現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Microsoft Dynamics GP の Microsoft SQL Server を使用して、ライブの会社のデータのコピーを持つテスト会社の設定します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:871973
概要

特定の問題をテストするには、Live の会社のデータベースをテストの会社のデータベースにコピーするのには、トラブルシューティングのテクニックがあります。

この資料では、Microsoft SQL Server を使用して、ライブの会社のデータのコピーを含むテストの会社を設定する方法について説明します。
詳細情報

注:
  • レコード レベルの注意事項 - を使用して、既存のライブ社内のテスト会社での使用を計画していて、NoteFix ユーティリティを実行する必要があります。詳細については、(888) 477-7877 に電話で Microsoft ビジネス ソリューション システムのテクニカル サポート チームにお問い合わせください。
  • Microsoft Dynamics GP で人事管理を使用している場合に出勤のセットアップ情報はコピーされません。このウィンドウを開き、[ツール] をクリックして、セットアップ] をポイントし、人事管理] をポイントし、出勤をポイントで設定] をクリックします。TAST0130 テーブルには、Live の会社のデータベースへの参照が含まれているためにこの情報はコピーされません。Tocorrect、この問題は、ライブ データベースと同じ情報を格納する新しいテスト companydatabase で出勤のセットアップ] ウィンドウを更新します。または、会社を変更するのにはに対する更新ステートメントに、TAST0130table での名前の参照を記述します。
  • Microsoft Dynamics GP で固定資産を使用している場合は、固定資産の会社の設定については、なった上でテスト会社にします。問題を修正するには、Live の会社の固定資産の会社の設定] ウィンドウを開くし、設定に注意してください。テストの会社の固定資産の会社の設定] ウィンドウを開くし、Live の会社で同じ設定を入力してください。ウィンドウを開くには、次の手順に従います。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 またはそれ以降のバージョン:
      Microsoft Dynamics GPツール] をポイントし、設定] をポイントし、システム] をポイントし、固定資産を [会社] をクリックします。
  • Microsoft Dynamics GP で監査証跡を使用している場合は、SQL を使用してテスト会社から、フロント エンドではなく、監査トリガーを削除してください。監査証跡は、コピーし、同じライブ監査データベースにまだポイントだけではトリガーです。ただし、削除、停止またはしないで、監査記録の保守] ウィンドウで、テスト会社、またはこれは、監査テーブルに履歴を消去やライブの会社のトリガーを削除する監査を削除します。テストの会社の監査証跡のトリガーを削除するのには以下の KB 資料に記載されている手順を参照してください。

    2847491 Microsoft Dynamics GP で監査証跡を使用してライブ監査データベースを更新してからテストの会社の監査証跡のトリガーを停止する方法
  • (AA)分析のアカウンティングを使用する場合する必要があります最初 AA テストの会社の前にアクティブ化テストに (のあるアクティブな AA) ライブの会社のデータベースを復元することができます。
    会社です。復元が完了すると後、に新しいトランザクションを入力するときは、複製キー エラーを防ぐため)、AAG00102 テーブルに格納されている次の使用可能な値を更新するテストの会社のデータベースに対して実行するスクリプトを取得するのには次のリンクをクリックする必要があります。


    管理 Reporter 2012を使用している場合、動作を行うことができます管理 Reporter サービスを停止する必要があります、次のオプションのいずれかを使用します。

    1. 管理 Reporter 2012 構成コンソールで、[最初のページでは、が表示されます、レポーター 2012年アプリケーション サービスの管理管理 Reporter 2012 プロセスのサービス。それらを停止するのにはこれら 2 つのサービス] の下の [停止] をクリックします。

    2. [開始] をクリックし、[コントロール パネル] を、 [管理ツール] の [サービス] を開く] をクリックします。[サービス] ウィンドウでは、レポーター 2012年アプリケーション サービスの管理を選択し、このサービスを停止するのにはリンクをクリックします。また、管理 Reporter 2012 プロセスのサービスをハイライトし、リンクをクリックして、このサービスも停止します。
マイクロソフトでは解説することのみを目的としてプログラミング例を提供しています。暗示あるいは明示していることに対しての保証はしておりません。ここで言う保証とは、特定の目的に対する商品性や適合性の暗示的保証を含んでいますが、それに限定されるわけではありません。この資料では、例示されているプログラミング言語およびプロシージャの作成やデバッグに使用するツールにお客様が精通していることを前提としています。マイクロソフトのサポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能について説明することができます。ただし、お客様固有の要件を満たすために、追加機能の提供またはプロシージャの作成のために、これらの例に変更を加えたりはしません。

テストの会社を設定するには、次の手順を実行します。
  1. ユーティリティでは、テスト会社として使用することが会社の新しいデータベースを作成します。データベースに対して、一意な DB/会社 ID と会社名テスト会社としてデータベースを指定するを与えることを確認します。たとえば、DB/会社 ID は"TEST"と「テストの企業」の会社名を使用する

    <b>データベースの .mdf ファイルと .ldf ファイルは beingcreated、場所のパスに注意してください。この情報は、この資料の後半の手順の必要があります。
  2. テスト会社にログインします。これを行うには、次の手順を使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 またはそれ以降:
      Microsoft Dynamics GPをクリックして [ツール] メニューの [セットアップ] をクリックして、システムユーザー アクセス] をクリックします。.

  3. ユーザー アクセス] 領域で、テストの会社のデータベースへのアクセスを許可するユーザーを選択します。テスト会社のデータベースへのアクセスを許可するテストの会社名の横のチェック ボックスをオンにするにはクリックします。テスト会社のデータベースへのアクセスを許可するすべてのユーザーに対してこの手順を繰り返します。これを行うには、次の手順を使用して.
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 と Microsoft Dynamics 2010: Microsoft Dynamics GP] をクリックして、[ツール] をクリックして、[セットアップ] をクリックして、システム] をクリックし、ユーザー アクセス] をクリックします。.

  4. ライブの会社のデータベースのバックアップを作成します。以下の方法の useone として、適切な状況。

    方法 1

    SQL Server エンタープライズ マネージャーは、次の手順を使用しています。 場合、
    1. 開始] をクリックし、[プログラム] をクリックします。
    2. Microsoft SQL Server] をポイントし、[ Enterprise Manager] をクリックします。
    3. Microsoft SQL サーバーを展開し、 SQL Server グループを展開し、SQL Server のインスタンスを展開します。
    4. 展開し、ライブの会社のデータベースを右クリックし、すべてのタスク] をクリックし、[データベースのバックアップ] をクリックします。
    5. [SQL Server バックアップ] ウィンドウで、目的のセクションに追加をクリックします。
    6. バックアップ先の選択] ウィンドウで、[ファイル名] フィールドの横にある省略記号ボタンをクリックします。
    7. バックアップ デバイスの場所] ウィンドウで、フォルダーを展開し、[バックアップ ファイルの場所を選択しています。
    8. バックアップ ファイルの名前を入力します。たとえば、入力します。 Live.bak.
    9. SQL Server バックアップ] ウィンドウに戻るまで[ok]を繰り返しクリックします。
    10. バックアップを開始するのには[ok]をクリックします。
    11. バックアップが正常に完了したら、[ OKを] をクリックします。
    方法 2

    SQL Server Management Studio で次の手順を使用しています。 場合、
    1. 開始] をクリックし、[プログラム] をクリックします。
    2. Microsoft SQL Server] をポイントし、 SQL Server Management Studio] をクリックします。接続サーバー] ウィンドウが開きます。
    3. [サーバー名] ボックスで、SQL Server のインスタンスの名前を入力します。
    4. 認証] の一覧では、 SQL 認証をクリックします。
    5. [ユーザー名] ボックスで、次のように入力します。 sa.
    6. パスワード] ボックスに、sa ユーザーのパスワードを入力し、し、[接続] をクリックします。
    7. オブジェクト エクスプ ローラー ] で、データベースを展開します。
    8. ライブの会社のデータベースを右クリックし、タスク] をポイントし、[バックアップ] をクリックします。
    9. コピー先領域で、削除を、] をクリックし、し、[追加] をクリックします。
    10. ディスク上のコピー先] 領域で、省略記号ボタンをクリックします。
    11. バックアップ ファイルを作成する場所を検索するなど、バックアップ ファイルの名前を入力します。 LIVE.bakと入力し、[OK] をクリックします。
    12. データベースのバックアップ ・ ウィンドウに戻るまで[ok]を繰り返しクリックします。
    13. バックアップを開始するのには[ok]をクリックします。
  5. テスト会社のデータベースには、instep 4 を作成する実際の会社のバックアップ ファイルを復元します。これを行うには、状況に応じて、次のいずれかを使用します。

    方法 1

    SQL Server エンタープライズ マネージャーは、次の手順を使用しています。 場合、
    1. Enterprise Manager では、テスト会社のデータベースを右クリックしてすべてのタスクデータベースの復元] をクリックします。
    2. [全般] タブ、 [データベースとして復元] フィールドには、テスト会社のデータベースが選択されていることを確認します。
    3. [復元] セクションで、[デバイスから] チェック ボックスを選択するをクリックします。
    4. [パラメーター ] セクションで、デバイスの選択] をクリックし、[復元デバイスの選択] ウィンドウで [追加] をクリックします。
    5. 復元先の選択] ウィンドウで、[ファイル名] フィールドの横にある省略記号ボタンをクリックします。
    6. バックアップ デバイスの場所ウィンドウで、フォルダーを展開し、検索手順 4 で作成した実際の会社のバックアップ ファイルをクリックします。
    7. データベースの復元] ウィンドウに戻るまで[ok]を繰り返しクリックします。
    8. [オプション] タブをクリックします。
    9. 既存のデータベースを強制的に復元] チェック ボックスをオンにします。
    10. 物理ファイル名に移動] フィールドに、有効なパスが表示されていることを確認し、手順 1 で作成したテスト会社のデータベースの .mdf ファイルおよび .ldf のファイル名がいることを確認します。

      <b>論理ファイル名は、現在のデータベースの名前を反映します。論理ファイル名は変更されません。
    11. テスト会社のデータベースに実際の会社のデータベースの復元を開始するのには[ok]をクリックします。
    12. 復元が正常に完了したら、[ OKを] をクリックします。
    方法 2

    SQL Server Management Studio で次の手順を使用しています。 場合、
    1. 開始] をクリックし、[プログラム] をクリックします。
    2. Microsoft SQL Server] をポイントし、 SQL Server Management Studio] をクリックします。接続サーバー] ウィンドウが開きます。
    3. [サーバー名] ボックスで、SQL Server のインスタンスの名前を入力します。
    4. 認証] の一覧では、 SQL 認証をクリックします。
    5. [ユーザー名] ボックスで、次のように入力します。 sa.
    6. パスワード] ボックスに、sa ユーザーのパスワードを入力し、し、[接続] をクリックします。
    7. オブジェクト エクスプ ローラー ] で、データベースを展開します。
    8. テスト会社のデータベースを右クリックし、タスク] をポイントし、ポイントを復元するにし、[データベース] をクリックします。
    9. 復元用のソース] 領域でデバイスから] をクリックし、省略記号ボタンをクリックします。
    10. バックアップの場所] 領域で [追加を] をクリックします。
    11. 場所を検索するLIVE.bak ファイルを選択し、 [ok]をクリックし、バックアップ ファイルを保存するには、場所です。
    12. [OK] をクリックします。データベースの復元] ウィンドウに戻ります。
    13. [復元するバックアップ セットの選択] セクションで、復元するバックアップ ファイルをクリックします。
    14. ページの選択] 領域で、[オプション] をクリックします。
    15. データベース ファイルの復元] 領域では、これら 2 つのファイルをライブ データベースからテスト用データベースの .mdf ファイルおよび .ldf ファイルの場所を変更する必要があります。既定では、これらは、ライブ データベースの .mdf ファイルおよび .ldf ファイルを選択します。

      <b>論理ファイル名は、現在のデータベースの名前を反映します。論理ファイル名は変更されません。
    16. これらの場所を変更するには、ファイルの場所] フィールドの横にある省略記号 (...)をクリックします。
    17. テスト データベースが作成された手順 1 でメモしたパスに移動します。
    18. それぞれの .mdf ファイルを選択し、し、[ OK] をクリックします。
    19. 手順 p r から、.ldf ファイルを選択し、[ OK] をクリックします。
    20. 既存のデータベースを上書きする] チェック ボックスをオンにします。
    21. データベースの復元] ウィンドウに戻るには[ok]をクリックします。
    Microsoft Dynamics GP 10.0 またはそれ以降を使用する場合は、ライブの会社のテストの会社にセキュリティのアクセス許可をコピーするのには次の手順に従います。
    1. Microsoft Dynamics GP に、sa ユーザーとしてログオンします。
    2. Microsoft Dynamics GPツール設定] をポイントし、システムユーザー アクセス] をクリックします。
    3. 、適切なユーザーを選択し、アクセスが許可されることを示すために、新しいテストの会社のチェック ボックスが選択されていることを確認します。

      <b>会社を選択する] をクリックするときにエラー メッセージが表示された場合は、新しいテスト データベースに SQL Server Management Studio または Enterprise Manager の [ユーザー] フォルダーからユーザーを削除します。
    4. Microsoft Dynamics GPツール設定] をポイントし、システムユーザーのセキュリティ] をクリックします。
    5. セキュリティ タスクの設定ウィンドウで、テストの会社にアクセスするユーザーを選択します。
    6. 会社名] ボックスの一覧では、ライブの会社をクリックします。
    7. [コピー] をクリックして、テスト、会社の横にあるチェック ボックスをオンにする] をクリックし、[ OK] をクリックします。

      ライブの会社でのユーザーのアクセス許可は、テストの会社にコピーされます。
  6. ライブの会社のデータベースがテストの会社のデータベース上に復元された後、テスト会社には、ライブの会社には、同じ得意先コードと INTERID 情報の参照が含まれています。テストの会社の情報を正しく反映するには、クエリ アナライザーまたは SQL Server Management Studio では、テスト会社に対して以下の次のスクリプトを実行します。このスクリプトは、このテストの会社のシステム データベースの SY01500 テーブルに記載されている情報を使用してテスト データベースに、[得意先コードと INTERID を更新します。
    if exists (select 1 from INFORMATION_SCHEMA.COLUMNS where TABLE_NAME = 'SY00100') begin  declare @Statement varchar(850)  select @Statement = 'declare @cStatement varchar(255)declare G_cursor CURSOR forselect case when UPPER(a.COLUMN_NAME) in (''COMPANYID'',''CMPANYID'')  then ''update ''+a.TABLE_NAME+'' set ''+a.COLUMN_NAME+'' = ''+ cast(b.CMPANYID as char(3))   else ''update ''+a.TABLE_NAME+'' set ''+a.COLUMN_NAME+'' = ''''''+ db_name()+'''''''' endfrom INFORMATION_SCHEMA.COLUMNS a, '+rtrim(DBNAME)+'.dbo.SY01500 b  where UPPER(a.COLUMN_NAME) in (''COMPANYID'',''CMPANYID'',''INTERID'',''DB_NAME'',''DBNAME'')    and b.INTERID = db_name() and COLUMN_DEFAULT is not null and rtrim(a.TABLE_NAME)+''-''+rtrim(a.COLUMN_NAME) <> ''SY00100-DBNAME''  order by a.TABLE_NAMEset nocount onOPEN G_cursorFETCH NEXT FROM G_cursor INTO @cStatementWHILE (@@FETCH_STATUS <> -1)begin  exec (@cStatement)  FETCH NEXT FROM G_cursor INTO @cStatementendclose G_cursorDEALLOCATE G_cursorset nocount off'  from SY00100  exec (@Statement)endelse begin  declare @cStatement varchar(255)  declare G_cursor CURSOR for  select case when UPPER(a.COLUMN_NAME) in ('COMPANYID','CMPANYID')    then 'update '+a.TABLE_NAME+' set '+a.COLUMN_NAME+' = '+ cast(b.CMPANYID as char(3))     else 'update '+a.TABLE_NAME+' set '+a.COLUMN_NAME+' = '''+ db_name()+'''' end  from INFORMATION_SCHEMA.COLUMNS a, DYNAMICS.dbo.SY01500 b    where UPPER(a.COLUMN_NAME) in ('COMPANYID','CMPANYID','INTERID','DB_NAME','DBNAME')      and b.INTERID = db_name() and COLUMN_DEFAULT is not null    order by a.TABLE_NAME  set nocount on  OPEN G_cursor  FETCH NEXT FROM G_cursor INTO @cStatement  WHILE (@@FETCH_STATUS <> -1)  begin    exec (@cStatement)    FETCH NEXT FROM G_cursor INTO @cStatement  end  close G_cursor  DEALLOCATE G_cursor  set nocount offend
    <b>このスクリプトでは、重複キーのエラーで失敗した場合、する mustmanually は、このテストの会社の主キーのエラーを受信したをテーブル内のINTERID得意先コードの列を変更します。

    例:"PKRVLPD033"にします [主キー制約のエラー。、プレフィックス テーブルの検索が正しく実行するのには主キー、主キーを参照して、テーブル名の一部ではないです。この例では、そのデータベースの"RVLPD033"では表を確認します。
  7. 確認するテスト データベースの isDYNSA のデータベースの所有者。これを行うには、QueryAnalyzer で、または SQL Server Management Studio では、テスト会社に対して次のスクリプトを実行します。
     sp_changedbowner 'DYNSA'
  8. ドリルダウン機能を使用して、SQL Server レポート サービスで、または Excel の統合データベースの変更後に、サイトが動作サーバーを更新するのには次の操作をする必要があるレポートのリンクします。

    • 誰もログインしている Microsoft Dynamics GP のことを確認し、SQL Server Management Studio のすべてのインスタンスを閉じる
    • Dynamics GP がインストールされているコンピューターで [スタート]、[すべてのプログラム] をポイントします。Microsoft Dynamics では、GP 2010 でをクリックし、[データベースのメンテナンス] をクリックしてください
    • ユーティリティを開くと、選択か、Dynamics GP のデータベースが保存されている SQL Server インスタンスを入力します。この SQL Server インスタンスへのアクセス権を持つドメイン アカウントとしてログオンしている場合は、そのオプションを選択します。それ以外の場合 SQL 認証を選択し、n の適切なユーザー名とパスワードを入力します。[次へ >>
    • Dynamics GP データベースのそれぞれを選択し、[次へ] をクリックしてすべての選択 >>
    • Microsoft Dynamics GP の製品を選択し、[次へ] をクリックして >>
    • '関数とストアド プロシージャ' 選択 'のビュー' をクリックし、>>
    • [確認] ウィンドウを確認し、[次へ] をクリックして、>> プロセスを開始します。

    テスト会社のライブの会社のデータのコピーがあるし、準備ができる必要がありますようになりました。
参照

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
872370 MSDE 2000 または SQL Server 2005 Express には、Microsoft Dynamics GP を使用して、ライブの会社のデータのコピーを持つテストの会社を作成する方法

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:871973 - 最終更新日: 07/22/2016 07:27:00 - リビジョン: 1.6

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0, Microsoft Dynamics GP 2015 R2, Microsoft Dynamics GP 2016

  • kbtshoot kbmbsmigrate kbmt KB871973 KbMtja
フィードバック