Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年度末の決算手続き

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:888003
概要
この資料では、Microsoft Dynamics GP の年度末決算の推奨される手順を説明します。この資料には、一連のよく寄せられる質問と、各ステップの詳細情報、手順の手順のチェックリストが含まれています。
はじめに
すべての手順に従い、会社と Dynamics データベースの両方の現在のバックアップが存在することを確認する前に、この資料を参照します。 総勘定元帳の年度末決算手順の技術的なサポートについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

メモ: 年度末決算ルーチンの中に移動するすべてのレコードに配置されます、テンポラリ ・ テーブル GL30000 テーブルに移動する前に。ルーチンを実行する GL20000 テーブルのサイズは、ディスクの空き領域が必要です。

詳細

期末決算のチェックリスト

  1. 転記の手順およびその他のモジュールに決算手続きを完了します。

    <b>この手順は、総勘定元帳は、他のモジュールと統合されたかどうかに必要です。
  2. 会計年度の最後の期間を終了します。

    <b>この手順は省略可能です。
  1. 転記の手順およびその他のモジュールに決算手続きを完了します。

    総勘定元帳が他のモジュールに統合されている場合のみこの手順を実行します。総勘定元帳は、他のモジュールと統合されていない場合は、この手順をスキップします。
    1. 総勘定元帳内を除くすべてのモジュールでは、最後のトランザクションを転記します。
    2. 月末のプロシージャおよび総勘定元帳を除くすべてのモジュールの四半期末の手順を完了します。
    3. 次の順序でモジュールごとに年度末の決算手続きを行います。
      1. 在庫

        詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
        872713 Microsoft Dynamics GP での在庫管理での年度末決算手続き
      2. 売掛金の管理

        詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
        857444 Microsoft Dynamics GP での売掛金の管理のための会計年度末決算手続き
      3. 買掛金管理

        詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
        875169 Microsoft Dynamics GP の買掛金管理モジュールの年度末の決算手続き
      4. 固定資産の管理

        詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
        865653 Microsoft Dynamics GP で固定資産管理モジュールの年度末の決算手続き
      5. 分析会計

        Microsoft Dynamics GP 10.0 Service Pack 2 および大きい、分析会計の分析コード残高を統合する機能が追加されました。期末処理中に統合する分析コードが正しくマークされているかどうかを確認するのには、KB 960356 を参照してください。分析会計モジュールで実行する必要がある別の期末処理がないことに注意してください。年度末を終了すると総勘定元帳のプロセスが実行されて、自動的に残高を統合し、分析会計で正しくマークされた分析コードのトランザクションに移動されます。確保する、AA のデータと一致する GL データ内のスクリプトを実行することをお勧め KB 2910626 前に、GL の年度を終了します。

        詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
        960356 期末分析会計は、Microsoft Dynamics GP 10.0 Service Pack 2 およびそれ以降のバージョンのプロシージャを終了します。
    <b>給与の会計年度末のプロシージャでは、他のモジュール内のプロシージャの独立しています。これらの手順は、カレンダーの年の最後に実行されます。 詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
    850663 Microsoft Dynamics GP の給与の会計年度末の決算手続き
    先頭に戻る
  2. 最終的な調整を入力は、総勘定元帳に転記します。

    調整のエントリには、トランザクションが記録されたときに行われたエラーを修正するすべてのエントリが含まれます。調整のエントリには、収益を獲得したかの経費が発生した期間に収益や費用の割り当てに使用される仕訳帳のエントリも含まれます。

    収益、経費、または終了する年に減価償却費を割り当てることの調整のエントリを行う必要がある場合は、総勘定元帳の調整のエントリを作成するトランザクション エントリのウィンドウまたはクイック仕訳帳のエントリ] ウィンドウを使用します。

    ある場合は初期調整を入力またはその他の会計年度期間とは別の postaudit のエントリを追跡するために、期間の監査設定できます一般勘定です。この機能では、年を閉じた後に行われる調整のエントリの別の追跡を使用します。監査の期間を作成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    871679 調整期間一般に Microsoft Dynamics GP で勘定を設定する方法
    <b>決算期間を使用して調整する場合は、すべてのトランザクションは、開始日と最初の期間に移動します。

    先頭に戻る
  3. 各勘定の転記タイプを検証するのには、アカウントの一覧を印刷します。

    転記タイプは、利益剰余金のアカウントにアカウントを終了するかどうか、またはアカウントが次の会計年度に転送のバランスを表示するかどうかを決定します。口座残高は、年度末の繰は場合、は、貸借対照表に転記タイプを設定しなければなりません。勘定残高は、利益剰余金勘定に年の最後に閉じられている場合は、利益および損益を転記タイプを設定しなければなりません。勘定の転記タイプを変更する必要がある場合は、アカウントの管理] ウィンドウを使用します。

    [アカウント] ボックスの一覧を印刷するのには次の手順に従います。
    1. [レポート] メニューで、財務、] をポイントし、[アカウント] をクリックします。
    2. レポートの一覧では、すべてのアカウントを選択し、し、[新規] をクリックします。
    3. [オプション] ボックスで、次のように入力します。 すべてのアカウント.
    4. 非アクティブなアカウント] チェック ボックスをオンにします。

      年度末決算プロセスは、現在の年の活動のない非アクティブの総勘定元帳勘定を削除するのには設計されています。詳細については、
      よく寄せられる質問に記載します。
    5. レポートの出力先を指定するのにはリンク先をクリックし、[ OK] をクリックします。
    6. [印刷] をクリックします。
    先頭に戻る
  4. 会計年度の最後の期間を終了します。

    この手順は省略可能です。

    年の開かれているすべての会計期間を閉じるには、会計期間のセットアップ] ウィンドウを使用できます。これは、間違った時間または間違った年に転記されてからトランザクションを防ぎます。

    注:
    • 会計年度期間を終了する前にすべてのモジュールの年の期間のすべてのトランザクションを転記することを確認します。以降では、既に閉じている会計年度の期間にトランザクションを転記する必要がある場合、は、期間を再度開くには、会計期間のセットアップ] ウィンドウに返す必要があります。
    • Microsoft FRx を使用する場合は、開いたままにする 1 つの期間、最新の過去 1 年で次のエラー メッセージを防ぐために。
      FRX 印刷エンジンは、会社のカレンダーの読み込みに失敗しました。
      詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
      874932 FRx の「会社カレンダーの読み込みに失敗しました」のチェックリスト
    先頭に戻る
  5. オプション: モジュールの財務系列グループに、ファイルの保守を実行します。

    モジュールの財務系列グループのチェックのリンク手順を実行します。

    先頭に戻る
  6. 総勘定元帳設定ウィンドウで設定を確認します。

    履歴を保存する場合は、総勘定元帳設定ウィンドウの履歴の管理] 領域で、[アカウント] チェック ボックスをオンし、[トランザクション] チェック ボックスをオンにする必要がありますをクリックします。資産の履歴では、財務諸表を印刷し、過去の情報から計算される予算を使用できます。トランザクション履歴には、詳細な履歴の試算表を印刷することができます。トランザクションの履歴を使用して、トランザクションの詳細を表示することもできます。これらのチェック ボックスが選択されている場合は、年度末決算ルーチンの中に資産の履歴、取引履歴の両方が更新されます。

    先頭に戻る
  7. バックアップを作成します。

    会社のすべてのデータのバックアップを作成し、永続的なストレージを安全にバックアップを格納します。バックアップを使用すると、年の最後に会社の財務状態の永続的な記録です。バックアップを復元できます後で必要な場合です。

    先頭に戻る
  8. 最終詳細の試算表レポートを印刷します。

    試算表レポートのウィンドウを使用すると、年度末の試算表の詳細なレポートを印刷します。

    <b>詳細の試算表レポートを印刷する前にすべてのモジュールの 1 年の期間のすべてのトランザクションを転記することをお勧めします。後で追加のトランザクションを転記する場合は、新しい詳細な試算表レポートを印刷することをお勧めします。

    先頭に戻る
  9. 年末の財務諸表を印刷します。

    必要な年度末の財務諸表を印刷します。最も一般的な財務諸表には、次のステートメントが含まれます。
    • 貸借対照表
    • 損益計算書
    • キャッシュ フロー明細書
    • 利益剰余金の明細書
    先頭に戻る
  10. 新しい会計年度を設定します。

    年度末決算ルーチンを実行する前に、は、会計期間のセットアップ] ウィンドウを使用して新しい会計年度を設定する必要があります。

    先頭に戻る
  11. 会計年度を閉じます。

    会計年度を閉じるには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントでルーチンをポイントし、財務をポイントし] をクリックし、年度末を終了します
    2. 保持の収益アカウント] ボックスにアカウントを指定します。

      保持の収益アカウント] ボックスで指定したアカウントは、年間の損益勘定を終了するアカウントです。既定のアカウントは、総勘定元帳設定] ウィンドウで指定したアカウントです。

      すべての現在の年度の利益または損失の現在の年は、[保持の収益アカウント] ボックスで指定したアカウントに転送されます。複数のアカウントに 1 年の利益は、剰余金を配布する場合は、適切な勘定の利益剰余金の金額を分配する配賦勘定を指定できます。などのビジネスにいくつかの部門間での収益を分割する配賦勘定を設定する可能性があります。

      または、年間の利益または損失は、特定のアカウントのセグメントが含まれているアカウントに転送することもできます。このプロセスは、部門別の留保利益勘定に原価計算といいます。 詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
      850615 部門利益の剰余金を使用してアカウントをする方法一般に Microsoft Dynamics GP の元帳
      参照してください、」よく寄せられる質問"部門別にする方法の詳細についてはセクションには、収益のアカウントが保持されます。
    3. 履歴項目の開始] ボックスに、次の会計年度の最初の仕訳帳のエントリ番号として使用する数を指定します。

      既定の番号に同意することができます。デフォルトの番号は、1 つよりも最高の現在の年が転記される仕訳帳エントリ番号です。または、新しい番号を指定することができます。指定した仕訳帳のエントリ数は、年度末の決算レポートを仕訳帳のエントリ番号として使用されます。
    4. ルーチンを開始するには、終了年をクリックします。

      重要 閉じる年1 回をクリックします。複数回] をクリックすると、処理中に 1 年以上を終了します。また、50% で停止するのには、[進行状況] ウィンドウが表示された場合は、ルーチンを再起動しません。としてハード ディスクを処理すると、プロセスの続行を使用できます。
    資産の履歴を保持している場合、年度末決算ルーチンは、アカウントの履歴をアカウントのグラフの各アカウントのすべての現在の年情報を転送します。トランザクションの履歴を保持している場合、年度末決算ルーチンはまた、アカウントのグラフの各アカウントのすべての現在の年情報をトランザクションの履歴に転送します。プロセスは、新しい会計年度の会計システムを準備します。トランザクションの履歴] に、アカウントの履歴には、現在の年の数値を転送するのほか、年度末決算ルーチンは、次の。
    • 年度末決算ルーチンでは、調整し、年間を通じて蓄積される総勘定元帳の残高をまとめたものです。
    • 年度末決算ルーチンでは、アカウントは、転記勘定を削除するための条件を満たす場合は、非アクティブとしてマークされているアカウントを削除します。予算アカウントとして設定されている非アクティブなアカウントは、1 年の活動がない場合にも削除されます。過去何年間の予算金額は、これらのアカウントに関連付けられている場合でも、これらのアカウントを削除できます。
    • 年度末決算ルーチンは、すべての損益勘定の残高が留保利益勘定に移動します。
    • 年度末決算ルーチンでは、貸借対照表勘定の概要し、新しい会計年度のアカウントの期首残高と残高を転送を表示します。
    • 年度末決算ルーチンでは、年度末の決算レポートを印刷します。
    年度末決算ルーチンが完了すると、年度末の決算レポートを印刷します。このレポートでは、閉じられているアカウントとそれらのアカウントを終了するのには作成されたトランザクションを一覧表示します。期末決算レポートは、監査記録の一部です。会社の永続的な記録として、このレポートを保存します。会計年度末の決算レポートを印刷し直すことはできません。

    <b>Microsoft SQL Server を使用すると、データベースの保守が自動化されていない場合をお勧めする年度の終了後もデータベースの保守を実行します。 推奨されるデータベース メンテナンスの手順については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    866439 Microsoft Dynamics GP のデータベースで SQL Server のメンテナンスを推奨
    先頭に戻る
  12. すべてのデータ系列のすべての会計期間を終了します。

    この手順は省略可能です。

    すべてのモジュールの決算手続きを完了すると後、は、終了、すべての系列のすべての期間をマークするのに、会計期間のセットアップ] ウィンドウを使用します。終了する任意の期間に他のモジュールから転記されるトランザクションを防ぐために行うことをお勧めします。期間は、終了とマークされたが後、期間を再度開く場合を除き、トランザクションは、期間に転記できません。後で、決算済期間にトランザクションを転記する必要がある場合は、期間を再度開くには、会計期間のセットアップ] ウィンドウに戻ります。

    先頭に戻る
  13. 財務諸表を印刷しと、新しい年の予算の数値を調整します。

    予算の数値を調整するには、次のウィンドウのいずれかを使用します。
    • Excel に基づいた予算編成
    • 予算管理
    • 予算の 1 つのアカウントのメンテナンス
    損益勘定が留保利益勘定に終了したことを確認するのには「損益」ステートメントを印刷します。貸借対照表勘定は、残高が延期されたことを示すことを確認するのにはバランス シートを印刷します。

    財務諸表を印刷するのには財務分析の詳細を使用する場合は、現在の会計年度を反映するようにレポートのレイアウトを更新する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [レポート] メニューで、財務、] をポイントし、財務の詳細設定] をクリックします。
    2. レポートの一覧で財務諸表を選択を選択し、[開く] をクリックし、[レイアウト] をクリックします。
    3. 列の列の定義を確認するのには各列のボタンをダブルクリックします。たとえば、 C1 ] ボタンまたは [ C2 ] ボタンをダブルクリックします。
    4. 列のデータ型は、期間の範囲に設定されている場合、今年から、または変数が今年に入って、現在の会計年度を選択して、[] ボックスの一覧でとし、[ OK] をクリックします。
    5. 13a 13d 各レポートの各列で、手順を繰り返します。
    先頭に戻る
  14. バックアップを作成します。

    すべての企業データのバックアップを作成し、安全な永続的なストレージにバックアップを格納します。バックアップでは、新しい年の開始時に会社の財務状態の永続的なレコードを示します。必要がある場合は、このバックアップを後で復元できます。

    先頭に戻る

よく寄せられる質問

Q1: する必要が次の会計年度の最初の日の前に、の会計年度を閉じますか。

A1:総勘定元帳の年度末決算ルーチンを次の会計年度を開始する前に完了する必要はありません。ただし、できるだけ早く年を終了することをお勧めします。2 つの開いている年がある場合は、賃借対照表を印刷する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
866371 前年度が終了した年に Microsoft FRx を使用してではない場合、年度のバランス シートを印刷する方法
Q2: ことができる調整のエントリ、年を閉じた後でしょうか。

A2:最新履歴年に記事を投稿するには、総勘定元帳設定ウィンドウに履歴への転記] チェック ボックスが選択されている場合。過去 1年バックを投稿することができます。閉じた年に記事を投稿する場合、2 番目のエントリが自動的に行った現在の会計年度の期首残高を更新します。

次の表は、調整エントリを表示して、一般的な転記仕訳帳のエントリの方法が表示されます。この例では、調整エントリは、最も最近使用した年に P & L 勘定に転記されました。(、20 xx は、最も最近使用した年に転記することを表します)。元のエントリは、12/31 の日付は保持の収益アカウントに個別のエントリと同様に、仕訳帳を転記する [全般] に記載されているを確認できます。

エントリを調整します。
12/20/20 XX管理費用500 ドル
現金500 ドル
一般転記仕訳帳
12/20/20 XX管理費用500 ドル
現金500 ドル
12/31/20 XX利益剰余金500 ドル
現金500 ドル
Q3: 年度末決算ルーチンを実行した後期首残高が繰上、売上と経費のアカウントのいくつかの。資産資産の一部は、利益剰余金勘定にも閉じられます。この問題が発生した理由と、どうすればそれを解決するでしょうか。

A3:アカウントのアカウントの管理] ウィンドウで指定されている転記タイプは、かどうかのバランスが繰上のアカウントまたは留保利益勘定に口座を閉鎖するかどうかを決定します。貸借対照表の転記タイプを使用するアカウントは繰越残高です。転記タイプが留保利益勘定に利益と損失を使用するアカウント。この問題を解決するには、適切なメソッドを使用します。

バックアップから復元する方法 1:、修正転記タイプ、および年の最後の終了ルーチンを再実行します。

方法 2: バックアップを復元せずに入力、不適切な投稿のあるアカウントを修正する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

864913 間違った転記タイプを使用して、Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年を終了した後に設定されたアカウントを修正する方法

方法 3: Microsoft Dynamics GP 2013 R2 (12.00.1745) およびそれ以降のバージョンでは、年終了終了ルーチン ウィンドウ過去 1 年の逆のボタンをクリックして表示されるファイルを開くには年を確認し、[プロセス] をクリックを移動することができます。年再オープンが終了した場合決して最初の段階で、勘定の転記タイプを変更し、年の最後の終了ルーチンを再実行します。



第 4 四半期: は、部門別利益の剰余金アカウントを使用して、年度末決算ルーチンを実行しようとしています。 ですが、次のエラー メッセージを受信しました。
保持の収益アカウントが見つかりません。
このエラー メッセージの原因となる問題を解決するにはどうすれば?

A4:ルーチンを続行する前に、年度末決算ルーチンが必要な部門別利益剰余金のすべてのアカウントが存在することを検証する必要があります。Fabrikam, Inc. のデモの会社でのアカウント形式を使用するたとえば、 nnn-nnnn の nn.最初のセグメントでは、部門を表します。留保利益勘定は損益勘定のある部署ごとに存在しなければなりません。たとえば、販売 400-4100-00 のアカウントが存在するか、400 でないのですが、nnnn nn 利益剰余金のアカウントが存在する、このエラー メッセージが表示されます。 部門利益の剰余金のアカウントにする方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
850615 部門利益の剰余金を使用してアカウントをする方法一般に Microsoft Dynamics GP の元帳
850741 Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年度末決算処理を実行しようとするときにエラー メッセージ:「保持の収益アカウントが見つかりませんでした。
自動化ソリューションのスクリプトは、このタスクと同様、会計年度の決算の準備に役立つ会計データの基本的なその他のチェックを実行する可能性があります。詳細については、次の Microsoft Dynamics の Web サイトを参照してください。 Q5: 対処方法ユニットのアカウントに、年度末決算ルーチンの中に。

A5:ユニットのアカウントは、貸借対照表勘定として扱われます。ユニットのアカウントには、年が閉じられたとき前方には、残高があります。 オフにする方法の詳細については、ユニットのアカウントの期首残高は、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
857582 先頭をオフにする方法の残高をユニットのアカウント一般的な Microsoft Dynamics GP の元帳

Q6: 準備をしている総勘定元帳の年を閉じます。期末のルーチンを実行する前に Microsoft Dynamics GP を終了する必要がありますすべてのユーザーにしますか。

A6:クライアント コンピューターのユーザーには、年度末決算ルーチンの処理中に、Microsoft Dynamics GP で作業を停止することをお勧めします。ユーザーは、プログラムで作業を続行して場合、は、年度末決算ルーチンに問題が発生し、最後のバックアップを復元する必要がある場合、作業が失われるあります。

Q7: 毎月利益剰余金のアカウントまたは大文字のアカウントには、純利益を確保します。純利益は、利益の 3 つの剰余金のアカウントまたは大文字のアカウントに割り当てられることになって。どうすればこのでしょうか。

A7:残念ですが、これを行うことはできません。ただし、アカウントの管理] ウィンドウで、非財務勘定を指定できます。段落番号、現在のアカウントに含まれていない数値を使用します。このアカウントは、純利益または純損失の謎アカウントとして機能します。毎月、調整エントリを調整する 3 つの大文字のアカウントに投稿できます。相手勘定、謎のアカウントを使用します。年度末決算ルーチンが終了したら、利益剰余金勘定として謎のアカウントを使用します。これは、年度中に謎のアカウントに加えられたすべての手動調整をオフセットします。謎のアカウントは、レポートに表示されないことを確認します。

賃借対照表の書式を設定するときは、財務諸表の財務分析の高度なを使用している場合、は、財務分析の高度なステートメントの最後の行としてNP行を配置します。NP行の前に改ページを配置し、します。貸借対照表には、 NP行が必要です。ただし、この行は、純利益または純損失は 2 つの時刻が表示されるのです。したがって、財務諸表をオフになっているようにNP行をフォーマットします。のレポートの種類を使用することもできます。

Q8: なぜ自分の財務レポートのいくつかの状態に設定されて無効ですか。

A8:アクセラレータ ファイルを使用するレポートを構成する場合、次のウィンドウのいずれかのアカウントに加えられた変更は無効に変更するのには、財務レポートの印刷オプションの状態を発生します。
  • アカウントのメンテナンス
  • ユニットのアカウントのメンテナンス
  • 勘定科目表を一括変更します。
  • 期末決算
財務諸表を印刷する前に、アクセラレータ ファイルを更新する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [レポート] メニューで、財務、ポイントし、[財務アクセラレータの更新] をクリックします。
  2. 更新プログラムをクリックし、 [続行] をクリックします。
  3. アクセラレータの財務情報を更新プログラムのウィンドウを閉じます。
Q9: 非財務勘定の閉じ方、年度末決算ルーチンの実行中にしますか。

A9:非財務勘定は貸借対照表の転記タイプを使用するように構成されて場合、は、口座残高は年度末決算ルーチンの中に前方になります。非財務勘定は損益の転記タイプを使用するように構成されて、口座残高は年度末決算ルーチンの中に留保利益勘定に閉じられます。

Q10: 総勘定元帳モジュールのバッチを投稿しようとすると、次のメッセージが表示します。
期末終了進行中は、バッチを転記できません。
年度末決算ルーチンを実行していない一般的な勘定です。どうしたらいいでしょう。

A10:この問題を解決するには、すべてのトランザクション エントリのウィンドウを閉じてすべてのユーザーがいます。Microsoft SQL Server データベースを実行している場合は、SY00800 ファイルを削除してください。これを行うには、DYNAMICS データベースで次のステートメントを実行します。
delete SY00800 where BACHNUMB = 'GL_Close'
詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
856550 年が閉じられた後に、Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳でトランザクションを転記するときにエラー メッセージ:「プロセスでは、会計年度末決算とバッチを転記することはできません」
Q11: メッセージが表示、次総勘定元帳の年を終了しようとしたとき。
申し訳ありませんが、他のユーザーが年を終了します。
誰もしようとして年を終了します。どうしたらいいでしょう。

A11:この問題を解決するには、Microsoft SQL Server データベースを使用している場合に、SY00800 ファイルを削除します。これを行うには、DYNAMICS データベースで SQL クエリ アナライザーで次のステートメントを実行します。
delete SY00800 where BACHNUMB = 'GL_Close'
Q12: は総勘定元帳の年度末決算ルーチンを実行しているし、50% で停止することが表示されます。私のワークステーションは、応答が停止したようです。どうしたらいいでしょう。

A12:今年に入ってからのトランザクションを開く場合は、(GL20000) のファイルのサイズが、年度末決算ルーチンを完了するのに長い時間がかかる場合があります。ハード ディスクがまだ処理している場合、年度末決算ルーチンしない応答しなくなった。ルーチンの実行を使用することをお勧めします。ハード ディスクを処理していない場合は、バックアップから復元することをお勧めします。手順をこの資料をもう一度、手順 5 から始まります。

Q13: 場合は、閉じられている年には、調整エントリが提供されて、印刷可能修正された試算表レポートその年のでしょうか。

A13:はい、終了年の修正された試算表レポートを印刷できます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [レポート] メニューで、財務をポイント試算表をし、[新規] をクリックします。
  2. [オプション] フィールドで、次のように入力します。 調整で.
  3. 含める] 領域で、アカウントの転記] チェック ボックスを選択するをクリックします。
  4. ] 領域で、 [履歴] チェック ボックスをオンにし、[] ボックスの一覧で過去の年を選択します。
  5. レポートの出力先を指定するのにはリンク先をクリックし、[ OK] をクリックします。
  6. [印刷] をクリックします。
Q14: が Microsoft Dynamics GP を確認する方法を追加するアカウントに印刷される財務諸表ですか。

A14:カテゴリでは、追加するアカウントのクイックの財務諸表を使用する場合に印刷されている財務諸表の種類を決定します。カテゴリは、賃借対照表のカテゴリまたは [損益] カテゴリのいずれかです。使用する財務分析の詳細および Microsoft FRx でアカウントを印刷するレポートの書式を設定する必要があります。年度末決算ルーチンの中には、転記タイプを使用すること留保利益勘定に近いと、アカウントを決定する実行バランス転送アカウントを決定します。転記タイプは、財務諸表には影響しません。

Q15: 年度末決算ルーチンを実行しようとすると、メッセージを受信した、エラーをシングルユース バッチまたはクイック仕訳帳トランザクションが転記されていないと述べています。このエラー メッセージは何を意味しますか。

A15:年度末決算ルーチンを実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
1 回のバッチまたはクイック仕訳帳トランザクションがまだ転記されていないが。終了を続行しますか。
未転記のシングルユース バッチまたはクイック仕訳帳の未転記のトランザクションが元帳では一般に存在する場合、このエラー メッセージが表示されます。このエラー メッセージができないから、年度末決算ルーチンを続行します。シングルユース バッチまたはクイック仕訳帳トランザクションを転記するのにはしたくない場合は、年度末決算ルーチンを続行します。

Q16: 総勘定元帳の年度末決算ルーチンを実行しようとすると、表示、次のエラー メッセージ。
[マイクロソフト][ODBC SQL Server ドライバー][SQL Server]' PK # 0671112' の主キー制約の違反が発生します。オブジェクト ' # 0671112' で重複するキーを挿入することはできません。


A16:期末決算トランザクションには、アカウントに割り当てられていない通貨が含まれています。 この問題を解決する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
950019 Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年度末決算ルーチンを実行しようとするときにエラー メッセージ:「'PK # 0671112' の主キー制約の違反が発生」


Q17: 年度末決算処理が予算に関係している可能性がありますいくつかの GL アカウント削除する理由ですか?

A17:Microsoft Dynamics GP 2010 とは Microsoft Dynamics GP 10.0、年度末決算処理は、GL アカウントを非アクティブとしてマークされ、現在の年のアクティビ ティーが存在しないを自動的に削除されます。Microsoft Dynamics GP 2013 および Microsoft Dynamics GP 2015 は、新しい機能には、年度末決算ウィンドウを非アクティブなアカウントの管理します。これにより、自動的に削除されると、バランスを取ることがなくアクティブでないアカウントを持っているか、すべての非アクティブなアカウント、または予算で使用されているものだけを維持するためにことができます。新機能の詳細については、次のようにクリックします。 ここで.


GL アカウントがアクティブでないと、年度末決算プロセスに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2452542 Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年度末の終了時に削除する非アクティブの GL アカウントの処理します。


Q18:閉じる障害が発生した年の終わりがあればを使用できます過去の年を逆にチェック ボックスを年度末の終了] ウィンドウで Microsoft Dynamics GP 2013 の R2 (およびそれ以降のバージョン) を実行してくださいか、「操作を解決するのには ' ことでしょうか。

A18:正常に閉じられていた GL 1 年を再度開くには、この機能は設計されています。エラー メッセージが表示された場合、エラー メッセージと、バックアップを復元直後の screenprint にお勧めします。Microsoft Dynamics のサポートに問い合わせてサポート インシデントを開きます。(この機能 totroubleshoot 障害が発生した年度末の決算プロセスを使用したい場合でしょう自分で、正常に動作しないすべてのシナリオのように。バックアップを作成し、テストでこれを行うことをお勧めライブ データベースでこのメソッドを試行する前に会社の 1 つ目とテスト環境で正しく動作したことを確認をします。推奨およびサポートされているプロセスは、末決算処理が失敗した場合にバックアップを復元する)



先頭に戻る
AFA の会計年度末 YE 移動 YEC

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:888003 - 最終更新日: 09/18/2016 08:19:00 - リビジョン: 1.10

Microsoft Dynamics GP 2016, Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbexpertiseadvanced kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbhowto kbmsifixme kbfixme kbmt KB888003 KbMtja
フィードバック