カリフォルニア SDI のセットアップ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:866342
TechKnowledge コンテンツ
質問:

カリフォルニアの SDI (状態疾病保険) 税をセットアップする方法は?

応答します。

この税状態の税の計算に含まれていないことができますローカル税として設定および、W2 では、この領域に含まれています。税の設定は次のとおりです。


1. Microsoft Dynamics GPの下にあるツールで、セットアップ] をポイントし、給与へをクリックして所得税。

2. SDIと、説明、およびその他の収入税の税タイプの税コードをローカルに入力します。

3. から左側にある計算税率の適用後に確認して最大累計課税給与の上を挿入します。

4. 右下隅に税率の量を入力します。

5.、左下にある最大の累計課税対象の給与を入力します。

6. 保存します。

7.カードの [給与] をポイントし、[所得税] をクリックを移動します。この新しい SDI 税コードを割り当てることの従業員 ID を選択します。税金を自動的に計算する場合は、チェック ボックスをオンにします。必要に応じて、セットアップを完了します。

8. コードは、実行する SDI の所得税の対象となる従業員の支払を確認します。



この資料は TechKnowledge ドキュメント ID:7279 をされました

警告: この記事は自動翻訳されています

속성

문서 ID: 866342 - 마지막 검토: 03/29/2016 21:29:00 - 수정: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0

  • kbmbsmigrate kbmt KB866342 KbMtja
피드백