現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP Service Pack 2 または Windows XP Tablet PC Edition 2005 ベースのコンピュータに Bluetooth デバイスを接続できない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Bluetooth デバイスを使用して Microsoft Windows XP Service Pack 2 または Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005 ベースのコンピュータに接続するとき、デバイスが接続を確立できないことがあります。
原因
この問題は、Bluetooth をサポートする Windows XP Service Pack 2 または Windows XP Tablet PC Edition 2005 ベースのコンピュータで発見機能が有効になっていない場合に発生することがあります。発見機能はデフォルトで無効になっています。これは、Windows XP ベースのコンピュータがユーザーの知らない間に、またはユーザーの了承なしで Bluetooth デバイスによって検出されないようにするためです。
回避策
この問題を回避するには、以下の手順を実行して、Bluetooth デバイスによる発見機能を有効にする必要があります。
  1. 通知領域の Bluetooth のアイコンを右クリックし、[Bluetooth の設定を開く] をクリックします。通知領域に Bluetooth のアイコンが表示されない場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、bthprops.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [オプション] タブをクリックします。
  3. [発見機能を有効にする] チェック ボックスをオンにし、[適用] をクリックします。
  4. Bluetooth デバイスがコンピュータに接続できるようにするには、[Bluetooth デバイスによる、このコンピュータへの接続を許可する] チェック ボックスをオンにし、[適用] をクリックします。
Bluetooth デバイスが、Windows XP SP2 または Windows XP Tablet PC Edition 2005 ベースのコンピュータを検出して接続できるようになります。

重要 : 発見機能は、Bluetooth デバイスでコンピュータを検出する必要があるときにのみ有効にしてください。デバイスがコンピュータに追加または接続された後は、発見機能は不要です。発見機能を無効にして、プライバシー保護に役立てることができます。
winxpsp2 xpsp2
プロパティ

文書番号:870882 - 最終更新日: 10/25/2005 07:32:00 - リビジョン: 3.3

Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 (SP2), Microsoft Windows XP Media Center Edition Service Pack 2 (SP2), Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 (SP2), Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005

  • kbtshoot kbconsumer kbprb kbdriver kbconnectivity kbacwsurvey KB870882
フィードバック
ascript"> Asimov.clickstreamTracker.init(); "; document.write("