日過去オプションを使用して RM の古くなった試算表の支払期日

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:871674
TechKnowledge コンテンツ
質問:

各請求書に RM 期限切れの試算表のオプションでの日過去期日を印刷することですか。

応答します。

はい。Report Writer で次のようにこの変更を行う必要があります。

IntoReport ライターを移動 (ツールのカスタマイズ ・ レポート ライター)。

レポートを開きます。

トップ メニュー バーから [レポート] アイコンをクリックします。

元のレポート画面から、RM の詳細 [期限切れの試算表のオプションを強調表示し、挿入を選択します。

変更レポートにある、同じレポートを強調表示し、 [開く] ボタンを選択します。

レポートの定義] ウィンドウで、[レイアウト] ボタンを選択します。

計算されるフィールド:

ツールボックスでは、ドロップ ダウン リストからフィールドの計算を選択します。

[新規作成] を選択します。

計算フィールドの定義] ウィンドウで、名前として日過去期限を入力します。

結果の型のドロップダウン リストから整数を選択します。

式の型は、条件付きにする必要があります。

条件式の中にカーソルを置きます。

[フィールド] タブを選択します。

レポート テーブルのドロップ ダウン リストをクリックし、RM の文書の一時ファイルを選択します。

テーブルのフィールドのドロップダウン リストをクリックし、RM ドキュメントの種類ですべてを選択、[追加] ボタンを選択します。

[演算子] セクションでは、=] ボタンを選択します。

[定数] タブを選択します。

タイプのドロップ ダウン リストをクリックし、整数値を選択します。

[定数] フィールドに1と入力し、[追加] ボタンを選択します。

[演算子] セクションで、[AND] ボタンを選択します。

[演算子] セクションで、(ボタンを選択します。

レポート テーブルのドロップ ダウン リストをクリックし、RM の文書の一時ファイルを選択します。

テーブルのフィールドのドロップダウン リストをクリックし現在のトランザクション ・量を選択し、[追加] ボタンを選択します。

[演算子] セクションを選択して、<>ボタン。

[定数] タブを選択します。

タイプのドロップ ダウン リストをクリックし、通貨を選択します。

0.00000を [定数] フィールドに入力し、[追加] ボタンを選択します。

[演算子] セクションでは、)ボタンを選択します。

True の場合カーソルを置きます。

[フィールド] タブを選択します。

レポート テーブルのドロップ ダウン リストをクリックし、[システム環境変数を選択します。

テーブルのフィールドのドロップダウン リストをクリックしユーザーの日付を選択し、[追加] ボタンを選択します。

[演算子] セクションでは、-] ボタンを選択します。

[フィールド] タブを選択します。

レポート テーブルのドロップ ダウン リストをクリックし、RM の文書の一時ファイルを選択します。

テーブルのフィールドのドロップダウン リストをクリックし、期限の日付を選択、[追加] ボタンを選択します。

False の場合カーソルを置きます。

[定数] タブを選択します。

タイプのドロップ ダウン リストで] をクリックし、整数値を選択します。

[定数] フィールドに0を入力し、[追加] ボタンを選択します。

条件式は次のようになります。

RM_Document_TEMP.RM ドキュメント タイプのすべて = 1 で (RM_Document_TEMP。現在のトランザクション ・ サイズ<>0.00000)

True の場合:ユーザーの日付: RM_Document_TEMP。期日

False の場合:0

[OK] を選択します。

ツールボックスでは、ドロップ ダウン リストからフィールドの計算を選択します。

[新規作成] を選択します。

計算フィールドの定義] ウィンドウで、名前と過去の Due2 の日を入力します。

結果の型のドロップダウン リストから整数を選択します。

式の型は、条件付きにする必要があります。

条件式の中にカーソルを置きます。

[フィールド] タブを選択します。

Leの [レポート] タブのドロップ ダウン リストをクリックし、集計フィールドを選択します。

テーブルのフィールドのドロップダウン リストをクリックし、日過去期限を選択して[追加] ボタンを選択します。

[演算子] セクションを選択して、ボタン。

True の場合カーソルを置きます。

[定数] タブを選択します。

タイプのドロップ ダウン リストをクリックし、整数値を選択します。

[定数] フィールドに0を入力し、[追加] ボタンを選択します。

False の場合カーソルを置きます。

[フィールド] タブを選択します。

レポート テーブルのドロップ ダウン リストをクリックし、集計フィールドを選択します。

テーブルのフィールドのドロップダウン リストをクリックし、日過去期限を選択して[追加] ボタンを選択します。

条件式は次のようになります。

日期日<>

True の場合:0

False の場合:日期日

[OK] を選択します。

レポートにフィールドを導入するには。

ツールボックスでは、ドロップ ダウン リストからフィールドの計算を選択します。

スクロール ウィンドウに日の過去の Due2を検索し、レポート上のH2のセクションにドラッグします。

レポートのレイアウトでダブルクリックし、fieldthat だけが、かつてレポートにします。

レポートのフィールドのオプション] ウィンドウで、表示の種類は、非表示にすると、空に設定されていることを確認します。

データフィールドの種類を設定します。

[OK] を選択します。

レポート ライターを終了します。B >

レポートのレイアウトウィンドウの右上隅のXを選択します。

変更内容を保存します。

レポートの定義] ウィンドウで[ok]をクリックします。

最上位のメニュー バーから、ファイルの大草原地帯の力学を選択します。

Dynamics 内でセキュリティの設定] ウィンドウ (セキュリティの設定 → システム →) では、変更後のレポートにユーザーをアクセスできるようにします。





この資料では、TechKnowledge のドキュメント ID をでした。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:871674 - 最終更新日: 04/04/2016 22:24:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0

  • kbnosurvey kbmbsmigrate kbmt KB871674 KbMtja
フィードバック