買掛金管理の調整ユーティリティ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:866913
TechKnowledge コンテンツ
質問:

[買掛金管理の整合性 utilityfor 集計のオプションを実行するときファイルとする金額またはフィールドは、調整でしょうか。

応答します。

PM 仕入先マスターの概要ファイルに PM のトランザクションを開くファイルを調整するとします。調整には、未適用の支払、未払い財務の請求金額と、今年度中に転記されたトランザクション、支払金額に応じて仕入先の貸方の概要] ウィンドウで現在の残高の合計が再計算します。仕入先の貸方の概要] ウィンドウが更新されるフィールドは、現在の残高] フィールド (開いているファイル内の残りのすべてのドキュメント残高の合計)、未適用の支払残高] フィールドに (残りのファイルを開くで未適用の支払金額)、および財務の請求金額が未払のフィールド (残りの開いているファイル内に存在する未払い財務費用金額) です。調整プロセスが再計算、必要に応じて、口座残高とエイジング期間ごとに年代を文書の正確さ。



この資料は、TechKnowledge ドキュメント ID:920 をでした。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:866913 - 最終更新日: 03/29/2016 01:00:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0

  • kbnosurvey kbmbsmigrate kbmt KB866913 KbMtja
フィードバック