サード ・ パーティ製品または一時的に無効にする Microsoft Dynamics GP の Dynamics.set ファイル内の他の製品を無効にする手順を実行します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:872087
はじめに
この資料では、サード ・ パーティ製品を無効にするかは、Microsoft Dynamics GP やグレートプレーンズの Microsoft ビジネス ソリューションに統合されているその他の製品を一時的に無効にする方法について説明します。追加の製品、製品を一時的に削除するのにはこの資料を使用します。

追加の Microsoft Dynamics GP 製品を完全に削除する場合は、コントロール パネルの [プログラムと機能の項目を使用します。
詳細

方法 1

サード ・ パーティ製品または Microsoft Dynamics GP と統合されているその他の製品を無効にするには、Dynamics.set ファイルを編集します。これを行うには、Microsoft Dynamics GP は、他の製品を起動しようとしてもしなくても開始できます。Dynamics.set ファイルを編集するには、以下の手順を実行します。

注: <b>各ワークステーションには、Dynamics.set ファイルがあります。したがって、サード ・ パーティ製品またはすべてのワークステーションでは、追加の製品を無効にするには、各ワークステーション上でこれらの手順を完了します。
  1. Microsoft Dynamics GP のローカル フォルダー内の Dynamics.set ファイルを探します。

    Microsoft Dynamics GP では、ログオン、Microsoft Dynamics GP コード フォルダーの場所を知りたい [ツール] メニューのをクリックして、設定をポイントシステム] をポイントし、起動ファイルの編集] をクリックします。Dynamics.set ファイルが格納されているフォルダーは、コードのフォルダーです。

    注: <b>設定している場合、フォルダー内の複数の「Dynamics」ファイルを参照してください可能性があります、既知ファイル拡張子を表示しないように設定します。".Set"を持つファイルを開くことがあります。開くファイルを知るには、[ビュー] をクリックし、詳細] をクリックします。Dynamics 起動 File.If はファイルの種類、Windows XP を使用する場合 Windows Vista を使用して、ファイルの種類は、ファイルを設定します。
  2. Dynamics.set ファイルのバックアップを作成します。
  3. Dynamics.setファイルを右クリックし、し、[編集] をクリックします。

    注: <b>Dynamics.set ファイルがメモ帳で開きます。たとえば、Dynamics.set ファイル次のとおり。
    2
    0
    Microsoft Dynamics GP
    場合 1493 (またはその他のサード ・ パーティ製 Product_ID_Number)
    SmartList (またはその他のサード ・ パーティ製のコンテンツ)
    Windows の場合
    : C: Microsoft Dynamics GP/Dynamics.dic
    : C: Microsoft Dynamics GP/Forms.dic
    : C: Microsoft Dynamics GP/Reports.dic
    : C: Microsoft Dynamics GP/EXP1493 です。DIC
    : C: Microsoft Dynamics GP/EXP1493F です。DIC
    : C: Microsoft Dynamics GP/EXP1493R です。DIC
  4. この例では、製品 SmartList (場合 1493) をファイルから削除します。Smartlist (場合 1493) 製品をファイルから削除するには、次の手順を実行します。
    1. 最初の行の番号を変更します。 1 一覧から製品を削除して、1 つの製品のままです。これを行うには、Microsoft Dynamics GP はその 1 つの製品はロードを知っています。 いくつかの製品を削除する場合は、削除した項目をカウントします。この方法では、削除する製品の数で最初の数を削減できます。この数字は、残っている商品の数を表示する必要があります。
    2. 追加またはサード ・ パーティ製の製品 ID を削除しますなどの場合 1493年を削除します。
    3. 追加またはサード ・ パーティ製の製品名を削除します。SmartList の削除などです。
    4. この製品用にロードされている辞書のパスを削除します。たとえば、ステップ 3 で示されているファイルに次の行を削除します。
      : C: Microsoft Dynamics GP/EXP1493 です。DIC
      : C: Microsoft Dynamics GP/EXP1493F です。DIC
      : C: Microsoft Dynamics GP/EXP1493R です。DIC
      注: <b>通常、辞書、レポート、およびフォームの辞書のパスには、プロダクト ID 番号と同じ番号があります。などの場合 1493年は、EXP1493.dic、EXP1493R.dic、EXP1493F.dic に関連しています。削除する製品の多くがある場合、プロダクト ID 番号と同じ番号を持つ行を検索します。
    たとえば、次のよう変更された Dynamics.set ファイル。
    1
    0
    Microsoft Dynamics GP
    Windows の場合
    : C:Microsoft Dynamics GP/Dynamics.dic
    : C:Microsoft Dynamics GP/Forms.dic
    : C:Microsoft Dynamics GP/Reports.dic
Dynamics.set ファイルが変更されているワークステーション上で Microsoft Dynamics GP が開始されると、サード ・ パーティ製品またはその他の製品は起動しません。Microsoft Dynamics GP ではのみが起動します。

サード ・ パーティ製品または Microsoft Dynamics GP の起動時に起動するその他の製品をする場合、変更後の Dynamics.set ファイルを削除し、手順 2 で作成したバックアップ ファイルを復元します。

注: <b>削除しないでくださいレポート スケジューラ (製品 ID 3278) Dynamics.set ファイルから Microsoft Dynamics GP 10.0 を使用すると、アプリケーションを起動する必要があるためです。Dynamics.set ファイルから製品を削除すると、次のエラー メッセージが表示されたら、そのアプリケーションの終了します。
Microsoft.Dynamics.GP.Sharepoint.dll:The 型の初期化子が ' Microsoft.Dexterity.Applications.root'threw 例外です。InnerException: 指定された引数は、有効な値の範囲外でした。パラメーター名: 商品コード。
注: <b>製造を無効にする場合は、これを行うにはテスト環境でのみ確認します。かどうかない使用する場合はもう製造は例外です。

方法 2

サード ・ パーティ製品またはその他の GP 製品を無効にする別のオプションは、カスタマイズの状態] ウィンドウを使用することです。ユーザーが Microsoft Dynamics GP を終了することがなく特定のサード ・ パーティ製品またはその他の GP 製品を無効にできます。カスタマイズの状態] ウィンドウを使用して、サード ・ パーティ製品またはその他の GP 製品を無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. カスタマイズのステータス ウィンドウを開きます。これを行うには、以下の手順を実行します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 または GP 2010 では、Microsoft Dynamics GP] メニューの [ツール] をポイントし、[ユーザー設定] をポイントし] をクリックし、 カスタマイズ状態
  2. カスタマイズの状態] ウィンドウで、特定の製品を強調表示しをクリックを無効にします
    注:
    • Dynamics.set ファイルから持っていき、製品を無効にすることは、そもそも初期化中から特定の製品コードによりより効果的です。
    • 問題を再作成しないことが場合、は、無効にした製品は、問題の原因の 1 つを意味します。その一方で、問題は再作成することができますが場合、次の手順になります Dynamics.set ファイルから削除することによって製品を完全に無効にします。くださいを参照してください手順 1-4、「方法 1」です。
TechKnowledge ドキュメント ID: 23479

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:872087 - 最終更新日: 06/02/2016 23:08:00 - リビジョン: 0.2

Microsoft Dynamics GP 2016, Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0

  • kbexpertisebeginner kbhowto kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB872087 KbMtja
フィードバック