多くの COM + アプリケーションを起動すると、「エラー コード 80080005 - サーバーの実行に失敗しました」エラー メッセージが表示される可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:870655
現象
起動すると多くの Microsoft COM + アプリケーション手動でコンポーネント サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインで各 COM + アプリケーションが別のユーザー アカウントで実行されている、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

カタログ エラー: 最後の操作の処理中にエラーが発生しました。エラー コード 80080005 - サーバーの実行に失敗しました。イベント ログには、トラブルシューティングの追加情報が含まれている可能性があります。
イベント ビューアーのアプリケーション ログに次のようなエラー メッセージが表示されます。

種類: エラー
ソース: DCOM
カテゴリ: なし
イベント ID: 10010
日: 2004/31/03
時間: 15時 13分: 30
ユーザー: NT authority \system
コンピューター: MSHSRMSWEBP0007
説明: {F1673109-CF44-468D-9E23-FE4116F84CFA} サーバーが必要なタイムアウト内に DCOM に登録しませんでした。
原因
COM + アプリケーションの多くは、このユーザーのプロパティで指定されている別のユーザー アカウントで実行、コンピューターは、新しいユーザーの新しいデスクトップ ヒープを作成するためのメモリを割り当てることができません。したがって、プロセスを開始できません。
回避策
重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


この問題を回避するには、次のレジストリ サブキーの値を変更します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\SubSystems\Windows
これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regeditと入力し、[OK] をクリックします。
  2. レジストリ エディターで、次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\SubSystems
    既定では、 Windowsのエントリのサブキーには、(全体で 1 つの行) には、次のような値を持ちます。
    %SystemRoot%\system32\csrss.exe ObjectDirectory=\Windows SharedSection=1024,3072 Windows=On SubSystemType=Windows ServerDll=basesrv,1 ServerDll=winsrv:UserServerDllInitialization,3 ServerDll=winsrv:ConServerDllInitialization,2 ProfileControl=Off MaxRequestThreads=16
  3. Windowsのエントリを右クリックし、[変更] をクリックします。文字列の編集] ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. [値データ] ボックスで、SharedSection、SharedSection、512 に追加を見つけて、[ OK] をクリックします。

    新しく変更されたWindowsのエントリは次のとおりです。
    %SystemRoot%\system32\csrss.exe ObjectDirectory=\Windows SharedSection=1024,3072,512 Windows=On SubSystemType=Windows ServerDll=basesrv,1 ServerDll=winsrv:UserServerDllInitialization,3 ServerDll=winsrv:ConServerDllInitialization,2 ProfileControl=Off MaxRequestThreads=16
詳細

現象を再現する手順を実行します。

  1. 100 の別のローカル ユーザー アカウントは、コンピューター上に作成します。
  2. コンポーネント サービス MMC スナップインを開きます。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンし、設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
    2. コントロール パネルの [管理ツール] をダブルクリックし、[コンポーネント サービス] をダブルクリックします。コンポーネント サービスMMC スナップインが表示されます。
    3. 左側のウィンドウでコンポーネント サービスを展開するコンピューター] を展開、マイ コンピューターを展開し。
  3. COM + アプリケーションを作成し、COM + アプリケーションのアプリケーション id を設定します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. COM + アプリケーションを右クリックし、新規作成] をポイントし、[アプリケーション] をクリックします。COM アプリケーション インストール ウィザードへようこそ] ダイアログ ボックスが表示されます。
    2. COM アプリケーション インストール ウィザードへようこそ] ダイアログ ボックスで、[次へをクリックします。インストールまたは新しいアプリケーションの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。
    3. [空のアプリケーションを作成する] をクリックします。空のアプリケーションの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。
    4. 新しいアプリケーションの名前を入力] ボックスで、次のように入力します。 MyCOM1、、[次へ] をクリックします。アプリケーション Id の設定] ダイアログ ボックスが表示されます。
    5. このユーザー] をクリックし、[ユーザー ] ボックスのステップ 1 で作成したユーザー名を入力します。
    6. アプリケーション Id の設定] ダイアログ ボックスで [パスワード] ボックスと[パスワードの確認ボックスで、パスワードを入力し、[次へ] をクリックします。COM アプリケーション インストール ウィザードを使用していただきありがとうございます] ダイアログ ボックスが表示されます。
    7. [完了] をクリックします。
  4. COM + アプリケーションにコンポーネントを追加します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. コンポーネント サービスMMC スナップインの左側のペインでMyCom1を展開します。
    2. コンポーネントを右クリックし、新規作成] をポイントし、[コンポーネント] をクリックします。COM コンポーネント インストール ウィザードへようこそ] ダイアログ ボックスが表示されます。
    3. [次へ] をクリックします。インポートまたはコンポーネントのインストール] ダイアログ ボックスが表示されます。
    4. [既に登録されているコンポーネントをインポート] をクリックします。インポートするコンポーネントの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。
    5. 上のコンポーネント: マイ コンピューターを一覧表示、[コンポーネント] をクリックし、[次へ] をクリックします。COM アプリケーション インストール ウィザードを使用していただきありがとうございます] ダイアログ ボックスが表示されます。
    6. [完了] をクリックします。
  5. 手順 3 を繰り返して別のローカル ユーザー アカウントで実行する 100 の COM + アプリケーションを作成します。
  6. 100 COM + アプリケーションに手順 5 で作成したコンポーネントを追加するのには 4 の手順を繰り返します。
  7. コンポーネント サービスMMC スナップインの左側のウィンドウでは、各 COM + アプリケーション、作成したを右クリックし、開始] をクリックします。一部の COM + アプリケーションを起動すると、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。
関連情報
詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:870655 - 最終更新日: 06/11/2016 19:15:00 - リビジョン: 12.0

Microsoft COM+ 1.0, Microsoft COM+ 1.5

  • kbtshoot kberrmsg kbsnapin kbdcom kbcompmodel kbprb kbmt KB870655 KbMtja
フィードバック