Microsoft Dynamics GP で空白の請求書フォームを SOP レポートに売上税の詳細の合計を印刷する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:871608
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP で SOP 空白の請求書フォーム、レポートに売上税の詳細の合計を印刷するレポート ライターを使用する方法について説明します。
詳細

手順 1: Reports.dic ファイルをバックアップします。

  1. 適切なメソッドを使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 2010 GP 10.0、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントシステム] をポイントし、起動ファイルの編集] をクリックします。
  2. パスワードの入力を求められた場合は、システムのパスワードを入力します。
  3. Microsoft Dynamics GP] をクリックします。Reports.dic ファイルのパスは、 [レポート] ボックスに表示されます。
  4. Reports.dic ファイルをバックアップします。

レポート ライターを開く手順 2。

  1. 適切なメソッドを使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、 [カスタマイズ] をポイントおよびレポート ライター] をクリックします。
    • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 で、[ツール] メニューの[カスタマイズ] をポイントし、レポート ライター
  2. 製品の一覧では、 Microsoft Dynamics GPをクリックし、し、[ OK] をクリックします。

手順 3: テーブルをリンクします。

  1. [テーブル] をクリックします。
  2. テーブル ウィンドウでは、 SOP_LINE_WORKをクリックし、し、[開く] をクリックします。
  3. 関係をクリックし、[新規] をクリックします。
  4. セカンダリ テーブルのフィールドの横にある省略記号ボタン (...) をクリックして、売上税の作業時間と履歴をし、[ OK] をクリックします。
  5. セカンダリ テーブルのキー ] ボックスの一覧では、 SOP_TAX_WORK_HIST_Key1をクリックします。
  6. 主テーブル: 販売トランザクション金額の作業] 列で、次のフィールド] をクリックします。
    • 二次表の列に表示されているSOP タイプのフィールドと一致するSOP タイプのフィールドをクリックします。
    • 二次表の列に表示されているSOP の番号のフィールドと一致するSOP の数値フィールドをクリックします。
  7. [OK] をクリックします。
  8. テーブルのリレーションシップ ウィンドウを閉じます。
  9. [ OK] をクリックし、テーブル ウィンドウを閉じます。

手順 4: SOP 空白の請求書フォームのレポートを開く

  1. [レポート] をクリックします。
  2. 元のレポート ウィンドウで、 SOP 空白の請求書フォームをクリックし、[挿入] をクリックします。
  3. レポートの変更ウィンドウで、 SOP 空白の請求書フォームをクリックし、[開く] をクリックします。

手順 5: リンク テーブルを追加します。

  1. レポートの定義] ウィンドウで [テーブル] をクリックします。
  2. 販売のシリアル番号やロット作業と履歴をクリックし、[削除] をクリックします。テーブルを削除するメッセージが表示されたら、[ OKを] をクリックします。
  3. 販売トランザクション金額の作業をクリックし、[新規] をクリックします。
  4. 売上税の作業時間と履歴をクリックし、[ OK] をクリックします。
  5. [閉じる] をクリックします。

手順 6: を削除し、新しい制約を作成

  1. レポートの定義] ウィンドウで、[制限] をクリックします。
  2. レポート制限] ウィンドウでをクリックしての種類と数の SOP_Serial_Lot = 自己、し、[削除] をクリックします。制限を削除するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  3. レポート制限] ウィンドウで [新規を] をクリックします。
  4. [制約名] フィールドで、次のように入力します。 SOP_Tax_Work = 自動.
  5. レポート テーブルの一覧の [売上税の作業と履歴 SOP タイプテーブルのフィールド] ボックスの一覧で、[フィールドの追加] をクリックします。
  6. [演算子] セクションでは、 =をクリックします。
  7. [フィールド] セクションで、フィールドの追加をクリックします。

    制約式] ボックスには、次の情報が表示されます。
    SOP_Tax_WORK_HIST.SOP Type= SOP_Tax_WORK_HIST.SOP Type
  8. [ OK] をクリックして、レポート制限] ウィンドウを閉じます。

演算フィールドを作成する手順 7。

<b>各税詳細集計フィールドを作成します。
  1. [レイアウト] をクリックします。
  2. ツールボックス] の一覧でフィールドの計算] をクリックし、[新規] をクリックします。
  3. [] フィールドには、税の詳細の名前を入力します。
  4. 結果の種類] ボックスの一覧の [通貨] をクリックし、式の型] ボックスの一覧で [条件] をクリックします。
  5. 売上税と履歴をクリックして、リソースの一覧で、税詳細 IDフィールド] ボックスの一覧で、[追加] をクリックします。
  6. [演算子] 領域では、 =をクリックします。
  7. [定数] をクリックして、[種類] ボックスの [文字列] をクリックして、税詳細 ID を入力して、[定数] フィールドとし、[追加] をクリックします。
  8. [演算子] 領域で [ ANDを] をクリックします。
  9. [フィールド] タブをクリックします。
  10. [タイプ] フィールドで、次のように入力します。 販売トランザクションの量の作業.[フィールド]フィールドで、次のように入力します。 コンポーネントのシーケンス.次に、[追加を] をクリックします。
  11. 定数をクリックし、整数を [種類] ボックスの [種類] をクリックしてください 0定数、フィールドし、[追加] をクリックします。
  12. True の場合[式] ボックスをクリックします。
  13. フィールドをクリックして売上税と履歴をクリックして、リソースの一覧で、売上税金額フィールド] ボックスの一覧で、し、[追加] をクリックします。
  14. False の場合[式] ボックスをクリックします。
  15. 定数をクリックし、[種類] ボックス、型の [通貨] をクリックしてください 0.0000定数、フィールドし、[追加] をクリックします。

    条件付き計算されるフィールドは次のとおりです。
    SOP_TAX_WORK_HIST.TaxDetail ID="your tax detail ID" AND SOP_LINE_WORK.Component Sequence = 0 True Case: SOP_Tax_WORK_HIST.Sales Tax Amount False Case: 0.0000
  16. [OK] をクリックします。

手順 8: (C) シリアル ロット数量の集計フィールドを変更します。

  1. ツールボックス] の一覧でフィールドの計算] をクリックして(C) シリアル ロットの数量をし、[開く] をクリックします。
  2. 次のフィールドに式を削除します。
    • 条件付き
    • True の場合
    • False の場合
  3. 結果の種類] ボックスの一覧で [整数] をクリックし、式の型] ボックスの一覧で [計算] をクリックします。
  4. 定数をクリックし、整数を [種類] ボックスの [種類] をクリックしてください 0定数、フィールドし、[追加] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。

手順 9: レポートのセクションの設定を行います。

  1. [ツール] メニューには、セクションのオプションをクリックします。
  2. [本文] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[ OK] をクリックします。

手順 10: レポートのレイアウトを構成します。

  1. ツールボックス] の一覧では、集計フィールドをクリックします。
  2. 各税詳細集計フィールドを作成する] をクリックし、レポート レイアウト上のRFセクションにドラッグします。
  3. レポートのレイアウトでは、レポートのレイアウトに追加した各フィールドをダブルクリックします。
  4. レポートのフィールドのオプション] ウィンドウで [合計] をクリックします、表示タイプ リストです。
  5. [OK] をクリックします。

手順 11: レポートを保存して、レポート ライターを終了し、

  1. レポートを閉じます。
  2. 変更を保存するメッセージが表示されたら、[保存] をクリックします。
  3. レポートの定義] ウィンドウで [ OKを] をクリックします。
  4. ファイルをクリックし、 Microsoft Dynamics GP] をクリックします。

手順 12: は、変更後のレポートにセキュリティ アクセス許可を割り当てる

変更後のレポートには、セキュリティのアクセス許可を割り当て、次の手順を使用します。
  1. Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、セットアップ] をポイントし、システム] をポイントおよび代替/変更フォームとレポート] をクリックします。
  2. ID ] ボックス代替と更新日時のフォームおよびレポートの IDがこの変更後のレポートを印刷するユーザー ID に関連付けられている入力します。
  3. 製品の一覧では、 Microsoft Dynamics GPをクリックします。
  4. 種類] ボックスの一覧で [レポート] をクリックします。
  5. Salesフォルダーを展開します。
  6. 変更したレポートのフォルダーを展開します。
  7. Microsoft Dynamics GP (変更済み)を選択する] をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。
  9. Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、セットアップ] をポイントし、システムをポイントおよびユーザーのセキュリティ] をクリックします。
  10. ユーザーの一覧で [ユーザ ID] をクリックします
  11. 会社] ボックスの一覧で、[会社] をクリックします。
  12. /更新日時の代替のフォームおよびレポートの ID ] ボックスの一覧で、手順 2 から ID をクリックします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:871608 - 最終更新日: 09/22/2016 01:01:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Report Writer, Sales Order Processing

  • kbnosurvey kbexpertisebeginner kbhowto kbmbsmigrate kbmt KB871608 KbMtja
フィードバック