プロジェクト会計請求のエントリでは、Microsoft Dynamics GP でクレジットを行う方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:874076
TechKnowledge コンテンツ
概要
転記された請求トランザクションを貸方記入方法

関連情報
請求がサポートするプロジェクトの種類によって異なります。

時間/実費払プロジェクト
課金サービスのエントリ (トランザクション-プロジェクト-請求-請求エントリー) で TM の戻り値の種類を変更します。
2. 文書番号フィールドに格納できるように、ドキュメントの数の既定値は過去をタブします。
3. 参照ドキュメントの番号で検索を使用します。貸方転記する請求先のドキュメントを選択するフィールドです。
4. 顧客と日付情報が自動的に入力できます。
5. に貸方転記プロジェクトを選択します。
6 時間と資料請求のウィンドウを開くには請求の横にある [展開] ボックスをクリックします。
7. すべての品目が以前に請求されたはこのウィンドウに戻るに使用可能になります。返されるすべての行項目を確認してください。
8. 後このトランザクションを転記する TM の戻り値が、[請求先] ウィンドウに戻るし、請求明細行の品目を再するだけが返されます。

固定価格またはコストとプロジェクト
1. 課金サービスのエントリ (トランザクション-プロジェクト-請求-請求エントリー) の種類はまだ請求書。
2.、顧客と日付の情報を入力します。
3. クレジットを使用するプロジェクトを選択します。
4. 請求、分割請求のウィンドウを開きますの横にある [展開] ボックスをクリックします。
5 貸方転記するにはです。 は、プロジェクトは、負の数として請求する金額を入力します。必要がありますが既に請求金額、負の値を入力します。
6. これが転記された後、支払いの請求書がされた貸方に転記されます。

プロジェクトの任意の種類の料金をクレジットに
1. 課金サービスのエントリ (トランザクション-プロジェクト-請求-請求エントリー) の種類はまだ請求書。
2.、顧客と日付の情報を入力します。
3. クレジットを使用するプロジェクトを選択します。
4. 手数料、手数料の支払請求可能なウィンドウを開きますの横にある [展開] ボックスをクリックします。
5. 以前請求手数料が自動的に表示されない場合は、手数料を選択するのには手数料の ID で検索を使用します。
6. 手数料をクレジットに負の数と請求金額を入力します。以前請求先] フィールドに表示される負の値を入力するにする必要がありますが既に請求金額です。
7. これが転記された後、支払いの請求書がされた貸方に転記されます。


この資料は TechKnowledge ドキュメント ID:26234 をされました

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:874076 - 最終更新日: 01/07/2016 06:23:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0, Microsoft Business Solutions-Great Plains 7.5, Microsoft Great Plains Dynamics 7.0, Microsoft Great Plains eEnterprise 7.0, Great Plains Dynamics 6.0, Great Plains eEnterprise 6.0, Project Accounting

  • kbnosurvey kbmbsmigrate kbmt KB874076 KbMtja
フィードバック