Microsoft SQL Server を実行している新しいサーバーを既存の Microsoft Dynamics GP、Microsoft スモール ビジネス財務状況の説明、またはマイクロソフトの小規模ビジネス マネージャーのインストールを転送する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:878449
はじめに
この資料では、Microsoft SQL Server を実行している新しいサーバーに既にインストールされている Microsoft Dynamics GP を転送する方法について説明します。ユーザーのログインおよびデータベースを維持する方法についても説明します。
詳細

注:

  • 参照してください。
    967083 ビジネス ポータル Microsoft Dynamics SL 7.0、Microsoft Dynamics GP 10.0 の 1 つのサーバーからサーバーに移動する別の方法
    新しいサーバーに、Microsoft Dynamics GP 10.0 のビジネス ・ ポータルを移動するには。 場合、
  • 現在 Web サービスを使用する場合、Web サービスを新しいサーバーに移動するプロセスはありません。Web サービスでは、元の IIS サーバー上に存在しません、する場合は、これでマークされている [SQL オブジェクトとデータを削除する] オプションを使用して元のサーバーからに削除してください。Web サービスは、ビジネスのポータルのインストールの前に新しいサーバーに装着されての re を削除する、およびすべてのセキュリティを構成し直す必要があります。
  • ワークフローを使用する場合は、ワークフローを新しいサーバーに移動するプロセスは現在はありません。ワークフローの削除し、再インストールする必要があります。
  • 運用環境での手順を実行する前にテスト環境で"命令を転送する] セクションで記載されている手順を実行することを強くお勧めします。
  • 古いサーバーと新しいサーバー上の Microsoft SQL Server のインストールには、Microsoft SQL Server 2000年、Microsoft SQL Server エンジン (MSDE 2000 の場合とも呼ばれます)、Microsoft SQL Server 2005年、Microsoft SQL Server 2005 Express、Microsoft SQL Server 2008年、2008 R2 の Microsoft SQL Server、Microsoft SQL Server 2012 では、または Microsoft SQL Server 2014年ができます。

    Microsoft SQL Server 2008年は、Microsoft Dynamics GP 10.0 の SP2 またはそれ以降のバージョンでのみサポートされます。Microsoft SQL Server の 2008 R2 は、マイクロソフトの GP 10.0 SP5 またはそれ以降のバージョンでのみサポートされます。

転送手順

  1. 古いサーバーで、次の Capture_Logins.sql スクリプトをローカルのハード ディスクにコピーします。Capture_Logins.sql スクリプトを入手するのには次のリンクをクリックします。

    https://mbs.microsoft.com/Files/customer/GP/Downloads/ServicePacks/KB878449_Capture_Logins.sql
  2. 古いサーバーで、すべての SQL Server ログインおよびパスワード情報をキャプチャするのには Capture_Logins.sql スクリプトを実行します。Microsoft ビジネス ソリューションの個人用のデータ キーパーで、FRx で、財務アプリケーションで使用または以前のサーバー上で SQL Server のインストールを使用している他の任意のアプリケーションでキャプチャされるすべての SQL Server ログインします。以下の手順では、そのツールを使用するを SQL Server に基づいています。
    • SQL Server Management Studio を使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、ポイントには、 Microsoft SQL Server では、SQL Server Management Studio] をクリックします。
      2. [サーバ] ウィンドウへの接続、これらの手順に従います。
        1. [サーバー名] ボックスで、SQL Server を実行しているサーバーの名前を入力します。
        2. [認証] ボックスで、 SQL 認証] をクリックします。
        3. [ログイン] ボックスで、次のように入力します。 sa.
        4. パスワード] ボックスに、sa ユーザーのパスワードを入力し、し、[接続] をクリックします。
      3. [ファイル] をクリックして、[開く] をポイントし、[ファイル] をクリックします。
      4. [探す場所] ボックスの一覧で、手順 1 では、ローカルのハード ディスクにコピーした Capture_Logins.sql のスクリプト] をクリックでし、[開く] をクリックします。
      5. [データベース エンジン] ウィンドウへの接続、これらの手順に従います。
        1. [サーバー名] ボックスで、SQL Server を実行している古いサーバーの名前を入力します。
        2. [認証] ボックスで、[ SQL 認証] をクリックします。
        3. [ログイン] ボックスで、次のように入力します。 sa.
        4. パスワード] ボックスに、sa ユーザーのパスワードを入力し、し、[接続] をクリックします。
      6. [クエリ] をクリックして、結果を] をポイントし、結果をファイルにします。
      7. クエリ] をクリックし、[ Execute] をクリックします。
      8. 結果の保存] ウィンドウで、以下の手順を実行します。
        1. 保存先] ボックスで、スクリプトの結果を保存する場所をクリックします。
        2. [ファイル名] ボックスで、次のように入力します。 SQLLOGINS.sql、し、[保存] をクリックします。
    • クエリ アナライザーを使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、 Microsoft SQL Server] をポイントし、[クエリ アナライザー] をクリックします。
      2. ウィンドウの SQL Server への接続、次の手順に従います。
        1. [ SQL Server ] ボックスで、SQL Server を実行している古いサーバーの名前を入力します。
        2. 使用して接続] 領域では、 SQL Server 認証をクリックします。
        3. [ログイン名] ボックスで、次のように入力します。 sa.
        4. パスワード] ボックスに、sa ユーザーのパスワードを入力し、し、[ OK] をクリックします。
      3. ファイルをクリックし、[開く] をクリックします。
      4. クエリ ファイルを開く] ウィンドウの [探す場所] ボックスの一覧で、手順 1 では、古いサーバーのローカルのハード ディスクにコピーした Capture_Logins.sql のスクリプト] をクリックし、[開く] をクリックします。
      5. クエリ] をクリックし、ファイルへの結果] をクリックします。
      6. クエリ] をクリックし、[ Execute] をクリックします。
      7. 結果の保存] ウィンドウで、以下の手順を実行します。
        1. 保存先] ボックスで、スクリプトの結果を保存する場所をクリックします。
        2. [ファイル名] ボックスで、次のように入力します。 SQLLOGINS.sql、し、[保存] をクリックします。
    • MSDE 2000 を使用して、SQL Server ツールを使用できない場合は、次の手順を実行します。
      1. MSDE を実行しているサーバー上の [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 cmdと入力し、[OK] をクリックします。
      2. コマンド プロンプトで、次のスクリプトを入力し、enter キーを押してスクリプトを実行します。置換 サーバー名 MSDE 2000 を実行しているサーバーの名前です。置換 SAPASSWORD sa ユーザーのパスワードです。
        OSQL –S SERVERNAME –U sa –P SAPASSWORD –i “C:\Capture_Logins.sql” –o “c:\SQLLOGINS.sql” -n -w 500
      3. タイプ 終了、し、ENTER キーを押します。
      4. 開始を右クリックし、エクスプ ローラー] をクリックします。
      5. ドライブ C には、スクリプトが正常に作成されたことを確認するのには SQLLOGINS.sql ファイルを開きます。
  3. 以前のサーバー上完全 DYNAMICS データベースとすべての会社のデータベースのバックアップを作成します。

    注: <b> サーバーで SQL Server、MSDE 2000、または SQL Server 2005 Express を実行している、財務アプリケーションを起動ファイルバックアップする各データベースのバックアップを作成] をクリックします。

    SQL Server Management Studio、Enterprise Manager、クエリ アナライザーで、または、サポート管理コンソールを使用してバックアップを作成することもできます。
  4. 以前のサーバー上には、現在設定されている各 SQL Server エージェント オペレーター、スケジュールされている各 SQL Server エージェント ジョブの SQL スクリプトを生成します。SQL Server ツールを使用することに基づいて、これらの手順に従います。

    注: <b> これらの手順は、標準的な SQL Server、SQL Server のエンタープライズ、またはワークグループ エディションの SQL Server に適用します。
    • SQL Server Management Studio を使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [スタート] ボタン、[すべてのプログラムMicrosoft SQL Server ] をポイント,SQL Server Management Studio] をクリックします。
      2. [サーバ] ウィンドウへの接続、これらの手順に従います。
        1. [サーバー名] ボックスで、SQL Server を実行しているサーバーの名前を入力します。
        2. [認証] ボックスで、 SQL 認証] をクリックします。
        3. [ログイン] ボックスで、次のように入力します。 sa.
        4. パスワード] ボックスに、sa ユーザーのパスワードを入力し、し、[接続] をクリックします。
      3. オブジェクト エクスプ ローラーウィンドウで、 SQL Server エージェントを展開し、ジョブを使用可能なすべてのジョブを表示するのにはします。

        注: <b> SQL Server エージェントが起動していない場合は、 SQL Server エージェントを右クリックし、開始] をクリックします。
      4. ジョブを右クリックしてとしてジョブをスクリプト] をポイントしを作成する] をポイントし、し、[ファイル] をクリックします。
      5. ファイルの選択] で、スクリプトを保存するフォルダーを選択し、ファイル名を入力します。[OK] をクリックします。
      6. すべてのジョブに関する電子メールを介して手順 c. を繰り返します。
      7. オブジェクト エクスプ ローラーウィンドウで、次のように展開します。 SQL Server エージェント 、し、[現在設定されているすべてのオペレーターを表示するには演算子を展開します。
      8. オペレーターを右クリックしてとしてオペレーターをスクリプト] をポイントし、] をポイントを作成する、[ファイル] をクリックします。
      9. ファイルの選択] で、スクリプトを保存するフォルダーを選択し、ファイル名を入力します。[OK] をクリックします。
      10. は、手順 g. を繰り返してすべての演算子の i。
    • Enterprise Manager を使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、 Microsoft SQL Server] をポイントし、[ Enterprise Manager] をクリックします。
      2. Microsoft SQL サーバーを展開、 SQL Server グループを展開し、SQL Server を実行しているサーバーの名前を展開します。
      3. データベースフォルダーを展開、管理を展開し、 SQL Server エージェントを展開します。
      4. ジョブを右クリックし、すべてのタスク] をポイントし、[ SQL スクリプトの生成] をクリックします。
      5. [SQL スクリプトの生成] ウィンドウで、 [保存先] ボックスの一覧でスクリプトを保存するフォルダーを選択します。
      6. [ファイル名] ボックスで、スクリプトは、名前を入力し、[保存] をクリックします。
      7. スクリプトを生成するのには[ok]をクリックします。
      8. オペレーターを右クリックして、すべてのタスク] をポイントし、[ SQL スクリプトの生成] をクリックします。
      9. [SQL スクリプトの生成] ウィンドウで、 [保存先] ボックスの一覧でスクリプトを保存するフォルダーを選択します。
      10. [ファイル名] ボックスで、スクリプトは、名前を入力し、[保存] をクリックします。
      11. クリックしてOK スクリプトを生成します。
  5. Windows エクスプ ローラーで、手順 2、手順 3 で作成したバックアップ ・ ファイルおよび手順 4 で古いサーバーからハード ディスクを新しいサーバーで作成した SQL Server エージェント ジョブ、および SQL Server エージェントのオペレーターのスクリプトで作成した SQLLOGINS.sql のスクリプトをコピーします。

    注: <b> 同じサーバーを使用する場合、この手順を完了する必要はありません。
  6. インストールされていない場合は、新しいサーバーに SQL Server をインストールします。

    注:
    • 古いサーバで使用されていたのと同じ並べ替え順を使用することを確認します。古いサーバーを使用した並べ替え順序を取得するには、SQL Server Management Studio の、クエリ アナライザーまたはサポート管理コンソールでは、master データベースに対して次のスクリプトを実行します。
      sp_helpsort 
      次の一覧は、財務アプリケーションをサポートしている注文が SQL Server の並べ替えを示しています。
      • 列を確認する: サーバーの照合順序の既定値
        列の内容: Latin1 一般、バイナリの並べ替え
        列の意味: バイナリの並べ替え順序の 50
      • 列を確認する: サーバーの照合順序の既定値
        列の内容: Latin1 一般、区別しない、アクセントを区別する、かなを区別しない、Unicode データは、SQL Server のソート順序 52 のコード ページ 1252 の非 Unicode データの幅を区別しません。
        列の意味: 辞書順のケースにおいて Insensitive (DOCI) のソート順序 52
    • 同じサーバーを使用する場合は、同じコンピューターで SQL Server の新しいインスタンスをインストールします。この資料の残りの部分で SQL Server を実行している新しいサーバーまたは古いコンピューターで SQL Server の新しいインスタンスを参照する新しいサーバー」という用語が使用されます。
    • SQL Server 7.0 または SQL Server 2000年および SQL Server 2005 を実行しているコンピューターにデータベースを移動するかどうかに実行しているコンピューターにインストールされていたデータベースを復元する場合、復元後にデータベースごとにデータベースの互換性レベルを更新する必要があります。これを行うには、SQL Server Management Studio で新しいサーバーには以下の手順を実行。
      1. オブジェクト エクスプ ローラー ] 領域で、展開し、データベースを右クリックし、[オプション] をクリックします。
      2. [互換性] ボックスで、 SQL Server 2005 (90) ] チェック ボックスをオンにするをクリックします。
  7. 新しいサーバーで、手順 3 で作成したバックアップ ファイルから、DYNAMICS データベースを復元します。SQL Server ツールを使用することに基づいて、これらの手順に従います。

    注: <b> 同じサーバーを使用する場合は、同じコンピューター上の SQL Server の新しいインスタンス上のデータベースを復元します。
    • SQL Server Management Studio を使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [スタート] ボタン、[すべてのプログラムMicrosoft SQL Server ] をポイント,SQL Server Management Studio] をクリックします。
      2. [サーバ] ウィンドウへの接続、これらの手順に従います。
        1. [サーバー名] ボックスで、SQL Server を実行している新しいサーバーの名前を入力します。
        2. [認証] ボックスで、 SQL 認証] をクリックします。
        3. [ログイン] ボックスで、次のように入力します。 sa.
        4. パスワード] ボックスに、sa ユーザーのパスワードを入力し、し、[接続] をクリックします。
      3. オブジェクト エクスプ ローラー ] 領域で、データベース] を右クリックし、データベースの復元] をクリックします。
      4. [復元先] 領域で、次のように入力します。 DYNAMICSデータベースにします。
      5. 復元用のソース] 領域でデバイスから] をクリックし、バックアップの指定] ウィンドウを開く省略記号ボタンをクリックします。
      6. バックアップ メディア] ボックスの一覧では、ファイルをクリックし、バックアップ ファイルの検索] ウィンドウを開くに追加] をクリックします。
      7. ファイルを選択] 領域で、手順 3 でバックアップした DYNAMICS データベースのバックアップ ファイルをクリックして、 [ok]をし、[ OK] をクリックします。
      8. 復元するバックアップ セットの選択] 領域で、復元するバックアップの横にある [復元] チェック ボックスを選択するをクリックします。
      9. ページの選択] 領域で、オプション] をクリックし、既存のデータベースを上書きする] チェック ボックスを選択する] をクリックし、します。
      10. データベース ファイルに復元] 領域で、データ ファイルとログ ファイルは、新しいサーバーに正しいパスを使用するように、[復元] 列を変更します。

        注: <b>SQL Server 2005 またはそれ以降の既定のパスは、次の。
        %systemroot%\Program を指定して SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\Data\_Data.mdf
        %systemroot%\Program を指定して SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\Data\_Log.ldf
        Windows エクスプ ローラーを使用してこれらのファイルを検索できます。
      11. [OK] をクリックします。
    • Enterprise Manager を使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、 Microsoft SQL Server] をポイントし、[ Enterprise Manager] をクリックします。
      2. Microsoft SQL サーバーを展開し、 SQL Server グループを展開し、新しいサーバーの名前を展開できます。
      3. データベースを右クリックし、すべてのタスク] をポイントし、[データベースの復元] をクリックします。
      4. [データベースとして復元] ボックスで、次のように入力します。 DYNAMICS.
      5. [復元] 領域デバイスから、チェックする] をクリックし、デバイスの選択] をクリックします。
      6. [復元デバイスの選択] ウィンドウで、[追加を] をクリックします。
      7. 選択して復元先] ウィンドウで、省略記号ボタンをクリックして、手順 3 でバックアップした DYNAMICS データベースのバックアップ ファイルをクリックして、 [ok]をクリックして、[ OK] をクリックし、もう一度[ok]をクリックします。
      8. オプション] タブをクリックし、既存のデータベースを強制的に復元] チェック ボックスを選択する] をクリックします。
      9. データベース ファイルに復元] 領域で、データ ファイルとログ ファイルは、新しいサーバーに正しいパスを使用するように、[復元] 列を変更します。

        注: <b> SQL Server 2000年の既定のパスは次のとおりです。
        %systemroot%\Program を指定して SQL Server\MSSQL\Data\_Data.mdf
        %systemroot%\Program を指定して SQL Server\MSSQL\Data\_Log.ldf
        Windows エクスプ ローラーを使用してこれらのファイルを検索できます。
      10. [OK] をクリックします。
    • サポート管理コンソールを使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [スタート] ボタンすべてのプログラム] をポイントし、ポイントをマイクロソフトのサポート管理コンソールにして、サポート管理コンソール] をクリックします。
      2. ウィンドウの SQL Server への接続、次の手順に従います。
        1. [ SQL Server ] ボックスで、新しいサーバーの名前を入力します。
        2. ログイン名 ボックスで、入力sa です。
        3. パスワード] ボックスに、sa ユーザーのパスワードを入力し、し、[ OK] をクリックします。
      3. クエリ 1 を新しいウィンドウに次のスクリプトをコピーします。
        RESTORE DATABASE [TEST]  FROM  DISK = N'C:\Program Files\Dynamics\Backup\TEST.bak'           WITH  FILE = 1, NOUNLOAD, STATS = 10, RECOVERY, REPLACE,           MOVE N'GPSTESTDat.mdf' TO N'C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL\Data\GPSTESTDat.mdf',            MOVE N'GPSTESTLog.ldf' TO N'C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL\Data\GPSTESTLog.ldf'
        注: <b> お客様の環境に適用するスクリプトを作成するには、次の変更を加えます。
        • 置換 テスト で、会社のデータベースを新しいサーバー上の名前です。
        • C:\Program Files\Dynamics\Backup\TEST.bak をバックアップ ファイルの正しいパスに置き換えます。
        • 置換 GPSTESTDat.mdf ファイルの正しい名前です。
        • 置換 C:\Program を指定して SQL Server\MSSQL\Data\GPSTESTDat.mdf 新しいサーバーにデータベースの .mdf ファイルの適切なパスです。
        • 置換 GPSTESTLog.ldf ファイルの正しい名前です。
        • 置換 C:\Program を指定して SQL Server\MSSQL\Data\GPSTESTLog.mdf .ldf ファイルをデータベースに新しいサーバー上の適切なパスです。
      4. クエリを実行するのには緑色の矢印をクリックします。
  8. 会社のデータベースごとに手順 7 を繰り返します。

    注: <b>Microsoft SQL Server 2000年データベースを Microsoft SQL Server 2005年または Microsoft SQL Server 2008年に復元する場合は、次の作業を行う必要があります。
    • データベースごとにデータベースの互換性レベルを変更します。SQL Management Studio では、データベースを右クリックし、プロパティ] をクリックして、オプション] をクリックし、 SQL Server(90)に Microsoft SQL Server 2005 では、Microsoft SQL Server 2008年のSQL Server 2008 (100)のデータベースとの互換性を変更 SQL Server 2012 (110) Microsoft SQL Server 2012年のか SQL Server 2014 (120) Microsoft SQL Server 2014年。
    • 財務アプリケーションのユーザーごとに作成された Microsoft Dynamics GP ユーザーの名前を持つスキーマを削除します。既定のスキーマは、dbo、およびユーザーのスキーマは必要ありません。ユーザーのスキーマを削除するのには次のリンクをクリックし、SQL Management Studio では、リンク先のドキュメントに含まれるスクリプトを実行します。
  9. 財務アプリケーションを使用するクライアント ワークステーションとすべての新しいサーバーでは、オープン データベース コネクティビティ (ODBC) 接続を作成します。方法の詳細についてはここを開いているデータベース接続の connectionon Microsoft SQL Server では、2 つの場所の記事、MicrosoftKnowledge に次の資料番号] をクリックします。
    870416 ODBC のセットアップで SQL Server 2005、SQL Server 2000年、SQL Server 7.0、および SQL Server デスクトップ エンジン 2000年 (MSDE)
  10. 新しいコンピューターでは、財務アプリケーションのサーバーとクライアントのインストールをインストールします。その後、任意のサード ・ パーティ製品または新しいサーバーで使用するその他の製品をインストールします。サード パーティおよびその他の製品が機能であることを確認します。
  11. すべての SQL Server ログインを作成するのには 2 の手順で作成した SQLLOGINS.sql スクリプトを実行します。SQL Server Management Studio またはクエリ アナライザーを使用するには、スクリプトを実行します。MSDE 2000 を使用する場合は、OSQL を使用して、SQLLOGINS.sql スクリプトを実行してください。プロセスのステップ 2 の手順を参照してください。

    注: <b> 古いサーバーは、Microsoft Dynamics GP が実行されていたし、新しいサーバーと同じ名前がない、ユーザーのパスワードが無効になります。パスワードをリセットするには、以下の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP に、sa ユーザーとしてログオンします。
    2. [ツール] メニューで、設定をポイントし、システム] をポイントし、[ユーザー] をクリックします。
    3. ユーザー IDの横にある [検索] ボタンをクリックし、適切なユーザーを選択します。
    4. [パスワード] フィールドに新しいパスワードを入力し、し、[保存] をクリックします。
    注:
    • 大草原地帯 8.0 と新しいサーバーが実行されている Microsoft Dynamics GP 10.0 または Microsoft Dynamics GP 2010.0 古いサーバーは、Microsoft ビジネス ソリューション大平原の 7.5 またはマイクロソフトのビジネス ソリューションに実行されていた場合は、次の手順に従ってください。
  12. 新しいサーバー上で SQL Server エージェント ジョブ、および SQL Server エージェント オペレーターを作成するのには 4 の手順で作成したスクリプトを実行します。SQL Server Management Studio またはクエリ アナライザーを使用するには、スクリプトを実行します。

    注: <b> MSDE 2000 を使用する場合は、1 つの追加スクリプトを実行する必要があります PJOURNAL ジョブを作成して、30 分ごとに PJOURNAL テーブルを切り捨てることです。OSQL を使用してスクリプトを実行する必要があります。プロセスのステップ 2 の手順を参照してください。このプロセスを実行する Create_PJOURNAL.sql スクリプトを入手するには、次のリンクをクリックします。
  13. Dex_Req.sql スクリプトと、Grant.sql スクリプトを入手し、スクリプトを実行します。スクリプトを取得するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注:
    • マスターに対する Dex_Req.sql のスクリプトを実行するデータベースです。Dynamics データベースに対して、会社のすべてのデータベースに対しては、Grant.sql スクリプトを実行します。
    • スクリプトを実行するのには、SQL Server Management Studio またはクエリ アナライザーを使用できます。
    • MSDE 2000 を使用する場合は、OSQL を使用して、Dex_Req.sql スクリプトを実行してください。プロセスのステップ 2 の手順を参照してください。Grant.sql スクリプトを実行するには、サポート管理コンソールを使用します。
    • Dex_Req.sql スクリプトでは、tempdb データベースで、DEX_LOCK および DEX_SESSION テーブルを作成します。スクリプトは、master データベースにも smDEX_Build_Locks が格納されているプロシージャを作成します。Grant.sql スクリプトの許可を選択、更新、挿入、およびすべてのテーブル、ビュー、および DYNGRP のデータベース ロール内のすべてのユーザー用のストアド プロシージャへのアクセス許可を削除します。これらは、財務アプリケーションを使用する必要なアクセス許可です。
  14. DYNSA をデータベースの所有者を設定するには、各財務アプリケーション データベースに対して次のスクリプトを実行します。
    sp_changedbowner 'DYNSA'
  15. 以前のサーバー上のレポートとフォームの辞書ファイルを共有している場合は、新しいサーバーにファイルをコピーします。

    注: <b> レポートおよびフォームの辞書ファイルを共有するかどうかを確認するには、財務アプリケーションがインストールされているクライアント ワークステーション上の Dynamics.set ファイルを表示します。Dynamics.set ファイルを表示するには、Dynamics.set ファイルを右クリックし、編集ファイルを開く] をクリックします。
  16. OLE ノーツ ファイルを以前のサーバーで共有している場合は、新しいサーバーにファイルをコピーします。

    注: <b> OLE ノーツのファイルを共有するかどうかを確認するには、財務アプリケーションがインストールされているクライアント ワークステーション上の Dex.ini ファイルに OLENotes のパスを表示します。Dex.ini ファイルを表示するには、ファイルを開く、メモ帳で Dex.ini ファイルをダブルクリックします。
  17. 自動更新機能が使用されて、古いサーバー上の共有] をポイントするエントリを持つ場合、新しいサーバー上の共有にファイルをコピーする必要があります。システム DYNAMICS データベースの SYUPDATE テーブル内のエントリは、調整に必要です。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 916679 を参照してください。
  18. か、Microsoft Dynamics GP 2010 データベースを移動してドリルダウン機能を使用して、SQL Server Reporting Services で Excel に統合されたため、サイト サーバー後、サーバーのリンクを更新するのには次の操作をする必要があるレポートを移動します。
    • 誰もログインしている Microsoft Dynamics GP 2010 からことを確認し、SQL Server Management Studio のすべてのインスタンスを閉じる
    • Dynamics GP 2010 がインストールされているコンピューターで [スタート]、[すべてのプログラム] をポイントします。Microsoft Dynamics では、GP 2010 でをクリックし、[データベースのメンテナンス] をクリックしてください
    • ユーティリティを開くと、選択または Dynamics GP 2010 のデータベースが保存されている SQL Server インスタンスを入力します。この SQL Server インスタンスへのアクセス権を持つドメイン アカウントとしてログオンしている場合は、そのオプションを選択します。それ以外の場合 SQL 認証を選択し、n の適切なユーザー名とパスワードを入力します。[次へ >>
    • Dynamics GP 2010 データベースのそれぞれを選択し、[次へ] をクリックしてすべての選択 >>
    • Microsoft Dynamics GP の製品を選択し、[次へ] をクリックして >>
    • 関数およびストアド プロシージャ] を選択し、[次へ] をクリックして、>>
    • [確認] ウィンドウを確認し、[次へ] をクリックして、>> プロセスを開始します。インストールされている製品の数と対応する必要のあるデータベースの数によっては、時間がかかるこのことができます。外部レポート サイトは、新しい SQL Server のインスタンスに移動したことで作業が終了しました。
関連情報
  • 詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。
    854726 Sysdata フォルダーをローカルのワークステーションからサーバーに移動
    870052 Microsoft Dynamics GP のサポート管理コンソール ユーティリティをインストールする方法
    325003 Osql ユーティリティを使用して SQL Server Desktop Engine (MSDE 2000) または SQL Server 2005 Express Edition を管理する方法
    916679 Microsoft Dynamics GP を起動するとエラー メッセージ:「のログインは、ユーザー アクティビティのファイルから削除されています、会計システムにすることはできません」
  • この資料の手順に関するご質問があれば、次の方法のいずれかの方法を使用して Microsoft ビジネス ソリューションのテクニカル サポートにお問い合わせください。
    • 次のマイクロソフト ビジネス ソリューションのサポート サイトにログオンし、新しいサポート要求を入力します。

      https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspx

      注: <b> サブカテゴリのインストール SQL] をクリックします。
    • 888-477-7877 を呼び出すことによって電話で Microsoft ビジネス ソリューションのテクニカル サポートにお問い合わせください。Microsoft ビジネス ソリューションのテクニカル サポートにアクセスするのには、MSDE または SQL Server の 6731 のクイック アクセス コード 6762 を使用します。
7132

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:878449 - 最終更新日: 08/09/2016 14:28:00 - リビジョン: 2.2

Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2013 R2, Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2015 R2, Microsoft Dynamics GP 2016

  • kbhowto kbmbsinstallation kbmbspersonaldatakeeper kbmbsmigrate kbmt KB878449 KbMtja
フィードバック