現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

エラー メッセージ "次のファイルが存在しないかまたは壊れている" が表示され、製品版パッケージの Windows XP を起動できない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
Microsoft Windows XP を起動または再起動しようとした時に「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした。」 というようなエラー メッセージが表示された場合の解決方法を説明しています。 具体的なメッセージは現象を参照してください。

重要 : この資料は、次の写真のようなパッケージ製品の Windows を対象としています。
Windows パッケージ製品
この資料では、製品版パッケージの Windows XP をお使い場合の解決方法のみ説明しています。ご利用の Windows XP が OEM 版 (プレインストール版) の場合は、コンピューターに付属するマニュアルをご確認いただくか、コンピューターの製造元へお問い合わせください。

この問題を解決するためには、回復コンソールを使用します。 解決方法の手順 1 から順番に実行してください。

この資料は中級レベル以上のコンピューター ユーザーを対象にしています。
この手順には、コンピューターの再起動やブラウザを閉じる操作が含まれます。この資料を印刷して手元に置いておくと便利です。
現象
Windows XP ベースのコンピューターを起動または再起動しようとすると、次のいずれかのエラー メッセージが表示され、Windows XP が正常に起動しない場合があります。

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:
\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:
\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SOFTWARE

Stop: c0000218 {レジストリ ファイル エラー} レジストリは、ハイブ (ファイル)
\SystemRoot\System32\Config\SOFTWARE、そのログ、または代替ファイルを読み込めません。

この問題は、システムのファイルが失われているか、または壊れている場合に発生する可能性があります。
解決方法

手順 1 : エラー メッセージをメモする

エラーメッセージによって解決方法の一部の手順が異なります。 必ずエラーメッセージはメモに控えてください。

手順 2 : 回復コンソールを起動する

2-1.
Windows XP CD コンピューターの CD-ROM ドライブに Windows XP CD を挿入し、Windows を再起動します。

画面の指示に従って必要なオプションを選択し、[セットアップの開始] 画面を表示します。
注 : ユーザーの簡易切り替え機能を使用している場合は、すべてのユーザーをコンピューターからログオフし、一人の管理者 (Administrator 権限を持ったユーザー) ユーザーのみがコンピューターにログオンするようにしてください。
  • CD-ROM ドライブから Windows を起動できた場合には、手順 2-2 に進みます。
  • CD-ROM ドライブから Windows を起動できない場合は、Windows XP インストール用起動ディスクを作成し、それを使って Windows を起動させます。これらの方法は、インストール用起動ディスクの作成と Windows の起動方法を参照してください。
    インストール用起動ディスクを使って Windows を起動後に、手順 2-2 に進みます。
2-2.
[セットアップの開始] 画面が表示されたら、R キーを押し、回復コンソールを起動します。

2-3.
キーボードの種類を選択します。
日本語キーボード [106 日本語キーボード] ですので、半角/全角キー押します。
キーボードの種類の特定
2-4.
"以下のキーボードが選択されました。" というメッセージが表示されたら、[106 日本語キーボード] が選択されていることを確認後、Y キーを押します。

2-5.
"どの Windows インストールにログオンしますか?" というメッセージが表示されたら、[C:\Windows] の番号を入力し、Enter キーを押します。 以下の画面例では [1. C:\Windows] なので 1 と入力し、Enter キーを押します。

注 : Windows システムがインストールされている場所は、既定では [C:\Windows] です。任意で場所を変更している場合は別のドライブ名が表示される場合があります。[C:\Windows] の部分には、Windows システム ファイルがインストールされている場所を選択する必要があります。また、データベースが存在しなかったり破損している場合、正しく認証されないため、回復コンソールを使用できません。

回復コンソール
2-6.
Administrator ユーザーのパスワードを入力し、Enter キーを押します。パスワードを設定していない場合は、そのまま Enter キーを押します。

手順 3: エラーのあるファイルを修復する

エラー メッセージに含まれているファイル名によって修復手順が異なります。

A. エラー メッセージに "SYSTEM" が含まれる場合の操作

A-1.
次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

cd system32\config

cd system32\config
A-2.
次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

dir system
"一致するファイルがありません" というメッセージが表示される場合、手順 A-4 に進みます。
"一致するファイルがありません" というメッセージが表示されなかった場合には、手順 A-3 に進みます。
A-3.
次の 3 つのコマンドを 1 行ずつ入力し、Enter キーを押します。

ren system system.bak
cd system32
cd config
A-4.
次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

copy c:\windows\repair\system
"copy c:\" の c 部分には、Windows システムをインストールしているドライブを指定します。

copy c:\windows\repair\system
A-5.
"1 個のファイルをコピーしました。" というメッセージが表示された場合には、手順 A-6 に進みます。 "1 個のファイルをコピーしました。" というメッセージが表示されない場合には、サポート窓口にお問い合わせください。

A-6.
フロッピー ディスク ドライブおよび CD-ROM ドライブにディスクが挿入されている場合はディスクを取り出します。次に、下記のコマンドを入力し、Enter キーを押して、回復コンソールを終了させます。

exit
A-7.
Windows を再起動します。

ここまでの手順を試しても Windows が正常に起動しない場合には、サポート窓口にお問い合わせください。

B. エラー メッセージに "SOFTWARE" が含まれる場合の操作

B-1.
次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

cd system32\config
cd system32\config
B-2.
次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

dir software
"一致するファイルがありません" というメッセージが表示される場合は、手順 B-4 に進みます。
"一致するファイルがありません" というメッセージが表示されなかった場合には、手順 B-3 に進みます。
B-3.
次の 3 つのコマンドを 1 行ずつ入力し、画面に貼り付け、Enter キーを押します。

ren software software.bak
cd system32
cd config
B-4.
次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

copy c:\windows\repair\software

copy c:\windows\repair\software
B-5.
"1 個のファイルをコピーしました。" というメッセージが表示されれば、成功です。次の手順 B-6 に進みます。"1 個のファイルをコピーしました。" というメッセージが表示されない場合には、サポート窓口にお問い合わせください。

B-6.
フロッピー ディスク ドライブおよび CD-ROM ドライブにディスクが挿入されている場合はディスクを取り出します。次に、下記のコマンドを入力し、Enter キーを押して、回復コンソールを終了させます。

Exit
B-7.
Windows を再起動します。

ここまでの手順を試しても Windows が正常に起動しない場合には、サポート窓口にお問い合わせください。
インストール用起動ディスクの作成と Windows の起動方法
  1. インストール用起動ディスクを作成する

    Windows XP のインストール用起動ディスクを作成するために、フロッピー ディスクを 6 枚用意してください。インストール用起動ディスクを作成する方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

    880422 Windows XP のインストール用起動ディスクを入手する方法
    Windows XP で FAT ファイル システムを使用している場合、Windows 95、Windows 98、または Windows Me の起動ディスクを代用することができます。他のバージョンの Windows システムで起動ディスクを作成する方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。 他のバージョンの Windows では、起動ディスクに使用するフロッピー ディスクの枚数が Windows XP とは異なります。

    267287 Windows Me で起動ディスクを作成する方法
    186300 MS-DOS モードで Windows 98 起動ディスクを作成する方法
    403164 Windows 95 で起動ディスクを作成する方法
  2. インストール用起動ディスクを使って Windows を起動する
    1. フロッピー ディスク ドライブに Windows XP のインストール用起動ディスクの 1 枚目を挿入し、Windows を起動します。
    2. 次に、画面の指示に従って、Windows XP 起動ディスクの 2 ~ 6 枚目をフロッピー ディスクドライブに挿入し、Enter キーを押します。
    3. 画面の指示に従って必要なオプションを選択し、 [セットアップの開始] 画面を表示します。
手順 2-2 に進み、続きの操作を実施します。
サポートに問い合わせる
Windows XP に関するお問い合わせは、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
kblight T008611 wxp Windows XP 起動/終了 kbWinXPSearch kbwinmediaplayerxphome kbwinmediaplayerxppro kbwinmessenger400 kbwinmessenger450 kbiewinxpsearch kboutlookexpresswinxpsearch startstop WinXP
プロパティ

文書番号:880636 - 最終更新日: 01/06/2009 10:00:24 - リビジョン: 2.5

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbtshoot kbbeginner startstop KB880636
フィードバック