Microsoft Dynamics GP で固定資産カレンダーを再構築する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:874133
注: <b> この資料の手順を実行する前に、問題が発生した場合に復元することができるデータベースの完全なバックアップ コピーがあることを確認します。
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP で固定資産カレンダーを再構築する方法について説明します。固定資産カレンダーを再構築する手順は、固定資産のいくつかの問題のトラブルシューティングの手順の一部として使用できます。固定資産カレンダーが破損した、または一般に勘定を再構築の予定表は、会計年度の期間、FA カレンダー再構築が必要です。

注: <b>ユーザーは、Microsoft Dynamics GP カレンダーの使用よりも、固定資産の別の会計カレンダーを使用できます。
詳細
Microsoft Dynamics GP の予定表とは異なる場合は、固定資産カレンダーを再構築、以下の手順を実行します。

注: <b>固定資産カレンダーと Microsoft Dynamics GP の予定表が同じ場合のみ、手順 7 とこのセクションの手順 8 を完了します。
  1. データベースの完全なバックアップ ・ コピーを作成します。

    注: <b>Microsoft SQL Server のインポートとエクスポート ユーティリティを使用して会計年度期間の設定テーブル (SY40100) と、会計期間ヘッダー テーブル (SY40101) でこのバックアップを復元できるため、データベースをバックアップするのには重要です。
  2. Microsoft Dynamics GP からすべてのユーザーがログオンすることを確認します。
  3. SY40100 テーブルと SY40101 テーブルを削除します。Microsoft Dynamics GP のように設定された現在の会計期間を削除します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. 適切な手順に従います。
      • Microsoft SQL Server 2008年を使用する場合は、SQL Server Management Studio を起動します。これを行うには、開始プログラムMicrosoft SQL Server 2008年SQL Server Management Studio] をクリックします。
      • Microsoft SQL Server 2005年を使用する場合は、SQL Server Management Studio を起動します。これを行うには、[スタート] ボタン、プログラム] をポイントMicrosoft SQL Server 2005年] をポイントし、 SQL Server Management Studio] をクリックします。
      • Microsoft SQL Server 2000年を使用する場合は、SQL クエリ アナライザーを起動します。これを行うには、[スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、 Microsoft SQL Server] をポイントし、し、[クエリ アナライザー] をクリックします。
    2. 会社のデータベースに対して、次のステートメントを実行します。
      DELETE SY40100DELETE SY40101
  4. 少なくとも 1 つの会計年度を設定します。これを行うには、以下の適切な手順を実行します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 または Microsoft Dynamics GP 2010 では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、セットアップ] をポイントし、ポイントの会社にし、[会計期間] をクリックします。
    • Microsoft Dynamics GP 9.0 または以前のバージョンでは、[ツール] メニューの [設定] をポイント ポイントの会社にして、会計年度期間] をクリックします。

      注: <b>固定資産の各年が同じ場合は、他の年は、この同じ年の後にモデル化するために 1 年のみを設定するのにはあります。スタブ 1 年または 1 年を異なる期間の設定を持つ場合は、Dynamics GP の予定表を別のそれらの年を設定する必要があります。
  5. 、適切な年の最初の日、と入力して最後の日期間数を入力し、[計算] をクリックします。
  6. すべての会計期間を設定するときは、 [ok]をクリックします。
  7. 固定資産カレンダーを作成します。これを行うには、以下の適切な手順を実行します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 または Microsoft Dynamics GP 2010 では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、ユーティリティ] をポイントし、固定資産] をポイントおよび、[予定表の作成] をクリックします。ビルド固定資産の会計カレンダーのチェック ボックスと、[置き換える] チェック ボックスをオンにします。
    • Microsoft Dynamics GP 9.0 または以前のバージョンでは、[ツール] メニューの [設定] をポイントし、ユーティリティ] をポイントし、固定資産] をポイントおよび、[予定表の作成] をクリックします。ビルド固定資産の会計カレンダーのチェック ボックスと、[置き換える] チェック ボックスをオンにします。
    注: <b>ままにしておくこと、デフォルトとのの年フィールドとして 1901年-2199年をお勧めします。これにより、数年が設定されている射影または減価償却の計算に問題がないようにしてください。
  8. 固定資産カレンダーが正しくビルドされていることを確認します。これを行うには、ビルド固定資産の会計カレンダーのウィンドウを開いてInquire、し、[確認] をクリックします。続行するメッセージが表示されたら、[ OKを] をクリックします。
  9. FA 会計カレンダーを確認レポートを印刷します。

    注: <b>期間に「不足」の状態がないことを確認します。
  10. SY40100 テーブルと SY40101 テーブルをバックアップから復元します。

    詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
    874208 セットアップ情報を Microsoft SQL Server を使用して、会社のデータベース間で転送する方法
詳細
固定資産管理の会計カレンダーは、Microsoft Dynamics GP の予定表の代わりにすべての予定表の情報を提供できます。これにより、相違が 2 つの予定表間で存在する可能性があります。ユーザーは、固定資産の別の会計カレンダーを使用できます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:874133 - 最終更新日: 01/23/2016 07:38:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0

  • kbnosurvey kbinfo kbexpertisebeginner kbhowto kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB874133 KbMtja
フィードバック