現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Systems Management Server 2003 のセカンダリ サイトに割り当てられる SMS 2.0 レガシ クライアント が SMS 2003 SP1 アップグレードを適用することができない場合があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。

英語版 KB:886132
現象
SMS 2003 Service Pack 1(SP1)にMicrosoft Systems Management Server ( SMS ) 2.0 セカンダリ サイト サーバーをアップグレードした後に、次の現象が発生することがあります。
  • クライアント コンピュータに SMS 2.0 レガシ クライアント コンポーネントは、 SMS 2003 SP1 レガシ クライアント コンポーネントにアップグレードされていません。
  • クライアント コンピュータに \Ms\Sms\Logs\Clisvc.Log ファイルの次に類似するエントリを検索します。
    \MS\SMS\CORE\BIN\CLISVCL.EXE [ \MS\SMS\core\bin\ccim32.dll]アプリケーション を確認するには。
    #$#$#$#$#エラー: クライアント サービスがこのアプリケーションを実行する権限はありません。 \MS\SMS\CORE\BIN\CLISVCL.EXE
    * \MS\SMS\CORE\BIN\CLISVCL.EXE (# 0x5) を起動しているエラーという Client Configuration Installation Manager
  • セカンダリ サイトに割り当てられるコンピュータに SMS 2003 SP1 レガシ クライアント をプッシュするために、 クライアント プッシュ取り付ける メソッドは使用できません。
原因
次の条件に該当する場合、この問題が発生します。
  • SMS 2.0 セカンダリ サイト クライアントは、クライアントと Clisvcl.Exe プログラム ファイルのサイト サーバーのCyclic 冗長性確認(CRC)不一致を検出します。
  • セカンダリとプライマリ サイトのサイト境界は、重複しません。
回避策
この問題を回避するために、 SMS 2003 SP1 レガシ クライアント にMicrosoft Systems Management Server ( SMS ) 2.0 クライアントをアップグレードするために、 SMS 手動 インストール ウィザード(Smsman.exe)を実行します。 次の手順を実行します。
  1. SMS 2.0 レガシ クライアント が正常にアップグレードされなかったコンピュータにログオンします。
  2. をクリックし、 をクリックする ボックスで次のコマンドを入力して、 Enter キーを次に押します。
    \\secondarysiteserver\SMSCLIENT\SMSMAN.EXE /F
状況
マイクロソフトでは、これが問題として「適用」される欄に記載されたマイクロソフト製品の問題を認識しました。
詳細
セカンダリ サイトのサイト境界がプライマリ サイトのサイト境界で重複しないとき、 SMS 2003 SP1 が SMS 2003 SP1 レガシ クライアント はプッシュできません。 SMS 2003 SP1 レガシ クライアント は、プライマリ サイトから押される必要があります。

SMS 2.0 クライアント コンピュータで Smsman.exe ユーティリティを実行すると、 SMS 2.0 クライアント コンポーネントが SMS 2003 SP1 クライアント コンポーネントにアップグレードされます。

この複数のコンピュータの問題が発生する場合、セカンダリ サイト サーバーをアップグレードした後に、アップグレードされなかったターゲット コンピュータで Smsman.exe ユーティリティの提供情報が作成できます。 既定で、 SMS 2003 は、 名前のクエリをインストールします。 アップグレードされなかったクライアント コンピュータを識別するために、このクエリの結果を表示します。 これに関連する問題についての情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
833177 SMS インストール ウィザードで SMS 2.0 クライアントを SMS 2003 レガシ クライアントにアップグレードできな
SMS 2003 のソフトウェア配布とパッチ管理の使用方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:886132 - 最終更新日: 10/27/2006 15:08:51 - リビジョン: 1.3

  • Microsoft Systems Management Server 2.0 Standard Edition
  • Microsoft Systems Management Server 2003 Service Pack 1
  • kbtshoot kbsmsupdates kbsmsinstall kbsmsclients kbmgmtservices kbprb KB886132 KbMtja kbmt
フィードバック
t type="text/javascript" src="https://c.microsoft.com/ms.js"> w.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");