HATB 適用 TEMPを強調表示し、[新規] をクリックします。

10 RM のキー ファイルを選択し、[ OK] をクリックします。テーブル間のリレーションシップウィンドウを閉じます。

11.レイアウト] ボタンをクリックして、 RM キー ファイルから、レポートの本文セクションに番号の確認] フィールドをドラッグします。確保するためにその他のフィールドを削除することがあります。

12. レポートを保存して Dynamics に戻る。ユーザー設定 - システム - セキュリティ] の下のレポートにセキュリティを付与します。

注:レポート - 販売 - 試用版の残高履歴の期限切れの試算表を選択します。マーキング各国通貨での情報を除外するのには、[レポート] オプションを変更します。各国通貨でのレポートでこのような変更が必要な場合は、手順 7 で MC RM の詳細履歴 [期限切れの試算表を挿入し、複数通貨の情報を除外するのには [レポート] オプションを変更できません。



この資料は TechKnowledge ドキュメント ID:5170 をされました

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:865107 - 最終更新日: 11/18/2015 14:58:00 - リビジョン: 0.1

  • kbnosurvey kbmbsmigrate kbmt KB865107 KbMtja
フィードバック