単一の組織単位を共有する Windows XP および Windows 2000 クライアントが応答を停止か、自発的に再起動します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

870997
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Windows XP ベースのコンピューターが Windows 2000 ドメインで単一の組織単位 (OU) を共有、次の現象が発生する可能性があります。
  • コンピューターは、ログオン ユーザーのユーザー アカウントを OU のメンバーである場合、ログオン中に応答が停止します。
  • コンピューターの起動時にそのコンピューター アカウントが OU のメンバーである場合を応答を停止します。
共有する 1 つの OU が Windows 2000 ドメインで Windows 2000 ベースのコンピューター、次の現象が発生する可能性があります。
  • ログオン ユーザーのユーザー アカウントを OU のメンバーである場合のログオン時にコンピューターを再起動します。
  • コンピューター アカウントが OU のメンバーである場合は、起動中に再起動します。
  • コンピューターが繰り返し再起動します。コンピューターがドメイン コント ローラーの場合は、コンピューターのポリシーは 5 分ごと、ドメイン コント ローラーを適用するためより頻繁に再起動します。
さらに、Windows XP ベースのコンピューターで、Windows 2000 ベースのコンピューター上のアプリケーション ログに次のエラーが表示されます。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: アプリケーション
エラーイベント カテゴリ: (100)
イベント ID: 1000年
作成日: 2004 年 2 月 19 日
時刻: 14: 01: 31
説明:エラーが発生したアプリケーション lsass.exe、バージョン 5.2.3790.0 の secur32.dll をモジュール、バージョン 5.2.3790.0、エラー アドレス 0x0000674a の障害。
データ:0000: 6 c 707041 74616369 206e6f69 6 c 6961460010: 20657275 61736c20 652e7373 352065780020: 332e322e ・ 2e303937 ・ 6e692030 636573200030: 32337275 6c6c642e322e3520 3937332e0040: 20302e30 6f207461 65736666 303020740050: 37363030 6134

イベントの種類: エラー
イベント ソース: Winlogon
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 1015年
作成日: 2004 年 2 月 19 日
時刻: 14: 01: 33
説明:重要なシステム プロセス、C:\WINDOWS\system32\lsass.exe、状態コード c0000354 でに失敗しました。コンピューターを再起動する必要があります。

イベントの種類: 情報
イベント ソース: アプリケーション
エラーイベント カテゴリ: (100)
イベント ID: 1004年
作成日: 2004 年 2 月 19 日
時刻: 14: 08: 53
説明:キュー エラーの報告: エラーが発生したアプリケーションの lsass.exe、バージョン 5.2.3790.0 の障害モジュール secur32.dll、バージョン 5.2.3790.0、エラー アドレス 0x0000674a。

詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/events.asp のヘルプとサポート センターを参照してください。

データ:
0000: 41 70 70 6 c 69 63 61 74 Applicat
0008: 69 6 f 6e 20 46 61 69 6 c イオン失敗
0010: 75 72 65 20 20 6 c 73 61 ure lsa
0018: ss.exe が格納 73 73 2e 65 78 65 20 35 されて 5
0020: 2 e 32 2e 33 37 39 30 2e.2.3790。
0028: 30 20 69 6e 20 73 65 秒 63 0
0030: 75 72 33 32 2e 64 6 c 6 c ur32.dll
0038: 20 35 2e 32 2e 33 37 39 5.2.379
0040: 30 2e 30 20 61 74 の 20 6 f o で 0.0
0048: 66 66 73 65 74 20 30 30 ffset 00
0050: 30 30 36 37 34 61 00674a

メモ
  • この問題は、セーフ モードまたは通常モードに発生します。
  • Windows 2000 ドメイン コント ローラーはディレクトリ サービス復元モードで正常に動作する必要があります。
原因
この問題は、不正なグループ ポリシーのリンク (GPLink) 属性によって発生可能性があります。
解決方法

Windows XP

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

Windows XP Service Pack 1 が必要またはこの修正プログラムを適用するのには Windows XP Service Pack 2 をインストールします。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇
Windows XP Service Pack 1
   Date         Time   Version            Size    File name   --------------------------------------------------------------   09-Aug-2004  22:27  5.1.2600.1581     688,128  Userenv.dll         30-Jul-2004  21:29  5.1.2600.1580     594,432  Xpsp2res.dll      
Windows XP Service Pack 2
   Date         Time   Version            Size    File name   --------------------------------------------------------------   09-Aug-2004  21:52  5.1.2600.2504     723,456  Userenv.dll      

Windows 2000

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムを適用するインストールされている Windows 2000 Service Pack 3 が必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇
   Date         Time   Version            Size    File name   --------------------------------------------------------------   24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6824      42,256  Basesrv.dll         21-Sep-2003  00:45  5.0.2195.6824     236,304  Cmd.exe             19-Jun-2003  20:05  5.0.2195.6660     233,744  Gdi32.dll           24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6897     742,160  Kernel32.dll        24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6824      54,544  Mpr.dll             11-Jul-2004  19:31  5.0.2195.6958     335,120  Msgina.dll          24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6892      90,264  Rdpwd.sys   04-Jun-2004  23:13  5.0.2195.6935   5,887,488  Sp3res.dll          24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6897     403,216  User32.dll          11-Jul-2004  19:31  5.0.2195.6958     393,488  Userenv.dll         10-Jul-2004  05:36  5.0.2195.6958   1,631,760  Win32k.sys   11-Mar-2004  02:37  5.0.2195.6898     181,520  Winlogon.exe        25-Sep-2003  18:08  5.0.2195.6826     243,984  Winsrv.dll          24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6897     742,160  Kernel32.dll        10-Jul-2004  05:36  5.0.2195.6958   1,631,760  Win32k.sys   25-Sep-2003  18:08  5.0.2195.6826     243,984  Winsrv.dll    
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
修正プログラム パッケージの名前付けの方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
816915ファイルの新しい名前付けスキーマの Microsoft Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージ
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
クラッシュ winlogon.exe lsass.exe のハングを再起動します。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:870997 - 最終更新日: 01/12/2015 23:52:06 - リビジョン: 2.0

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbwin2000presp5fix kbwinxppresp3fix kbwinxpsp3fix kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB870997 KbMtja
フィードバック