現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office v.X および Office 2004 for Mac で Application.AutomationSecurity プロパティを使用する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:886633
この資料の Microsoft Office XP バージョンを参照してください。 317405.
はじめに
は、 Application.AutomationSecurity プロパティには、プログラムでドキュメントを開くが、ドキュメント内のマクロが安全かどうか確かでないソリューションのセキュリティをサポートする「対象」セクションに記載されている、Microsoft Office プログラムことができます。開発者は Office ソリューションがユーザーにこれらのドキュメントのセキュリティ警告を表示するか制御する必要があります。

ここで開発者を使用する方法について説明、 Application.AutomationSecurity 警告するセキュリティを制御するプロパティに Mac プログラムの Microsoft Office でが表示されます。

メモ 使用するのには、Microsoft Office for Mac プログラムを更新する必要があります、 Application.AutomationSecurity [プロパティ] します。

Microsoft Office 2004 for Mac

使用するのには Application.AutomationSecurity プロパティ、Microsoft Office 2004 Mac プログラムがインストールされているコンピューター上で Mac Service Pack 1 (11.1.0) Microsoft Office 2004年をインストールします。

Microsoft Office の 2004 Mac Service Pack 1 (11.1.0) を入手する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
883951Microsoft Office の 2004 Mac service pack 1 (11.1.0) での説明

Microsoft Office X for Mac

使用するのには Application.AutomationSecurity プロパティ、Microsoft Office X、Mac プログラムがインストールされているコンピューター上で Microsoft Office v. X for Mac セキュリティ更新プログラム (10.1.6) をインストールします。

Microsoft Office v.X Mac のセキュリティ更新プログラム (10.1.6) を入手する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
883952Microsoft Office v.X の詳細については、Mac のセキュリティ更新プログラム (10.1.6)
先頭に戻る
詳細

AutomationSecurity プロパティ

Microsoft Word

Microsoft Word でマクロを含む Office ドキュメントのマクロに影響を与えるセキュリティのレベルを使用できるようになりました。

Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) マクロ コードの一部として、設定を有効にする必要があります。使用できます、 Application.AutomationSecurity 次の表に記載されているセキュリティのレベルを設定するには、[プロパティ] をクリック:

プロパティ説明
msoAutomationSecurityForceDisable以前の有効なマクロによって開かれているすべてのドキュメント内のマクロを無効にします。この設定は、最高レベルのセキュリティを提供します。
msoAutomationSecurityByUI点は、 マクロを含むファイルを開く前に警告を表示します。 以前に有効なマクロによって開かれて、すべてのドキュメント内のマクロを設定します。
msoAutomationSecurityLow以前に有効なマクロによって開かれているすべてのドキュメント内のマクロを有効にします。


は、 Application.AutomationSecurity プロパティとの対話が、 マクロを含むファイルを開く前に警告を表示します。 優先順位は次のように:
  • 場合は、 Application.AutomationSecurity プロパティを設定するのには msoAutomationSecurityLow、ユーザーは、マクロの警告オプションの設定にかかわらずマクロが開かれてドキュメントのマクロを有効にするように指示されず。このようなドキュメント内のマクロが自動的に有効になります。
  • 場合は、 Application.AutomationSecurity プロパティを設定するのには msoAutomationSecurityForceDisable、ユーザーは、マクロの警告オプションの設定にかかわらずマクロが開かれてドキュメントのマクロを有効にするように指示されず。このようなドキュメント内のマクロが自動的に無効になります。
先頭に戻る

Microsoft PowerPoint

マクロを含む文書を開くと、powerpoint のセキュリティが強化されています。また、PowerPoint は、マクロを含む Office ドキュメントのマクロに影響を与えるセキュリティのレベルをサポートします。

VBA マクロ コードの一部として設定を有効にする必要があります。使用できます、 Application.AutomationSecurity 次の表に記載されているセキュリティのレベルを設定するには、[プロパティ] をクリック:

プロパティ説明
msoAutomationSecurityForceDisable以前の有効なマクロによって開かれたすべてのドキュメント内のマクロを無効にします。この設定は、最高レベルのセキュリティを提供します。
msoAutomationSecurityByUI点は、 マクロ ウイルスを有効にします。 以前の有効なマクロによって開かれたすべてのドキュメント内のマクロ保護優先します。
msoAutomationSecurityLow以前に有効なマクロによって開かれたすべてのドキュメント内のマクロを有効にします。


は、 Application.AutomationSecurity プロパティとの対話が、 マクロ ウイルスを有効にします。 保護の設定は次のように:
  • 場合は、 Application.AutomationSecurity プロパティを設定するのには msoAutomationSecurityLow、ユーザーは、マクロの警告オプションの設定にかかわらずマクロが開かれてドキュメントのマクロを有効にするように指示されず。このようなドキュメント内のマクロが自動的に有効になります。
  • 場合は、 Application.AutomationSecurity プロパティを設定するのには msoAutomationSecurityForceDisable、ユーザーは、マクロの警告オプションの設定にかかわらずマクロが開かれてドキュメントのマクロを有効にするように指示されず。このようなドキュメント内のマクロが自動的に無効になります。
先頭に戻る

Microsoft Excel

Microsoft Excel でマクロを含む Office ドキュメントのマクロに影響を与えるセキュリティのレベルを使用できるようになりました。

VBA マクロ コードの一部として設定を有効にする必要があります。使用できます、 Application.AutomationSecurity 次の表に記載されているセキュリティのレベルを設定するには、[プロパティ] をクリック:

プロパティ説明
msoAutomationSecurityForceDisable以前の有効なマクロによって開かれたすべてのドキュメント内のマクロを無効にします。この設定は、最高レベルのセキュリティを提供します。
msoAutomationSecurityByUI点は、 マクロを含むファイルを開く前に警告を表示します。 以前に有効なマクロによって開かれたすべてのドキュメント内のマクロを設定します。
msoAutomationSecurityLow以前に有効なマクロによって開かれたすべてのドキュメント内のマクロを有効にします。


は、 Application.AutomationSecurity プロパティとの対話が、 マクロを含むファイルを開く前に警告を表示します。 優先順位は次のように:
  • 場合は、 Application.AutomationSecurity プロパティを設定するのには msoAutomationSecurityLow、ユーザーは、マクロの警告オプションの設定にかかわらずマクロが開かれてドキュメントのマクロを有効にするように指示されず。このようなドキュメント内のマクロが自動的に有効になります。
  • 場合は、 Application.AutomationSecurity プロパティを設定するのには msoAutomationSecurityForceDisable、ユーザーは、マクロの警告オプションの設定にかかわらずマクロが開かれてドキュメントのマクロを有効にするように指示されず。このようなドキュメント内のマクロが自動的に無効になります。
先頭に戻る

サンプル コード

Microsoft プログラミング例としては、明示または黙示の保証もないだけを提供します。これを含むが、商品性や特定目的への適合性の黙示的な保証に制限はありません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供またはお客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するこれらの例は変更されません。
Sub Security()   Dim secAutomation As MsoAutomationSecurity   secAutomation = Application.AutomationSecurity   Application.AutomationSecurity = msoAutomationSecurityForceDisable   With Application.FileDialog(msoFileDialogOpen)      .Show      .Execute   End With   Application.AutomationSecurity = secAutomation End Sub
先頭に戻る

影響

場合は、 Application.AutomationSecurity プロパティを設定するのには msoAutomationSecurityByUI および マクロを含むファイルを開く前に警告を表示します。 環境設定を選択すると、マクロは、マクロを含むファイルを開くしようとするたびに、警告ダイアログ ボックスが表示されます。クリックすると、 開かない この試行を拒否するには、次のエラー メッセージが表示されます。
実行時エラー '4198'

コマンドが失敗しました
マクロが、マクロを含むファイルを開くしようとしましたとすると、次の条件の両方に該当する場合、また、失敗します。
  • は、 Application.AutomationSecurity プロパティのオプションを設定するには msoAutomationSecurityForceDisable.
  • ファイルを開くには、Office API 実行されるマクロを試行します。これには、excel で XLM と Word の WordBasic、VBA で記述されているマクロが含まれます。
先頭に戻る
officex offx office2004 off2004 offmac macintosh のセキュリティ警告

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:886633 - 最終更新日: 07/30/2011 12:07:00 - リビジョン: 7.0

  • kbhowto kbmt dftsdahomeportal KB886633 KbMtja
フィードバック