[PR_STORE_SUPPORT_MASK] プロパティを Outlook の Unicode サポートを示す新しいフラグに関する情報

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

884671
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
MAPI ストア プロバイダーに、プロバイダーの機能に関するクライアント情報を提供するのにには、 PR_STORE_SUPPORT_MASK プロパティを使用します。 Unicode のサポートがあることを示す PR_STORE_SUPPORT_MASK プロパティでは、新しいフラグです。

Microsoft Exchange Server 2000 と以前のバージョンおよび Outlook 2003 の Unicode 個人用フォルダー (.pst) ファイルはこの新しいフラグ アドバタイズします。

Outlook 2002 および Outlook 2003 の両方このフラグをストアから Unicode サポートが利用できるかどうか確認を使用プロバイダー。
詳細
以下は、 PR_STORE_SUPPORT_MASK プロパティに含まれる新しいフラグです。
#define STORE_UNICODE_OK ((ULONG) 0x00040000)


このフラグは、ソフトウェア開発キットで定義されていません (SDK) バージョン Mapidefs.h のです。 開発者は、ヘッダー ファイルにこのフラグを追加する必要があります。 またはコードでこのフラグを使用する実際のフラグ値を使用する必要があります。 ストア プロバイダーは、 PR_STORE_SUPPORT_MASK にこのフラグを含めることができます Unicode の記憶域をサポートすることを示すプロパティ。 クライアント プログラムを要求するか、ストアに Unicode 情報を保存するかを決定するフラグの有無を検索できます。

PR_STORE_SUPPORT_MASK プロパティの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ol2003

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:884671 - 最終更新日: 01/13/2015 00:02:38 - リビジョン: 3.4

  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB884671 KbMtja
フィードバック