現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

スタートアップから使用しない項目を停止するには

概要
コンピュータの起動時に不要なアプリケーションが起動しないように制限する方法について説明します。
詳細
Windows 98 および Windows 98 Second Edition では、[システム設定ユーティリティ] を使用してコンピュータ起動時に不要なアプリケーションが起動しないように制限したり、コンピュータの起動や終了を行うのに問題が発生する場合に、読み込むアプリケーションを制限することができます。
注意
[システム設定ユーティリティ] に表示される項目は、セットアップされているアプリケーションによって異なります。[スタートアップ] から読み込みを外す項目については、各自の責任において操作を行ってください。

システム設定ユーティリティを使用して、スタートアップから使用しない項目を停止するには

  1. [システム設定ユーティリティ] を起動します。
    [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに「msconfig」(「」は除く) と入力し、[OK] をクリックします。


  2. スタートアップから使用しない項目の読み込みを外します。
    [スタートアップ] タブをクリックし、以下の項目と任意で必要な項目のチェック ボックスにチェックを入れます。次に、[OK] をクリックします。
    • ScanRegistery
    • TaskMonitor
    • SystemTray
    • LoadPowerProfile (2箇所)
    • internat.exe

    ※ ウィルス検索プログラムのチェックはセキュリティ上外さないことをお勧めします。


  3. コンピュータを再起動します。
    "今すぐ再起動しますか?" というメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。



必要なプログラムがある場合は、同様の手順で [スタートアップ] から任意で項目にチェックを入れてご使用ください。
関連情報
177285 システム設定ユーティリティの [スタートアップ] タブにチェック ボックス エントリが重複して表示される
192723 一部のシステム設定ユーティリティ ツールが機能しない
185564 システム設定ユーティリティでスタートアップ ファイルを無効にできない
kblight T008503 w98 Windows 98 起動/終了 kbwin98search kbwin98SEsearch kbplussearch startstop Win98SE
プロパティ

文書番号:880625 - 最終更新日: 12/27/2004 21:12:13 - リビジョン: 1.2

  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • kbhowto KB880625
フィードバック
src="https://c.microsoft.com/ms.js" '="">html>.js" '="">