Microsoft Dynamics GP のキットについての情報

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:865156
はじめに
この資料では、キットおよび Microsoft Dynamics GP および Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯のどちらを使用する方法について説明します。
詳細
キットの数量は、Microsoft Dynamics GP で在庫には追跡されません。キットのコンポーネントの数量が追跡されます。受注または請求書のセットを入力すると、不足の各コンポーネントがチェックされます。キットは、別のキットのコンポーネントにすることはできません。

キットは、販売注文の処理でのみ販売できます。請求では、キットを販売できません。購買注文の処理をキットの増加調整を入力するかは、キットを購入することはできません。コンポーネントは、在庫で追跡されるため、コンポーネントを購入しなければなりません。キットは、インベントリでは追跡されません。

部分的にキットを転送することはできません。たとえば、注文のキット項目、注文の数量は 5 です。2 は、請求書と、受注残を 3 に転送できません。か、請求書または受注残 5 すべて。これは、その他のすべての転送は受注残、請求書、および返します true に設定します。

配布アカウントは、両方のキットおよびアカウントの種類に応じて、キットのコンポーネントから取得されます。キットに使用される転記勘定は次のとおりです。
  • アカウント売掛金勘定の勘定科目の種類は、顧客アカウントのメンテナンスが転記勘定を使用します。
  • 販売アカウントの種類は、キット品目の転記勘定の取引先企業または項目のアカウントの保守を転記する顧客アカウントの管理を使用します。
  • コミッション支出の勘定科目の種類は、販売系列の転記勘定の勘定の転記設定を使用します。
  • コミッション買掛金勘定科目の種類は、販売系列の転記勘定の勘定の転記設定を使用します。
  • 在庫勘定タイプは、コンポーネント品目の転記勘定の項目のアカウントの管理を使用します。
  • コストの適切な販売されるアカウントの種類は、顧客アカウントの管理アカウント、キット品目転記の勘定の項目のアカウントの保守またはコンポーネントの項目を転記勘定の転記を使用します。

注:
  • 顧客に販売注文の処理設定のアカウントからの転記] フィールドを設定すると、売上勘定と販売済み商品の原価勘定が顧客アカウントの管理] ウィンドウから取得されます。
  • 販売注文の処理設定のアカウントからの転記] フィールドをアイテムに設定すると場合、は、販売アカウントがキット項目の項目のアカウントの管理] ウィンドウから取得されます。
  • 販売注文の処理で転記勘定のフィールドは、アイテムに設定されている場合は、売却済商品の原価勘定がキットのアイテムまたはアイテム キット保守ウィンドウ内の設定によって、コンポーネントの項目のいずれかの項目のアカウントの管理] ウィンドウから取得されます。売却済商品のコストフィールドは、コンポーネントからの項目に設定されている場合、販売済み商品の原価のアカウントは、コンポーネント品目の品目のアカウントの保守ウィンドウから取得されます。売却済商品のコストフィールドは、キットからの項目に設定されている場合、販売済み商品の原価勘定は、キット品目の品目のアカウントの保守ウィンドウから取得されます。
  • サービス、フラットな手数料、およびその他の項目の種類は、販売済み商品の原価勘定に転記されません。
Microsoft Dynamics GP では、コンポーネントを割り当てずに、キットを作成することができます。ただし、キットを注文または請求書に入力すると、単位原価は、既定なしと売却済商品の原価勘定、在庫勘定の調整は加えられません。キット アイテム キット保守ウィンドウ内の現在の原価と標準原価を入力される場合でも同様です。売却済商品の原価勘定、在庫勘定は、仕訳帳エントリをトリガーするのには、キットに割り当てられているコンポーネントがある必要があります。エントリの量は、実際のコスト、またはコンポーネントに使用される評価方法に応じて、コンポーネントの標準的なコストになります。

キットの複数の戻り値の数量の種類を取得することはできません。変更したり、トランザクションを入力すると、セットにコンポーネントを追加し、キットの数量を追跡しないためにです。販売項目の詳細ウィンドウで、キットをクリックして、コンポーネントの項目] をクリックして、拡張キット [数量] フィールドの横にある展開ボタンをクリックします。このウィンドウを使用すると、個々 のコンポーネントを複数の戻り値の数量の種類を取得できます。キットの更新は、唯一の [数量] フィールドは、販売数量であることを忘れないでください。キットに入力した数量の戻り値型は、コンポーネントの既定値です。コンポーネントごとに、この戻り値の数量の種類を変更できます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:865156 - 最終更新日: 06/20/2016 21:05:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0, Microsoft Business Solutions-Great Plains 7.5, Inventory Control

  • kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbmt KB865156 KbMtja
フィードバック