Windows Update の Web ページにアクセスすると、"スクリプト エラー" が表示される場合の対処方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
"スクリプト エラー" というメッセージが表示されて、Windows Update が正常に行えない場合は、Internet Explorer の設定を変更したり、Windows Update に必要な DLL ファイルを登録することによって問題を解決できる可能性があります。
詳細

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [インターネット オプション] ダイアログ ボックスを表示します。
    [ツール] をクリックし、[インターネット オプション] をクリックします。
  3. [セキュリティの設定] ダイアログ ボックスを表示します。
    [セキュリティ] タブをクリックし、[Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する] ボックスの [インターネット] をクリックします。次に、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  4. [ActiveX コントロールとプラグインの実行] を有効にします。
    [設定] ボックスの一覧から、[ActiveX コントロールとプラグイン] の [ActiveX コントロールとプラグインの実行] の項目の [有効にする] をクリックします。
  5. [Java の許可] を有効にします。
    [設定] ボックスの一覧から、[Microsoft VM] の [Java の許可] の項目の [安全性 - 中] をクリックします。 一部の機種では、この項目がない場合もあります。
  6. [アクティブ スクリプト] を有効にします。
    [設定] ボックスの一覧から、[スクリプト] の [アクティブ スクリプト] の項目の [有効にする] をクリックします。
  7. [IFRAME のプログラムとファイルの起動] を有効にします。
    [設定] ボックスの一覧から、[その他] の [IFRAME のプログラムとファイルの起動] の項目の [有効にする] をクリックします。
  8. [ファイルのダウンロード] を有効にします。
    [設定] ボックスの一覧から、[ダウンロード] の [ファイルのダウンロード] の項目の [有効にする] をクリックします。
  9. [インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。
    [セキュリティの設定] ダイアログ ボックスの [OK] をクリックします。次に、[インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [OK] をクリックします。

広告削除プログラム、Web アクセラレータ、またはウィルス対策プログラムをインストールしている場合は、これらのプログラムがスクリプト エラーの原因になっている可能性があります。

上記のプログラムをインストールしている場合は、それぞれのマニュアルおよびヘルプをご覧の上、プログラムを一時的に無効にするか終了してください。

Internet Explorer で自動構成を削除すると、Windows Update の Web サイトにアクセスする際に "アクセスが拒否されました" というエラー メッセージが表示される問題が解決できる場合があります。詳細については、下記の Q&A をご覧ください。
880876 Windows Update の Web サイトにアクセスする際に "アクセスが拒否されました" というエラー メッセージが表示される場合の対処方法

  1. 以下のコマンドを入力します。
    [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに、「regsvr32 c:\windows\system32\vbscript.dll」(「」は除く) と入力し、[OK] をクリックします。
    ここでは、Windows システムがインストールされているハード ディスク ドライブを C ドライブと仮定しています。


  2. コマンドが正しく実行されたことを確認します。
    "成功しました。" というメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。


  3. 以下のファイルを登録します。
    [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに、以下のコマンドをそれぞれ 1 行ずつ入力し、手順 1.~2. を繰り返します。
    regsvr32 c:\windows\system32\mshtml.dll
    regsvr32 c:\windows\system32\msjava.dll
    regsvr32 c:\windows\system32\jscript.dll
    regsvr32 c:\windows\system32\msxml.dll
    regsvr32 c:\windows\system32\actxprxy.dll
    regsvr32 c:\windows\system32\shdocvw.dll

Windows Update サイトに接続し、更新ができるかご確認ください。

  1. 以下のコマンドを入力します。
    [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに、「regsvr32 c:\windows\system\vbscript.dll」(「」は除く) と入力し、[OK] をクリックします。
    ここでは、Windows システムがインストールされているハード ディスク ドライブを C ドライブと仮定しています。


  2. コマンドが正しく実行されたことを確認します。
    "vbscript.dll succeeded." というメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。


  3. 以下のファイルを登録します。
    [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに、以下のコマンドをそれぞれ 1 行ずつ入力し、手順 1.~2. を繰り返します。
    regsvr32 c:\windows\system\mshtml.dl
    regsvr32 c:\windows\system\msjava.dll
    regsvr32 c:\windows\system\jscript.dll
    regsvr32 c:\windows\system\msxml.dll
    regsvr32 c:\windows\system\actxprxy.dll
    regsvr32 c:\windows\system\shdocvw.dll

Windows Update サイトに接続し、更新ができるかご確認ください。

  1. 以下のコマンドを入力します。
    [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに、「regsvr32 c:\winnt\system32\vbscript.dll」(「」は除く) と入力し、[OK] をクリックします。
    ここでは、Windows システムがインストールされているハード ディスク ドライブを C ドライブと仮定しています。


  2. コマンドが正しく実行されたことを確認します。
    "vbscript.dll succeeded." というメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。


  3. 以下のファイルを登録します。
    [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに、以下のコマンドをそれぞれ 1 行ずつ入力し、手順 1.~2. を繰り返します。
    regsvr32 c:\winnt\system32\system\mshtml.dll
    regsvr32 c:\winnt\system32\system\msjava.dll
    regsvr32 c:\winnt\system32\system\jscript.dll
    regsvr32 c:\winnt\system32\msxml.dll
    regsvr32 c:\winnt\system32\actxprxy.dll
    regsvr32 c:\winnt\system32\system\shdocvw.dll

Windows Update サイトに接続し、更新ができるかご確認ください。

  1. 以下のコマンドを入力します。
    [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに、「regsvr32 c:\winnt\system32\vbscript.dll」(「」は除く) と入力し、[OK] をクリックします。
    ここでは、Windows システムがインストールされているハード ディスク ドライブを C ドライブと仮定しています。
  2. コマンドが正しく実行されたことを確認します。
    "成功しました。" というメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
  3. 以下のファイルを登録します。
    [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに、以下のコマンドをそれぞれ 1 行ずつ入力し、手順 1.~2. を繰り返します。
    regsvr32 c:\winnt\system32\system\mshtml.dll
    regsvr32 c:\winnt\system32\system\msjava.dll
    regsvr32 c:\winnt\system32\system\jscript.dll
    regsvr32 c:\winnt\system32\msxml.dll
    regsvr32 c:\winnt\system32\actxprxy.dll
    regsvr32 c:\winnt\system32\system\shdocvw.dll
上記の手順を実行しても問題を解決できない場合は、下記の Q&A をご覧ください。
881269 インターネット接続とネットワーク接続の設定を確認する方法
881220 [Windows Update] フォルダから、問題の原因となるファイルを削除する方法
883202 Windows Update ファイルを修復するには (Windows Me および Windows 98 の場合)
関連情報
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
326686 Windows Update の機能がまったく使用できない場合がある
kblight T009873 wup Windows Update トラブル kbwin98search kbwin98SEsearch kbplussearch kbWinMEsearch kbwinntw400search kbwinntsearch kbWinXPSearch kbwinmediaplayerxphome kbwinmediaplayerxppro kbwinmessenger400 kbwinmessenger450 kbiewinxpsearch kboutlookexpresswinxpsearch kbWinNETSearch kbwinserv2003search trouble wup
プロパティ

文書番号:881271 - 最終更新日: 10/04/2016 16:17:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Windows Update, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows 2000 Professional

  • kbtshoot kbbeginner trouble KB881271
フィードバック