Microsoft Dynamics GP を起動しようとするときにエラー メッセージ:「信頼関係接続を使用してデータ ソースからログインしようとしては」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:869956
重要: この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。変更する前に、レジストリをバックアップすることを確認します。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
256986 Microsoft Windows レジストリについての説明
現象
Microsoft Dynamics GP を起動しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
信頼関係接続を使用してデータ ソースからログインしようとしています。信頼関係接続を無効にし、ログインし直して、このデータ ソースの SQL Server の設定を更新します。
原因
この問題は、次の原因のいずれかがあります。

原因 1

既定では、Microsoft SQL Server デスクトップ エンジン (MSDE) 2000年は、Windows 認証モードをインストールします。ただし、Microsoft Dynamics GP には、Windows 認証と SQL Server 認証の両方が必要です。「解決方法」の「解決方法 1 を参照してください。

原因 2

ODBC システム DSN で SQL Server 認証する使用していない可能性があります。「解決方法」の「解決方法 2 を参照してください。

原因 3

以前のバージョンからアップグレード後、ユーザー ID に大文字が含まれているために、この問題が発生することができます。ただし、すべての小文字を入力します。「解決方法」の「解決方法 3 を参照してください。
解決方法

解決方法 1

最初にインストールする認証モードを確認してください。これを行うには、次の方法のいずれかの手順に従います。

方法 1: MSDE 2000 を使用する場合

この問題を解決するには、osql コマンドを使用します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 cmdと入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    osql – S サーバー名 – E
    注: <b> このコマンドで、 サーバー名 サーバーの実際の名前を表します。
  3. MSDE 2000 は、Windows 認証を必要とします。インストールされている認証モードを確認するのには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。各コマンドを入力した後、ENTER キーを押します。
    選択します。
    ケース
    serverproperty('IsIntegratedSecurityOnly') = 1 は、Windows のみ
    ときに serverproperty('IsIntegratedSecurityOnly') = 0 は、'SQL および Windows'
    終了
  4. 場合は、返される値は、Windows 認証のみ、LoginMode のレジストリ値を変更することで Windows 認証と SQL Server 認証の両方を認証モードを変更します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。
    注: <b> すべてのステップ 4 を実行するには、代わりに、MSDE 2000 を再インストールし、インストール時に Windows 認証と SQL Server 認証の両方を選択できます。
    • レジストリ エディターを使用します。

      警告 [レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。
      1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regeditと入力し、[OK] をクリックします。
      2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
        HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\INSTANCE\MSSQLServer
      3. 詳細ウィンドウで、 LoginModeをダブルクリックします。
      4. [値データ] ボックスで、次のように入力します。 2と入力し、[OK] をクリックします。
    • Osql コマンドを使用します。
      1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 cmdと入力し、[OK] をクリックします。
      2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。ENTER キーを押します。
        osql-s サーバー名: E
      3. ログインした後、コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
        xp_instance_regwrite N 'HKEY_LOCAL_MACHINE' N 'SOFTWARE\Microsoft\MSSQLServer\MSSQLServer'、'LoginMode'、'REG_DWORD'、2 の N
        実行されている MSDE 2000 の複数のインスタンスがある場合は、次のコマンドを入力します。
        xp_instance_regwrite N 'HKEY_LOCAL_MACHINE' N'SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\インスタンス\MSSQLServer'、'LoginMode'、'編集' の N 2
        注:
        • これらのコマンドでは、 インスタンス SQL Server のインスタンスの実際の名前を表します。
        • LoginMode サブキーは、レジストリに次の値を持つことができます。
          • 1: Windows 認証
          • 2: 混合のモード (Windows 認証と SQL Server 認証)
      注:
      • 変更を反映させるには、コンピューターを再起動する必要があります。
      • Osql コマンドを使用する代わりに、レジストリを変更することにより、次の手順をより簡単に実行できます。

方法 2: SQL Server 2000年、SQL Server 2005 または SQL Server 2008 を使用する場合

  1. SQL Server のバージョンに応じて、手順に従います。
    • SQL Server 2005 または SQL Server 2008 の

      SQL Server Management Studio を起動します。これを行うには、[スタート] ボタン、プログラム] をポイントまたはMicrosoft SQL Server 2008年では、 Microsoft SQL Server 2005年をポイントし、 SQL Server Management Studio] をクリックします。
    • SQL Server 2000年の

      SQL Server Enterprise Manager を起動します。これを行うには、[スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、 Microsoft SQL Server] をポイントし、[ Enterprise Manager ] をクリックしてください
  2. サーバー名を右クリックしをクリックし、 プロパティ
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. チェックは、この SQL Server のインスタンスが Windows 認証のみを使用して、または代わりに SQL Server 認証と Windows 認証の両方を使用するかどうかを確認します。

解決方法 2

ODBC 接続を確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. ODBC データ ソース アドミニストレーター] ウィンドウを開きます。[スタート] ボタン、[実行] をクリックするタイプ odbcad32.exeと入力し、[OK] をクリックします。
  2. システム DSN ] タブをクリックします。
  3. Microsoft Dynamics GP にアクセスするために使用するシステム DSN を選択する] をクリックし、構成] をクリックします。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. ログイン ID と、ユーザーが入力したパスワードで SQL Server 認証を使用する] オプションが選択されていることを確認します。
  6. [ログイン ID ] フィールドで、次のように入力します。 sa.[パスワード] フィールドにパスワードを入力します。その後、[次へ] をクリックします。

解決方法 3

Microsoft Dynamics GP を以前のバージョンからアップグレードした場合、または最近、サービス パックを適用する場合は、パスワードを確認してください。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. ユーザー設定] ウィンドウを開きます。これを行うには、以下の手順を実行します。
    • Microsoft dynamics GP 10.0

      Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、セットアップ] をポイントし、システム] をポイントおよび、[ユーザー] をクリックします。
    • Microsoft Dynamics GP 9.0 および Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯 8.0

      [ツール] メニューで、設定をポイントし、システム] をポイントし、[ユーザー] をクリックします。
  2. [ユーザー ID ] フィールドで、[検索] ボタンをクリックして、問題が発生しているユーザーを選択するのには、選択] をクリックします。
  3. [パスワード] フィールドにパスワードを入力します。その後、[保存] をクリックします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:869956 - 最終更新日: 06/20/2016 21:12:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0, System Manager

  • kberrmsg kbexpertisebeginner kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB869956 KbMtja
フィードバック