[MS04-039] ISA Server 2000 および Proxy Server 2.0 の脆弱性により、インターネット コンテンツのなりすましが行われる

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
マイクロソフトはセキュリティ情報 MS04-039 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトのいずれかにアクセスしてください。DNS キャッシュのサイズを 0 に設定すると、対象のコンピュータで DNS キャッシュが無効になります。この設定により、影響を受けるソフトウェアで、なりすましの可能性があるキャッシュ内のデータが使用されることを防止できます。ただし、この設定を行うと、DNS の名前解決のパフォーマンスに悪影響が出る可能性があります。この設定は、システムにセキュリティ更新プログラムを適用することができない場合にのみ、一時的な回避策として使用してください。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
889189 マイクロソフト セキュリティ情報 MS04-039 に記載されている ISA Server 2000 と Proxy Server 2.0 の DNS キャッシュのなりすましの脆弱性を回避する方法

既知の問題

このセキュリティ更新プログラムのインストール後に発生する可能性のある既知の問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
890097 マイクロソフト セキュリティ更新プログラム MS04-039 のインストール後に複数の障害が発生する

update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted remote code execution jpeg images graphics pictures gdiplus.dll
プロパティ

文書番号:888258 - 最終更新日: 01/16/2015 01:37:26 - リビジョン: 3.1

Microsoft Internet Security and Acceleration Server 2000 Service Pack 2, Microsoft Internet Security and Acceleration Server 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition, Microsoft Proxy Server 2.0 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbsecvulnerability kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbhotfixserver KB888258
フィードバック