現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Windows Server 2003 でメモリ ダンプ ファイルの新しい場所を構成するときの考慮事項

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:886429
はじめに
この資料では、ブート ボリューム以外の場所に、物理メモリのダンプには、Microsoft Windows Server 2003 を構成する場合に考慮する必要がある問題について説明します。

既定では、Windows Server 2003 は、次の場所にメモリ ダンプ情報を書き込みます。
%Systemroot%\memory。DMP
この場所を変更するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンや[マイ コンピューター] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックし、[起動と回復] の [設定] をクリックし、します。
  3. [ダンプ ファイル] ボックスで、ダンプ ファイルの情報を記述する場所のパスを入力します。
詳細
次のシナリオについて考えてみましょう:
  • ブート ボリューム以外の場所に、物理メモリのダンプには、Windows Server 2003 を構成します。
  • Windows Server 2003 で致命的なエラーが発生します。
致命的なエラーが発生した後、Windows を再起動すると Windows は、コンピューターにインストールされている物理メモリに等しい、ブート ボリューム上に一時ファイルが必要です。この要件を満たす十分なハード ディスク領域がない場合は、メモリ ダンプ ファイルが生成されます。ただし、このボリューム上のページファイルのサイズが減少します。

この現象は、Windows Server 2003 ダンプ ファイル生成の次のデザインの変更を導入するため発生します。
  • メモリ ダンプ操作の最初の段階で、セッション マネージャー サブシステムのプロセス (SMSS.exe) は Windows のページファイルを作成する前に、Savedump ツールのジョブの一部を実行します。SMSS は、このファイルは、有効なメモリ ダンプ ファイルであるかどうかを確認するのには、ページファイルのヘッド ブロックを調べます。メモリ ダンプ ファイルが有効な場合は、SMSS は元ページファイル、ダンプ ファイルのサイズに切り捨てられます、ダンプするファイルの名前を変更xxx.tmp です。

    注:xxx このファイル名の一部がの下の単語から計算される、 tickcount 関数です。

    SMSS、ダンプを保存します。xxx.tmp ファイルには、ブート ボリュームと隠しファイル属性とシステム属性のファイルから削除します。SMSS は、揮発性のレジストリ サブキーで、TempDestination の値とダンプファイルの値も設定されます。このサブキーが、プロセス ダンプをコピーするときに、Savedump.exe プロセスによって読み取られた後でxxxMemory.dmp に .tmp です。
  • メモリ ダンプ操作の 2 番目のステージで、Savedump.exe プロセスは、揮発性のサブキーが存在するかどうかを確認する次のレジストリの場所を調べられます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl\MachineCrash
    揮発性のレジストリ キーの存在は、有効なメモリ ダンプ ファイルが作成されたことを示します。このシナリオでは、Savedump.exe プロセス、TempDestination のレジストリ値からデータを読み取り、ダンプ ファイルを正しい場所にコピーします。
SMSS には、次の理由により、ブート ボリューム上に一時ファイルが必要です。
  • このシナリオでは、SMSS 安全に書き込める、ブート ボリュームにのみ。クラッシュ ダンプ情報の書き込み操作は、フィルター ドライバーを無視します。

    注: SMSS プロセス プロセスのフィルター ドライバーをスキップするため、独立したディスク (RAID) 配列の冗長な配列にダンプ ファイルを書き込むことができません。したがって、一時ファイルはブート ボリュームに書き込まする必要があります。
  • このシナリオでは、SMSS を使用して、 NtSetFileInformation 名前をテンポラリ ・ ファイルのサイズのページファイルを切り捨てるの関数です。この関数は同じボリュームにのみ名前の変更操作をサポートします。

STOP エラー メッセージの後に、Memory.dmp ファイルを作成しない場合の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
130536 Windows がクラッシュした後にメモリ ダンプ ファイルを保存しません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:886429 - 最終更新日: 11/01/2013 06:13:00 - リビジョン: 5.0

  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • kbdiskmemory kbfilesystems kbenv kbhowto kbinfo kbmt KB886429 KbMtja
フィードバック
mp;t=">xt/javascript" src="https://c.microsoft.com/ms.js"> >>ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");