現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

CSCCMD (Client-Side Caching Command-Line Options) バージョン 1.1 コマンド ライン ツールの機能

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
この資料では、CSCCMD (Client-Side Caching Command-Line Options) コマンド ライン ツール (Csccmd.exe) の最新バージョンで利用可能な機能について説明します。
詳細
CSCCMD ツールを使用すると、Microsoft Windows 2000、Microsoft Windows XP、および Microsoft Windows Server 2003 のオフライン ファイルを管理できます。CSCCMD ツールの最新バージョンは 1.1 です。バージョン 1.1 には、以前のバージョンでは利用できなかった新しい機能が用意されています。

: CSCCMD ツールを使用するユーザーは、クライアント サイド キャッシュの機能を十分に理解している必要があります。

CSCCMD ツールを入手するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 : Windows Server 2003 リソース キット ツールの一部として、CSCCMD 1.0 およびその他のツールをダウンロードすることもできます。この操作を実行するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。CSCCMD ツールでは、次の構文を使用します。
CSCCMD [/RESID] [/ENABLE] [/DISABLE] [/DISCONNECT:\\Server\Share] [/MOVESHARE:\\Server\Share1 \\Server\Share2] [/?]
次のコマンド ライン スイッチおよびその機能は、最新バージョンの CSCCMD ツールで利用できます。
  • /ENABLE - クライアントでクライアント サイド キャッシュ (CSC) を有効にする場合に、このスイッチを使用します。このスイッチを使用すると、オフライン時にネットワーク ファイルにアクセスして、同期をとることが可能になります。

    : このスイッチを使用するには、ローカル コンピュータの管理者である必要があります。
  • /DISABLE - CSC を無効にする場合に、このスイッチを使用します。このコマンドを実行する前に、すべてのオフライン ファイルを閉じていることを確認する必要があります。CSC を無効にすると、オフライン時にネットワーク ファイルにアクセスできなくなります。

    : このスイッチを使用するには、ローカル コンピュータの管理者である必要があります。
  • /ENUM[:\\Server\Share[\Path]] [/RECURSE] - ローカル キャッシュのすべての共有を表示する場合に、このスイッチを使用します。/RECURSE オプションを指定して、このスイッチを使用すると、CSCCMD ツールは、親共有内の共有の内容を表示します。サーバーの特定の共有内容を表示することもできます。この操作を実行するには、\\Server\Share 形式を使用します。たとえば、次のコマンドを使用します。
    CSCCMD /ENUM:\\MyServer\MyShare
    : MyServer はサーバー名、MyShare は共有リソースの名前です。
  • /DISCONNECT:\\Server\Share - クライアント コンピュータの CSC から特定のサーバーを切断する場合に、このスイッチを使用します。切断の対象となるサーバーの特定の共有リソース名を指定する場合には、\\Server\Share 形式を使用します。たとえば、次のコマンドを使用します。
    CSCCMD /DISCONNECT: \\MyServer\MyShare
    バックグラウンド CSC エージェントは、サーバーへの再接続を実行しません。同期マネージャを使用してオフライン コンテンツの同期を実行する場合、CSC エージェントは、サーバーが利用可能な場合に限りサーバーに再接続します。

    : この機能が正常に動作するには、この共有またはこの共有のディレクトリ/ファイルでハンドルが開いている必要があります。
  • /MOVESHARE:\\Server1\Share \\Server2\Share - キャッシュ内の共有間でファイルおよびディレクトリを移動する場合に、このスイッチを使用します。このオプションは、対象となるオフライン ファイルが移動したことにより、ローカル キャッシュが新しい場所を示す必要がある場合に便利です。たとえば、次のコマンドを使用します。
    CSCCMD /MOVESHARE:\\MyServer\MyShare \\MyServer1\MyShare1
    : MyServer1 は新しいサーバー名であり、MyShare1 は新しい共有リソース名です。
  • /RESID - 新しいユーザー セキュリティ識別子 (SID) を使用して Windows オフライン ファイル (CSC) データベースのすべてのエントリを再スタンプする場合に、このスイッチを使用します。このスイッチは、組織がユーザーのアカウントを Microsoft Windows NT 4.0 ドメインから Windows Server 2003 ドメインに移動した場合に使用します。

    ユーザーの Windows NT 4.0 SID を使用することによりユーザーのキャッシュのセキュリティが強化される場合、Windows Server 2003 SID を使用してキャッシュ エントリの再スタンプを実行しない限り、Windows Server 2003 アカウントからキャッシュにアクセスすることはできません。
  • /ISENABLED または /ISCSCENABLED - いずれかのスイッチを使用して、クライアント コンピュータで CSC を有効にするかどうかを決定します。
  • /PIN2:\\server\share\path [/USER] [/SYSTEM] [/USERINHERIT] [/SYSTEMINHERIT] - 共有リソースをピン設定する場合に、このスイッチを使用します。ファイルをピン設定するのに /USER オプションを使用することができます。この操作は、[オフライン ファイル] ダイアログ ボックスでファイルのキャッシュを実行するのと同じ効果をもたらします。/SYSTEM オプションは、グループ ポリシー設定を構成して共有リソースを管理用にピン設定する必要があることを指定します。/USERINHERIT オプションおよび /SYSTEMINHERIT オプションは、固定データの継承方法を指定します。固定の種類を任意に組み合わせて使用することができます。
  • /PIN2:filename /FILELIST [/UNICODE] [/USER] [/SYSTEM] [/USERINHERIT] [/SYSTEMINHERIT] - 固定するすべてのオブジェクトをパラメータとして示すファイルを使用する場合に、このスイッチを使用します。このファイルには、固定するオブジェクトの UNC (Universal Naming Convention) パスが含まれます。オブジェクトは、キャリッジ リターン/ラインフィードで区切られます。たとえば、次のコマンドを使用します。
    CSCCMD /PIN2:MyShare.txt /FILELIST
    : MyShare.txt ファイルには、スペースで区切られたエントリが含まれます。

    これらのエントリの例を以下に示します。
    //MyServer/MyShare //MyServer1/MyShare1
    : /PIN スイッチは、共有リソースの内容をローカルのキャッシュにコピーしません。ファイルをオフラインで利用できるようにするには、固定だけでは不十分です。/PIN スイッチの使用後、/FILL スイッチを指定した CSCCMD コマンドを実行し、共有リソースの内容をローカルのキャッシュにコピーして、共有リソースをオフラインで利用できるようにする必要があります。/USERINHERIT オプションと /SYSTEMINHERIT オプションは、固定データをどのようにして継承するのかを指定します。固定の種類を任意に組み合わせて使用することができます。
  • /UNPIN2:\\server\share\path [/USER] [/SYSTEM] [/USERINHERIT] [/SYSTEMINHERIT] [/RECURSE] - 共有リソースの固定を解除したり、ローカルのキャッシュから共有リソースを削除したりする場合に、このスイッチを使用します。/RECURSE オプションを指定してこのスイッチを使用すると、CSCCMD ツールは、パスのすべての子の固定を解除します。/RECURSE2 オプションを指定してこのスイッチを使用すると、CSCCMD ツールはパスおよびパスの子の固定を解除します。固定の種類を任意に組み合わせて使用することができます。
  • /UNPIN2:filename /FILELIST [/UNICODE] [/USER] [/SYSTEM] [/USERINHERIT] [/SYSTEMINHERIT] - ファイルを使用して、共有リソースの特定のセットの固定を解除する場合に、このスイッチを使用します。固定の種類を任意に組み合わせて使用することができます。

    : /FILELIST パラメータは、指定されるファイルが、各行に 1 つのファイル名を持つテキスト ファイルであることを示します。ファイルの冒頭にある空白はすべて無視されます。ただし、行の末尾にある空白はすべて考慮されます。行は、キャリッジ リターン文字とラインフィード文字を任意に組み合わせて区切られます。

    /UNICODE オプションを指定してこのスイッチを使用した場合、CSCCMD ツールは、Unicode テキスト形式のファイル リストを作成します。
  • /FILL:\\Server\Share\Path - サーバー側のデータを、指定した共有リソースのローカル キャッシュにコピーする場合に、このスイッチを使用します。
  • /FILL:FileName /FILELIST [/UNICODE] - ファイルを使用して、指定の共有リソース セットのローカル キャッシュにサーバー側のデータをコピーする場合に、このスイッチを使用します。

    : /FILELIST パラメータは、指定されるファイルが、各行に 1 つのファイル名を持つテキスト ファイルであることを示します。ファイルの冒頭にある空白はすべて無視されます。ただし、行の末尾にある空白はすべて考慮されます。行は、キャリッジ リターン文字とラインフィード文字を任意に組み合わせて区切られます。

    /UNICODE オプションを指定してこのスイッチを使用した場合、CSCCMD ツールは、Unicode テキスト形式のファイル リストを作成します。
  • /DELETE:\\Server\Share\Path [/RECURSE] [/RECURSE2] - ファイル、ディレクトリ、または共有をローカルのキャッシュから削除する場合に、このスイッチを使用します。ディレクトリまたは共有を削除するには、このスイッチを使用する前にディレクトリまたは共有が空になっている必要があります。ディレクトリまたは共有が空になっていない場合、そのディレクトリまたは共有を削除することはできません。ファイルが開いている場合、そのファイルを削除することはできません。/RECURSE オプションを指定した場合、CSCCMD ツールはパスの子を処理するだけです。/RECURSE2 オプションを指定すると、CSCCMD ツールは、パスおよびパスの子を処理します。
  • /ISSERVEROFFLINE:\\Server - CSC が特定のサーバーをオフラインと見なすかどうかを決定する場合に、このスイッチを使用します。

    : このスイッチを使用する前に、検証の対象となるサーバーのローカル キャッシュに格納されている共有、ファイル、またはディレクトリを開いておく必要があります。開いていない場合、CSCCMD コマンドは、サーバーがオンラインであると常に報告します。また、このコマンドによって報告されるサーバーの状態は、CSC が認識している状態であり、実際のサーバーの状態ではありません。
  • /SETSPACE:Bytes to Set - 一時オフライン ファイルに割り当てるディスク容量をバイト単位で指定する場合に、このスイッチを使用します。こうした一時オフライン ファイルは、固定されないファイルであり、自動的にキャッシュされます。この機能は、[オフライン ファイル] ダイアログ ボックスで提供されている機能と同じように動作します。
  • /CHECKDB [/QUICK] - CSC データベースをチェックしてデータベースのエラー フラグを表示する場合に、このスイッチを使用します。/QUICK オプションを指定すると、CSCCMD ツールは列挙をスキップし、データベース エラーの表示だけを実行します。
  • /EXTRACT[:\\Server\Share[\Path]] /TARGET:Path [/RECURSE] [/ONLYMODIFIED] [/STOPONERROR] - ローカル キャッシュからファイル、ディレクトリ、またはディレクトリ ツリーを抽出する場合に、このスイッチを使用します。/TARGET オプションを指定して、ファイルやディレクトリの抽出先を指定することができます。既に存在するフォルダを指定することも、まだ存在しないフォルダを指定することもできます。

    : 指定する抽出先のフォルダがまだ存在しない場合、指定した名前を持つフォルダがプロセスにより自動生成されます。

    /ONLYMODIFIED オプションを指定すると、オフラインで変更されたファイルだけを抽出することができます。/STOPONERROR オプションを指定すると、抽出プロセスのエラーが発生した時点で、そのプロセスは必ず停止します。

    : オフライン キャッシュ内のファイルは NTFS ファイル システム アクセス許可を使用します。したがって、/EXTRACT スイッチを使用するにはローカル コンピュータの管理者である必要があります。
プロパティ

文書番号:884739 - 最終更新日: 11/16/2005 09:17:00 - リビジョン: 5.2

  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • kbhowto KB884739
フィードバック