Microsoft Dynamics GP で固定資産管理モジュールの年度末の決算手続き

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:865653
注: <b> この資料の手順を実行する前に、問題が発生した場合に復元することができるデータベースの完全なバックアップ コピーがあることを確認します。
概要
このドキュメントでは、Microsoft dynamics の固定資産管理の年度末決算の推奨される手順について説明します。この資料には、これらの手順を完了する場合の手順のチェックリストが含まれています。「関連情報」セクションには、各ステップに関する詳細情報が含まれていますいます。一連のよく寄せられる質問 (FAQ) は次の手順の説明です。
はじめに
次の手順のいずれかを実行する前に、この文書を読みます。ご質問がある、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに問い合わせてください。
詳細

会計年度末のチェックリスト

手順 1: Microsoft Dynamics GP では、買掛金管理のすべての年度末決算手順を実行します。

買掛金管理をまず閉じてください。このアクションは、すべての未処理の固定資産トランザクションは大文字になっていることを保証します。 買掛金管理を閉じることの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
875169 Microsoft Dynamics GP の買掛金管理モジュールの年度末の決算手続き

ステップ 2: 現在の会計年度のすべての固定資産トランザクションを入力します。

すべての追加、変更、転送、および現在の会計年度の償還を転記します。

<b>過去 1 年間には、転送や、退職後のトランザクションを元に戻すを実行してくださいことはありません。

ステップ 3: 現在の会計年度の最終日からのすべての資産の減価償却します。

  1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、ルーチンをポイントし、固定資産] をポイントで減価償却] をクリックします。
  2. 減価償却の対象となる日付ボックスで、現在の会計年度の最後の日付を入力します。
  3. 固定資産のすべてのブックを挿入するには、[すべて] をクリックします。
  4. 減価償却] をクリックします。

    注:非常に重要な現在の FA の会計年度の最終日ですべての資産の減価償却をします。Year-エンドの終了を処理する前に、現在の FA の会計年度の最終日では、すべての資産が減価償却しない、減価償却金額は正しいされません。参照してください第 3 四半期および A3in の詳細について、よく寄せられる質問セクションの下。

ステップ 4: プロセスを実行、GL (GL インターフェイス) を転記する (この手順では省略可能)。

  1. 形状 Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイント ポイントルーチンに、固定資産] をポイントして、 GL 転記] をクリックします。
  2. 先頭期間] ボックスで、次のように入力します。 2015 012.

    <b>、 2015 012プレース ホルダーは、2015年会計年度の 12 の期間を表します。カレンダー年度でが実行されていない場合、または 12 以上の期間がある場合は、期間 typewould を異なるあります。
  3. 期間の終了] ボックスで、次のように入力します。 2015 012.
  4. トランザクションの日付] ボックスで、現在の会計年度の最終日を入力するか、影響する総勘定元帳への転記が必要な場合、日付を入力します。
  5. 続行] をクリックします。
  6. バッチ番号が作成されること、メッセージが表示されたら、[続行] をクリックします。
  7. レポート出力先ウィンドウで、[プリンター ] チェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。

    <b>期末の財務記録の一部としてこのレポートを保存することがあります。

手順 5: レポートの実行、期末、年度末の財務記録の一部として保持します。

固定資産管理では、前の会計年度の日付に年の減価償却金額は保持されません。したがって、年を閉じる前にこの情報が含まれるすべてのレポートを印刷する必要があります。

固定資産の利用可能ないくつかのレポートがあります。次のレポートを印刷することをお勧めします。
  • 年間活動

    年間の活動レポートを印刷するにレポート] メニューの [固定資産] をポイントし、[アクティビティ] をクリックします。
  • 追加機能

    追加のレポートを印刷するにレポート] メニューの [固定資産] をポイントし、[トランザクション] をクリックします。
  • 償還

    償還のレポートを印刷するには、レポート] メニューの [固定資産] をポイントトランザクションレポートの一覧で [償還] をクリックします。
  • 転送

    転送レポートを印刷するにレポート] メニューの [固定資産] をポイントし、[トランザクション] をクリックし、レポートの一覧の [転送] をクリックします。
  • 減価償却の勘定

    減価償却の元帳レポートを印刷するにはレポート] メニューの [固定資産] をポイント減価償却レポートの一覧で、減価償却の勘定を] をクリックします。
  • プロパティの元帳

    プロパティの元帳レポートを印刷するには、レポート] メニューの [固定資産] をポイントし、在庫レポートの一覧で[元帳のプロパティ] をクリックします。
  • 「総勘定元帳の調整には固定資産」

    「固定資産に全般的な元帳の調整」レポートを印刷するには、レポート] メニューの [固定資産] をポイント活動、、、レポートの一覧で [全般的な元帳の調整に固定資産] をクリックしますします。
固定資産帳簿の 1 つ以上の場合は、次のレポートを印刷することお勧めします。
  • 「帳帳を調整」

    「本に本の調整」レポートを印刷するにレポート] メニューの [固定資産] ポイントしし、[比較] をクリックします。
  • 「帳帳同期の減価償却費の比較」

    「本に本年初来比較」レポートを印刷するにはレポート] メニューの [固定資産] をポイント比較レポートの一覧で [本に本年初来減価償却費の比較] をクリックします。

手順 6: 保証の固定資産カレンダーが正しく組み込まれている (この手順では省略可能)。

  1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、ユーティリティ] をポイントし、固定資産] をポイントでカレンダーの作成] をクリックします。
  2. Inquireをクリックし、[確認] をクリックします。期間を確認するメッセージが表示されたら、[ OKを] をクリックします。
  3. レポート出力先ウィンドウで、[画面] をクリックし、[ OK] をクリックします。

手順 7: は、すべての会計年度の四半期が正しく設定されていることを確認します。

  1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、固定資産] をポイントで、[四半期] をクリックします。
  2. 次のボックスが空でないことを確認します。
    • 開始日
    • 中間日
    • 終了日
    <b>これらのボックスは、四半期ごとの存在する必要があります。いずれかのボックスが空の場合は、そのボックスに、適切な日付を入力します。

手順 8: バックアップを作成します。

このバックアップは、年度末のマニュアルの残りの部分と一緒に保管する必要があります。このバックアップを使用すると、年の最後に会社の財務状態の永続的な記録です。さらに、このバックアップを復元する後でそれが必要な場合です。年度末決算手順の実行中に電源が不安定またはその他の問題が発生した場合に迅速に回復できるようにバックアップの保証を行っています。

Microsoft Dynamics GP でバックアップを作成するには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [メンテナンス] をポイントし、し、[バックアップ] をクリックします。
  2. 会社名] ボックスの一覧で会社名をクリックします。
  3. 必要があります、し、[ OK] をクリックした場合は、バックアップのパスを変更します。

手順 9: 固定資産の年度末決算ルーチンを実行します。

  1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、ルーチンをポイントし、固定資産] をポイントで会計年度末] をクリックします。
  2. 書籍ごとに表示されている会計年度は、現在の会計年度であることを確認します。(現在の会計年度とは、閉じようとしている年のことです)。

    <b>ブックの表示されている会計年度は現在の会計年度ではない場合は、次を参照してください。 質問 1 で、「よく寄せられる質問 (FAQ)」です。
  3. 閉じるには、ブック内をクリックし、[挿入] をクリックします。終了するすべての書籍を取り付け終わるまで、この手順を繰り返します。
  4. プロセスを開始するのには [続行] をクリックします。確認するのには [続行] をクリックします。
  5. 最後の日または現在の年の FA を使用して資産を償却することを確認するように促されます。ストアド プロシージャを使用していない場合は、ここで [いいえ] をクリックし、年度の決算を続行する前に行うことです。ある場合は、[はい] をクリックします。
<b>Microsoft Dynamics GP 2013 および以前のバージョンの固定資産の年度末決算ルーチンの中に、レポートが生成されません。Microsoft Dynamics GP 2015 と上位のバージョンは、固定資産の期末決算レポートは、印刷するオプションです。このレポートには、本とこれらの資産の状態で年度末決算プロセスによって影響を受けるすべての資産の一覧が提供されます。

<b>Microsoft Dynamics では、年度末決算ルーチンの中に次の手順を実行します。
  • 資産の [全般情報] ウィンドウで、開始数量] フィールドの数量の展開] ウィンドウに、[数量] フィールドがコピーされます。
  • 展開の最後の保守ウィンドウで、年初来の保守量がクリアされます。
  • 資産帳ウィンドウで、減価償却金額の累計はクリアされます。
  • 次の手順を実行します。
    • 原価基準フィールドは、開始年のコスト] フィールドにコピーされます。
    • 社の減価償却] フィールドは、予約の開始] フィールドにコピーされます。
    • Salvage 値] フィールドは、回収の開始] フィールドにコピーされます。
  • 帳のセットアップ ウィンドウで、現在の会計年度のフィールドが 1 つずつ増加します。

よく寄せられる質問 (FAQ)

Q1: 資産の会計年度末] ウィンドウで [ブックの表示されている会計年度は、終了する年ではありません。最後の年を表示する年を閉じたし、現在の年を閉じていないか。どうしたらいいでしょう。

A1:質問 4 の回答を参照してください。

第 2 四半期: で Microsoft Dynamics GP では、総勘定元帳を閉じたし、今すぐに気がある私がまだクローズされていない固定資産の管理です。この時点で固定資産の年度末決算ルーチンを実行できますか。

A2:終了する総勘定元帳最後に、すべてのモジュールを終了している子会社をお勧めします。ただし、総勘定元帳が閉じられた後は、固定資産の管理を終了できます。GL (GL インターフェイス) を転記する処理を実行できますが、または複数のトランザクション転記できますまたは総勘定元帳では、過去の年に終了した年にします。GL (GL インターフェイス) を転記する処理の詳細については、次を参照してください。 手順 4 期末チェックリスト」に記載します。

総勘定元帳トランザクションを過去の年度を転記するには、総勘定元帳設定」ウィンドウで、次のオプションが選択されているを確認します。
  • 履歴に投稿を許可します。
  • アカウントの履歴を維持します。
  • 履歴トランザクションを管理します。
注:
  • Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳設定ウィンドウにアクセスするにMicrosoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントの設定] をポイントし、財務、] をポイントし、総勘定元帳] をクリックします。
転記済のトランザクションは、過去の年を更新し、ロールバックされます開いている年の開始残高として転送します。場合は、経費勘定または収益のすべてのアカウントは、トランザクションに含まれていた、それらを自動的に閉じます利益剰余金のアカウントまたはアカウントにします。

Q3: 固定資産管理では、年度末のルーチンを実行しましたし、新しい年の減価償却を実行しました。減価償却が過大に高いことと、一部の資産である"正味簿価額] フィールドに負の数が表示されます。システムが多くの減価償却を計算する理由

A3:この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • 年が閉じられました。
  • 資産が会計年度の最終日では償却されません。
次の例を考慮してください。
  • 会計年度は、暦年 (1 月 1 日から 12 月 31 日) です。
  • 資産は、12 月 28日年が閉じられたとき、減価償却されました。
この例では、減価償却はできません正しい減価償却を実行する次にします。システムは再計算されません、年利、年度末決算ルーチンが実行されるとします。したがって、固定資産は 1 年前の年 (12 月 29 日から 12 月 31 日) 内に残っている最後の数日の減価償却費のかかります。減価償却率は、各資産の現在の年のレートです。さらに、その元の寿命の終わり近くにある資産がある場合は、正味簿価額] フィールドはマイナスになる場合があります。

この問題の 2 つの回避策があります。
  • 推奨される回避策
    データをバックアップから復元、2010 年の最後の日から減価償却を実行し、年度末決算の手順を実行します。
  • 別の回避策
    すべての資産の寿命を延ばすをリセットします。
<b>資産の金額は、減価償却の累計フィールドや社は減価償却] フィールドに入力されているこれまで場合、は、資産の寿命を延ばすをリセットすると、これらの金額が変更され、結果が異なる場合があります。資産の寿命を延ばすをリセットすると、減価償却の累計] フィールドまたは社は減価償却] フィールドを変更すると、固定資産管理と総勘定元帳との間の不整合が発生します。これらの矛盾を説明する必要があります。

Q4: 年度末のルーチンを完了すると固定資産管理のため、代わりに手動で変更した帳のセットアップ] ウィンドウで [現在の会計年度"フィールド次の年に。戻ると、年度末決算ルーチンを実行する必要がある新しい年の固定資産管理でのアクティビティの処理を続行できますか。

A4:新しい年の追加、変更、転送、償還、または減価償却費などのアクティビティが実行されていない場合、前年に帳のセットアップ] ウィンドウで [現在の会計年度] フィールドを変更することができ、年度末決算ルーチンを処理することができますし、します。

新しい年の追加、変更、転送、償還、または減価償却費などのすべてのアクティビティが実行された場合、バックアップからデータを復元し、年度末決算ルーチンを続行します。

いずれの場合に、年度末決算ルーチンを実行してください。年度末決算ルーチンが完了しない場合、減価償却の累計] フィールドに金額が廃止された、または前年度が完全に償却されている資産を含むすべてのレポートの事前は。年度末決算ルーチンを実行しない場合、減価償却の累計] フィールドの金額はクリアされません。年初来減価償却] フィールドの金額いない 0 に設定されますをします。したがって、これらの金額は正しく含まれますしない新しい年のレポートに。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:865653 - 最終更新日: 09/18/2016 14:59:00 - リビジョン: 2.7

Microsoft Dynamics GP 2016, Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbhowto kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbinfo kbtshoot kbmbsmigrate kbmt KB865653 KbMtja
フィードバック