Microsoft Dynamics GP での会計年度の期間を再作成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:871789
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP で会計年度期間を作成し直す方法について説明します。テーブルが破損しているため、またはエラー メッセージが表示されたら、会計年度期間を再作成する必要があります。

注: <b>手順を実行する前にトランザクションの履歴を保持することと、過去の取引履歴を維持することを確認してください。トランザクションの履歴を維持していない場合は、調整を実行する、概要の情報は失われます。調整-、時に概要情報は詳細なトランザクション情報を調整します。調整に使用する概要の詳細は、調整を続行する場合は、していた情報は失われます。情報を復元する唯一の方法は、バックアップからです。会計年度期間を再作成する前に、または、調整を続行する前に、有効なバックアップがあることをお勧めします。

注: <b>会計年度期間を再作成するときは、期間の説明がリセットされます。などの期間 1 年 1 月など、期間の説明を入力する場合、これらの説明はリセットされます。
詳細
会計年度期間を再作成するには、以下の手順を実行します。

注: <b>履歴の場合は、会計年度期間を変更できません。
  1. 会計年度の期間のレポートを印刷します。同じ会計期間をもう一度を設定するには、後でこの詳細を必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. レポート会社設定] をクリックします。
    2. レポートの一覧では、会計年度期間をクリックします。
    3. 新規レポートの新しいオプションを作成する] をクリックします。
    4. 会社のセットアップ レポートのオプション] ウィンドウでは、オプションのフィールドで、レポートの (任意) の名前を入力します。
    5. [印刷] をクリックします。[OK] をクリックします。
    6. どの年の歴史的なを確認するのには、 Microsoft Dynamics GPの下にあるツールの [設定] をポイントし、会社をポイントし、[会計期間] をクリックを移動します。各年度を選択し、過去 1 年のチェック ボックスをオンになってかどうかに注意してください。過去 1 年のチェック ボックスがマークされている場合は、年は閉じられていません。
  2. 会社のデータベースに対して、次のステートメントを実行します。
    delete SY40100delete SY40101
  3. Microsoft Dynamics GP でMicrosoft Dynamics GP] メニューの [ツール] をポイントセットアップ] をポイントし、ポイント会社にして、会計期間] をクリックします。
  4. 手順 1 で印刷するレポートの会計年度期間に合わせて、各会計年度期間を設定します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [] ボックスの一覧で、1 年をクリックします。
    2. [ 1 日] フィールドでは、会計期間の最初の日を入力します。
    3. [最終日] フィールドでは、会計期間の最後の日を入力します。
    4. [期間] フィールドでは、会計年度の期間の数を入力します。
    5. 手順 1 で印刷するレポート内で過去 1 年である場合は、過去 1 年チェック ボックスをオンをクリックすることを確認します。
    6. [計算] をクリックします。
    7. レポートでは、各年のステップ 4f を介して手順 4a を繰り返します。
  5. すべての会計期間を設定した後 [ OKを] をクリックします。
  6. Microsoft Dynamics GP では、Microsoft Dynamics GP] メニューの [ツール] をポイントし、ユーティリティ] をポイントし、財務、] をポイントで、[整合性] をクリックします。
  7. [] チェック ボックスをオンにします。
  8. 会計年度期間に過去数年の場合は、[履歴] をクリックします。最も古い履歴年に最初に開始します。などの場合は、過去数年は、2010年、2011年、2012年には、最初に開始 2010年を使用します。過去数年がいない場合は、開いている最も古い年から開始します。
  9. [調整] をクリックします。Microsoft Dynamics GP は、今すぐすべての総勘定元帳勘定を処理し、アカウントの詳細をアカウントの概要情報の整合性を保ちます。
  10. 過去数年のすべての処理が正しい順序で年を開くまで、手順 6 から手順 9 を繰り返します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:871789 - 最終更新日: 12/14/2015 20:09:00 - リビジョン: 0.2

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbinfo kbexpertisebeginner kbhowto kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB871789 KbMtja
フィードバック