現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

コンピューターの起動時に iSCSI デバイス上のファイル共有再作成しません。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:870964
現象
Microsoft iSCSI イニシエーター サービスを使用して接続するにはインターネット SCSI (iSCSI) ディスク デバイス。ファイル共有の作成iSCSI デバイス上にあるフォルダーが再作成された場合、共有上に作成される、コンピューターを再起動します。
原因
ISCSI イニシエーター サービスがない場合にこの問題が発生する可能性があります。サーバー サービスの初期化時に初期化します。サーバー サービスを作成します。ファイルを共有します。ただし、iSCSI ディスク デバイスが利用できないため、サーバーiSCSI サービスがされるまでサービスは iSCSI デバイスのファイル共有を作成できません。初期化します。
解決方法

iSCSI イニシエーター 2.x

ISCSI イニシエーター 2.x でこの問題を解決するには、次の手順を実行します。影響を受けるサーバー上。
  1. サーバー サービスでは、iSCSI イニシエーターに依存するようにサービスです。この方法の詳細については、「Make サーバー サービスを参照してください。iSCSI イニシエーター サービスに依存"セクション。
  2. 永続ログオン ターゲットを構成します。これを行うには、使用してください。次の方法の 1 つです。

    メモ場合は、ターゲットを参照してください、 永続的なターゲットタブで、次の手順は必要ありません。

    方法 1: コントロール パネルの iSCSI イニシエーターを使用します。
    1. [コントロール パネル] をダブルクリックします。 iSCSIイニシエーター.
    2. クリックして、 ターゲット タブ。
    3. ターゲットをクリックして、 ターゲットを選択します。リストをクリックし. ログオンします。.
    4. オンにし、 これを自動的にリストアします。システムの起動時に接続 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ].
    方法 2: コマンド プロンプト] ウィンドウを使用します。
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
    2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      iscsicli を使用 persistentlogintarget target_iqn T * * * * * * * * * * * * * * * 0
      target_iqn IQN 名です、ターゲット。
  3. BindPersistentVolumesオプションを iSCSI イニシエーター サービスを構成します。これを行うには、いずれかを使用してください。次の方法では。

    方法 1: コントロール パネルの iSCSI イニシエーターを使用します。
    1. [コントロール パネル] をダブルクリックします。 iSCSIイニシエーター.
    2. クリックして、 ボリュームとデバイスをバインドします。タブ。
    3. クリックしてください。 すべてをバインドします。 すべてをバインドするには永続的なターゲット。または、クリックしてください 追加、し、ドライブを.特定のターゲットをバインドするにはドライブ名またはマウント ポイントです。
    4. クリックしてください。 ].
    方法 2: コマンド プロンプト] ウィンドウを使用します。
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdをクリックし、ENTER キーを押します。
    2. 種類 iscsicli を使用BindPersistentVolumesをクリックし、ENTER キーを押します。

      メモこれは選択すると、 すべてをバインドします。方法 1 のオプション。
メモこの問題が発生する場合は、この解像度を使用します。iSCSI イニシエーター サービスのバージョン 2.x に。

サーバー サービスは、iSCSI イニシエーター サービスに依存します。

次のいずれかのサーバーのサービスを行います.iSCSI イニシエーター サービスに依存します。

方法 1: マイクロソフトのサービスの管理ユーティリティ (Sc.exe) を使用します。

メモこのメソッドを使用すると、レジストリを変更する必要はありません。したがって、このメソッドは、サービスの依存関係を設定する方法です。
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 cmdをクリックし、ENTER キーを押します。
  2. 種類 sc config LanManServer によって異なります MSiSCSI/Samss/Srv =をクリックし、ENTER キーを押します。

    管理している場合アクセス サーバーには、ネットワークのコンピューターからこのコマンドを実行することができます。するにはこれを行う、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    sc \\コンピューター名LanManServer の構成によって異なります MSiSCSI/Samss/Srv =

方法 2: レジストリ エディターを使用して

重要このセクション、メソッド、またはタスクには、方法を示す手順が含まれていますレジストリを変更します。変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります、レジストリが正しくします。そのため、この手順を実行することを確認します慎重に。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。詳細についてはバックアップ、レジストリの復元の次の資料をクリックする方法についてマイクロソフト サポート技術資料を参照する番号:
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


Microsoft Windows 2000
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanManServer
  3. で、 編集 メニューをクリックして 追加値.
  4. 種類 DependOnService 続いて値の名前 ボックスで、クリックしてください REG_MULTI_SZ 続いてデータ型 ボックス、および ENTER キーを押します。
  5. で、 複数行文字列エディター ウィンドウの種類MSiSCSI 続いて データ [].
  6. レジストリ エディターを終了します。
詳細
説明されている手順をスクリプトすることができます、Sc.exe と Iscsicli.exe のユーティリティを使用して、「解決方法」セクション。行うにはこれは、これらのコマンドを使用してバッチ ファイルを作成し、いずれかを実行、バッチ ファイルを直接、または別の方法でバッチ ファイルを実行します。たとえば、実行、バッチ ファイルを使用してグループ ポリシーを使用します。

Microsoft プログラミング例として提供しています図のみ、なし保証明示または黙示のいずれか。これは、含むが、商品性の黙示の保証には、制限はありませんか特定の目的への適合性。この資料で、精通していることを想定しています。例示されているプログラミング言語およびツール作成したりプロシージャをデバッグするに使用されます。マイクロソフトのサポート エンジニア特定のプロシージャの機能について説明することができます。ただし、その機能の追加または作成するには、これらの例は変更されません。プロシージャは、特定の要件を満たすために。

記載されている、操作全体のスクリプトを作成する「解決方法」セクションで、以下を含むバッチ ファイルを作成するテキスト:
sc config LanManServer depend= Samss/Srv/MSiSCSIiscsicli BindPersistentVolumes
ストレージが初期化されている前にサーバー サービスが開始されている場合も非 iscsi ストレージにこの問題に発生します。この場合はを使用して、以下の回避策は、G と仮定して、監視するドライブの文字です。

  1. *.Bat ファイルとしてスクリプトを保存します。
    :Start
    dir G: /AH
    if %errorlevel% equ 0 goto :OK
    ping 127.0.0.1/n 5
    goto :Start
    :OK
    net stop ブラウザー
    net stop netlogon
    net stop dfs
    net stop lanmanserver/y
    net start lanmanserver
    net start dfs
    net start netlogon
    net start ブラウザー
  2. 「起動スクリプト」には、bat ファイルを追加できます。
    a) %systemroot%\System32\GroupPolicy\Machine\Scripts\Startup にバッチ ファイルを配置します。
    b) [gpedit] をローカル コンピューター ポリシーを開きます実行
    c) バッチ ファイルを起動スクリプトに追加します。
詳細については、iSCSI テクノロジとマイクロソフトのサポートします。iSCSI は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
SAN の iSCSI

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:870964 - 最終更新日: 11/12/2012 11:05:00 - リビジョン: 10.1

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2, Microsoft Windows XP Tablet PC Edition, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition

  • kbtshoot kbprb kbmt KB870964 KbMtja
フィードバック