現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP Service Pack 2 のインストール手順の詳細

はじめに
Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) は、Windows XP の自動更新機能を有効にすることによって確実に入手することができます。自動更新機能を有効にする方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。また、Windows XP Service Pack 2 は、次の Windows Update Web サイトを使用してインストールすることもできます。また、次のマイクロソフト Web サイトで Windows XP SP2 のネットワーク インストール パッケージを入手することもできます。ネットワーク インストール プログラムを使用すると、ネットワーク経由で複数のコンピュータに Windows XP SP2 をインストールできます。このインストール パッケージ 1 つで、Windows XP Home Edition または Windows XP Professional のどのインストール環境にも Windows XP SP2 をインストールすることができます。

自動更新および Windows Update Web サイトの両方で、高速インストール方式を使用しており、インストールはインターネットから行われます。高速インストール方式では、ダウンロードされる情報の量が最小限に抑えられるため、ネットワーク インストールに比べて大幅にサイズが小さくなります。高速インストール プログラムによって、対象のシステムが調べられ、更新が必要なファイルの一覧が作成されます。これにより、たとえば Windows XP Professional コンピュータでは、Microsoft Windows 95 移行ツールやサーバー コンポーネントのファイルなどの不要なファイルがダウンロードされないようになります。

自動更新と Windows Update のどちらを使用する場合でも、最終的に Windows XP SP2 をインストールするかどうかが確認されます。その後、更新プロセスで必要だと見なされた更新プログラムがコンピュータにダウンロードされます。ダウンロード サイズの合計は、最少の場合で 70 MB、最大の場合で 260 MB です。ダウンロードが完了すると、インストールが開始されます。
詳細

自動更新を使用してインターネットからインストールする

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。wuaucpl.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [自動更新] ダイアログ ボックスで、[自動 (推奨)] をクリックし、[OK] をクリックします。

    コンピュータがインターネットに接続されている場合、Windows の更新プログラムが自動的にコンピュータにダウンロードされ、インストールされます。自動更新は、デフォルトで午前 3:00 に実行されるように設定されています。この時刻にコンピュータの電源を入れない場合は、都合のよい更新スケジュールを選択します。自動更新をスケジュールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    327838 Windows XP、Windows 2000、または Windows Server 2003 で自動更新をスケジュールする方法
    更新プログラムのダウンロードが終わると、通知領域にバルーンが表示され、更新プログラムのダウンロードが完了してインストールの準備ができたことが通知されます。
  3. バルーンをクリックし、[高速インストール (推奨)] をクリックし、[インストール] をクリックします。

    更新プログラムのインストールはバックグラウンドで行われ、更新プログラムのインストール中も作業を続行することができます。そのことは通知領域のバルーンに表示されます。インストールが完了すると [自動更新] ウィンドウが表示され、次のメッセージが表示されます。
    お使いのコンピュータは正しく更新されました。更新を有効にするには、コンピュータを再起動してください。
    : [高速インストール (推奨)] をクリックすると Windows XP Service Pack 2 インストール ウィザードが起動し、次のメッセージが表示される場合があります。
    Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードの開始

    この更新をインストールする前に、次のことをお勧めします:

    - システムのバックアップを作成する

    - 開いているすべてのプログラムを閉じる

    インストールを完了するために、このウィザードを終了する前に Windows を再起動する必要がある場合があります。

    続行するには、[次へ] をクリックしてください。
    また、Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードでは、使用許諾契約書を含む [使用許諾契約] ダイアログ ボックスが表示される場合があります。インストールを続行するには、契約に同意する必要があります。
  4. [今すぐ再起動] をクリックします。

    : コンピュータが再起動されます。インストール後の最初の再起動は、インストールの主要フェーズでコピーできなかったファイルがコピーされるため、通常よりも時間が長くかかります。これは通常の動作です。ファイルのコピーが完了すると、コンピュータは通常どおり起動します。

Windows Update を使用してインターネットからインストールする

  1. 以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
  2. [カスタム] をクリックします。

    コンピュータがスキャンされ、セキュリティ更新プログラム、Service Pack などの重要な更新プログラムがあらかじめ選択された一覧が表示されます。
  3. [種類で選択] の [優先度の高い更新プログラム] をクリックします。

    使用中のコンピュータに応じた更新プログラムの一覧が作成されます。重要な更新プログラムが自動ダウンロード用に選択されます。
  4. [更新プログラムの確認とインストール] をクリックします。
  5. Windows XP SP2 が選択されていることを確認します。
  6. [更新プログラムのインストール] をクリックします。

    [更新プログラムをインストールしています] ダイアログ ボックスが表示されます。[インストールの状態] の下に、Windows XP SP2 のインストールに必要な操作の現在の状態が表示されます。[ダウンロード中] バーには、ダウンロードの進行状況が表示されます。ダウンロードが完了すると、[ダウンロード中] バーが [インストール中] バーに置き換わります。[インストール中] バーには、インストールの進行状況が表示されます。Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードが起動し、[Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードの開始] ダイアログ ボックスに次のメッセージが表示されます。
    Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードの開始

    この更新をインストールする前に、次のことをお勧めします:

    - システムのバックアップを作成する

    - 開いているすべてのプログラムを閉じる

    インストールを完了するために、このウィザードを終了する前に Windows を再起動する必要がある場合があります。

    続行するには、[次へ] をクリックしてください。
  7. [次へ] をクリックします。

    使用許諾契約書を含む [使用許諾契約] ダイアログ ボックスが表示されます。使用許諾契約書に目を通します。使用許諾契約書に同意する場合、[同意します] をクリックします。

    : インストールを続行するには、契約に同意する必要があります。
  8. [次へ] をクリックします。[オプションの選択] ダイアログ ボックスに次のメッセージが表示されます。
    必要であれば Service Pack をアンインストールできるよう、システム ファイルのバックアップを作成します。[参照] をクリックしてバックアップ ファイルの場所を選択するか、下に表示された場所を使用するには [次へ] をクリックしてください。
    アンインストール フォルダ
    C:\Windows\$NtServicePackUninstall$
    : [オプションの選択] では、アンインストール (アーカイブ) 情報の保存場所をユーザーが選択することができます。詳しい知識のあるユーザーがインストールを実行するのでない限り、デフォルトの設定を使用することをお勧めします。通常、Windows XP SP2 のインストールでは必ずアーカイブが作成され、このオプションを回避することはできません。
  9. [次へ] をクリックします。[システムの更新中] ダイアログ ボックスに次のメッセージが表示されます。
    現在の構成を検査し、現在のファイルをアーカイブしてファイルを更新しています。しばらくお待ちください。
    インストールが完了すると、[Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードの完了] ダイアログ ボックスに次のメッセージが表示されます。
    Service Pack 2 セットアップ ウィザードを完了しました。
    変更を有効にするには、Windows を再起動する必要があります。自動的に Windows を再起動するには、[完了] をクリックしてください。
    後で再起動するには、[今再起動しない] チェック ボックスをオンにして、[完了] をクリックしてください。
    今再起動しない
    : デフォルトで、[今再起動しない] チェック ボックスはオフになっています。
  10. [完了] をクリックします。Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードが終了し、[更新プログラムをインストールしています] ダイアログ ボックスに次のメッセージが表示されます。
    Windows XP Service Pack 2 をインストール中...完了しました。
    お使いのコンピュータは正しく更新されました。
    更新を有効にするには、コンピュータを再起動してください。
    [今すぐ再起動] をクリックすると、コンピュータが再起動され、インストールが完了します。再起動しないようにするには、[閉じる] をクリックします。

    : コンピュータを再起動するまで、Windows XP は正常に動作しません。
  11. [今すぐ再起動] をクリックします。

    : コンピュータが再起動されます。インストール後の最初の再起動は、インストールの主要フェーズでコピーできなかったファイルがコピーされるため、通常よりも時間が長くかかります。これは通常の動作です。ファイルのコピーが完了すると、コンピュータは通常どおり起動します。

ネットワーク共有からインストールする

インストール パッケージの保存場所およびその実行に使用する方法は、ネットワーク管理者が決定します。インストール パッケージの場所およびその実行方法の詳細については、ネットワーク管理者にお問い合わせください。ネットワーク管理者がいない場合は、「自動更新を使用してインターネットからインストールする」または「Windows Update を使用してインターネットからインストールする」を参照してください。

ネットワーク共有から Windows XP SP2 をダウンロードした後、次の手順に従って、Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードで Windows XP SP2 をインストールします。
  1. インストール パッケージのダウンロードが完了したら、インストール パッケージを実行してインストールを開始します。Windows XP SP2 のインストールに必要なファイルがインストール パッケージから展開されます。展開処理中は [ファイルの展開] ダイアログ ボックスに進行状況が表示されます。展開が完了すると、Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードが起動し、次のメッセージが表示されます。
    Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードの開始

    この更新をインストールする前に、次のことをお勧めします:

    - システムのバックアップを作成する

    - 開いているすべてのプログラムを閉じる

    インストールを完了するために、このウィザードを終了する前に Windows を再起動する必要がある場合があります。

    続行するには、[次へ] をクリックしてください。
    : このインターフェイスが表示された時点でも、大量のディスク アクセスが発生している場合があります。この現象が発生するのは、Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードでディスク上のファイルのインベントリには、別のスレッドが使用されるためです。ウィザードの最初の画面が表示されたとき、このスレッドによる処理がまだ実行中の場合があります。
  2. [次へ] をクリックします。使用許諾契約書を含む [使用許諾契約] ダイアログ ボックスが表示されます。使用許諾契約書に目を通します。使用許諾契約書に同意する場合、[同意します] をクリックします。

    : インストールを続行するには、契約に同意する必要があります。
  3. [次へ] をクリックします。[オプションの選択] ダイアログ ボックスに次のメッセージが表示されます。
    必要であれば Service Pack をアンインストールできるよう、システム ファイルのバックアップを作成します。[参照] をクリックしてバックアップ ファイルの場所を選択するか、下に表示された場所を使用するには [次へ] をクリックしてください。
    アンインストール フォルダ
    C:\Windows\$NtServicePackUninstall$
    : [オプションの選択] では、アンインストール (アーカイブ) 情報の保存場所をユーザーが選択することができます。詳しい知識のあるユーザーがインストールを実行するのでない限り、デフォルトの設定を使用することをお勧めします。通常、Windows XP Service Pack 2 のインストールでは必ずアーカイブが作成され、このオプションを回避することはできません。
  4. [次へ] をクリックします。[システムの更新中] ダイアログ ボックスに次のメッセージが表示されます。
    現在の構成を検査し、現在のファイルをアーカイブしてファイルを更新しています。しばらくお待ちください。
    インストールが完了すると、[Windows XP Service Pack 2 セットアップ ウィザードの完了] ダイアログ ボックスに次のメッセージが表示されます。
    Service Pack 2 セットアップ ウィザードを完了しました。
    変更を有効にするには、Windows を再起動する必要があります。自動的に Windows を再起動するには、[完了] をクリックしてください。
    後で再起動するには、[今再起動しない] チェック ボックスをオンにして、[完了] をクリックしてください。

    今再起動しない
    [完了] をクリックすると、コンピュータが再起動され、インストールが完了します。再起動しないようにするには、[今再起動しない] チェック ボックスをオンにします。

    : コンピュータを再起動するまで、Windows XP は正常に動作しません。
  5. [完了] をクリックします。コンピュータが再起動されます。インストール後初めての再起動には、通常よりも大幅に長い時間がかかります。これは、インストールの主要フェーズでコピーできなかったファイルがコピーされるためです。この動作は通常の動作です。このファイル コピー操作が完了すると、コンピュータは通常どおり起動します。
WinXPSP2 xpsp2
プロパティ

文書番号:875364 - 最終更新日: 02/03/2011 16:23:00 - リビジョン: 6.2

  • atdownload kbwindowsupdate kbupgrade kbsetup kbinfo KB875364
フィードバック