現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Systems Management Server 2003 リモート サイト システムにインストールされている NTFS ボリュームを指定する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:871234
概要
インストール既定では、Microsoft Systems Management Server (SMS) 2003年リモート サイト システムをインストールすると、SMS サイト コンポーネント マネージャー サービスされます、バイナリ (SMS フォルダー)、最も空き領域を含む、NTFS でフォーマットされたボリューム上のサイト システム。 状況、リモート サイト システムを SMS の NTFS ボリュームには特定の列挙を防止で、既定のボリューム以外の NTFS ボリュームを使用すると可能性があります。
詳細
SMS のリモート サーバー上で、NTFS ボリュームの列挙を防止するにはテキスト ファイルは NO_SMS_ON_DRIVE.SMS という、次の SMS 2003 コンポーネント用のバイナリ (SMS フォルダー) をインストールしないすべての NTFS ボリュームのルート フォルダーに NO_SMS_ON_DRIVE.SMS ファイルを置くを作成する必要があります。
  • クライアント アクセス ポイント (CAP)
  • 管理ポイント (MP)
  • サーバー ロケーター ポイント (SLP)
  • SQL_Monitor (SMS プロバイダー)
SMS 2003 サイト コンポーネント マネージャー サービスすべて NTFS ボリュームを列挙し、サイト システムをインストール リモート サーバーに、サイト システムをインストールすると、最も利用可能なスペースを持つドライブ上の SMS フォルダー内のバイナリ ファイルに関連します。 サイト コンポーネント マネージャーのバイナリ (SMS フォルダー)、NO_SMS_ON_DRIVE.SMS ファイルを検出したこの資料に記載されたコンポーネントの場合は、NO_SMS_ON_DRIVE.SMS ファイルが置か NTFS ボリュームにはインストールされます。

いくつか SMS ファイルは、SMS フォルダー以外のフォルダーにインストールされます。 この既定ファイルの場所を変更できません。 たとえば、ファイルは、次のフォルダーにインストールされます。
  • CAP_ sitecode フォルダー

    CAP サイト システムの役割の定義がシステム場合、このフォルダーにインストールされますファイル
  • SMS_CCM フォルダー

    ファイルは、コンピューター上で管理ポイント サイト システムの役割が点灯される場合このフォルダーにインストールされます。
  • Inetpub\wwwroot\SMSComponent および Inetpub\wwwroot\SMSReporting_ sitecode フォルダー

    レポート ポイントの役割がコンピューター上で有効な場合ファイルはこれらのフォルダーにインストールされます。
  • %windir%\System32 フォルダー
メモ デフォルト SMS CAP (CAP_ sitecode) の共有と配布ポイント共有は、NO_SMS_ON_DRIVE.sms ファイルで影響いません。 またの場所を共有のシステムの種類を指定する、SMS 管理者によって作成されたカスタム共有を使用して制御できます。

SMS 2003 SP2 の CAP と配布ポイント NO_SMS_ON_DRIVE.sms の認識を使用できます。

バージョンでは、SMS 2003 SP2 より前、既定の SMS CAP (CAP_ _ < サイトコード >) 共有し、配布ポイント共有は受けません、NO_SMS_ON_DRIVE.sms ファイル。 また、システムの種類の共有を指定して、SMS 管理者によって作成されるカスタム共有を使用場所制御できます。 SMS 2003 SP2 のインストールの CAP と配布ポイントに対して、機能を提供 SMS の NTFS ボリュームには特定の列挙を防止して、NTFS ボリュームの既定のボリューム以外を使用します。
関連情報
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
322588システム管理サーバーをインストールするときに、既定のクライアント アクセス ポイントの位置を指定することはできません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:871234 - 最終更新日: 11/29/2006 17:40:00 - リビジョン: 3.2

Microsoft Systems Management Server 2003 Enterprise Edition

  • kbhowto kbmt KB871234 KbMtja
フィードバック
/html>