現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

インストールし、Windows XP の Service Pack 2 で Bluetooth デバイスを構成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:883259
概要
Bluetooth デバイスをインストールするには、ことを接続する必要はのみです。Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) には、多くの Bluetooth デバイス用のドライバーが含まれています。Bluetooth デバイスが Windows で認識されない場合は、Windows では、汎用ソフトウェア サポートを使用してそのまま使用することができます。 または、デバイスの製造元が提供するドライバーを使用することができます。に、コンピューターに Bluetooth デバイスを追加するのには、Bluetooth デバイスの追加ウィザードを使用できます。Bluetooth 接続を設定するのには、[Bluetooth デバイス] 項目を使用するコントロール パネルの。

パーソナル エリア ネットワーク (PAN) を使用して Bluetooth デバイス間でアドホック ネットワークに参加できます。使用して、パン、コンピューター、ネットワーク通信に TCP/IP を使用して他の Bluetooth デバイスです。ダイヤルアップ ネットワークをサポートする Bluetooth デバイスがある場合は、使用するには、モデムとして。プリンターの追加ウィザードを使用するには、ワイヤレス Bluetooth プリンターを使用します。最後に、Bluetooth を使用して Bluetooth 対応のコンピューターやデバイス間でファイルを転送できます。この資料ではこれらのタスクの手順を順を追って説明します。
はじめに
この資料は、インストールし、Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) で Bluetooth デバイスを構成する方法について説明します。

注: <b>、Windows XP SP2 でサポートされていない Bluetooth アダプターをインストールする場合は、Bluetooth アダプターの製造元から提供されている推奨事項に従います。

Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) のサポートされているアダプターの一覧には、Bluetooth アダプターをインストールするは、デバイスの接続の問題です。接続する前に、構成は必要ありません。

Windows XP SP2 でサポートされている Bluetooth アダプターをインストールすると、アダプターに次の Microsoft コンポーネントとアクティブななります。
  • Microsoft Bluetooth 列挙子
    このコンポーネントは、Bluetooth のデバイスおよび機能を列挙します。
  • Bluetooth デバイス (パーソナル エリア ネットワーク)
    このドライバーは、デバイス間のパーソナル エリア ネットワーク (PAN) 接続をサポートします。
  • Bluetooth デバイス (RFCOMM プロトコル トランスポート ドライバー インターフェイス [TDI])
    このコンポーネントは、ダイヤルアップ ネットワーク (DUN) をサポートします。また、他の種類のデバイス間の接続もサポートしています。
  • Bluetooth サポート サービス (BthServ)
    このサービスは、保持し、デバイスのペアリング情報を更新します。また、Bluetooth の機能に関連するその他の機能も実行します。
これらのコンポーネントは、Bluetooth アダプターをインストールする後は、デバイス マネージャーで利用できます。その他のドライバーおよびコンポーネントもインストールされます。
詳細

Bluetooth 無線のサポート

Windows で認識されない、コンピューターの Bluetooth アダプターを接続する場合は、Windows XP SP2 は汎用ソフトウェアのサポートを提供します。汎用ソフトウェア サポートで問題が発生した場合は、Bluetooth アダプターに付属するドライバーが提供されているサード ・ パーティ製をインストールできます。

Windows XP SP2 に含まれている Bluetooth 無線ドライバーに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
841803 Windows XP の Service Pack 2 に含まれている Bluetooth 無線ドライバーの一覧

構成およびデバイス

Bluetooth の設定を構成するには [コントロール パネル]、[Bluetooth デバイス] 項目を使用できます。Bluetooth デバイスを使用して、1 つまたは複数、次の行えます。
  • 追加またはデバイスを削除します。
  • デバイスのプロパティを表示します。
  • Bluetooth オプションを変更します。
  • COM ポートを追加します。
Bluetooth デバイス] で[デバイス] タブは、コンピューターで現在構成されているすべてのデバイスを示しています。[デバイス] タブを使用してデバイスを追加するまたは削除、デバイスをデバイスのプロパティを表示できます。

デバイスのプロパティ

Bluetooth デバイスのプロパティを表示すると、次の情報を参照してください。
  • デバイスの種類
  • Bluetooth のアダプターのハードウェア アドレス
  • 最後の接続の日時
  • デバイスとのペアリングにパスキーを使用するかどうかに関する情報
Windows が使用するデバイスの名前を変更することもできます。この変更は、Bluetooth ファイル転送ウィザードおよびモデムの追加で使用される名前も影響します。

[サービス] タブは、デバイスがサポートしているサービスに関する情報を表示します。たとえば、Bluetooth 携帯電話または、パーソナル デジタル アシスタント (PDA) がコンピューターに接続されているときにこのタブが COM ポートが表示同期可能な。このタブは、インターネット ダイヤルアップ ネットワーク接続も示しています。サービスを使用するを選択することもできます。

オプション

オプション] タブの [Bluetooth デバイスは、デバイスの検出し、コンピューターへの接続方法を制御するオプションを提供します。主なオプションは、検出をオンにします。デバイスを接続することができますように、コンピューターを検出することができます。

このタブには、その他のオプションは次のとおりです。
  • Bluetooth デバイスをこのコンピューターに接続できるようにします。
    このチェック ボックスは、すべてのデバイスをコンピューターに接続できるかどうかを制御します。このチェック ボックスがオフの場合デバイスをコンピューターに接続できません。
  • 新しい Bluetooth デバイスが接続しようとしたときに通知を受ける
    このオプションは、デバイスをコンピューターに接続しようとするときに、通知を受け取るかどうかを制御します。このチェック ボックスがオフになっている場合は、通知は表示されません。
[オプション] タブの他のオプションを有効にまたは、通知領域の Bluetooth アイコンをオフにしてデフォルト設定を復元できます。
探索
通常、Bluetooth 対応のコンピューターその他のデバイスが検出されます。したがって、のみのデバイスとしてコンピューターを動作する場合検出を有効にするオプションをオンにする必要があります。たとえば、パーソナル エリア ネットワーク (PAN) で、コンピューターが別のコンピューターに接続するときに、このオプションを有効にする可能性があります。パンでは、コンピューターが接続されて、探索を有効に、コンピューターのいずれかが必要です。

既定では有効になっていません Windows XP SP2 で検出可能な Bluetooth デバイスを発見可能な状態ではないデバイスよりも安全性の低いことがありますので。探索を有効にする] チェック ボックスをオフに他の Bluetooth デバイスをコンピューターの検出をする場合を除きしておくことをお勧めします。接続が完了したら、デバイスの追加ウィザードの検出が自動的に切れます。

COM ポートを追加します。

Bluetooth デバイスからの接続を受信する受信ポートを追加するか、送信ポートを Bluetooth デバイスへの接続を追加することができます。接続するには、Bluetooth デバイスの COM ポートを使用して、以下の手順を実行します。
  1. COM ポートの構成を設定するのにデバイス マネージャーで、ポート構成オプションを使用します。

    適切なデータ速度およびその他の設定は、接続で使用するプログラムのマニュアルを参照してください。
  2. Bluetooth デバイスの追加ウィザードの最終ページで指定されているポート番号をプログラムで COM ポートを設定します。

    このポート番号は、Bluetooth デバイスのCOM ポート] タブにも表示されます。
Bluetooth デバイスの COM ポートを使用するには、コンピューター上の特別なプログラムが必要です。これらのプログラムは、通常、デバイスに付属します。これらのプログラムはデバイスの製造元から取得することもできます。を COM ポートを使用するプログラムを設定するには、プログラムのマニュアルの指示に従います。

ハードウェア

Bluetooth デバイスの [ハードウェア] タブは、コンピューターにインストールされている Bluetooth デバイスを一覧表示します。これは、Bluetooth 無線デバイス マネージャーで] カテゴリに表示される同じリストです。一覧でデバイスを選択し、[プロパティ] をクリックするとデバイス マネージャーで表示されるように、同じデバイスのプロパティが表示されます。

デバイスを追加します。

コンピューターに Bluetooth デバイスを追加するときに、アドレス情報が交換されます。場合によっては、アクセス キーも交換されます。このプロセスは 2 つのデバイスをペアリングまたは結合と呼ばれます。デバイスを追加するときに、デバイスの 1 つ発見可能な状態でなければなりません。デバイスによって、発見機能のオンとオフ、有効とは常に発見可能な状態です。たとえば、一部のマウス デバイスは発見可能常に。

Bluetooth を使用して 2 台のコンピューターを接続するときに、デバイスとして追加するコンピューターは探索がオンになっているが必要です。Bluetooth デバイスで、[オプション] タブを使用して、探索を有効にできます。

コンピューターで実行する手順

デバイスを追加するには、コンピューターに以下の手順を実行。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 ダイアログと入力し、[OK] をクリックします。
  2. [ Bluetooth 設定] で [追加を] をクリックします。
  3. Bluetooth デバイスの追加ウィザードで、デバイスが設定されているを発見可能になりました] チェック ボックスをオンに、し、[次へ] をクリックします.

    注: <b>デバイスが設定されているを発見可能になりました] ボックスをオンにするまで次へをクリックしてできません。検索中に検出が無効になっているデバイスを検出できません。

    次へをクリックすると、コンピューターの範囲内にある発見可能なデバイスを探します。検索が完了したら、デバイスがウィザードに表示されます。
  4. を追加するデバイスを選択し、[次へ] をクリックします。

    追加するデバイスを選択した後は、デバイスのパスキーを入力できます。パスキーは、デバイスへのアクセスの制御に使用されるコードです。パスキーを使用すると、接続のセキュリティを向上させることができます。ただし、デバイスを追加する場合、パスキーは必要ありません。
パスキーを入力すると、コンピューターはパスキーを確認するのには、デバイスに接続しようとします。を別のコンピューターに接続するときに、コンピューターが接続しようとしている、のメッセージが表示されます。

デバイスで実行する手順

コンピューター上の手順を完了したときにパスキーを入力します、Bluetooth デバイスにします。場合は、デバイスが別のコンピューターをこのコンピューターに接続を要求することを示すメッセージが表示されます。Bluetooth デバイスとして追加するコンピューターで、次の手順を実行します。
  1. 接続を要求することを示すメッセージをクリックします。

    Bluetooth デバイスの追加ウィザードが起動し、パスキー入力用のフィールドを提供します。
  2. パスキーを入力します。新しいパスキーの生成を選択することも可能性があります。
パスキーを確認すると、接続は完了です。デバイスはコンピューターに表示されるようになりました。デバイスが別のコンピューターで、コンピューター名が、最初のコンピューターに表示されます。

Bluetooth デバイスの追加ウィザードの最後のページでは、デバイスとして追加するコンピューター上に検出を無効にできます。既定では、コンピューター状態が持続しない検出可能なすべての時間にするように検出を無効にするオプションが選択されます。

デバイスを追加した後

デバイスを追加すると、Bluetooth デバイスに表示されます。デバイスの名前を変更する、またはその他の情報を収集するために提供されるサービスを確認するのには、デバイスのプロパティを表示できます。接続を確立することもできます。

パーソナル エリア ネットワークへの参加

パーソナル エリア ネットワーク (PAN) は、Bluetooth デバイスの間のアドホック通信ネットワークを提供します。接続するすべてのデバイスは、PAN ネットワークを構築するには、パンをサポートしなければなりません。PAN ネットワークに参加するには、次の方法のいずれかを使用できます。
  • パーソナル エリア ネットワークの参加Bluetooth タスク バーのアイコン メニューでオプションをクリックします。
  • コントロール パネルの [ネットワーク接続] で [ Bluetooth ネットワーク接続] アイコンをダブルクリックします。
  • [ネットワーク接続] でネットワークのタスク] ペインで、ビューの Bluetooth ネットワーク デバイスをクリックします。
これらの各メソッドは、 Bluetooth のパーソナル エリア ネットワーク デバイスダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスに接続できるデバイスの一覧を示します。追加したり、ダイアログ ボックスの下部にあるオプションを使用して、このリストからデバイスを削除します。

接続を行うデバイスを接続するをクリックを [接続] をクリックします。接続が完了したら、TCP/IP ネットワークは、コンピューターとその他のデバイス間で利用できます。(に既に接続しているデバイスをクリックすると [接続] ボタンが[切断] ボタン。)

注: <b>両方のパンし、デバイス接続では、Windows XP ベースのコンピューター、接続は、ポイント ツー ポイント接続をローカル エリア ネットワーク (LAN) やインターネットにルーターとして機能する 1 台のコンピューターを使用することはできません。これを行うには、ネットワーク アクセス ポイント (NAP) 必要があります。

Windows は、アドホック ネットワーク内のコンピューターにアドレスを割り当てるプライベート IP アドレスの自動割り当て (APIPA) を使用します。APIPA が使用されると、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) は不要です。APIPA のアドレスを表示するには、次のように入力します。 ipconfig コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。次のような出力が表示されます。
Ethernet adapter Bluetooth Network Connection:        Connection-specific DNS Suffix  . :        Autoconfiguration IP Address. . . : 169.254.143.66        Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.0.0        Default Gateway . . . . . . . . . :
[状態] ダイアログ ボックスで、[全般] タブは、接続速度および接続のパケット転送情報を示します。[サポート] タブは、他のネットワーク接続の場合と同じです。[サポート] タブを使用して IP アドレス情報に関する情報を表示または、接続に関する詳細情報を取得を接続を修復できます。

モデムの追加

Windows XP SP2 では、モデムとダイヤルアップ ネットワークをサポートしている Bluetooth デバイスを追加できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 telephon.cplと入力し、[OK] をクリックします。
  2. [モデム] タブで、[追加を] をクリックします。

    Bluetooth デバイスの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. Bluetooth デバイスをモデムとして使用するをクリックします。
Bluetooth アダプターが接続されているときに、モデムを検出する Windows を構成する場合は、Windows が自動的に開きます[Bluetooth デバイスのダイヤルアップ ネットワークをサポートしている Bluetooth デバイスが検出されたときに。

デバイスを選択すると、 [電話とモデムのオプションを使用して、デバイスを構成できます。インターネットに接続するには、[ネットワーク接続] フォルダーで新しい接続を作成できます。

モデム サポートの注意

  • Windows XP、携帯電話とコンピューター間の接続用にパスキーが自動的に生成されます。このパスキーを使用したり、独自のいずれかを入力してください。パスキーには 16 文字までを持つことができます。30 秒以内にパスキーを入力してくださいまたは認証が失敗する可能性があります。
  • 一部の携帯電話にパスキーがあります。自分の携帯電話にパスキーを Bluetooth 接続ウィザードで、パスキーを入力します。
  • Bluetooth は、セキュリティで保護されたワイヤレス ・ テクノロジーではありません。データを他のデバイスやコンピューターが範囲内に表示されることがあります。
  • 携帯電話でダイヤルアップ ネットワークをサポートしていない場合は、[ハードウェアの追加ウィザードを使用して電話をインストールできません。Bluetooth デバイスを使用して電話をインストールします。
  • 携帯電話がモデムとして接続されていること、デバイス マネージャーにモデムとして表示されます。

プリンターを追加します。

Windows XP SP2 には、Bluetooth プリンターがサポートしています。プリンター機能にアクセスするプリンターの追加ウィザードを使用することができます。プリンターの追加ウィザードを開始するには、[スタート] ボタン、[プリンターと Fax]、および [プリンターの追加] をクリックします。

A の Bluetooth プリンター [プリンターの追加ウィザードを選択すると、コンピューター Bluetooth プリンターを検索します。プリンターが見つかったら、それをインストールするを選択できます。プリンターをインストールするには、がある、プリンター用のドライバーをインストールするには、他の種類のプリンターと同じようです。

プリンターがインストールされている場合、[プリンターのプロパティ] ダイアログ ボックスの [ポート] タブには、Bluetooth 仮想プリンター ポートとしてプリンター ポートが表示されます。

ファイルの転送

Bluetooth ファイル転送ウィザードを使用して、時に、コンピューターと別の Bluetooth デバイスの間で 1 つのファイルを転送できます。たとえば、コンピューターや携帯電話や PDA の間でファイルを転送できます。Bluetooth を使用して 2 台のコンピューター間でファイルを転送することもできます。

ファイルを送信します。

別のコンピューターにファイルを送信、次の手順を実行。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 %windir%\system32\fsquirt.exeと入力し、[OK] をクリックします。
  2. 上のファイルを送受信する?ページ Bluetooth ファイル転送ウィザードのファイルを送信する] を [し、[次へ] をクリックします。
  3. ファイルを送信する場所の選択] ページで、[参照] をクリックして、コンピューターまたはデバイスにファイルを送信する] をクリックし、し、[次へ] をクリックします。

    注: <b>その他のデバイスへの接続を既にがパスキーを使用する場合は、パスキーを使用する] オプションは使用できません。
  4. 送信するファイルの選択] ページで、[参照] をクリックしてファイルを送信するを選択します。

    注: <b>のみ、一度に 1 つのファイルを送信できます。クリックしていないのファイルを受信する受信側のデバイスを設定する必要が。受信側デバイスがファイルを受信する準備ができていない場合、転送は成功しません。
  5. 受信側のコンピューターまたはデバイスがファイルを受信する準備ができたら、次へをクリックします。

ファイルの受信

別のコンピューターからファイルを受信して、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 %windir%\system32\fsquirt.exeと入力し、[OK] をクリックします。
  2. Bluetooth ファイル転送ウィザードでファイルの受信を] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    「Windows はファイルを待っている」メッセージが表示されます。
  3. 送信側のコンピューターでは、の転送を開始するクリックします。

    注: <b>転送中に、進行状況バーは、送信側のコンピューターが表示されます。Windows XP ベースのコンピューターにファイルを転送するときに、Bluetooth ファイル転送ウィザードでも、進行状況バーが表示されます。
  4. [受信したファイルの保存] ページでファイル名] ボックスにファイルの名前を入力し、 [参照] をクリックして、ファイルを保存する場所を選択し、[次へ] をクリックします。
windowsxpsp2 winxpsp2 xpsp2 のスタック

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:883259 - 最終更新日: 03/31/2015 08:26:00 - リビジョン: 2.0

  • kbhowto kbprb kberrmsg kbdriver kbconnectivity kbmaintenance kbperformance kbconfig kbinfo kbmt KB883259 KbMtja
フィードバック