Windows Update サイトで [設定] を保存しようとすると警告メッセージが表示される

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
この資料は、Windows Update サイトで [設定] を保存しようとすると、警告メッセージが表示される現象について説明しています。

注意: 本技術資料は、新しい Windows Update サイト (Windows Update v6) を使用しているユーザーを対象としています。Windows Update v6 が利用可能なユーザーは、Windows Update を行った際に、自動的に誘導されます。
現象
Windows Update サイトで [設定] を保存しようとすると以下の警告メッセージが表示されることがあります。
今後の使用に備えて、ユーザー データを有効にする必要があります
原因
このエラーは、Internet Explorer の [UserData の常設] が無効な状態で、Windows Update サイトの [設定] を保存しようとすると発生します。
解決方法
Internet Explorer で [Userdata の常設] を有効にします。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. Web ゾーンのアイコンから、[インターネット] アイコンをクリックします。
  5. セキュリティのレベルを調整するため、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  6. [その他] セクションで、[Userdata の常設] を有効にします。
  7. [このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?] というダイアログ ボックスが表示されたら、[はい] をクリックします。
  8. [OK] をクリックします。
  9. Windows Update に再度アクセスします。
속성

문서 ID: 875561 - 마지막 검토: 10/04/2016 15:59:00 - 수정: 6.0

Microsoft Windows Update, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server

  • kbwindowsupdatev5 kberrmsg kbhowto KB875561
피드백