整理した古いアイテムのファイル保管場所と設定を変更するには

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
古いアイテムの整理が実行されると、古いアイテムは既定では Archive.pst ファイルに自動的に保存されます。古いアイテムを保存するファイルの保管場所は、任意で指定することができます。
詳細
[古いアイテムの整理] が実行されると、アイテムは現在のフォルダから、保管用の PST ファイルに移動します。 C ドライブに Outlook 2003 をインストールした場合、古いアイテムは既定で次のフォルダに保管されます。
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook\Archive.pst
ここでは、Archive.pst ファイルの保管場所を変更し、任意のファイル名を設定する方法について説明します。

整理した古いアイテムのファイル保管場所と設定を変更するには

  1. [オプション] ダイアログ ボックスを表示します。
    [ツール] をクリックし、[オプション] をクリックします。


  2. [古いアイテムの整理] ダイアログ ボックスを表示します。
    [その他] タブをクリックし、[古いアイテムの整理] をクリックします。


  3. 古いアイテムを保管する設定にします。
    [次の間隔で古いアイテムの整理を行う] チェック ボックスにチェックが入っていない場合は、クリックしてチェックを入れ、右側のボックスにアイテムの整理を行う間隔を入力します。
    次に、[古いアイテムを保存または削除する] チェック ボックスにチェックが入っていない場合は、クリックしてチェックを入れます。


  4. アイテムの保管先を設定します。
    [フォルダ一覧に [保存フォルダ] を表示する] チェック ボックスにチェックが入っていない場合は、クリックしてチェックをいれます。次に、[古いアイテムを移動する] をクリックし、[参照] をクリックします。


  5. 保管先とファイル名を設定します。
    [保存先] ボックスの一覧からファイルの保存場所をクリックし、[ファイル名] ボックスに任意のファイル名を入力します。次に、[OK] をクリックします。
    ここでは例として、「archive2」(「」は除く) と入力します。


  6. [古いアイテムの整理] ダイアログ ボックスを閉じます。
    設定が完了したら、[OK] をクリックします。


  7. [オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。
    [OK] をクリックします。



古いアイテムのファイル保管場所と設定が変更されます。
[古いアイテムの整理] が実行されると、古いアイテムは [保存先フォルダ] フォルダに自動的に移動されます。整理されたアイテムの内容を表示するには [保存フォルダ] をクリックしてください。

古いアイテムの整理を実行する方法については、下記の Q&A をご覧ください。
881359 メールボックスを整理するには
kblight T010015 ol23 Outlook 2003 個人用フォルダ kbOutlook2003Search personal ol2003
プロパティ

文書番号:881360 - 最終更新日: 10/04/2016 16:21:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Office Outlook 2003

  • kbhowto personal kbbeginner inboxinfo KB881360
フィードバック