現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SQL Server のディスク コント ローラーのキャッシュの説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:86903
概要
ライト ・ キャッシュの使用 (書き込みとも呼ばれるキャッシュのバックアップ) ディスク コント ローラーの改善できるはずの SQL Server のパフォーマンス。書き込みのキャッシュ コント ローラーと disksubsystems は、具体的に設計し、データ クリティカルなトランザクション データベース管理システム (DBMS) 環境では場合は、SQL Server の安全です。これらのデザイン機能は、systemfailure が発生した場合キャッシュされたデータを保持する必要があります。外部の無停電電源装置 (UPS) 製を使用しては、一般に、障害モードがその電源の areunrelated があるために発生します。

安全に使用することができますキャッシュ コント ローラーとディスク サブシステムでは、SQL Server.Most これらを組み込んでいる新しい専用のサーバー プラットフォームは安全です。ただし、必ずに属してサブシステムが具体的にはテストおよび承認 datacritical トランザクションのリレーショナル データベース管理システム (RDBMS) 環境で使用するために、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。
詳細
SQL Server のデータ修正ステートメントは、論理ページの書き込みを生成します。ライトの Thisstream は 2 つの場所の流れとして考えられますことができます: ログとデータベース自体。パフォーマンス上の理由から、SQL Server は、独自のキャッシュ バッファー システムを介してデータベースへの書き込みを延期します。ログへの書き込みは、コミット時まで遅延 onlymomentarily です。それらはキャッシュされません同様にデータの書き込みとして。ログの書き込みページの常に precedethe のページのデータの書き込み、ログは「先行書き込み」ログと呼ばれることがありますので。

トランザクションの整合性は、オープンソースリレーショナル データベース システムの基本的な概念の 1 つです。アトミック トランザクションには workthat の単位が適用される完全にまたは完全にロールバックします。Serverwrite-先読みを SQL のトランザクション ログは、implementingtransactional の完全性に必要不可欠なコンポーネントです。

リレーショナル データベース システムで予期しない systemfailure からの回復は、トランザクションの整合性を概念ルフォーマット対処する必要も。さまざまな望ましくない実際の効果が原因でこのエラー。多くのデータベース管理システムで lengthyhuman ・ ダイレクトの手動によるリカバリ プロセスは、システム障害が発生可能性があります。

対照的に、SQL Server の復旧メカニズムは、人間の介入なしに完全に自動 andoperates です。たとえば、SQL Server は、ミッション ・ クリティカルな本番アプリケーションと、一時的な電源変動のためのシステム障害の経験 besupporting 可能性があります。復元 ofpower、時に、サーバー ハードウェアが再起動し、ネットワーク ソフトウェアが loadand を初期化し、SQL Server が再起動し。SQL Server では、初期化とこのトランザクション ログのデータに基づいて、リカバリ ・ プロセスを自動的に実行します。このプロセス全体は、人間の介入なしに発生します。クライアント ワークステーションが再起動されるたびに最大表示、入力した最後のトランザクションまでのすべてのユーザーが検索されます。

SQL Server のトランザクションの整合性と自動回復は、verypowerful 時間と人件費の保存機能を構成します。場合は、書き込みキャッシュ コント ローラーが正しくデータで使用するように設計されています重要なトランザクションの DBMSenvironment、それが危険にさらす hencecorrupting は、データベースを回復する SQL Server の機能です。コント ローラーを指定したかどうかは sql Server トランザクション ログの書き込みをコント ボードでは、キャッシュは、ハードウェアのバッファーを受け取りますが、systemfailure の中にページを書き込むこれらは保持されませんこの問題が発生することができます。

大部分のキャッシュ コント ローラーは書き込みキャッシュを行います。書き込み cachingfunction は、常に無効にできません。

サーバーが UPS を使用する場合でもこれは、thecached の書き込みのセキュリティは保証されません。UPS は notaddress であること、さまざまな種類のシステム エラーが発生します。たとえば、メモリ パリティ エラー、オペレーティング システムのトラップ、またはシステム リセットの原因となる、やはり故障 uncontrolledsystem 割り込みを生成できます。ハードウェアの書き込みキャッシュでメモリの障害は alsoresult の重要なログ情報が失われることができます。

Atsystem のシャット ダウンを書き込みキャッシュ コント ローラーに関する別の問題があります。オペレーティング ・ システム、orreboot システム構成の変更時に「サイクル」には珍しいことではありません。場合でも、注意が必要、operatorfollows、システムを再起動する前に中止を待つすべてのディスクの activityhas のオペレーティング システムの推奨はひとつのコント ローラーをキャッシュ書き込みすることもできます。CTRL + ALT + DEL キーの組み合わせを押すと、または theRESET のボタンが押された、キャッシュされた書き込みは破棄され、データベースを potentiallydamaging。

ため besafe を使用するため、データベース ・ サーバでは、ダーティ キャッシュ データを破棄することが可能な accountall にかかるハードウェア書き込みキャッシュすると、デザインすることです。このデザイン機能の wouldinclude を thecaching コント ローラー、オンボード バッテリのバックアップ、およびミラー化または ERC (エラーを無視 & 訂正) メモリの制御されないリセットを避けるための RST バス シグナルの受信のいくつか。これらとデータの損失を防ぐために必要なその他の機能が書き込みキャッシュに含まれていることを確認するには、ハードウェア ベンダーに確認します。

SQL Server では、Microsoft SQL Server Always-On ストレージ ソリューションのレビュー プログラムの下で説明されているように、'安定したメディアへの保証された配信' をサポートするシステムが必要です。のSQL Server データベース エンジンでは、入力と出力の要件の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
967576 Microsoft SQL Server データベース エンジンの入力と出力の要件
prodsms

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:86903 - 最終更新日: 04/28/2015 21:09:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 Integration Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 for Embedded Systems, Microsoft SQL Server 2008 R2 Integration Services, Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 for Embedded Systems, Microsoft SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2, Microsoft SQL Server 2012 SP1 PowerPivot for Microsoft Excel 2010, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, SQL Server 2012 Enterprise Core, SQL Server 2012 Reporting Services, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, SQL Server 2014 Reporting Services

  • kb3rdparty kbhardware kbinfo kbmt KB86903 KbMtja
フィードバック