「リモート プロシージャ コールに失敗しました」エラー メッセージと RPC を受信する ISA Server 2004 または Forefront 脅威管理ゲートウェイまたは中規模ビジネス エディション & Windows 重要なビジネス サーバー 2008年では、ルートの公開は許可されていません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:887000
現象
RPC ルート Microsoft インターネット セキュリティと ISA Server 2004 を実行しているコンピューター、Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ、中規模ビジネス ・ エディション、または Windows の重要なビジネス サーバー 2008年の公開は許可されません。さらに、ユーザーには、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
リモート プロシージャ コールに失敗しました。
原因
この問題は、Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ、中規模ビジネス エディションでは、内の ISA Server 2004 で同じ RPC サーバーの 1 つ以上のプロトコル定義を選択しているか、Windows の基本的なビジネス サーバー 2008.The で、次の手順と ISA Server の RPC トラフィックは別の RPC プロトコル定義の間で分割が発生する可能性があるために発生します。
  • ファイアウォールは、元の RPC プロトコル定義へのすべての RPC トラフィックに一致しようとします。
  • ファイアウォールでは、他のプロトコルの定義に一致するトラフィックは許可されません。
解決方法
この問題を解決するには、公開されたサーバーごとに 1 つだけのプロトコル定義を作成します。たとえば、ルートのシナリオで、RPC サーバーを公開するには、サーバーのすべてのインタ フェースを含むプロトコル定義を作成します。 これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、 Microsoft ISA Server] をポイントし、 ISA Server の管理] をクリックします。
  2. 左側のウィンドウでファイアウォール ポリシーをクリックします。
  3. 右側のウィンドウで、[ツールボックス] タブをクリックし、し、[プロトコル] を展開します。
  4. プロトコル] の下 [新規作成] をクリックし、[ RPC プロトコル] をクリックします。
  5. [新しいプロトコルの定義ウィザード] ページで、次のように入力します。 RPC サーバー、、[次へ] をクリックします。
  6. サーバーの選択]ページで、[サーバー名] ボックスで、RPC サーバーの名前を入力し、[次へ] をクリックします。
  7. サーバー インターフェイス] ページで公開されている RPC サーバーに属するすべての利用可能なインターフェイスのチェック ボックスをオンにする] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  8. [完了] をクリックします。
  9. 中央のウィンドウで[適用変更を保存し、ファイアウォール ポリシーを更新するをクリックします。

    注: <b> [プロトコル] メニューの [ユーザー定義] フォルダーに表示されている RPC サーバー プロトコルの定義は、対応する公開ルールを使用してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:887000 - 最終更新日: 07/03/2016 14:14:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Internet Security and Acceleration Server 2004 Standard Edition, Microsoft Internet Security and Acceleration Server 2004 Enterprise Edition, Microsoft Forefront Threat Management Gateway, Medium Business Edition

  • kbisa2006swept kbhowto kbinfo kbmt KB887000 KbMtja
フィードバック