現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

サービスでは、Exchange Server の 2003年の Outlook Web Access、Exchange ActiveSync、および Outlook Mobile Access のために必要な既定の仮想ディレクトリをリセットする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:883380
概要
この資料では、Microsoft Exchange Server に関連する仮想ディレクトリにインターネット インフォメーション サービス (IIS) を再作成する方法について説明します。Microsoft Exchange Server 2003年は、Microsoft Office Outlook Web Access、Exchange ActiveSync や Outlook Mobile Access はサポートします。これらのサービスは、Exchange Server 2003年のインストール時に IIS で既定で作成される 6 つの仮想ディレクトリを通じて有効です。仮想ディレクトリが破損、または関連のサービスのいずれかが失敗した場合は、これらの仮想ディレクトリを削除する場合があります。ただし、これらの仮想ディレクトリは自動的に再作成されません。

このシナリオを削除し、IIS 内で仮想ディレクトリを再作成し、次の方法のいずれかの使用する必要があります。
  • 方法 1: メタベースのエクスプ ローラー、IIS 6.0 リソース キット ツールからの使用します。
  • 方法 2: Adsutil.vbs を使用してください。
  • 方法 3: Metabase.xml ファイルを編集します。
はじめに
再作成する必要 IIS 仮想ディレクトリは、Exchange Server 2003年コンピューター上で Outlook Web Access または他の移動サービスに問題がある場合。既定では、Exchange Server 2003年は、次の IIS 仮想ディレクトリを作成: Exadmin、Exchange、ExchWeb、マイクロソフト ・ サーバーの ActiveSync、OMA、および公開します。

ただし、その他のモバイル サービスと Outlook Web Access によって使用されている IIS 仮想ディレクトリを削除する場合は、仮想ディレクトリは自動的に再作成されません、Exchange システム アテンダント サービスを再起動すると。この資料を削除し、Outlook Web Access で使用されている仮想ディレクトリを再作成するのに使用できる 3 つの方法を説明します。

メモ Microsoft Exchange 2000 Server での Outlook Web Access 仮想ディレクトリを削除した後に仮想ディレクトリが再作成、Exchange システム アテンダント サービスを再起動すると。

Exchange Server 2003年での Outlook Web Access の仮想ディレクトリについては、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
821898 Exchange Server 2003年での Outlook Web Access で使用されているインターネット インフォメーション サービス (IIS) の仮想ディレクトリ
詳細
削除して、Outlook Web access 仮想ディレクトリを再作成するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: メタベースのエクスプ ローラー、IIS 6.0 リソース キット ツールからの使用します。

メタベースのエクスプ ローラーから、IIS 6.0 リソース キット ツールを使用して、以下の手順を実行します。

  1. IIS 6.0 リソース キット ツールをインストールします。IIS 6.0 リソース キットのツールを入手するには、次のマイクロソフト web サイトに移動します。 注: コンピューターに IIS のすべてのツールをインストールしたくない場合は、メタベース エクスプ ローラー 1.6 コンポーネントのみをインストールできます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Iis60rkt.exeをダブルクリックし、IIS 6.0 リソース キット ツールのセットアップ ウィザードのセットアップの種類ページに到達するまで、画面の指示をに従ってください。
    2. [セットアップの種類ページで、[カスタム]、し、[次へ] をクリックします。
    3. すべての IIS リソース キットのツールとコンポーネント チェック ボックスを除き、メタベース エクスプ ローラー 1.6チェック ボックスをオフにします。
    4. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
  2. IIS メタベースをバックアップします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. IIS マネージャーを起動します。
    2. 既定の Web サイトを右クリックし、すべてのタスク] をポイント [構成をファイルに保存] をクリックします。
    3. 構成をファイルに保存] ダイアログ ボックスで、ファイル名の入力ボックスに、構成の名前を入力し、[ OK] をクリックします。
  3. Outlook Web access 仮想ディレクトリを削除します。これを行うに、IIS マネージャーのナビゲーション ウィンドウで、 [既定の Web サイトを展開し、[ Exadmin] を右クリックし、[削除] をクリックします。この項目を削除するかどうかの質問が表示されたら、[はい] をクリックします。

    次の仮想ディレクトリに対してこの手順を繰り返します。
    • Exchange
    • ExchWeb
    • マイクロソフト ・ サーバーの ActiveSync
    • OMA
    • 公開
  4. IIS マネージャーを閉じます。
  5. [スタート] ボタン、[すべてのプログラム] をポイントIIS リソース] をポイントおよびメタベース エクスプ ローラーをポイントし、メタベース エクスプ ローラー] をクリックします。
  6. 展開LMDS2MBを右クリックし、[削除] をクリックします。このキーとサブキーをすべて削除するかどうかの質問が表示されたら、[はい] をクリックします。
  7. IIS メタベースのエクスプ ローラーを閉じます。
  8. [スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよび [サービス] をクリックします。
  9. Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを再起動するには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
    2. Microsoft Exchange システム アテンダントを右クリックし、[再起動] をクリックします。
    3. 依存している、Exchange Server サービスを再起動するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

      注:Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを再起動すると、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスを再起動もします。このシナリオでは、Exchange Server のユーザーは、各自の Exchange Server メールボックスへの接続が失われます。
    仮想ディレクトリが再作成されます。仮想ディレクトリが再作成されることを確認するには、IIS マネージャーを起動し、既定の Web サイト] フォルダーを表示します。

    重要: 15 分後に、仮想ディレクトリは再作成されません、する場合は、コンピューターを再起動します。
  10. 匿名アクセスをアクセス許可をリセットします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. IIS マネージャーを起動、 ExchWeb] を右クリックして、プロパティをクリックしておよび、[ディレクトリ セキュリティ] タブをクリックし、します。
    2. [認証とアクセス制御] で編集] をクリックし、匿名アクセスを有効にする] チェック ボックスが選択されていることを確認します。
    3. 統合 Windows 認証] チェック ボックスを選択[ok]をし [適用] をクリックします。
    4. 場合は、[継承/優先] ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックして [すべて、し [ OK] をクリックします。
    5. [認証とアクセス制御編集、および thenclear、統合 Windows 認証] チェック ボックスをクリックします。
    6. 2 回 [ OK] をクリックし、IIS マネージャーを閉じます。
Outlook Web Access サーバーに接続できることを確認するには、web ブラウザーを使用します。その他のモバイル サービスを実行している場合は、適切なクライアントを使用してこれらのサービスに接続することができますを確認します。

方法 2: Adsutil.vbs を使用してください。

Adsutil.vbs を使用して、以下の手順を実行します。

  1. IIS メタベースをバックアップします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. IIS マネージャーを起動します。
    2. 既定の Web サイトを右クリックし、すべてのタスク] をポイント [構成をファイルに保存] をクリックします。
  2. Outlook Web access 仮想ディレクトリを削除します。これには、IIS マネージャーのナビゲーション ウィンドウで [ Exadmin ] を右クリックし、[削除] をクリックします。この項目を削除するかどうかの質問が表示されたら、[はい] をクリックします。

    次の仮想ディレクトリに対してこの手順を繰り返します。
    • Exchange
    • ExchWeb
    • マイクロソフト ・ サーバーの ActiveSync
    • OMA
    • 公開
  3. IIS マネージャーを閉じます。
  4. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 cmd、し、Enter キーを押します。
  5. 次のフォルダーに変更します。この例では、 ドライブ Windows がインストールされているハード ディスク ドライブを示します。
    ドライブ: \inetpub\adminscripts
  6. タイプ adsutil、し、Enter キーを押します。

    重要: 既定では、CScript は Windows Server 2003 のデフォルトのスクリプト ホストではありません。実行するには adsutil CScript のコマンドは、デフォルトのスクリプト ホストとして構成しなければなりません。これを行う場合は、[はい]をクリックする既定の VBscript では、ホストし、[ OK] をクリックして、CScript を登録するように求め。

    注: Adsutil コマンド オプションの一覧が表示されたら、CScript が既定のスクリプトのプログラミング用のホストとして既に構成されています。
  7. タイプ adsutil delete ds2mb、し、Enter キーを押します。

    注: 既定のスクリプト ホストは WScript に設定すると、次のように入力します。 WScript//H:WScriptコマンドのプロンプトが表示されたらを押し [OK] をクリックします。
  8. [スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよび [サービス] をクリックします。
  9. Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを再起動するには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
    2. Microsoft Exchange システム アテンダントを右クリックし、[再起動] をクリックします。
    3. 依存している、Exchange Server サービスを再起動するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

      注:Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを再起動すると、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスを再起動もします。このシナリオでは、Exchange Server のユーザーは、各自の Exchange Server メールボックスへの接続が失われます。

      仮想ディレクトリが再作成されます。仮想ディレクトリが再作成されることを確認するには、IIS マネージャーを起動し、既定の Web サイト] フォルダーを表示します。

      重要: 15 分後に、仮想ディレクトリは再作成されません、する場合は、コンピューターを再起動します。
  10. 匿名アクセスをアクセス許可をリセットします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. IIS マネージャーを起動、 ExchWeb] を右クリックして、プロパティをクリックしておよび、[ディレクトリ セキュリティ] タブをクリックし、します。
    2. [認証とアクセス制御] の [編集] をクリックし、匿名アクセスを有効にする] チェック ボックスが入っていることを確認します。
    3. 統合 Windows 認証チェック ボックスをオン[ok]を [適用] をクリックします。
    4. 場合は、[継承/優先] ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックして [すべて、し [ OK] をクリックします。
    5. [認証とアクセス制御編集、および thenclear、統合 Windows 認証] チェック ボックスをクリックします。
    6. 2 回 [ OK ] をクリックし、IIS マネージャーを閉じます。
Outlook Web Access サーバーに接続できることを確認するには、web ブラウザーを使用します。その他のモバイル サービスを実行している場合は、適切なクライアントを使用してこれらのサービスに接続することができますを確認します。

方法 3: Metabase.xml ファイルを編集します。

この問題を解決するのに、Metabase.xml ファイルを変更する必要があります。変更の Metabase.xml ファイルと Exchange Server 関連の仮想ディレクトリに、Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを再起動するときに再作成されます。これを行うには、次の手順を実行します。

警告メタベースを誤って編集する場合は、メタベースを使用するすべての製品の再インストールが必要となる深刻な問題になります。Microsoft を誤っていないメタベースを編集する場合に発生する問題を解決できることを保証できません。あなた自身の責任で、メタベースを編集します。

注:編集する前に常にメタベースをバックアップします。
  1. リアルタイム、メタベースの編集を有効にするには、IIS を構成します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、[管理ツール] をポイントし、インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] をクリックします。
    2. Usbehci.sysサーバー名(ローカル コンピューター)、し、[プロパティ] をクリックします。

      注:置換 サーバー名 IIS を実行しているコンピューターの名前。
    3. [メタベースの直接編集を有効にする] チェック ボックスを選択し、[ OK] をクリックします。
  2. Metabase.xml ファイルを変更します。メタベースは、IIS を実行しているコンピューター上のメモリに配置されているデータベースです。コンピューターのシャット ダウン時、メタベースのすべての設定は Metabase.bin という名前のファイルに書き込まれます。Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを再起動すると、IIS で再作成する Exchange Server 関連の仮想ディレクトリが Metabase.xml ファイルを変更できます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. メモ帳などのテキスト エディターを使用して、Metabase.xml を開きます。既定では、Metabase.xml ファイルは次のフォルダーにあります。
      %windir%\System32\Inetsrv
    2. [編集] メニューの [検索] をクリックします。
    3. [検索する文字列] ボックスに次のように入力します。 61472、し、[次を検索をこのファイルに次の領域を見つけます。
      <IIsConfigObject location="/LM/DS2MB/HighWaterMarks/{79F81D41-A652-4375-85F0-41A16037CC85}"></IIsConfigObject>
      <>
      名前 ="UnknownName_61472"
      ID =「61472」
      値 =「207778」
      タイプ =「文字列」
      UserType ="IIS_MD_UT_SERVER"
      属性 =「NO_ATTRIBUTES」
      />
    4. Metabase.xml ファイルのこの部分にエントリを交換してください。 0.たとえば、次のように表示されるように、Metabase.xml ファイルのこの領域を変更します。
      <IIsConfigObject location="/LM/DS2MB/HighWaterMarks/{79F81D41-A652-4375-85F0-41A16037CC85}"></IIsConfigObject>
      >
      <>
      名前 ="UnknownName_61472"
      ID =「61472」
      値 =「0」
      タイプ =「文字列」
      UserType ="IIS_MD_UT_SERVER"
      属性 =「NO_ATTRIBUTES」
      />
    5. Metabase.xml ファイルへの変更内容を保存します。次に、メモ帳を閉じます。
    注: このメタベースの値を変更するのにも、メタベース エディター ツール (MetaEdit.exe) を使用できます。
  3. Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを再起動するには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
    2. Microsoft Exchange システム アテンダントを右クリックし、[再起動] をクリックします。
    3. 依存している、Exchange Server サービスを再起動するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

      注:Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを再起動すると、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスを再起動もします。このシナリオでは、Exchange Server のユーザーは、各自の Exchange Server メールボックスへの接続が失われます。
  4. リアルタイム、メタベースの編集を無効にする既定の IIS 設定を復元します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、[管理ツール] をポイントし、インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] をクリックします。
    2. Usbehci.sysサーバー名(ローカル コンピューター)、し、[プロパティ] をクリックします。
    3. [メタベースの直接編集を有効にする] チェック ボックスをオフにし、[ OK] をクリックします。

      仮想ディレクトリが再作成されます。仮想ディレクトリが再作成されることを確認するには、IIS マネージャーを起動し、既定の Web サイト] フォルダーを表示します。

      重要: 15 分後に、仮想ディレクトリは再作成されません、する場合は、コンピューターを再起動します。
    Outlook Web Access サーバーに接続できることを確認するには、web ブラウザーを使用します。その他のモバイル サービスを実行している場合は、適切なクライアントを使用してこれらのサービスに接続することができますを確認します。
その他のリソース
詳細
参照してください、 Windows Phone のフォーラム 役に立つヒント、およびアイデア。
[Xadm] 仮想ディレクトリ

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:883380 - 最終更新日: 12/04/2013 08:16:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft ActiveSync 4.5, Windows Mobile 6.5 Standard

  • kbhowto kbmt KB883380 KbMtja
フィードバック