現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP SP2 を適用すると Web ページで文字化けが発生する

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Microsoft Windows XP Service Pcak 2 の Internet Explorer 6 .0 においてスクリプトエラーが発生したり、コンテンツが一部文字化けする

本現象が発生した場合、Internet Explorer はコンテンツ データの一部を正常に読みとることができないため、コンテンツ データを正常にレンダリングできない場合があります。読み込みが正常に完了できなかったコンテン ツデータの位置により、コンテンツの表示上における文字化け、コンテンツに含まれるスクリプトの構文エラー、スタイルシートの異常適用が発生する可能性があります。

このエラーが発生した場合 Internet Explorer が正常に読み取ることができないデータの位置は、ネットワークの通信状況、HTTP ヘッダ、コンテンツデータの内容により異なります。
解決方法
この問題を解決するには、Windows XP 用更新プログラムを適用します。この更新プログラムを入手するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
886677 Windows XP 上の Internet Explorer で Shift-JIS 文字エンコードを使用する Web サイトを参照すると、2 バイト文字セット (DBCS) 文字が正しく表示されない場合がある
回避策
本現象はコンテンツを UTF-8 でエンコードすることにより回避することができる可能性があります。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:886778 - 最終更新日: 04/07/2006 10:25:15 - リビジョン: 1.6

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbfix kbbug duplicate KB886778
フィードバック