現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

サポートされているファイル形式

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:884182
はじめに
この資料でには、Microsoft Works のワード プロセッサ、スプレッドシート、データベース、および予定表モジュールでサポートされているファイル形式の一覧が含まれます。
詳細
Works で特定の形式でファイルを開くには、次の手順を実行します。
  1. で、 ファイル メニューをクリックして ファイルを開く.

    メモ Works 7.0 のカレンダー モジュールをクリックします。 インポート.
  2. で、 [ファイルの種類 ボックスで、開きたいファイルの種類をクリックします。
  3. クリックして、[ファイル] をクリックするファイルを見つける ファイルを開く.
Works 7.0 を特定の形式でファイルを保存するには、次の手順を実行します。
  1. で、 ファイル メニューをクリックして として保存します。.

    メモ Works 7.0 のカレンダー モジュールをクリックします。 エクスポート.
  2. で、 種類します。 ボックスで、目的の形式をクリックします。
  3. ファイル内の名前を入力、 ファイル名 ボックスとクリック 保存.

Works 7.0 で開くことができるファイル形式

Microsoft Works のワード プロセッサ

Works 7.0 のワード プロセッサ モジュールには、次のファイル形式を開くことができます。
  • Works 文書 (*.wps)
  • Works のテンプレート (*.wpt)
  • リッチ テキスト形 (式 *.rtf)
  • テキスト ファイル (*.txt, *.csv)
  • HTML ドキュメント (*.htm、* .html, *.htx, *.otm)
  • InkWriter/手書き (*.pwi)
  • InkWriter/手書き注記 (* .pdt)
  • Pocket Word 文書 (*.psw)
  • Pocket Word 文書 (*.pwd)
  • Pocket Word テンプレート (*.pwt)
  • 任意のファイルからテキストを回復 (* します *)。
  • Word (日本語版) 6.0/95 (* .doc、* .dot)
  • Word 6.0/95 の Windows および Macintosh の (* .doc)
  • Word 97/98年-2002年 (* .doc)
  • Works 2000 (*.wps、*.wpt)
  • WordPerfect 5.x (* .doc)
  • WordPerfect 6.x (* .doc)
  • Works 3.0 for Windows (*.wps)
  • Works 4.x for Windows (*.wps)
Works 7.0 のワード プロセッサ モジュールに次の形式でファイルを保存できます。
  • Works 文書 (*.wps)
  • Works のテンプレート (*.wpt)
  • リッチ テキスト形 (式 *.rtf)
  • テキスト ファイル (*.txt, *.csv)
  • HTML ドキュメント (*.htm、* .html、*.htx)
  • InkWriter/手書き (*.pwi)
  • Pocket Word 文書 (*.psw)
  • Pocket Word 文書 (*.pwd)
  • Word 6.0/95 (* .doc、* .dot)
  • Word 97/98年-2002年 (* .doc)
  • WordPerfect 5.0 (* .doc)
  • セカンダリ ファイルを WordPerfect 6.0 (* .doc)
  • DOS 用 WordPerfect 5.1 (* .doc)
  • セカンダリ ファイルを WordPerfect 5.1 または 5.2 (* .doc)
  • WordPerfect 5.x for Windows (* .doc)
  • Works 2000 (*.wps、*.wpt)
  • Works 3.0 for Windows (*.wps)
  • Works 4.x for Windows (*.wps)

Microsoft Works 7.0 のワークシート

Works 7.0 のスプレッドシート モジュールで、次のファイル形式を開くことができます。
  • "変動"の動作 (*.xlr、* .wks)
  • バックアップ ファイル (*.bks)
  • Excel (*.xls) の S
  • テキスト (*.txt)
  • すべてのファイル (* します *)。
  • Lotus 1-2-3 (*.wk1)
Works 7.0 のスプレッドシート モジュールで、次の形式でファイルを保存できます。
  • Works 7.0 (*.xlr)
  • 4.X/2000 動作 (* .wks)
  • Works の Windows 3.0 SS (* .wks)
  • Windows 2.0/機能は DOS で機能します (* .wks)
  • テキスト & コンマ (*.csv)
  • テキスト & タブ (*.txt)
  • Excel 97-2002
  • Excel 5.0/95
  • Excel 4.0
  • Lotus 1-2-3 (*.wk1)

Microsoft Works データベース

Works 7.0 データベースのモジュールで、次のファイル形式を開くことができます。
  • Works のデータベース (*.wdb)
  • バックアップ ファイル (*.bdb)
  • テキスト (*.txt)
  • dBase (*.dbf)
  • すべてのファイル (* します *)。
Works 7.0 データベースのモジュールで、次の形式でファイルを保存できます。
  • Works のデータベース (*.wdb)
  • Works の Windows 3.0 DB (*.wdb)
  • Works の Windows 2.0/適して DOS (*.wdb)
  • テキスト & コンマ (*.csv)
  • テキスト & タブ (*.txt)
  • dBase IV (*.dbf)
  • dBase III (*.dbf)

Microsoft Works カレンダー

Works 7.0 の予定表] モジュールに、次のファイル形式を開くことができます。
  • vCal 形式 (* .vcs)
  • すべてのファイル (* します *)。
Works 7.0 の予定表] モジュールに、次の形式でファイルを保存できます。
  • vCalendar
  • HTML
  • タブ区切り

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:884182 - 最終更新日: 07/30/2011 13:08:00 - リビジョン: 4.0

  • kbinfo kbtshoot kbmt KB884182 KbMtja
フィードバック