Windows XP Service Pack 2 の Windows ファイアウォールの [ユーザーのネットワーク (サブネット) のみ] のスコープに関する重要な更新プログラムについて

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
この資料では、重要な更新プログラム 886185 について説明します。この更新プログラムをインストールすることにより、Windows ファイアウォールのスコープ オプションの [ユーザーのネットワーク (サブネット) のみ] で定義される範囲 (ローカル サブネット) を狭めることができます。ダイヤルアップ用ソフトウェアのルーティング テーブルの構成方法が原因で、広いネットワーク範囲が Windows ファイアウォールでローカル サブネットと認識される場合に、この更新プログラムが役立ちます。重要な更新プログラム 886185 をインストールした後、コンピュータの再起動が必要な場合があります。
現象
Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) で Windows ファイアウォールをセットアップした後、ダイヤルアップ接続を使用してインターネットに接続している間、使用しているコンピュータ上のリソースにインターネット上のすべてのユーザーが接続可能になっている場合があります。たとえば、Windows ファイアウォールでファイルとプリンタの共有の例外を作成すると、共有ファイルやプリンタに対して、だれでもアクセスできるようになる場合があります。

: Windows ファイアウォールでは、ファイルとプリンタの共有の例外を作成すると、自動的にスコープ オプションの [ユーザーのネットワーク (サブネット) のみ] が有効になります。
原因
使用しているダイヤルアップ用ソフトウェアによっては、ルーティング テーブルの構成方法が原因で、Windows XP SP2 の Windows ファイアウォールによってインターネット全体がローカル サブネットと見なされることがあります。これにより、Windows ファイアウォールの例外でスコープ オプションが [ユーザーのネットワーク (サブネット) のみ] に設定されていると、インターネット上のすべてのユーザーが Windows ファイアウォールの例外にアクセス可能になることがあります。
解決方法

更新プログラムの情報

ダウンロード情報

この問題を解決するには、重要な更新プログラム 886185 をダウンロードしてインストールする必要があります。この更新プログラムは、Windows Update Web サイトまたは「Microsoft ダウンロード センター」を使用してダウンロードおよびインストールできます。
Windows Update
Windows Update Web サイトを使用して、重要な更新プログラム 886185 のダウンロードとインストールを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Microsoft Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [Windows Update] をクリックします。
  3. 画面の指示に従って、コンピュータを更新します。
Microsoft ダウンロード センター
下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


ダウンロード重要な更新プログラム 886185 パッケージ

リリース日 : 2004 年 12 月 13 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

以下のいずれかのオペレーティング システムが実行されている必要があります。
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2
  • Windows XP Service Pack 2 を適用した Microsoft Windows XP Media Center Edition
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005

展開方法に関する情報


重要な更新プログラム 886185 をインストールするときにユーザーによる操作を省略するには、次のコマンドを使用します。
WindowsXP-KB886185-x86-jpn.exe /passive /quiet

重要な更新プログラムのインストール後に、コンピュータが再起動されないようにするには、次のコマンドを実行します。
WindowsXP-KB886185-x86-jpn.exe /norestart
: 1 つのコマンド ラインで複数のスイッチを組み合わせて実行できます。この重要な更新プログラム 886185 をインストールする際に使用できるコマンド ライン スイッチの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
262841 Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ
Software Update Services (SUS) を使用してこの重要な更新プログラムを展開する方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

アンインストール情報

この重要な更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。

システム管理者は、Spuninst.exe ユーティリティを使用してこの重要な更新プログラムを削除することができます。Spuninst.exe ユーティリティは %windir%\$NTUninstallKB886185$\Spuninst フォルダにあります。このユーティリティでは、以下のセットアップ スイッチを使用できます。
  • /? : インストール スイッチの一覧を表示します。
  • /u : 無人モードで実行します。
  • /f : コンピュータのシャットダウン時に他のプログラムを強制終了します。
  • /z : インストールの完了時に再起動しません。
  • /q : Quiet モードで実行します (ユーザー入力を必要としません)。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピュータの再起動が必要な場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、他の更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

更新プログラム (日本語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。
ファイル名バージョン日付時刻サイズフォルダ
ipnat.sys5.1.2600.25242004/09/3007:28134,912sp2gdr
ipnat.sys5.1.2600.25242004/09/3007:31134,912sp2qfe
Windows XP Service Pack 2 ソフトウェア更新プログラム パッケージの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824994 Windows XP Service Pack 2 および Windows Server 2003 ソフトウェア更新プログラム パッケージの内容に関する説明
詳細

一部のダイヤルアップ ソフトウェアでは、Windows ファイアウォールによりダイヤルアップ接続全体がローカル サブネット上にあると見なされるような形式で、ルーティング テーブルが構成されます。重要な更新プログラム 886185 をインストールすると、IP ルート テーブルに IP アドレスが 0.0.0.0 でマスクが 0.0.0.0 というエントリが設定されている場合、Windows ファイアウォールで、ネットワーク接続がローカル サブネットと見なされなくなります。これにより、Windows ファイアウォールのスコープ オプションが [ユーザーのネットワーク (サブネット) のみ] に設定されているポートの例外またはプログラムの例外は、ほとんどのダイヤルアップ接続で使用できなくなります。スコープの制限をすべて削除するか、例外用にカスタムのスコープを作成することにより、ダイヤルアップ接続で例外へのアクセスを許可することができます。

ローカル ネットワーク サブネットの構成は、接続先のネットワークおよびそのネットワークの構成方法によって異なります。ローカル ネットワークの定義はネットワーク サブネットの構成に依存するため、スコープ オプションとして [ユーザーのネットワーク (サブネット) のみ] を使用しても、必ずしもセキュリティ上の安全性は保証されません。

重要 : 意図的に許可していない入力トラフィックがファイアウォールの例外で拒否されずに侵入することを防ぐために、カスタムのスコープ オプションを使用することを強く推奨します。

例外用のカスタムのスコープ オプションを設定するには、以下の手順を実行します。
  1. ローカルの Administrators グループのメンバとしてコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。firewall.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
  3. Windows ファイアウォールで、[例外] タブをクリックします。例外を作成するプログラムまたはサービスをクリックします。
  4. [編集] をクリックし、[スコープの変更] をクリックし、[カスタムの一覧] をクリックします。
Windows ファイアウォールの構成の詳細については、次の Microsoft TechNet の Web ページを参照してください。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 886185 (最終更新日 2004-12-23) を基に作成したものです。
fire wall winxp winxpsp2 IP
プロパティ

文書番号:886185 - 最終更新日: 03/24/2006 08:59:00 - リビジョン: 4.1

Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 (SP2), Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 (SP2), Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005, Microsoft Windows XP Media Center Edition Service Pack 2 (SP2)

  • kbtshoot kbbug kbfix kbfirewall atdownload kbhotfixserver KB886185
フィードバック