はがきの宛名面を Word 2003 で作成する方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
Microsoft Office Word 2003 の [はがき宛名印刷ウィザード] を使用してはがきの宛名を作成する方法を説明します。
詳細

はがきの宛名面を作成する方法

  1. [はがき宛名印刷ウィザード] を起動します。
    [ツール] をクリックし、[はがきと差し込み印刷] をポイントします。次に、[はがき印刷] をクリックします。

  2. [宛名面の作成] を選択します。
    [宛名面の作成] をクリックします。

  3. [はがき宛名印刷ウィザード] を開始します。
    [次へ] をクリックします。

  4. はがきの種類を選択します。
    任意のはがきの種類をクリックし、[次へ] をクリックします。ここでは例として、[年賀/暑中見舞い] を選択します。

  5. はがきの様式を選択します。
    次のいずれかをクリックし、[次へ] をクリックします。ここでは例として、[縦書き] をクリックします。
    • 縦書きに表示する場合 : [縦書き]をクリックします。
    • 横書きに表示する場合 : [横書き]をクリックします。
  6. 書式を設定します。
    [フォント] ボックスの一覧から任意の項目をクリックし、[次へ] をクリックします。ここでは、例として [MS 明朝] を選択します。

  7. 差出人の情報を入力します。
    [差出人を印刷する] チェック ボックスにチェックをオンにして、差出人の情報を入力します。次に、[次へ] をクリックします。

  8. 差し込み印刷機能を設定します。
    次のいずれかをクリックします。

    • [標準の住所録ファイルを差し込む]
      これから住所録ファイルを作成する場合や、以前にこの操作で既にファイルを作成済みの場合にクリックします。
      新たに住所録ファイルを作成する場合、ウィザードに従って操作すると住所録ファイルが自動的に作成されます。以前にウィザードを使用して住所録ファイルを作成した場合、住所録ファイルは自動的に開かれます。既定の保存場所は、[マイ ドキュメント] フォルダ内の [My Data Sources] フォルダです。
    • [他の住所録ファイルを差し込む]
      ウィザード以外で住所録ファイルを作成したなど既に作成済みの住所録を使用する場合に選択するオプションです。
      [住所録ファイルを開く] ダイアログ ボックスで住所録ファイルが表示されない場合は、[ファイルの種類] ボックスの一覧から、[すべてのファイル] をクリックします。



      はがき宛名印刷ウィザードを完了したときに、宛名が表示されなかったり、異なる場所にデータが入ってしまった場合は、フィールドを一致させることで問題を解決できる可能性があります。フィールドを一致させる方法については、後述する"住所録のフィールドを編集する" をご覧ください。
    • [使用しない]
      はがきを一枚だけ作成する場合に使用するオプションです。
      はがき宛名印刷ウィザードを完了すると、画面上にはがきイメージのデザインが表示されます。宛名部分にテキストを入力する場合には、下記の手順を実行します。
      1. [宛名住所の入力] ダイアログ ボックスを表示します。
        [はがき宛名印刷] ツール バーの [宛名] をクリックします。

      2. 宛名の情報を入力します。
        [宛名住所の入力] ダイアログ ボックスに宛名の情報を入力し、[OK] をクリックします。

  9. 宛名の敬称を選択します。
    [宛名の敬称] ボックスの一覧から任意の項目をクリックし、[次へ] をクリックします。ここでは例として、[様] をクリックします。

  10. [はがき宛名印刷ウィザード] を完了します。
    [完了] をクリックします。

はがき宛名面が作成されます。

住所録のフィールドを編集する方法

はがき宛名印刷ウィザードを完了すると、Word 2003 の文書画面にはがき宛名面のデザイン結果が表示されます。既に住所録ファイルにデータが入力されている場合は、ここでデータが表示されます。この状態で、はがきの宛名を印刷する際の不要なフィールド (項目) の削除や、不足しているフィールドの追加の操作を行います。

宛名面に挿入されたフィールドを表示させるには、[はがき宛名印刷] ツール バーから [差し込んだデータの表示] をクリックします。




以下のようなフィールドが表示された画面に変わります。



この状態で不要なフィールドを選択し削除することができます。既定で挿入されるフィールド名は以下のとおりです。
  • 郵便番号
  • 住所_1
  • 住所_2
  • 会社
  • 部署
  • 役職
  • 氏名
  • 連名
フィールド名と、実際に利用する住所録ファイル上のフィールド名が一致していない場合は、[はがき宛名印刷] ツール バーから [データ] をクリックし、[フィールドの一致] をクリックします。



[フィールドの対応] ダイアログ ボックスを表示してフィールド間の関連付け作業を実行することができます。

関連情報
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。郵便番号辞書を更新する方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
kblight T009933 wd23 Word 2003 印刷 kbWord2003Search print wd2003
プロパティ

文書番号:881303 - 最終更新日: 10/04/2016 16:17:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Office Word 2003

  • kbexpertisebeginner kbhowto kbbeginner kbprint KB881303
フィードバック