Microsoft Dynamics GP で固定資産の管理を設定する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:865914
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP で固定資産の管理を設定する方法について説明します。
詳細
Microsoft Dynamics GP で固定資産の管理を設定すると以下の手順を実行します。

手順 1: は、あらゆる種類の資産情報を追加する前に固定資産の管理の設定します。

固定資産の管理には、あらゆる種類の資産情報を追加できますが、前に入力し、必要なセットアップ情報を入力する必要があります。その他のセットアップ情報は、会社のニーズに応じて、条件付きで必要です。固定資産の管理にいくつかのウィンドウには、セットアップ情報を入力します。これらのウィンドウを開くには、適切なメソッドを使用します。
  • Microsoft Dynamics GP 10.0、およびより高いバージョンでは、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイント固定資産] をポイントし、開くウィンドウの名前をクリックします。
  • Microsoft Dynamics GP 9.0 または以前のバージョンでは、[ツール] メニューの [設定] をポイント ポイントを固定資産、して、開くウィンドウの名前をクリックします。

必要なセットアップ情報

次の windows のセットアップ情報を入力してください。
  • 本クラスのセットアップ

    本クラスのセットアップ] ウィンドウを使用すると、各クラスと、クラスごとに減価償却の書籍についての詳細情報を入力します。通常、クラスごとに、定義した書籍ごとに、本クラスのレコードが作成されます。
  • 帳のセットアップ

    帳のセットアップ] ウィンドウを使用すると、レポート作成の固定資産管理に必要な書籍を定義します。会社ごとに最大 32 個のブックを作成します。ただし、資産を減価償却するが少なくとも 1 つのブックを設定する必要があります。すべての資産は、1 冊の本にする必要はありません。
  • 固定資産の会計カレンダーを作成します。

    ビルド固定資産の会計カレンダーのウィンドウを使用すると、減価償却計算に必要なすべての期間の固定資産管理の会計カレンダーを作成します。過去の年と将来の年が含まれます。Microsoft Dynamics GP eEnterprise または Microsoft Dynamics GP で設定された会計年度期間に基づいて、各会計年度の期間をモデル化されます。
  • クラスのセットアップ

    資産クラスと資産のグループを定義するのには、クラスのセットアップ] ウィンドウを使用します。アカウント情報、保険情報、および減価償却のルールは、定義を基にします。固定資産管理で、少なくとも 1 つのクラスを設定する必要があります。新しい資産を追加すると、その資産をクラスに割り当てる必要があります。
  • 会社の設定

    会社の設定] ウィンドウを使用すると、固定資産管理で、特定のプロセスを制御するパラメーターを設定します。会社の設定] ウィンドウを使用すると、総勘定元帳とのインターフェイスは会社の帳簿を定義します。また、次のようにこのウィンドウを使用します。
    • アカウント情報のオプションを定義するのには
    • 書籍の情報を自動的に追加するには
    • ユーザー データの形式を構成するのには
    • 購買の一連の統合を構成するのには
    • 一般的な情報を構成するのには
  • 四半期のセットアップ

    四半期のセットアップ] ウィンドウを使用すると、年の開始日、中間の日では、各四半期の終了日を定義します。すべての資産への四半期の平均化の規則を使用する場合は、Microsoft Dynamics GP の四半期を定義しなければなりません。大量の廃棄処理や、大量の転送プロセスを使用する場合は、Microsoft Dynamics GP で四半期を定義することもする必要があります。

条件付きで必要なセットアップ情報

会社のニーズに応じて、次のウィンドウの 1 つ以上のセットアップ情報を入力する必要があります。
  • アカウント グループ

    アカウント グループ] ウィンドウを使用すると、目的の既定のアカウントのグループを定義します。アカウント グループの下のすべてのアカウントは、アセットを追加すると、資産、取引先企業レコードに挿入されます。
  • 保険の設定

    保険の設定ウィンドウのような保険料資産をグループのような物価上昇率、および類似の減価償却率を使用します。
  • FA AP 投稿アカウントのセットアップ

    FA AP 投稿アカウントのセットアップ] ウィンドウを使用すると、次のモジュールからインタ フェースを実行するアカウント番号を定義します。
    • Microsoft dynamics GP の買掛金管理
    • Microsoft Dynamics GP で注文処理を購入します。
    通常、このウィンドウ内のアカウントをオフにする固定資産の管理を入力します。
  • リース会社の設定

    リース会社の設定] ウィンドウを使用すると、有効なリース会社を定義します。
  • 場所の設定

    場所の設定] ウィンドウを使用すると、市区町村、郡、および状態によってグループ化されている有効な場所を定義します。通常、固定資産税を報告するためには、このセットアップ情報を入力します。
  • 物理的な場所の設定

    有効な物理的な場所を定義するのには、物理的な場所の設定] ウィンドウを使用します。アイテムを資産ラベルがあり、現物在庫のあるは、このウィンドウを使用できます。
  • 退職後のセットアップ

    退職後のセットアップ] ウィンドウを使用すると、会社が資産を破棄する際に入力することがあります廃棄の有効なコードを定義します。
  • 構造のセットアップ

    構造のセットアップ] ウィンドウを使用すると、全般的な資産情報を追加するときに入力可能な Id の有効な構造を定義します。構造設定ウィンドウには、コスト センターなどの値が含まれる場合があります。この値は、通常、勘定科目表のセグメントと同じ値です。

手順 2: 既存の資産を入力してください。

既存の資産を入力すると、Microsoft Dynamics GP で、次の方法のいずれかを使用することお勧めします。
  • 次のウィンドウを使用します。
    • 資産の一般的な情報
    • 資産のアカウント情報
    • 資産の書籍の情報
    • 他の資産のウィンドウ
    詳細については、FixedAssets.pdf の文書の「固定資産管理カード」の第 4 章を参照してください。このドキュメントでは、ドキュメント フォルダーのサブフォルダーに、Microsoft Dynamics GP アプリケーションです。
  • 資産インポート エクスポート ユーティリティを使用します。
  • 新規インストールに既にインストールされている Microsoft Dynamics GP から固定資産管理データを転送するのにには、変換サービスを使用します。変換サービスの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Dynamics の表を次の理由でインポートなどの他のインポート ツールを使用することはお勧めしません。
  • 各資産には、複数のテーブル内の情報が含まれている可能性があります。
  • コスト、今年に入ってからの減価償却金額、日付までの寿命の減価償却金額、および減価償却累計の情報は必要がありますすべて各資産の帳簿の一致。
会計年度末の資産を追加する場合は、今年に入ってからの減価償却金額がゼロにする必要があり、減価償却累計の情報は、年の最後の日にする必要があります。それ以外の場合、日付までの寿命の減価償却金額は、今年に入ってからの減価償却金額を含める必要があります。減価償却累計については、減価償却費の計算、日付をする必要があります。また、ある書籍の設定レコードの現在の会計年度する必要があります現在の会計年度があります。

手順 3: レポートのレビュー

減価償却の元帳レポートなどのレポートとすべての資産とは、正しい金額を入力したかどうかを確認するのには減価償却の詳細レポートを確認します。詳細については、FixedAssets.pdf の文書の「第 19 章「レポート」を参照してください。

以前のシステムからの残高に対して次の合計のバランスをとる。
  • 1 本あたりのコストの合計
  • ライフの現在までの減価償却の合計
  • 今年に入ってからの減価償却の合計
必要に応じて、次の期間の予測の減価償却を実行できます。次に、投影の定期的なレポートを確認できます。

手順 4: 総勘定元帳のインターフェイスを処理します。

総勘定元帳のインターフェイスを処理する方法の詳細については、「第 14 章 FixedAssets.pdf 文書の「総勘定元帳の統合」を参照してください。

固定資産の管理は、資産を追加すると、総勘定元帳のエントリを自動的に生成されます。財務詳細ファイルには、これらのエントリが格納されています。資産の取引先企業レコードにアカウント番号が正しく入力されているかどうかを確認するのには、総勘定元帳のインターフェイスからのレポートを確認します。

以前、エントリは、Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳に転記、固定資産の管理によって生成される会計のエントリが総勘定元帳に転記されないようにします。固定資産管理のバッチを作成し、財務の詳細ファイル内のレコードにフラグを設定し、します。バッチ番号、トランザクションの日付、日付スタンプ、およびタイム ・ スタンプは、総勘定元帳のインターフェイスで更新されたレコードに追加されます。FATRX を削除してください。xxxx バッチです。

手順 5: 総勘定元帳のインターフェイスを処理するときに作成されるバッチを削除します。

総勘定元帳のインターフェイスを処理すると、バッチが作成されます。Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳には、このバッチを post しません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:865914 - 最終更新日: 03/29/2016 22:58:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0

  • kbexpertisebeginner kbhowto kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB865914 KbMtja
フィードバック