発注書番号と購入の日付の入庫レポート

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:871951
TechKnowledge コンテンツ
問題:

購買入庫レポートに PO 番号と日付を取得する方法はでしょうか。

解像度:

リンク。

トップ メニュー バーから、[テーブル] アイコンを選択します。

テーブル ウィンドウで、IV_Purchase_Receipts を強調表示し、[開く] ボタンを選択します。

テーブル定義ウィンドウで、[リレーションシップ] を選択します。

新規作成] ボタンを選択します。

New:

セカンダリ テーブルの行の左側に [楕円] ボタンをクリックします。(3 つのピリオドが付いたボタン)

購入レシートの明細行の履歴を選択し、[OK] をクリックします。

セカンダリ テーブル キーの選択] の:POP_RcptLineHistIdx_ItemNum

適切なフィールドと一致します。

主テーブル: セカンダリ テーブル:

品目番号の品目番号

POP 受信確認番号を空白のままに

受領書行番号を空白のままに

[Ok]を選択します。

閉じるテーブルのリレーションシップ ウィンドウをウィンドウの右上隅にある [X] をクリックします。

[Ok]をクリックします。



テーブル ウィンドウで、POP_ReceiptLineHist を強調表示し、[開く] ボタンを選択します。

テーブル定義ウィンドウで、[リレーションシップ] を選択します。

新規作成] ボタンを選択します。

New:

セカンダリ テーブルの行の左側にある Elipse ボタンをクリックします。(3 つのピリオドが付いたボタン)

購入注文の作業を選択し、[OK] をクリックします。

セカンダリ テーブル キーの選択] の:POP_POIdxID

適切なフィールドと一致します。

主テーブル: セカンダリ テーブル:

PO NumberPO 数



[Ok]を選択します。

新規作成] ボタンをもう一度選択します。購買入庫の在庫表に、発注書の履歴テーブルをリンクする必要があります。

New:

セカンダリ テーブルの行の左側にある Elipse ボタンをクリックします。(3 つのピリオドが付いたボタン)

購入注文履歴を選択し、[OK] をクリックします。

セカンダリ テーブル キーの選択] の:POP_POHistIdxID

適切なフィールドと一致します。

主テーブル: セカンダリ テーブル:

注文書番号注文書番号



[Ok]を選択します。

閉じるテーブルのリレーションシップ ウィンドウをウィンドウの右上隅にある [X] をクリックします。

[Ok]をクリックします。

レポートを開きます。

トップ メニュー バーから [レポート] アイコンをクリックします。

元のレポート画面から、購買入庫の在庫を強調表示し、[挿入します。

変更レポートにある、同じレポートを強調表示し、[開く] ボタンを選択します。

レポートの定義] ウィンドウで、[テーブル] ボタンを選択します。

テーブル:

レポート テーブルのリレーションシップ ウィンドウで、在庫購買入庫の作業を強調表示し、新規作成] ボタンを選択します。

購入レシート明細行の履歴 *を強調表示し、[OK] を選択します。

レポート テーブルのリレーションシップ ウィンドウで、強調表示、購入レシート明細行の履歴 *新規作成] ボタンを選択します。

購入注文の作業を強調表示し、[OK] ボタンを選択します。

レポート テーブルのリレーションシップ ウィンドウで、強調表示、購入レシート明細行の履歴 *新規作成] ボタンを選択します。

購入注文履歴を選択し、[OK] を選択します。

制限:

レポート制限] ウィンドウで [新規. 」を選択します

New:

文書の日付の制限を名前します。

で、フィールドセクション:

フィールド] セクションでは、レポート テーブルのドロップ ダウン リストで] をクリックし、購買注文の作業を選択します。

テーブルのフィールドのドロップ ダウン リストで] をクリックし、文書の日付を選択します。

フィールドの追加] ボタンを選択します。

[演算子] セクション。

[演算子] セクションでは、=] ボタンを選択します。

で、フィールドセクション:

フィールド] セクションでは、レポート テーブルのドロップ ダウン リストで] をクリックし、購買注文の作業を選択します。

テーブルのフィールドのドロップ ダウン リストで] をクリックし、文書の日付を選択します。

フィールドの追加] ボタンを選択します。



制約式を読み取る必要があります:POP_PO。伝票の日付 = POP_PO。日付を文書化

[OK] を選択します。

閉じるレポート制限] ウィンドウ。



レイアウトボタンを使用する 3 つの集計フィールドを作成する必要がありますを選択します。

計算されるフィールド:

ツールボックスでは、ドロップ ダウン リストからフィールドの計算を選択します。

[新規作成] を選択します。

計算フィールドの定義] ウィンドウで、名前として発注書番号を入力します。

結果型のドロップ ダウン リストから文字列を選択します。

式の型は、条件付きにする必要があります。



[フィールド] セクション。Br/>
条件式の中にカーソルを置きます。

[フィールド] タブを選択します。

レポート テーブルのドロップ ダウン リストで] をクリックし、在庫購買入庫の作業を選択します。

テーブルのフィールドのドロップ ダウン リストで] をクリックし、ベンダー IDを選択して[追加] ボタンを選択します。

[演算子] セクションでは、=] ボタンを選択します。

[定数] タブを選択します。

タイプのドロップ ダウン リストで] をクリックし、文字列を選択します。

INV 形容詞を [定数] フィールドに入力し、[追加] ボタンを選択します。

True の場合カーソルを置きます。

[定数] タブを選択します。

タイプのドロップ ダウン リストで] をクリックし、文字列を選択します。

[定数] フィールドをそのまま使用して blankand は、[追加] ボタンを選択します。

False の場合カーソルを置きます。

[フィールド] タブを選択します。

レポート テーブルのドロップ ダウン リストで] をクリックし、在庫購買入庫の作業を選択します。

テーブルのフィールドのドロップ ダウン リストで] をクリックし、発注書番号を選択して[追加] ボタンを選択します。

条件式を読み取る必要があります: IV_Purchase_Receipts.Vendor ID =「INV 形容詞」

True の場合:""

False の場合: IV_Purchase_Receipts.Purchase 注文番号

[OK] を選択します。

新規作成] ボタンをもう一度選択します。

計算フィールドの定義] ウィンドウでは、名前と日付を入力します。

結果の型のドロップダウン リストから日付を選択します。

式の型は、条件付きにする必要があります。



[フィールド] セクション。

条件式の中にカーソルを置きます。

[フィールド] タブを選択します。

レポート テーブルのドロップ ダウン リストで] をクリックし、発注書の履歴を選択します。

テーブルのフィールドのドロップ ダウン リストで] をクリックし、文書の日付を選択して[追加] ボタンを選択します。

[演算子] セクションでは、=] ボタンを選択します。

[定数] タブを選択します。

タイプのドロップ ダウン リストで] をクリックし、日付を選択します。

00000000000 [定数] フィールドが表示されます。[追加] ボタンを選択します。

True の場合カーソルを置きます。

[フィールド] タブを選択します。

レポート テーブルのドロップ ダウン リストで] をクリックし、購買注文の作業を選択します。

テーブルのフィールドのドロップ ダウン リストで] をクリックし、文書の日付を選択して[追加] ボタンを選択します。

False の場合カーソルを置きます。

[フィールド] タブを選択します。

レポート テーブルのドロップ ダウン リストで] をクリックし、発注書の履歴を選択します。

テーブルのフィールドのドロップ ダウン リストで] をクリックし、文書の日付を選択して[追加] ボタンを選択します。

条件式を読み取る必要があります: POP_POHist.Document 日 = 0、構造体、0000 0

True の場合: POP_PO。文書の日付

False の場合: POP_POHist.Document 日

[OK] を選択します。

新規作成] ボタンをもう一度選択します。

計算フィールドの定義] ウィンドウで、名前と注文書日付を入力します。

結果の型のドロップダウン リストから日付を選択します。

式の型は、条件付きにする必要があります。



[フィールド] セクション。

条件式の中にカーソルを置きます。

[フィールド] タブを選択します。

レポート テーブルのドロップ ダウン リストで] をクリックし、購買入庫の作業を選択します。

テーブルのフィールドのドロップ ダウン リストで] をクリックし、ベンダー IDを選択して[追加] ボタンを選択します。

[演算子] セクションでは、=] ボタンを選択します。

[定数] タブを選択します。

タイプのドロップ ダウン リストで] をクリックし、文字列を選択します。

INV 形容詞を [定数] フィールドに入力し、[追加] ボタンを選択します。

True の場合カーソルを置きます。

[定数] タブを選択します。

タイプのドロップ ダウン リストで] をクリックし、日付を選択します。

00000000000 [定数] フィールドが表示されます。[追加] ボタンを選択します。

False の場合カーソルを置きます。

[フィールド] タブを選択します。

計算済みフィールドのドロップ ダウン リストで] をクリックし、日付を選択します。

条件式を読み取る必要があります: IV_Purchase_Receipts.Vendor ID =「INV 形容詞」

True の場合: 0/0/0000

False の場合:日付 (演算フィールドの前に作成)

[OK] を選択します。

ツールボックスでは、ドロップ ダウン リストからフィールドの計算を選択します。

スクロール ウィンドウの PO 番号と注文書日付を見つけて H3 セクションにレポートにドラッグします。

レポートのレイアウトに、両方のフィールドをダブルクリックします。レポートに追加されただけです。

レポートのフィールドのオプション] ウィンドウで、表示の種類は、非表示にすると、空に設定されていることを確認します。

[OK] を選択します。



レポートのレイアウト ウィンドウの右上隅の X を選択します。

変更内容を保存します。

レポートの定義] ウィンドウで [ok] をクリックします。

最上位のメニュー バーからファイルを選択します大草原地帯の Dynamics

(Setup| [セキュリティの設定] ウィンドウで、変更後のレポートへのユーザー アクセスを提供します。System|セキュリティ) 内での大草原地帯です。



この資料では、TechKnowledge のドキュメント ID をでした。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:871951 - 最終更新日: 04/27/2016 23:23:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbnosurvey kbmbsmigrate kbmt KB871951 KbMtja
フィードバック