Microsoft Dynamics GP での在庫管理での年度末決算手続き

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:872713
はじめに
この資料では、年を終了する方法と、Microsoft Dynamics GP での在庫管理で新しい会計年度のインベントリ レコードを準備する方法について説明します。
詳細

在庫の年度末の決算手続き

年を閉じると、新しい会計年度のインベントリ レコードを準備するのには、次の手順に従います。年度の決算集計販売履歴を保存するが対象の項目のトランザクション履歴に集計されたすべての現在の年数量 (原価および売上金額) を転送します。項目ごとに販売数フィールドは、0 に設定されています。次の手順は、サイトごとに手の形のフィールドの数量にもそれぞれのアイテムの開始数量] フィールドに金額を更新します。

その他のリソース

手順の概要

  1. 年のすべてのトランザクションを転記します。
  2. 在庫の数量を調整します。
  3. 現物在庫のカウントを完了し、調整を転記します。
  4. 追加のレポートを印刷します。
  5. バックアップを作成します。
  6. 年を終了します。
  7. (省略可能) の在庫の一連の会計期間を終了します。
  8. 最終的なバックアップを作成します。

詳細な手順

  1. 年のすべてのトランザクションを転記します。

    確認するすべての請求トランザクション、トランザクションの販売注文の処理し、今年の在庫トランザクションを入力して年を閉じる前に、投稿します。これは履歴情報は、正確な年を終了する、および年度累計金額は正確に新しい年の記載されているようにします。年を終了する前に将来の期間のトランザクションを入力する場合は、新しいトランザクションが存在する新しいバッチを作成します。ただしは post しないバッチまで年が閉じられた後。
  2. Inventoryquantities を調整します。

    在庫管理データになる破損していないこと、年度中かどうかを確認、在庫数量の調整] ウィンドウを使用してすべての品目の数量を調整します。在庫数量の調整] ウィンドウを開くには、次のこの手順を実行します。
    • Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、ユーティリティ] をポイントし、在庫、] をポイントで[整合性] をクリックします。
    整合処理中に、すべての相違があった場合、数量が調整されます。調整を行った場合は、調整レポートに反映されます。さらに、調整済みの項目に追加されたロット番号、シリアル番号は、含まれています。これらのシリアル番号やロット番号を変更する場合は、品目トランザクション エントリのウィンドウを使用することができます。既存のシリアル番号と既存のロット番号を削除するのには、低下調整トランザクションを入力します。正しいシリアル番号と正しいロット番号を入力するのには増加の調整トランザクションを入力します。品目トランザクション エントリのウィンドウを開くには、トランザクション] メニューの [インベントリ] をポイントし、トランザクションのエントリをクリックし、します。
  3. 現物在庫のカウントを完了し、調整を転記します。
    1. 株式カレンダーのメンテナンス ウィンドウを使用して、設定し、在庫棚卸を実行してシステムが特定のサイトのアイテムの組み合わせを次の在庫棚卸の候補の日付を計算するときにカウントされる日についての情報の管理します。株式カレンダーのメンテナンス ウィンドウを開くには、次のこの手順を実行します。
      • Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントでの [設定] をポイントし、在庫をポイントし] をクリックし、 ストック カレンダー
    2. 多くの項目を 1 つの在庫数の頻度を指定する場合、株式 CountCycle の割り当て] ウィンドウを使用できます。株式数サイクルの割り当て] ウィンドウを開くカード] メニューの [インベントリ] をポイントし、数サイクルの割り当て] をクリックします。
    3. 在庫数のスケジュールを作成します。在庫数のスケジュールは、特定の数の中に計算の対象とする特定のサイトで特定のアイテムの一覧です。起動すると、数量、在庫棚卸スケジュール手持在庫棚卸スケジュール内の行ごとにキャプチャされます。以降では、実際のカウント数の数量は、既定の分散トランザクションを作成するのにはキャプチャした値に比較されます。この処理中に、在庫数のフォームを印刷できます。在庫数のスケジュール] ウィンドウを開くには、トランザクション] メニューの [インベントリ] をポイントしをクリックし、 在庫数のスケジュール.
    4. 在庫数のエントリ] ウィンドウを使用すると、在庫、棚卸の結果に関する情報を入力します。在庫数を処理すると、分散トランザクションが作成されます。自動転記の在庫数の差異] チェック ボックスが選択されている場合も、トランザクションが転記されます。在庫数のエントリ] ウィンドウを開くには、トランザクション] メニューの [インベントリ] をポイントしをクリックし、 在庫数のエントリ
    次の手順 3 ではなく、調整エントリを手動で作成できます。在庫状況のレポート] ウィンドウを使用して物理的な在庫チェックリストを印刷し、物理数、在庫の品目の手持数量を確認するには金額はすべての項目の正確です。在庫状況のレポート] ウィンドウを開くには、レポート] メニューの [インベントリ] をポイントして、[アクティビティ] をクリックします。

    相違がある場合は、品目トランザクションの入力ウィンドウで、必要な調整を入力し、トランザクションを転記します。品目トランザクション エントリのウィンドウを開くには、トランザクション] メニューの [インベントリ] をポイントし、トランザクションのエントリをクリックし、します。
  4. 追加のレポートを印刷します。

    計画するため、または、永続的な記録に必要なその他のレポートを印刷します。推奨されるレポートは次のとおりです。
    • 在庫状況レポート
    • 購買入庫レポート
    • 売上高レポート
    • トランザクションの履歴レポート
    • シリアル番号] ボックスの一覧
    • ロット番号の一覧
    レポートのパレットにアクセスするには、[レポート] メニュー在庫をポイントします。在庫 Reportspalette から選択を使用すると、これらのレポートを印刷できます。年度末決算処理中に販売注文の受領書を削除しようとする場合は、削除される領収書を確認するのには購買入庫レポートを印刷することをお勧めします。
  5. バックアップを作成します。

    会社のすべてのデータのバックアップを作成します。これは、迅速にリカバリすることができます電源変動や他の問題が発生すること、年度末決算処理中にします。
  6. 年を終了します。

    年度の決算には、次のタスクが実行されます。
    • すべての転送は、集計の販売履歴を保存するが対象の項目の現在の年の数量 (原価および売上金額) トランザクションの履歴をまとめます。
    • 各サイトのフィールドのアイテムの開始数量の金額フィールドは、手持数量を更新。売上高レポートなどの特定のレポートは、レポートの計算の開始数量] フィールドに金額を使用します。
    • 販売フィールド inItem 数量保守ウィンドウの各サイトを消去します。
    • 領収書を購入してコストが、完全に販売されているアイテムの変更履歴を削除します。
    • 品目レコードを完全に販売されていますから、廃止されたアイテムを削除します。
    • ロットの番号付きの項目の完全に販売のレコードから、多くの属性を削除します。
    • FIFO の定期的なメソッドまたは LIFO 定期的な評価方法のいずれかを使用する場合は、現在のコストを各品目の標準コストを更新します。
    • 在庫の会計年度末の Closingwindowto を使用して年を終了します。
    次のオプションがあります。
    • 廃止された項目を削除します。
      0 の項目を廃止すべて中止項目チェック ボックスをオンにする] をクリックする場合は、残高、年度末決算プロセス中に削除されます。項目のメンテナンス ウィンドウを使用して生産中止とは、項目を指定できます。(キットのコンポーネント) を除いてゼロの手持数量があり、未転記のトランザクションが存在しないが廃止されたアイテムは、在庫モジュールから完全に削除されます。サービス呼び出しの管理モジュールを使用する場合は、未転記のサービス ドキュメントに含まれる中止された項目があるかどうかを決定します。未転記のサービス ドキュメントの旧バージョンのアイテムが存在する場合、続行する前にドキュメントを転記する必要があります。レポートの販売注文の処理、請求レポート、または購買注文の処理のレポートおよび照会は廃止されたこれらのアイテムに関する情報を表示することができます。ただし、品目マスター テーブルから削除されたために、品目番号で検索を実行できませんが。レポートを印刷または廃止された項目を照会する場合は、品目番号の範囲内の項目を含める必要があります。

      <b>このオプションを選択する場合は、廃止されたアイテムを削除します。さらに、項目のすべてのインベントリ履歴を削除します。これらの項目のインベントリ履歴にドリル ・ ダウンすることはできません。
    • 販売の領収書を削除します。
      販売の領収書のチェック ボックスをオンにする] をクリックする場合が入庫した数量の金額と金額の販売数量が等しいすべての売却した領収書が削除されます。これは、オプションの手順であり、できない可能性があるプロシージャであるすべての年度末の実行します。これらの値は、請求から項目が返されるときに役立ちます。したがって、購入領収書をファイルから削除しない場合があります。

      Microsoft Dynamics GP では、[削除:販売の領収書と原価の変更履歴の前にします。購買入庫と平均永続的なまたは使用する最後に、後入れ先出し (LIFO) の永久の最初で、先入れ先出し (FIFO) の定期的な評価方法、項目の履歴の原価の変更すべて販売する、販売の領収書と原価の変更履歴の前に削除するチェック ボックスをオンにし、日付を入力します。販売の領収書、販売の詳細、および履歴のコストの変更の日付を入力した日付が削除する前に実行するとします。
    • 販売の多くの属性を削除します。
      販売された多くの属性のチェック ボックスをオンにした場合の値には完全に多くの番号が削除されますが販売されています。たとえば、赤の値が割り当てられている項目の番号がすべての多くを売却した場合、多くの属性の色の赤の値を削除できます。
    • 品目の標準原価を更新します。
      品目の標準原価のチェック ボックスをオンにした場合、FIFO 定期的な評価方法または LIFO の定期的な評価メソッドに割り当てられているすべての項目の標準的なコストがそれぞれのアイテムの現在のコストや、項目の最後に支払った金額を反映するように自動的に調整されます。製造モジュールを登録している場合、品目の標準原価] チェック ボックスを選択することはできません。 詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
      930998 Microsoft Dynamics GP で「在庫期末決算」ルーチンを実行するときにエラー メッセージ:「標準原価ロールアップ ウィンドウで標準原価の更新」
      メモ: 標準原価の品目の在庫の会計年度末決算プロセス中に、品目の標準原価を更新することを選択するとは、標準原価再評価勘定期末決算プロセスのために以下の 2 つの場所のいずれかで設定を完了するが必要です。アカウントの設定があるない場合は、年度末の終了を処理することができます前に設定される必要がある項目のリストを使用して例外レポートが印刷されます。

      1) カード > 在庫 > 項目 > (各定期的なアイテム) を考慮
      2) は、Microsoft Dynamics GP > ツール > セットアップ > 転記 > アカウントの転記 > シリーズのインベントリを作成します。

    必要なすべてのオプションを選択した場合は、年度末決算処理を開始するプロセスをクリックします。年が終了すると、転記、数量を調整、評価の方法を変更または項目の小数点以下の桁数を変更することはできません。
  7. (省略可能) の在庫の一連の会計期間を終了します。

    年をまだ開いている会計年度の期間を終了するのに会計期間のセットアップ] ウィンドウを使用できます。会計期間のセットアップ] ウィンドウを開くには、このステップします。
    • Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、会社、] をポイントで、[会計期間] をクリックします。
    これは、誤って、不適切な期間または年度に転記されるトランザクションを保持します。期間と会計年度期間を終了する前にすべてのモジュールの 1 年のすべてのトランザクションを転記したことを確認します。場合は後で、既に閉じている会計年度の期間にトランザクションを転記する必要があると、トランザクションを転記する前に、期間を再度開くには、会計期間のセットアップ] ウィンドウに戻る必要があります。
  8. 最終的なバックアップを作成します。

    最終的な会社のデータ ファイルのバックアップを作成して安全で永続的なストレージに保管してください。これにより、会社の財務状態の永続的な記録、1 年を終了した時点で。

在庫期末決算のヒント

  • 新しい年のすべてのトランザクションが転記された前に、会計年度末決算を行う必要があります。
  • アイテムを中止する] チェック ボックスをオン、販売の領収書のチェック ボックス、または販売される多くの属性のチェック ボックスを選択するオプションがあります。これらのチェック ボックスをオンにした場合は、年度末決算プロセス中に、販売の領収書、および販売をゼロの残高を持つ多くの属性のすべての項目が削除されます。
  • 標準原価の更新プログラムの項目のチェック ボックスを選択する場合は、FIFO 定期的な評価方法または LIFO の定期的な評価メソッドに割り当てられているすべての項目の標準的なコストがそれぞれのアイテムの現在のコストを反映するように自動的に調整されます。現在のコストは、項目の最後に支払われる金額です。
  • 在庫の年の最後の終了のレポートはありません。

在庫の会計年度末によく寄せられる質問

Q1: 平均永続的な評価方法を使用すると、1 年以内に、年度末決算プロセス中を更新する項目の平均コストですか。

A1:平均永続的な評価方法を使用する場合、各項目のすべての領収書の平均平均のコストを決定します。年度末決算処理では、平均コストは変更されません。ただし、完全に販売されています購入領収書が削除されます。領収書を入力すると、次に平均コストは、購買入庫の在庫ファイル内に残っている領収書を再評価が。

<b>、Microsoft Dynamics GP 9.0 では適用の平均コストの計算機能拡張されています。平均コストの計算方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
923960 Microsoft Dynamics GP 9.0 での平均原価の計算に加えられた拡張機能


在庫の会計年度末の Closingwindowbe は Q2:Can、1 年以内に定期的な評価方法を使用する場合、品目の標準コストを更新する使用でしょうか。

A2:勧めしませんこの年度末決算処理中に開始数量] フィールドが更新されるためです。そうフィールドの売り上げ高のレポートなどのレポートの正しくないです。さらに、すべてのサマリーの販売履歴情報は正しく移動しない次の年に。

Q3: 大草原地帯で遅延在庫期末決算を行う場合の影響とは何ですか。

A3:このモジュールの決算期末は、省略可能です。

要約すると、年度末の終了時に更新されるフィールドは、主にレポートで使用される数量の要約。これらのフィールドは重要ではない、年度末の決算を実行しないようにできます。

在庫の年度末決算 (ようカード/在庫/履歴] の下) の最後の年、現在の年から概要の履歴情報に移動、現在の年については、0 で埋め

売り上げ高を転記する場合はこれを行うと、項目の履歴の番号が不正確になります (よう [カード、構造体、履歴インベントリ。)、新しい年のトランザクションを購入する前に、在庫モジュールを閉じることをお勧めします。また、在庫回転率のレポート可能性がありますできない正確な年のアイテムの最初の量は正確ではないため。示すため、2016年の 100 項目を販売したとします。2017年で 10 の追加項目を販売します。2017 で 110 の販売数量があるが、2016年年度末決算の在庫を実行する前に 2017年でこれら 2 つの在庫トランザクションを転記します。2016 年度末決算を実行すると、2017 (現在の年)、販売数量と 110 は、2016 (前年度) の売上数量の表示の 10 の代わりに 0 の値が得られます。

カレンダーまたは会計年度の特定のビューとインベントリの概要ウィンドウとは、日付に依存です。在庫年最後の決算プロセスは、日付に依存ではありません。
たぁ移動移動の年の end0.0 2013 2015 inviv

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:872713 - 最終更新日: 09/18/2016 07:32:00 - リビジョン: 0.7

Microsoft Dynamics GP 2016, Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbmt KB872713 KbMtja
フィードバック