現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

休日を稼動日に変更したり、休暇を設定するには

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
カレンダーの稼働日/非稼働日は、稼働時間の設定を使用して実際のスケジュールに合わせて任意に変更できます。
詳細
カレンダーに設定されている稼働日/非稼働日は、特定の日付について休日を稼働日に変更したり、またはその逆の変更を任意に設定できます。
これにより、会社や学校などによって異なる予定に合わせて、スケジュールを管理できます。
休日を稼動日に変更したり、休暇を設定するには次の手順を実行します。

休日を稼動日に変更したり、休暇を設定するには

  1. [稼働時間の変更] ダイアログ ボックスを表示します。
    [ツール] をクリックし、[稼働時間の変更] をクリックします。


  2. 稼働日/非稼働日の変更を開始します。
    以下のいずれかを実行して、稼働日/非稼働日を切り替えます。
    ここでは例として、12 月 7 日の週を変更します。

    非稼働日を稼働日へ変更する場合

    1. 稼働日へ変更します。
      [日付] ボックスの一覧から稼働日へ変更したい非稼働日をクリックし、[既定外の稼働時間] をクリックします。次に、[開始時刻] ボックス、および [終了時刻] ボックスに任意の時間を入力します。
      ここでは例として、[12 月 13 日] を選択し、[既定外の稼働時間] を選択します。次に、[開始時刻] ボックス、および [終了時刻] の 1 行目に 「8:00」「12:00」(「」は除く)と入力し、2 行目に「13:00」「17:00」(「」は除く)と入力します。


    稼働日を非稼働日へ変更する場合

    1. 非稼働日へ変更します。
      [日付] ボックスの一覧から非稼働日へ変更したい稼働日をクリックし、[非稼働日] をクリックします。
      ここでは例として、[12 月 10 日] を選択し、[非稼働日] を選択します。


    任意に設定した稼働日/非稼働日を既定値に戻す場合

    1. カレンダーに設定されている既定値へ戻します。
      [日付] ボックスの一覧から既定値に戻したい日付をクリックし、[既定値の使用] をクリックします。次に、既定値が稼働日の日付の場合、[開始時刻] ボックス、および [終了時刻] ボックスに任意の時間を入力します。
      ここでは例として、あらかじめ非稼働日に設定した [12 月 12 日] を選択します。




  3. 稼働時間の設定を完了します。
    設定終了後、[OK] をクリックします。


稼働日/非稼働日が変更されます。

補足
複数の稼働時間を一度に変更する方法については、下記の Q&A をご覧ください。
881744 複数の稼働時間を一度に変更するには
関連情報
881743 仕事を行う曜日と時間帯を設定するには
kblight T010555 prj23 Project 2003 カレンダー kbProject2003Search calendar PRJ2003
プロパティ

文書番号:881742 - 最終更新日: 08/12/2004 03:02:57 - リビジョン: 1.3

Microsoft Office Project Standard 2003, Microsoft Office Project Professional 2003 for Windows

  • kbhowto KB881742
フィードバック
="display:none;" onerror="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">