現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows クラスタ リングおよび x で Windows Server 2003 Service Pack 1 の新しい一意のディスク ID 機能の x64 ベース バージョンの Windows Server 2003

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:883286
はじめに
この資料では、新機能では、Microsoft Windows Server 2003 の Windows クラスタについてを説明します。Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) および x x64 ベース バージョンの Windows Server 2003 は、Clusdisk コンポーネントを使用して、新しいディスクの一意な ID 機能は GUID を使用して、サーバー クラスター内のディスクを識別するために。
詳細

Clusdisk ディスクの一意の ID の概要

既定では、Windows Server 2003 SP1 および x x64 ベース バージョンの Windows Server 2003 は、Clusdisk コンポーネントを使用して、新しいディスクの一意な ID 機能ディスク署名の代わりにディスクを特定します。Clusdisk はディスク署名を使用して古いディスク、リリース版の Windows Server 2003 および Microsoft Windows 2000 Server のサーバー クラスターが元との下位互換性をします。新しい Clusdisk コンポーネントが認識され、ディスク署名に対する変更を処理します。ただし、ディスクの一意な ID 機能を使用して、Clusdisk Clusdisk を送信デバイス リセット ・ オペレーションの数を減らします。この新しい Clusdisk 機能は、従来のハード ディスクと互換性があります。したがって、この新しい機能は、ディスクの一意な ID 機能をサポートしていないハード ディスクに互換性があります。

この新規の一意のディスク ID 機能のための新しい DiskUniqueIds プロパティには、クラスター ディスク リソースのプライベート プロパティに表示されます。このプロパティを表示、コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押すには 文字 プロパティを表示するディスクのドライブ文字です。
cluster res"ディスク 文字:"/priv
たとえば、II の文字に割り当てられているディスクのプロパティを表示するには、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
クラスターの res「i: ディスク」/priv
次のような情報が返されます。
Listing private properties for 'disk i:':T  Resource             Name                           Value-- -------------------- ------------------------------ -----------------------D  disk i:              Signature                      2545596169 (0x97bab709)D  disk i:              SkipChkdsk                     0 (0x0)D  disk i:              ConditionalMount               1 (0x1)M  disk i:              MPVolGuids                     7e00 \??\Volume{0b3afeff-9881-11d7-9ac5-505054503030}S  disk i:              SerialNumber                   ZG02206609B  disk i:              DiskUniqueIds                  10 00 00 00 ... (48 bytes)B  disk i:              MountVolumeInfo                09 B7 BA 97 ... (32 bytes)

Clusdisk 一意のディスク ID 機能

新しい Clusdisk 固有のディスク ID 機能は、ディスクをサーバー クラスターで使用できないこと可能性を小さくものです。そのため、Clusdisk を送信するデバイス ・ リセットの数は 1 つです。のみ、最後のディスクの所有者が使用できなくなったディスク予約をリリースしていないが、このデバイスのリセットが送信されます。Clusdisk デバイス リセットの他の状況では送信されません。また、デフォルトのディスクの調停試行数 5 の元のリリース バージョンから SP1 では 2 つ変更されました。

Clusdisk 現象の一意識別子をサポートするディスク

Clusdisk で、以下の現象の一意識別子 (Id) をサポートするディスクのディスクを使用できるようになりました。
  • ディスク リソースを格納し、ディスクの一意の識別子には、次のレジストリ サブキーに伝達されます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Cluster\Resources\GUID\Parameters\DiskUniqueIds
  • ディスクがオンラインになったときか、ディスク リソースの調停中に、Clusdisk は、ディスクの一意の Id を使用して、そのディスクを探します。
  • Clusdisk は、ディスクが正常に識別した後は、Clusdisk ディスクの予約の状態を調べます。
  • ディスクを予約することはディスクの予約の状態を表示する場合は、Clusdisk は 1 つのデバイスのリセットを送信します。
  • Clusdisk は、ディスクがオンラインになった場合、ディスクの署名、またはディスクの調停中の変更を検出する場合は、ディスク パラメーターに署名フィールドが自動的に更新されます。

Clusdisk 動作の一意の Id をサポートしていないディスク

一意の Id をサポートしていないディスクでは、Clusdisk ディスク リソースのディスク署名ディスクを識別するためにしてください。これは、Windows Server 2003 の元のリリース バージョンで使用されるディスクの同じ方法です。ただし、Windows Server 2003 SP1 および x x64 ベース バージョン Windows Server 2003 は、Clusdisk にはでディスク署名を使用してディスクを識別する次の機能強化が含まれます。
  • Clusdisk で新しいディスク署名キャッシュを使用できるようになりました。このキャッシュは、ディスクとそのシグネチャの間で既知のすべてのマッピングを格納します。このキャッシュは、継続的に更新されます。このキャッシュを更新するには、Clusdisk で標準的なディスク入力出力制御 (IOCTL) にディスク署名を返す関数呼び出しフックします。
  • Clusdisk は、ディスク署名キャッシュを使用してディスクの検索を最適化します。このシナリオでは、Clusdisk はまずディスク署名キャッシュにディスク署名を検索します。ディスク署名が見つかった場合は、Clusdisk はすぐに成功結果を返します。キャッシュにディスク署名が見つからない場合は、Clusdisk のみディスクを署名が不明であるを検索します。また、Clusdisk のみクラスタ リング用の有効なディスクを検索します。たとえば、Clusdisk はない小規模コンピューター システム インターフェイス (SCSI) ディスクに、システム ディスク、または CD-ROM ドライブ検索しません。
  • デバイス リセットの要求では、Clusdisk はデバイスによってリセット ディスク予約ステータス クエリが true を返した場合だけ送信します。これ、Clusdisk はバスのディスク ハードウェアが故障した場合のリセットを送信する可能性を減らすことができます。
サーバー クラスターでは、新しいディスクの一意な ID 機能をサポートしている新しいハード ディスクをオンラインにすると、次の手順で行います。
  1. ディスクをオンラインにするのには、処理中に、ディスク リソースを読み取るしようと、 DiskUniqueIds ディスク リソースのパラメーターを指定します。
  2. このパラメーターは、新しいハード ディスクには存在しないため、Clusdisk ディスク リソース ディスクをオンラインにするのには、ディスク署名を読み取りするに戻ります。
  3. オンライン処理が完了している前に、最後の手順として Clusdisk は、ディスクの一意の Id を確認するのには、ディスク リソースを照会します。
  4. ディスクは、ディスクの一意な ID 機能をサポートしている場合は、Clusdisk は、ディスクの一意の Id を返します。Clusdisk は、ディスクが、ディスクの一意な ID 機能をサポートしていない場合は、「サポートされていません」結果を返します。
  5. ディスク リソースは、ディスクの一意の Id を取得する場合は、ディスク リソースがクラスター レジストリ サブキーの場所にそれらの一意の Id を格納します。
  6. ディスクは、ディスクの一意な ID 機能をサポートしている場合は、そのディスクのすべての後続オンライン操作、ストアド一意ディスク Id を使用します。

Windows x64 エディションのテクニカル サポート

ハードウェアの製造元は、テクニカル ・ サポートやサポートについては、Microsoft Windows x64 エディションを提供します。Windows x64 エディションがハードウェアに搭載されているため、ハードウェアの製造元のサポートを提供します。ハードウェアの製造元は、Windows x64 エディションのインストール、独自のコンポーネントをカスタマイズしている可能性があります。独自のコンポーネント固有のデバイス ドライバーがありますか、ハードウェアのパフォーマンスを最大化するオプションの設定を含めることができます。Windows x64 エディションのテクニカル ヘルプが必要な場合は、マイクロソフトの合理的なサポートを提供します。ただし、製造元に直接問い合わせる必要があります。製造元は、製造元のハードウェアがインストールされているソフトウェアをサポートする最適な修飾されます。

については、Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 製品に関する情報は Microsoft Windows Server 2003 x 64 editions、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。SCSI プライマリ コマンド - 3 (spc-3) 製品については、次技術委員会 T10 SCSI 記憶域インターフェイスの Web サイトを参照してください。
64 ビット 64 ビット MSCS の Winx64 Windowsx64

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:883286 - 最終更新日: 07/30/2011 13:34:00 - リビジョン: 6.0

  • kbhowto kbinfo kbclustering kbdiskmemory kbmt KB883286 KbMtja
フィードバック