現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

上部と下部のスタブとチェックのレポート セクションのサイズ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:866512
TechKnowledge コンテンツ
質問:

上部と下部のスタブで自分のチェックを変更することで作業しているし、私は参考までにすべきは、[チェック] セクションのサイズとレポートがページ サイズを決定する方法です。

応答します。

Dynamics では、ピクセルを使用します。12 ピクセルは、1 つの行と 6 行と等しいとインチに相当します。上部と下部のスタブとチェックの合計は、常に 792 ピクセル、66 行、または 11 インチに必要です。

チェックはそのままの状態で、次のセクションがあります。
PH = 60 - ここでは、上のスタブのヘッダー情報を印刷します。
B = 12 - このセクションで、スタブの伝票に関する情報を出力します。
F2 = 324 - このセクションでチェックし、一番下のスタブのヘッダー情報を印刷します。
F1 = 36 - このセクションのために必要な印刷の場合、動作が送金の続き
PF = 48 - このセクションでは、何も出力

レポートを印刷するときは、次の順序で各セクションが表示されます。

PH 最初に印刷して、60 ピクセル長であるか、または 5 の線です。
B は、上のスタブの次に印刷され、12 pixles では、このセクションで追加のヘッダーとフッターの設定のための 12 times(12 lines) の印刷します。セクション全体が 144 ピクセル (12 x 12 インチ) であるため
F1 では、次に一番上のスタブの合計金額を印刷して、36 ピクセルまたは 3 本の線は。
F2 キーでは、次に印刷し、324 ピクセルまたは 27 の明細行を印刷します。これは、チェックです。
B 下部スタブをもう一度印刷 12 pixles のですが、ここで追加のヘッダーとフッターの設定のための 12 の times(12 lines) の印刷します。セクション全体が 144 ピクセル (12 x 12 インチ) であるため
F1 下端スタブの合計の再印刷、36 ピクセルまたは 3 本の線。
PF では、最後に印刷され、ページのフッターにフィールドを追加した場合を除き、情報を印刷しません。



この資料は TechKnowledge ドキュメント ID:8120 をされました

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:866512 - 最終更新日: 03/29/2016 03:31:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbnosurvey kbmbsmigrate kbhowto kbmt KB866512 KbMtja
フィードバック
>