現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SQL Server 2000年に Service Pack 2 の説明: 2001 年 11 月 9 日

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

889552
概要
Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 2 (SP2) 用のデータベース コンポーネントは、SQL Server の 2000年インストールの更新プログラムを提供します。この資料では、次のとおりです。
  • Service pack のバージョンおよび Service Pack 2 を削除する方法。
  • ダウンロードする方法、および Service Pack 2 を展開する方法。
  • Service Pack 2 をインストールする方法
  • データベース コンポーネント sp2 クライアント コンポーネントを再配布する方法です。
  • Service Pack 2 を実行しているサーバー上のサイトに影響を与える問題を処理する方法です。
内容
詳細

1.0 はじめに

3 つの部分にはこの Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 2 (SP2) のリリースが用意されています。
  • データベース コンポーネント SP2 の SQL Server 2000 SQL Server 2000 Desktop Engine のインスタンスを除外する、インスタンスのデータベース コンポーネントの更新プログラムを提供します。データベース コンポーネント SP2 にアップグレードするにが含まれます。
    • データ エンジン。
    • データベース クライアント ツールおよび SQL Server の Enterprise Manager や osql などのユーティリティです。
    • データベース クライアント接続コンポーネントは、Microsoft OLE DB プロバイダー SQL Server 2000 SQL Server 2000 ODBC ドライバー、クライアント Net-library など。
  • 分析サービス SP2 の SQL Server 2000年のインストールでは、SQL Server 2000 Analysis Services コンポーネントの更新を提供するなど。
    • Analysis Services。
    • Analysis Services の分析マネージャーと Microsoft OLE DB プロバイダーを含む分析サービス クライアント コンポーネント。
    • データベース クライアント接続コンポーネントは、Microsoft OLE DB プロバイダー SQL Server 2000 SQL Server 2000 ODBC ドライバー、クライアント Net-library など。
  • デスクトップ エンジンの SP2 の更新など、データベース エンジンのインスタンスは、SQL Server 2000年デスクトップ (MSDE 2000 とも呼ばれます) のコンポーネントを提供します。
    • データ エンジン。
    • データベース クライアント接続コンポーネントは、Microsoft OLE DB プロバイダー SQL Server 2000 SQL Server 2000 ODBC ドライバー、クライアント Net-library など。
これら 3 つの部分の SP2 を適用ことができます個別に、次のよう。
  • SQL Server 2000年サイトは、Analysis Services コンポーネントまたは SQL Server 2000 Desktop Engine のインスタンスをアップグレードせず、データベース コンポーネントをアップグレードするのには、データベース コンポーネント SP2 を使用できます。
  • 分析サービス 2000年サイト分析サービス SP2 Desktop Engine のデータベース コンポーネントのインスタンスをアップグレードせずに、Analysis Services コンポーネントをアップグレードできます。
  • デスクトップのエンジン サイト デスクトップ エンジンの SP2 Analysis Services またはその他のエディション SQL Server 2000 のインスタンスをアップグレードせずに、Desktop Engine のインスタンスをアップグレードできます。

    メモDesktop Engine と SQL Server の他のエディションと同じコンピューター上の別々 のインスタンスがある場合は、デスクトップ エンジンの SP2 デスクトップ エンジン 2000年インスタンスと SQL Server 2000年の他のインスタンスにデータベース コンポーネント SP2 を適用する必要があります。
Desktop Engine をインストールする方法の詳細については、セクション 2.2 を参照してください"デスクトップのエンジンを SP2 ファイル「と」セクション 3.7デスクトップ エンジンの SP2 をインストールします。."

メモデスクトップ エンジンの SP2 でのみ生成される言語ではのサービス パックの部分のみのバージョンの SQL Server 2000 SQL Server 2000 Desktop Engine をであるためポルトガル語 (ブラジル)、スウェーデン語、およびオランダ語で利用可能にします。データベース コンポーネント SP2 または分析サービス SP2 のアップグレード、SQL Server 2000年コンポーネントはこれらの言語で利用できません。それらがアップグレード、英語の言語のダウンロードなどの版の言語と一致 Service Pack 2 のファイルをダウンロードしてください、Desktop Engine 以外の SQL Server のバージョンの Service Pack 2 を適用するのにはポルトガル語 (ブラジル)、スウェーデン語、およびオランダ語ユーザー Service Pack 2 のファイルは、SQL Server 2000 の英語版を実行している場合。ダウンロードの指示の下セクション 2.0 であります」ダウンロードと SP2 を展開します。."
データベース コンポーネント SP2 のインストールの詳細
データベース コンポーネント SP2 セットアップ SQL Server 2000年のエディション SQL Server 2000 をアップグレードするインスタンスの存在を自動的に検出しのインスタンスがインストールされているコンポーネントのみをアップグレードします。SQL Server 2000 Standard Edition を実行しているコンピューターに service pack を適用すると、たとえば、それだけ SQL Server 2000 Enterprise Edition に付属のコンポーネントをアップグレードするのにはしません。

1 つの既定のインスタンスまたは名前付きインスタンスの SQL Server にデータベース コンポーネント SP2 を適用できます。SQL Server 2000年の複数のインスタンスを SP2 にアップグレードする必要がある場合は、各インスタンスに SP2 を適用する必要があります。SQL Server 2000年の 1 つまたは複数のインスタンスを持つコンピューター上の 1 つのインスタンスを SP2 にアップグレードすると、すべてのツールが SP2 にアップグレードされます。ツールの各インスタンスは、コンピューター上の別のコピーがありません。
SP2 を削除します。
Service pack がインストールされている場合は、メンテナンス上の理由から、システム ・ テーブルに変更をしも、レプリケーション トポロジのメンバーであるユーザーとディストリビューション データベースをアップグレードします。これらの変更により、SP2 を簡単に削除できません。SP2 をインストールする前に実行中のビルドに戻すには、SQL Server 2000年のインスタンスをアンインストールしてください。SQL Server 2000年のインスタンスを再インストールする必要があります。SQL Server 2000 SP1 を実行していた場合は、インスタンスに SP1 を再度適用する必要があります。SP2 のアンインストールの詳細については、「セクション 3.13」を参照してください」SP2 のアンインストール."

メモSP2 を削除するのには、バックアップの必要があります、 マスター, モデル、、 msdbこのデータベースでは、すぐに SP2 を適用する前に実行します。詳細については、セクション 3.1"SQL Server データベースをバックアップします。セクション 3.2"とAnalysis Services データベースをバックアップします。."
SP2 についての追加情報
サポート技術情報の記事 Q306908 ではこのサービス パックに含まれる修正の一覧が用意されています。306908 の一覧に各修正プログラムによって修正された問題について説明したサポート技術へのリンクです。これらの資料で公開されて、 マイクロソフト製品サポート サービスの知識ベース.
各修正プログラムに関する情報を参照するのには、修正プログラム資料にリンクしてください。

SQL Server 2000 Service Pack にこの Readme ファイルに含まれる時間がなかった 2 に関連する情報は、サポート技術情報の記事 Q306909 で公開されます。この資料では、 マイクロソフト製品サポート サービスの知識ベース.
QFE 修正プログラム
QFE 修正プログラム 2001 年 10 月 3 日後に受信した場合は、この修正プログラムは SP2 に含まれている可能性がありますではありません。SP2 に対して QFE 修正プログラムに関するプライマリ サポート プロバイダーに問い合わせてください。

1.1 SQL Server または Analysis Services の現在のバージョンを識別します。

SQL Server または Analysis Services のバージョンをインストールされているかを検索する方法を次の方法を使用します。
SQL Server
SQL Server 2000年のバージョンをインストールされているを確認するには、SELECT @ バージョンのコマンド プロンプトを使用する場合入力、 osqlまたは isqlユーティリティまたは SQL クエリ アナライザーのクエリ ウィンドウにします。次の表では、@ および SQL Server 2000年のバージョン番号で表示されるバージョン文字列間の関係を示しています。
@SQL Server 2000年バージョン
8.00.194SQL Server 2000 RTM
8.00.384データベース コンポーネント SP1
8.00.532データベース コンポーネント SP2
Desktop Engine on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2) Enterprise Evaluation Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2) Developer Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2) Personal Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2) Standard Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2) Enterprise Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2)
メモ行の先頭に、SQL Server のエディションを示しています。これが現在のオペレーティング システムの情報が続きます。

Analysis Services
インストールされている Analysis Services のバージョンを確認するには、次の手順を実行します。
  1. から、 開始 メニューのポイント プログラム ファイル, SQL Server 2000, Analysis Services、し 分析マネージャー.
  2. 分析マネージャーのツリーで、[分析サーバー] ノードを右クリックし、選択、 Analysis Services について.
  3. 次の表は、Analysis Services のバージョンを使用してを示します。
バージョン情報します。分析サービスのバージョン
8.0.194SQL Server 2000年の Analysis Services RTM
8.0.382分析サービス SP1
8.0.532分析サービスの SP2

2.0 のダウンロードと SP2 を展開します。

この service pack は次の 3 つの方法で配布されます。
  • には、 SQL Server 2000 Service Pack 2 CD-ROMサービス パックには、次の項目が含まれます。
    • データベース コンポーネント SP2
    • 分析サービスの SP2
    • デスクトップのエンジン SP2
    メモこの CD-ROM には、Desktop Engine の既存のインスタンスをアップグレードするために必要なファイルのすべてが含まれます。Desktop Engine でサポートされるインスタンスの最大数は 16 です。
  • 3 つの自己解凍型ファイルには、インターネットからダウンロードできます。
    • SQL2KSP2.exe (データベース コンポーネント SP2)
    • SQL2KASP2.exe (分析サービス SP2)
    • SQL2KDeskSP2.exe (デスクトップ エンジン SP2)
    メモSQL2KDeskSP2.exe ファイルのアップグレードのみ、sqlrun01.msi を使用した、Desktop Engine の単一のインスタンスが表示されます。詳細については、セクション 2.2 を参照してください"デスクトップのエンジンを SP2 ファイル."
  • には、 SQL Server 2000年デスクトップ エンジン Service Pack 2 CD-ROM(Desktop Engine のみ)
メモのみ、 SQL Server 2000年デスクトップ エンジン Service Pack 2 CD-ROMマージ モジュール、またはデスクトップ エンジンの新しいインスタンスをインストールするために必要な .msi ファイルが含まれています。

2.1 データベース、分析サービス SP2 のファイル

ダウンロードしてインターネットからデータベース コンポーネントまたは分析サービス SP2 のインストール ファイルを抽出すると、次のガイドラインを使用してください。

2.0 では、セクションで示されているファイルのいずれかをダウンロードし、自己解凍形式のファイルがこの service pack をインストールする SQL Server 2000年のインスタンスを実行しているコンピューター上のフォルダーに配置します。そのフォルダーからファイルを実行します。自動解凍プログラム、service pack のファイルを配置先にするフォルダーの名前を求められます。

Service pack のインストール ファイルをダウンロードして、ローカル ドライブに空き領域サイズの約 3 倍の自己解凍形式のファイルを必要があります。これには、ファイル、抽出された service pack のファイルを格納するための領域および一時的な作業用スペースの解凍プログラムで必要な保存領域が含まれます。

選択したフォルダーの名前を変更するには、コンポーネントを抽出した後です。ただし、ディレクトリ名に空白のスペースがないことを確認してください。同じターゲット フォルダーごとに、上記のファイルを使用できます。いない上書きまたは互いに干渉されます。

ディレクトリと同じ SP2 CD-ROM 上に存在するコンピューター上のファイルのセットをビルドするのには、自己解凍形式のファイルが使用されます。SP2 をダウンロードした場合、SQL Server のセットアップを実行する前に、service pack のディレクトリを作成するのには、ファイルを抽出する必要があります。

データベース コンポーネントと Analysis Services では、セットアップ処理は、SP2 の CD-ROM と SP2 の解凍です。

メモこの手順を実行しない限り、表示できませんサービス パック内のファイル システムのファイル、いくつか: Windows エクスプ ローラーで、。 ビュー メニューをクリックして オプションをクリックして、 ビュー タブ、し、 すべてのファイルを表示します。 チェック ボックスします。

2.2 デスクトップのエンジンを SP2 ファイル

ダウンロードしてインターネットからデスクトップ エンジンの SP2 のインストール ファイルを抽出すると、次のガイドラインを使用してください。

ダウンロードし、上記で説明したデータベース コンポーネントおよび分析サービス SP2 以前のファイルが、次の例外、デスクトップ エンジン SP2 ファイルを抽出します。

デスクトップ エンジン SP2 ファイルをインターネットからダウンロードする場合は、sqlrun01.msi からインストールしたインスタンスにのみ、Desktop Engine の service pack を適用できます。Sqlrun02.msi ~ sqlrun16.msi、インターネットからダウンロードした Setup.exe ファイルからを使用して作成されたインスタンスに、service pack を適用すると、いずれか、次のエラーが表示されます。
このインストール パッケージを開くことができませんでした。パッケージが存在し、アクセスまたはこれが有効な Windows インストーラー パッケージであることを確認するのには、アプリケーションの製造元に問い合わせて確認してください。
- または -
アップグレードするプログラムが見つからないことがあります、ため、Windows インストーラー サービスでアップグレード修正プログラムをインストールできませんまたはアップグレード修正プログラムは、プログラムの別のバージョンを更新できます。アップグレードするプログラムがコンピューターに存在し、正しいアップグレード修正プログラムがあることを確認してください。
使用して作成された Desktop Engine のインスタンスをアップグレードする sqlrun02.msi ~ sqlrun16.msi、Microsoft CD-ROM から service pack を適用する必要があります。

3.0 Service pack のインストール

SP2 をインストールするには、次のインストール手順に従ってください。すべての手順は、次 SQL Server 2000年コンポーネントまたは service pack を適用している構成に応じて必要があります。
  • データベース ・ サーバ ・ コンポーネント
  • データベース クライアント コンポーネント
  • Analysis Services
  • Desktop Engine
  • フェールオーバー クラスター
  • 複製サーバー
各インストール手順については、該当するコンポーネントが一覧表示されます。

メモService pack は言語固有です。Service pack と同じ言語でアップグレードして、SQL Server コンポーネントに適用されます。

メモWindows NT 4.0 のフランス語バージョンの SP2 をインストールする前に、読んで知識ベースの記事 259484 の指示します。「からにアクセスできます、 マイクロソフト製品サポート サービスの知識ベース.

インストールを開始する前に
SP1 からを変更します。

Analysis Services を除くすべてのコンポーネントのインストールには、次を適用します。

SP2 セットアップ ユーザー データベースを除いて積極的にレプリケーション トポロジに関係するユーザー データベースはアップグレードされません。レプリケーション トポロジではないデータベース SP2 では、依存関係を必要はありません。たとえば。
  • SQL Server 2000年のインスタンスに SQL Server 2000 SQL Server 2000 SP1 のインスタンスからユーザー データベースのバックアップを復元できます。
  • SQL Server 2000 SP2 のインスタンスは、SQL Server 2000 SP1 のインスタンスまたは SQL Server 2000年のインスタンスに SQL Server 2000 SP2 のインスタンスからユーザー データベースのバックアップを復元できます。
  • SQL Server 2000 SQL Server 2000 SP1 のインスタンスからユーザー データベースをデタッチし、SQL Server 2000 SP2 のインスタンスにアタッチすることができます。
  • SQL Server 2000 SP2 のインスタンスからユーザー データベースをデタッチし、SQL Server 2000 SQL Server 2000 SP1 のインスタンスにアタッチすることができます。
  • ログ SQL Server 2000 SQL Server 2000 SP1 は、SQL Server 2000 SP2 のインスタンス間での配布に関与させることができます。SP2 のセットアップは、レプリケーション トポロジのメンバーであるユーザー データベースをアップグレードします。
SP2 をインストールする前に、レプリケーション データベース、およびファイル グループが書き込み可能であるし、セットアップを実行するユーザー アカウントにデータベースへのアクセス権があることを確認します。SP2 を適用するレプリケーション トポロジに関係するデータベースの詳細については、「セクション 3.11」を参照してください」複製されたサーバーにインストールします。."

SP2 のセットアップは、ユーザー データベースまたはファイル グループが書き込み可能でないが検出された場合。
  • すべてのユーザーが書き込み可能なデータベースにレプリケーションの SP2 更新プログラムを適用します。
  • 書き込み可能なデータベースの一覧に winnt\sqlsp.log にあるセットアップ ログを書き込みます。
  • 次の警告メッセージが表示されます。
    セットアップには、1 つまたは複数のデータベースおよび書き込み可能でないファイル グループを検出しました。
一部のデータベースでは、セットアップ ログを表示、レプリケーション トポロジのメンバーでない場合、この警告を無視できます。書き込み可能なデータベースでは、セットアップ ログを表示するは、レプリケーション トポロジのメンバーである場合は、そのデータベースを書き込み可能にし、SQL Server 2000年のインスタンスに SP2 のセットアップを再適用する必要があります。

メモこのメッセージは、自動インストールは影響しません。無人インストールの詳細については、セクション 4.0 を参照してください"無人インストール."

データベースを書き込み可能にすることの詳細については、「セクション 3.12」を参照してください」書き込み不可のデータベースまたはファイル グループに SP2 を適用します。."詳細については、SP2 を再適用するには、セクション 3.14 に」します。SP2 を再度適用する.."

メモインストール中に、セットアップに読み取り専用データベースとオフラインまたは問題のあるデータベースとの間の区別がありません。レプリケーションのデータベースまたはファイル グループはこれらの条件のいずれかでセットアップ中に、レプリケーション トポロジに関係するいると、データベースが書き込み可能にされると、service pack 適用してください。

メモ書き込み可能なデータベースはセットアップが失敗するが後は、ログ配布の SP2 にアップグレードする前に削除する必要はなくなりました。

分散インストールの Systems Management Server の準備をしています。

リモート SQL Server 2000 Service Pack 2 をインストールすることはできません。ただし、Microsoft Windows NT Server 4.0 を実行している複数のコンピューターに自動的に SP2 をインストールするのには、Microsoft Systems Management Server を使用できます。これを行うには、SQL Server では、Systems Management Server パッケージの作成を自動化するパッケージ定義ファイル (Smssql2ksp2.pdf ファイル) を使用する必要があります。SQL Server パッケージを分散し、Systems Management Server を実行しているコンピューターにインストールできます。Sms2kdef.bat ファイルは、コンピューターのプラットフォームを検出し、適切なバージョンの Setup プログラムを実行するバッチ ファイルです。

Systems Management Server デスクトップ エンジンの SP2 をインストールするのには使用できません。

3.1 SQL Server データベースをバックアップします。

データベース クライアント コンポーネントを除くすべてのコンポーネントのインストールには、次を適用します。

データベース コンポーネント SP2 またはデスクトップ エンジンの SP2 をインストールする前に、バックアップ、 マスター, msdb、、 モデルデータベース。Service pack のインストールに変更になります、 マスター, msdb、、 モデルデータベースは SP2 以前のバージョンの SQL Server と互換性のないになります。SQL Server 2000 に SP2 を再インストールする場合は、これらのバックアップは必要です。

SP2 は、レプリケーション トポロジのメンバーであるデータベースに更新を実行しますが、ユーザー データベースをバックアップするが賢明です。

3.2 Analysis Services データベースをバックアップします。

次には Analysis Services のみに適用されます。

分析サービスの SP2 をインストールする前に、Analysis Services をデータベースに、デフォルトでは C:\Program Files フォルダーにインストールされている、マイクロソフトの分析 Services\Data フォルダーのコピーを作成してバックアップします。SQL Server するには、Analysis Services リポジトリを移行されない場合、Msmdrep.mdb、Microsoft 分析の Services\bin フォルダーにあるファイルのバックアップ コピーを確認します。分析サーバー レジストリ エントリを実行して保存することも Regedit.exe使用して、 レジストリ ファイルの書き出し項目の上に レジストリメニューは、キーをエクスポートするのには
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\OLAP サーバー
ファイルにバックアップします。

3.3 は、システム データベースに十分な空き領域があることを確認します

データベース クライアント コンポーネントおよび分析サービスを除くすべてのコンポーネントのインストールには、次を適用します。

場合は、 自動拡張オプションがない選択されては、 マスターmsdbデータベースは、データベースが少なくとも 500 kb の空き領域が必要です。実行して、この空き領域があることを確認するのには、 sp_spaceusedシステム ストアド プロシージャは、 マスターまたは msdbデータベースです。どちらかのデータベースで未割り当て領域が 500 KB より少ないが場合は、データベースのサイズを増やします。詳細については、「データベースの拡張」を参照してください。 SQL Server オンライン ブック.

場合は、 自動拡張オプションが選択されましたが、 マスターmsdbデータベース上のドライブに十分な部屋がある、この手順をスキップすることができます。

SQL Server 2000 でこのオプションが選択されていることを確認するには、SQL Server エンタープライズ マネージャーを開き、データベースのアイコンを右クリックし、プロパティ] をクリックします。いることを確認、 ファイルの自動拡張します。チェック ボックスが選択されています。

Desktop Engine でこのオプションが選択されていることを確認するには、次の SQL ステートメントを発行します。
  • sp_helpdb マスター
  • sp_helpdb msdb
これらのステートメントの出力に、成長列でないことを確認 0。

3.4 SP2 のセットアップを実行する前に、[サービスとアプリケーションを停止します。

すべてのコンポーネントに適用するには、次。

サービスをシャット ダウンしないで SP2 を適用することができます。サービスをシャット ダウンしていない場合は、セットアップが完了したら再起動するメッセージが表示されます。再起動することがなく、サービスを開始できなくなります。

次のサービスおよびアプリケーションは、service pack を適用する前に停止して、コンピューターを再起動しなくても SP2 を適用することができます。
  • Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) と、Microsoft Search および MSSQLServerOLAPService サービス。
  • MSSQLServer と SQLServerAgent のサービスをアップグレードするインスタンス (たとえば、MSSQL$ NamedInstance)。
  • Microsoft コンポーネント サービス、メッセージ キュー、および Microsoft COM トランザクション インテグレーター。
  • コントロール パネルを含むすべてのアプリケーション。この手順は、ですが、必須ではありません。
クラスター環境でのサービスを停止することはできません。詳細については、「セクション 3.10」を参照してください。

3.5 データベース コンポーネント SP2 をインストールします。

Desktop Engine と分析サービスを除くすべてのコンポーネントのインストールには、次を適用します。

これらの場所のいずれかから Setup.bat スクリプトを実行します。
  • SQL2KSP2.exe からの抽出された service pack のファイルを含むディレクトリ。
  • SQL Server 2000 SP2 cd-rom のサービス パックのディレクトリ。
Setup.bat SQL Server 認証または Windows 認証を使用するかどうかなどの情報の入力を求めるダイアログ ボックスが表示されます。SQL Server 認証を選択した場合、セットアップ プログラムで、sa ログインのパスワードを入力してください。Windows 認証を選択した場合、Windows にログオンし、セットアップ プログラムが Windows のログイン アカウントを使用して実行がする必要があります。このログイン アカウントは、sysadmin 固定サーバー ロールの SQL Server 2000 Desktop Engine をアップグレードするインスタンスの一部でなければなりません。

セットアップ プログラム、します。
  • SQL Server 2000年または Desktop Engine の既存のファイルには、SP2 ファイルを置き換えられます。
  • システム ストアド プロシージャを更新するのには、いくつかの Transact SQL スクリプト ファイルを実行します。
  • インストールは、sa ログインのパスワードを空白に混合モード認証が使用されているを検出した場合は、[認証モード] ダイアログ ボックスが表示されます。Sa ログインのパスワードを空白 SQL Server または Desktop Engine にユーザーを簡単に管理アクセスを提供し、推奨されていませんを残します。sa パスワードを強制するまたは Windows 認証を使用して、システムを保護します。このダイアログ ボックスの詳細については、「認証モードのダイアログ ボックスこのセクションの後半を参照してください。
  • 任意のデータベースまたはファイル グループ書き込み可能ではないことを検出した場合は、ダイアログ ボックスを表示します。これらのデータベースまたはファイル グループは、レプリケーション トポロジの一部である場合は、この時点で行えます。
    1. セットアップのプロセスを停止する、これらのオブジェクトを書き込み可能にセットアップを再起動します。
    2. 現在の SP2 のセットアップを続行して後、これらのオブジェクトを書き込み可能に後で SP2 を適用します。
    メモ上記の手順は-書き込み可能なデータベースや、レプリケーション トポロジの一部であるファイル グループに、SP2 を適用する場合のみ必要です。詳細については、セクション 3.12 の SP2 を適用に非-書き込み可能なデータベースまたはファイル グループを参照してください。
認証モードのダイアログ ボックス

は、 認証モードダイアログ ボックスは、インストールの現在の設定をデフォルトではないです。ダイアログ ボックスの既定値は次のとおりです。
  • Microsoft Windows 98 または Windows Millennium Edition を実行しているコンピューターでは、既定の設定は混合モード認証 (これらのオペレーティング システムでサポートされている唯一の認証モード) です。ダイアログ ボックスにパスワードを指定するように求められます、 sa ログイン.パスワードを指定すると、セットアップ プログラムが変更されます、 sa ログイン パスワードです。パスワードを空白のままにする場合は、セットアップ プログラムが接続し、パスワードを変更できません。
  • Windows NT 4.0 または Windows 2000 を実行しているコンピューターでは、既定の設定を Windows 認証です。Windows 認証モードまたは混合モードを切り替えるには、ダイアログ ボックスを使用します。 sa ログイン 空白でないパスワードです。
[認証モード] または [パスワードを変更する前に、 sa ログイン、この変更が既存のアプリケーションを影響がないことを確認してください。たとえば、混合モードの認証から Windows 認証のみを使用するを使用して、SQL Server のインスタンスを変更すると、SQL Server の認証を使用して接続しようとする既存のアプリケーションを Windows 認証を使用する認証モードを変更するまで接続することできません。Sa ログインのパスワードを変更すると、また、アプリケーションや、古いパスワードを使用して、管理プロセスが新しいパスワードを使用して変更されているまで接続できるされません。

セットアップ プログラムを実行したコンピューターの Windows ディレクトリの Sqlsp.log ファイル内に実行される操作の記録を配置します。最も最近のアップグレードの複数のインスタンスをアップグレードする場合は、このログに記録されます。

3.6 分析サービス SP2 のをインストールします。

次には Analysis Services のみに適用されます。

分析サービスの SP2 をインストールするには、いずれか、次の場所から Setup.exe を実行します。
  • Msolap\Install サブディレクトリ SQL2KASP2.exe から抽出した分析サービスの SP2 ファイルが格納されているディレクトリに。
  • SP2 cd-rom の Msolap\Install ディレクトリです。
Setup.exe は、情報を入力し、インストールの完了ダイアログ ボックスが表示されます。

3.7 デスクトップ エンジンの SP2 をインストールします。

Desktop Engine のみに適用するには、次。

SQL Server 2000年デスクトップ (MSDE 2000 とも呼ばれます) エンジンを sp2 Desktop Engine を使用してアプリケーションを再配布可能ファイルを作成する開発者を対象としています。Desktop Engine を使用するアプリケーションを実行している場合は、このようなアプリケーションがインストールされている、Desktop Engine のインスタンスをアップグレードする方法の詳細については、ソフトウェア プロバイダーに問い合わせてください。詳細については、"配布、SQL Server 2000 Desktop Engine"のトピックを参照してください。 SQL Server オンライン ブック.

Desktop Engine service pack は、3 つの形式で用意されています。
  • SQL Server 2000 Service Pack 2 CD-ROM: は、CD-ROM にはすべての Desktop Engine の既存のインスタンスをアップグレードするために必要なファイルが含まれます。Desktop Engine でサポートされるインスタンスの最大数は 16 です。この CD-ROM は、Desktop Engine の新しいインスタンスをインストールするために必要な .msi ファイル、マージ モジュールには含まれません。
  • SQL2KdeskSP2.exe:このファイルは、アップグレードの Desktop Engine には sqlrun01.msi で作成された単一インスタンスが表示されます。その他の .msi ファイル (~ sqlrun16.msi sqlrun02.msi) のいずれかを使用して作成された Desktop Engine のインスタンスをアップグレードするのにはダウンロードは使用できません。ファイルは、Desktop Engine の新しいインスタンスをインストールするために必要な .msi ファイル、マージ モジュールには含まれません。詳細については、セクション 2.2 を参照してください"デスクトップのエンジン SP2 ファイル."

    メモMSDE のインスタンスを作成するのには、.msi ファイルが使用されたかを確認する方法については、「ベースの記事 Q311762 を参照してください。「からにアクセスできます、 マイクロソフト製品サポート サービスの知識ベース.
  • SQL Server 2000年デスクトップ エンジン Service Pack 2 CD-ROM: MSDN ユニバーサル サブスクリプション サーバー経由の要求この CD-ROM を利用します。 Microsoft の製品サポート.Desktop Engine の既存のインスタンスをアップグレードするために必要なファイルのすべてを説明します。また、Desktop Engine の新しいインスタンスをインストールするために必要な .msi ファイル、マージ モジュールが含まれています。この CD-ROM は Desktop Engine が必要とするアプリケーションを作成する開発者向けに用意されています。詳細については、「SQL Server アプリケーションを配布する」を参照してください SQL Server オンライン ブック.

    メモ SQL Server または Analysis Services は、SQL Server 2000年デスクトップ エンジン Service Pack 2 CD-ROM、サービス パックは含まれません。
Desktop Engine の既存のインストールをアップグレードする手順は、3 つのバージョンの SP2 ソフトウェアによっては、使用、およびメディア (CD-ROM またはネットワーク共有など) から、アップグレードを実行です。Desktop Engine をアップグレードすると、Desktop Engine service pack は Desktop Engine のすべてのインスタンスに適用しなければなりません。

要件

Setup.exe を使用して、この service pack を適用します。Setup.exe のデスクトップ エンジンの SP2、SQL Server 2000 年にリリース SQL Server 2000年デスクトップ エンジン Setup.exe と同じパラメーターを受け取ります。Setup.exe 用のリファレンスをご覧ください。
  • 「"SQL Server 2000 Desktop Engine Setup」に SQL Server 2000年の Books Online.
  • SQL Server 2000年の Readme.txt ファイルの次のセクションで。
    • 3.1.4
    • 3.1.23
    • 3.1.28
    • 3.1.29
    • 3.1.30
ハード ドライブ、ネットワーク共有、または CD-ROM からセットアップを実行することができます。Desktop Engine のセットアップ プログラムには、Desktop Engine をインストールするために使用、元のメディア (たとえば、オリジナルの CD-ROM またはネットワーク共有) が必要です。次の条件が満たされている場合は、CD-ROM からのみ、Desktop Engine をインストールできます。
  • Desktop Engine のインストールされました。 いないCD-ROM からインストールします。
  • SP2 をインストールするのには、独自の CD-ROM を作成する場合は、CD-ROM のボリューム ラベルは SQL2KSP2 でなければなりません。独立ソフトウェア ベンダー (CD-ROM は、アプリケーションのコンポーネントとして、Desktop Engine を配布するために作成する ISV) がある場合は、CD-ROM のボリューム ラベルと同じにする必要があります、 付ける メディア テーブルの Windows インストーラー パッケージのプロパティ (* します。MSI)。
Desktop Engine 最初に CD-ROM から、または移動されている、ネットワーク共有からインストールされた場合は、MSDE のサブディレクトリ、SQL Server 2000年デスクトップ エンジン Service Pack 2 CD-ROM からローカル ハード_ディスクまたはネットワーク共有にコピーし、Setup.exe を実行します。

直接 CD-ROM から Service Pack 2 を適用する必要がある場合は、まず Windows インストーラー バージョン 2.0.2600.0 にアップグレードする必要があります以降。このプロセスは、コンピューターを再起動する必要があります。

Windows インストーラーをアップグレードするのには:
  1. 元のインストールの完全なパスをメモします。
  2. InstMsi20.exe を実行します。
  3. テキスト ボックスに、元のインストールの完全なパスを入力します。
Setup.exe のいずれかの次の場所にあります。
  • SQL2KDeskSP2.exe から抽出した service pack のファイルを含むディレクトリに、MSDE のサブディレクトリ。
  • ローカル ハード_ディスクまたはネットワーク共有に、MSDE のサブディレクトリ SQL Server 2000 SP2 CD-ROM からコピー先の場所。
メモセットアップ手順は、他のアプリケーションのコンポーネントとして、Desktop Engine をインストールした場合は別です。ソフトウェア ベンダーは、Desktop Engine をアップグレードする場合の詳細についてに問い合わせてください。

修正プログラム パッケージを適用します。

この Service Pack で配布する更新プログラム パッケージは、SQL Server 2000 CD-ROM に含まれている MSDE インスタンスの (01-16) 番号の既定値をアップグレードします。MSDE のインスタンスをアップグレードするのには、対応する修正プログラムを適用しなければなりません。たとえば、SqlRun03.msi からをインストールしたインスタンスをアップグレードするには、SQLRun03.msp を使用する必要があります。

メモこれらのファイルのサイズが非常に大きいため、この Service Pack のダウンロード可能なバージョンには 1 つだけの修正プログラム パッケージが含まれています: SQLRun01.msp。他の 15 の修正プログラム パッケージ、SQL Server 2000年サービス パック 2 CD にあります。

コマンドラインから Setup.exe を使用して MSDE のインスタンスにインストールされている修正プログラム パッケージを適用します。Desktop Engine のインスタンスをインストールするのにはどのようなインストール パッケージを使用した場合は、Setup.exe に/p オプションを対応する修正プログラムを使用することを指定できます。たとえば。
Setup /p SQLRun03.msp
どのようなインストール パッケージが使用されているかわからない場合は、入力します。 SQLRUN後、 /p オプションです。は、 SQLRUNスイッチは、適切な修正プログラム パッケージを選択するのには、Setup.exe を指示します。次の条件が満たされている場合にだけ動作します。
  • すべての .msp ファイルがセットアップに Setup.exe を含む直接フォルダー] という名前のフォルダーにあります。これには、SQL Server 2000年サービス パック 2 CD が必要です。
  • アップグレードするインスタンスの既定のインスタンスでない場合、そのインスタンス名が指定されて、 INSTANCENAME 変数です。
たとえば、次のコマンド MyInstance という名前のインスタンスのインストールを修正するのには、Setup.exe が実行されます。
Setup /p SQLRUN INSTANCENAME=MyInstance
インスタンス名は、.ini ファイルにも指定できます。詳細については、「デスクトップ エンジン Setup.exe のカスタマイズ」トピックを参照してください SQL Server オンライン ブック.

メモ始めと終わりの引用符にインスタンス名を使用しないでください。

セットアップに、適切な修正プログラム パッケージが見つからない場合、エラー メッセージが表示されます。

メモSetup.exe を使用して Windows 98 または Windows Millennium Edition を実行しているコンピューターに MSDE SP2 をインストールする場合は、使用する必要があります、 UPGRADEUSER sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーであるログインを指定するのには次のように切り替えます。詳細については UPGRADEUSER、3.1.23、元 SQL Server 2000年の Readme.txt ファイルを参照してください。
Service pack の再配布

この service pack の再配布を希望する独立系ソフトウェア ベンダー (Isv) は、次のように行うことをお勧めします。
  1. ソフトウェアの配布、パスワードと一致するように構成する Desktop Engine のインスタンスに Service Pack をインストールします。
  2. 古いと新規インストールの違いに基づいて、独自の修正プログラム パッケージを生成します。
  3. お客様には、カスタム更新プログラムを配布します。
マニュアルでは、Windows インストーラー ソフトウェア開発キット (からダウンロードできる SDK)、修正プログラム パッケージの作成の詳細についてを参照してください、 Microsoft プラットフォーム SDK の Web サイト.

メモSP2 の完全なコピーを再頒布できます。

[ファイルの場所

で、 SQL Server 2000年デスクトップ エンジン Service Pack 2 CD-ROM、インストール ファイル、マージ モジュールが \MSDE であります。完全な一覧については、「を使用して SQL Server デスクトップ エンジン マージ モジュール」を参照してください SQL Server オンライン ブック.

3.8 サービスを再起動します。

すべてのコンポーネントに適用するには、次。

セットアップ プログラムが完了したら、システムを再起動するように求められます。システムが再起動した後の再起動を要求することがなくプログラムを完了、セットアップ後、コントロール パネルの [サービス] アプリケーションを使用して、MS DTC と Microsoft Search、MSSQLServer、MSSQLServerOLAPService、および SQLServerAgent サービスまたは同等の特定のインスタンスが実行されているかどうかを確認するのには。アップグレード後、master および msdb データベースをバックアップします。

3.9 アプリケーションを再起動します。

すべてのコンポーネントに適用するには、次。

Service pack のセットアップを実行する前に終了したアプリケーションを再起動します。

3.10 でフェールオーバー クラスターをインストールします。

フェールオーバー クラスターの一部である SQL Server 2000年コンポーネントにのみ適用するには、次。

フェールオーバー クラスターでこの service pack をインストールするのには
  • この service pack は、アップグレードする仮想サーバーを含むグループを所有しているノードから実行します。フェールオーバー クラスターのすべてのノードに service pack のファイルがインストールされます。
  • セットアップ ダイアログ ボックスで、アップグレードする仮想サーバーの名前を入力します。
  • そのクラスターをオンラインのすべてのノードのセットアップ中に注意してください。これは、アップグレードは、クラスターの各ノードに適用されることになります。
メモSQL Server 2000 SP2 のセットアップは、フェールオーバー クラスター ノードを再起動する必要があります。SQL Server 2000 SP2 セットアップ更新ファイルの中に、使用中のファイルが置き換えられます。

(クラスター化されていない) の既定のインスタンス SQL Server を仮想サーバーにアップグレードする場合は、最初は既定のインスタンスから、仮想インスタンスにアップグレードを実行し、SQL Server 2000 SP2 を適用する必要があります。アップグレードの詳細については、「既定のインスタンスからは、SQL Server 2000 (セットアップ) デフォルトのクラスター化インスタンスにアップグレードする方法」を参照してください。 SQL Server オンライン ブック.

フェールオーバー クラスターでノードを再構築する必要がある場合は、次の作業を行う必要があります。
  • フェールオーバー クラスター内のノードを再構築します。ノードの再構築の詳細については、「フェールオーバー クラスター障害のシナリオ 1 を回復する方法」を参照してください。 SQL Server オンライン ブック.
  • 元 SQL Server 2000年をフェールオーバー クラスターにノードを追加するのにはセットアップを実行します。
  • SQL Server 2000 SP2 セットアップを実行します。

3.11 にレプリケートされたサーバーをインストールします。

レプリケーション トポロジの一部である SQL Server 2000年コンポーネントにのみ適用するには、次。

このシーケンス内のレプリケートされたサーバーは、この service pack を展開します。
  1. ディストリビューター パブリッシャーから別場合)
  2. 発行元
  3. サブスクライバー
メモほとんどの場合、マージ レプリケーションで特にディストリビューターおよびパブリッシャーと同じサーバー上にあるし、同時にアップグレードします。

マージ レプリケーションでは、ディストリビューション データベースを使用してのみエージェント ヒストリを格納します。通常、ディストリビューション データベースは、パブリッシュされるデータベースと同じコンピューターに存在します。しかし、また、リモート ディストリビューション データベースをマージ レプリケーション用エージェントのヒストリを集中管理するサイトにすることです。

すぐに、レプリケーション トポロジ内のすべてのサーバーをアップグレードすることはできません。ただし、レプリケーション操作は、SQL Server 2000年およびこの service pack のインスタンスを実行しているサーバー間で一般に影響はありません。この例外は、5.3.7 説明"SQL Server の別のバージョンからレプリケートされたデータベースを復元します。."

メモSP2 のセットアップは、レプリケーション トポロジのメンバーであるユーザー データベースをアップグレードします。レプリケーション トポロジのメンバーであるデータベースの書き込み可能な場合は、それらのデータベースを SP2 を適用するを書き込み可能にして SP2 のセットアップを再します。データベースを書き込み可能にすることの詳細については、「セクション 3.12」を参照してください」書き込み不可のデータベースまたはファイル グループに SP2 を適用します。."詳細については、SP2 を再適用するには、セクション 3.14 に」します。SP2 を再度適用する.."

レプリケーション用のアカウントは、既存のバックアップ ・ スキーマ SP2 のアップグレードは、障害の後、既知の時点にデータベースを復元できるようになります。SP2、ログまたはデータベース全体に適用すると、レプリケーション トポロジに含まれるユーザ データベースのバックアップがお勧めします。これにより、レプリケーション データベースの障害の場合は、SP2 データベースが復元された後に再適用する必要はありません。

3.12-書き込み可能なデータベースまたはファイル グループに SP2 を適用します。

レプリケーション トポロジの一部である SQL Server 2000年コンポーネントにのみ適用するには、次。

書き込み可能なデータベースまたはファイル グループに存在する場合、セットアップ プログラムは、次のメッセージが表示されます。
セットアップには、1 つまたは複数のデータベースおよび書き込み可能でないファイル グループを検出しました。
一般に、この警告を無視することがあります、セットアップを続行します。ただし、- 書き込み可能なデータベースでは、セットアップ ログを表示するは、レプリケーション トポロジのメンバーである場合は、これらのデータベースが書き込み可能にし、SQL Server 2000年のインスタンスに SP2 のセットアップを再適用する必要があります。

メモこのメッセージは、自動インストールは影響しません。無人インストールの詳細については、セクション 4.0 の無人インストールを参照してください。

メモインストール中に、セットアップ - 書き込み可能なデータベースとオフラインまたは問題のあるデータベースとの間の区別がありません。データベースまたはファイル グループにこれらの条件のいずれかでセットアップ中に発生する場合は、service pack を再適用する必要があります。データベースをオンライン化の詳細については、「アタッチとデタッチ、データベース」を参照してください SQL Server オンライン ブック、およびデータベースの問題を診断する方法の詳細については、「サーバーおよびデータベースのトラブルシューティング」を参照してください SQL Server オンライン ブック.

読み取り専用データベースを SP2 を適用するには。
  1. 読み取り専用データベースを書き込み可能な使用を確認します。 データベースを変更します。 次のよう。
    ALTER DATABASE databaseSET READ_WRITE 
  2. すべての読み取り専用データベースに対して手順 2 を繰り返します。
  3. Service pack を適用 (または再適用)。
  4. 必要に応じて、データベース読み取り専用を使用して再度に データベースを変更します。 次のよう。
    ALTER DATABASE databaseSET READ_ONLY 
読み取り専用のファイル グループに SP2 を適用するには。
  1. 読み取り専用ファイル グループ書き込み可能の使用を確認します。 データベースを変更します。 次のよう。
    ALTER DATABASE DatabaseMODIFY FILEGROUP filegroup_name READWRITE 
  2. すべての読み取り専用のファイル グループに手順 1 を繰り返します。
  3. Service pack を適用 (または再適用)。
  4. 読み取り専用を使用して再度ファイル グループを作成します。 データベースを変更します。 次のよう。
    ALTER DATABASE DatabaseMODIFY FILEGROUP filegroup_nameREADONLY 
データベースの変更の詳細については、「ALTER DATABASE」の参照トピックを参照してください。 SQL Server オンライン ブック.詳細については、SP2 を再適用するには、セクション 3.14 に」します。SP2 を再度適用する.."

3.13 SP2 をアンインストールします。

Analysis Services 以外のすべてのコンポーネントには、次を適用します。

SQL Server 2000年コンポーネントの SP2 以前のバージョンに戻すには、バックアップを行ったする必要があります、 マスター, msdb、、 モデルSP2 をインストールする前に、[データベース] をクリックします。詳細については、セクション 3.1"SQL Server データベースをバックアップします。."

メモデータベースのレプリケーションに関連するは場合は、パブリッシングを無効にする必要があります。
  1. パブリッシングを無効にするのには: SQL Server Enterprise Manager で、SQL Server グループを展開し、サーバーを展開を右クリックし、 レプリケーション フォルダーとクリック 公開を構成します。, サブスクライバー、、 配布.
  2. 選択、 パブリケーション データベース タブします。
  3. レプリケーションに関係する各データベースのチェック ボックスをオフにします。これは、データベースをデタッチすることができます。
SQL Server の SP2 以前のバージョンに戻すには、次の手順を実行します。
  1. すべてのユーザー データベースをデタッチします。詳細については、「方法 (Enterprise Manager) データベースをデタッチしてアタッチ」を参照してください。 SQL Server オンライン ブック.
  2. SQL Server をアンインストールします。[コントロール パネル] をダブルクリックします。 プログラムの追加と削除、し、SQL をアンインストールするサーバーのインスタンス] を選択します。
  3. SQL Server 2000 CD-ROM または最初の SQL Server からインストール場所にインストールします。
  4. データベース マスター、msdb、およびモデルを SP2 を適用する前に作成された最後のバックアップから復元します。これは、自動的にバックアップが作成された時点で接続されているすべてのユーザー データベースをアタッチします。
  5. Master データベースの最後のバックアップ以降後に作成されたすべてのユーザー データベースをアタッチします。
  6. 必要な場合はレプリケーションを構成します。

    警告 SQL Server の SP2 以前のバージョンに復元する場合は、SP2 の適用後、データベースのマスター、msdb、およびモデルに行ったすべての変更は失われます。

3.14 SP2 を再適用します。

すべてのコンポーネントに適用するには、次。

次の場合に、その SQL Server 2000 SP2 を適用する必要があります。
  • SP2 を適用した後 SQL Server 2000年の新しいコンポーネントが追加されています。
  • 場合は、レプリケーション トポロジの一部であり、アプリケーションは、最初のサービス パックの中には読み取り専用であったデータベースまたは書き込み可能な行われます。
SP2 を適用するには、セクション 3.0 手順」Service pack のインストール."

4.0 の無人インストール

SQL Server はコンピューターを無人モードで実行されている 2000年のインスタンスにデータベース コンポーネント SP2 を適用できます。データベース コンポーネント SP2 の CD-ROM には、SP2 の無人セットアップを実行するために使用できる ISS ファイルが含まれます。これらのファイルは、cd-rom のルート ディレクトリにある、さまざまな種類のインストールを実行するために使用できます。
  • sql2kdef.iss は、SQL Server Windows NT 4.0、または Windows 2000 オペレーティング システムを実行している 2000年の既定のインスタンスにデータベース コンポーネント SP2 を適用するために使用する無人セットアップ ファイルです。対応するバッチ ファイルを使用するのには、Sql2kdef.bat です。
  • sql2knm.iss は、SQL Server Windows NT 4.0、または Windows 2000 オペレーティング システムを実行している 2000年の名前付きインスタンスにデータベース コンポーネント SP2 を適用するために使用するセットアップ ファイルです。アップグレードするインスタンスを識別するのには、ISS ファイルのインスタンス名を変更する必要があります。
  • sql2ktls.iss は、ツールのみのインストールにデータベース コンポーネント SP2 を適用するために使用するセットアップ ファイルです。このファイルは何も変更せずに使用できます。
  • sql2k9x.iss は、Windows Me または Windows 98 オペレーティング システムを実行しているコンピューターにデータベース コンポーネント SP2 を適用するために使用するセットアップ ファイルです。インスタンス名は、アップグレードするインスタンスを識別するために変更する必要があります。
  • sql2kcli.iss は、クライアント コンポーネントのインストール、Windows 95 オペレーティング システムを実行しているコンピューターにデータベース コンポーネント SP2 を適用するために使用するセットアップ ファイルです。
  • msolap.iss 分析サービス SP2 の無人セットアップを実行するためのパラメーターの一覧を格納設定ファイルです。
メモ無人インストール中に任意の書き込み可能なデータベースまたはファイル グループの設定を検出すると、セットアップ ログに情報が書き込まれ、無人インストールが続行されます。書き込み可能なデータベースでは、セットアップ ログを表示するは、レプリケーション トポロジのメンバーである場合は、そのデータベースを書き込み可能にし、SQL Server 2000年のインスタンスに SP2 のセットアップを再適用する必要があります。データベースを書き込み可能にすることの詳細については、「セクション 3.12」を参照してください」書き込み不可のデータベースまたはファイル グループに SP2 を適用します。."詳細については、SP2 を再適用するには、セクション 3.14 に」します。SP2 を再度適用する.."

4.1 SP2 データ アクセス コンポーネントを再配布します。

この service pack には、自己解凍形式のファイルには、Sqlredis.exe には Redist.txt のバージョンが含まれます。これらのファイルは、データベース コンポーネント SP2 でです。既定では、Sqlredis.exe を実行すると。
  1. Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) 2.62、Mdac_typ.exe を実行します。2.62 の MDAC コア コンポーネントと、付属の SQL Server および Desktop Engine クライアント接続コンポーネントのバージョンこの service pack をインストールします。
  2. Microsoft Jet ODBC ドライバーと接続コンポーネントをインストールします。
このサービス パックに付属している Redist.txt ファイルで説明した条件の下にある Sqlredis.exe ファイルを再配布できます。

5.0 最新情報

このセクションでは、この service pack を実行するときに使用できる新しい機能と同様に発生する可能性があります問題について説明します。これらの問題は、SQL Server 2000 SQL Server 2000 SP1 にアップグレードするのには、サービス パックを実行するを適用して、この service pack に含まれている修正の結果ではありません。

Analysis Services と Meta Data Services のセグメントでは、このセクションでは、Desktop Engine のみのインストールには適用されません。

5.1 のデータベースとデスクトップ エンジンの機能強化

次の問題は、SQL Server 2000年のインスタンスにデータベース コンポーネント SP2 インストールされているとデスクトップ エンジンの SP2 をインストールした Desktop Engine のインスタンス適用されます。

5.1.1 デスクトップ エンジンの新しいインスタンスをインストールします。

SP1 で導入されました。

SP2 を適用した後、デスクトップ エンジンの新しいインスタンスをインストールするのには、次の手順を実行します。
  1. \Program Files\Microsoft SQL Server\80\Tools\Binn\Resources\1033 ディレクトリには、次のファイルに名前を変更する * .rdl。
    • semnt.rll
    • sqlsvc.rll
  2. \Program Files\Microsoft SQL Server\80\Tools\Binn ディレクトリには、次のファイルに名前を変更する * .dld。
    • semnt.dll
    • sqlsvc.dll
    • sqlresld.dll
  3. Desktop Engine SP2 もインストールします。
  4. \Program Files\Microsoft SQL Server\80\Tools\Binn\Resources\1033 ディレクトリ内の semnt.rdl と sqlsvc.rdl のファイル *.rll に変更します。
  5. *.Dll を semnt.dld、sqlsvc.dld、\Program Files\Microsoft SQL Server\80\Tools\Binn ディレクトリ内のファイルを sqlresld.dld に変更します。
新しくインストールした Desktop Engine のインスタンスは、SP2 になります。

5.1.2 データベース コンポーネント SP2 に体字中国語、日本語、または韓国語の文字を使用します。

SP1 で導入されました。

Windows NT 4.0 または Windows 98 オペレーティング システムとアップグレードの後で Windows 2000 を実行しているサーバー上のデータベース コンポーネント SP2 をインストールすると、Windows 2000 アップグレード特定のシステム ファイルが置き換えられます。これらのシステム ファイルは、体字中国語、日本語、または韓国語文字の並べ替えに必要です。SQL Server データベース内の体字中国語、日本語、または韓国語の文字を使用すると、バージョンの Windows 2000 へのアップグレードを実行した後で SP2 に付属して Sqlredis.exe を再実行します。Sqlredis.exe を実行の詳細については、セクション 4.1 を参照してください"SP2 のデータ アクセス コンポーネントの再配布."

メモクライアント コンピューター上または体字中国語、日本語、または韓国語の文字が含まれるデータベースを持たないサーバー Sqlredis.exe を再適用する必要はないです。

5.1.3 ハッシュ チームの削除

SP1 で導入されました。

ハッシュ チームを削除されています。SQL Server 2000年の特定強化のため、ハッシュ チームは、SQL Server バージョン 7.0 で提供されるパフォーマンス上の利点を生成します。また、ハッシュ チームを削除する SQL Server 2000年安定性. します。

したがって、クエリ ・ オプティマイザーはハッシュ チームを使用してクエリ プランを生成します。

まれに、ハッシュ チームの削除は、クエリの処理速度が低下するがあります。適切なインデックスを作成するクエリのパフォーマンスは、前のレベルに戻るかどうかを確認するには、このようなクエリを分析します。

5.1.4 アフィニティ マスク スイッチの追加

SP1 で導入されました。

この service pack には 2 つのアフィニティ マスク スイッチが追加されました。

Affinity mask I/O スイッチ

この service pack には、ディスク I/O 操作がスレッドの実行に使用する Cpu を指定できます。このスイッチは組み合わせて使用する必要があります、 affinity maskオプションです。詳細についてを参照してください、 298402マイクロソフト製品サポート サービスの知識ベース.

アフィニティ マスク接続スイッチ

この service pack には、仮想インターフェイス アーキテクチャ (SQL Server 接続を特定のネットワーク カード、プロセッサまたはプロセッサ セットをバインドする VIA) が有効なシステムを構成できます。このスイッチは組み合わせて使用する必要があります、 affinity maskオプションです。299641 の詳細についてを参照してください。 マイクロソフト製品サポート サービスの知識ベース.

5.1.5 SQL Server エージェント アカウントの情報を記録します。

SP2 で導入されました。

SQL Server エージェントのジョブ ヒストリ今すぐ下にある各ジョブ ステップを実行した Windows アカウントが記録されます。この情報の管理者がスケジュールされたジョブがスケジュールされているジョブのレプリケーション タスクをデータ変換サービスの定義など、セキュリティ上の問題を診断することができます。

5.1.6 でフィルター選択されたインデックス付きビュー

SP2 で導入されました。

この service pack は Microsoft サポート技術情報の資料 306467 に記載されているとおりの 355069 SQL Server 2000年のバグが発生した場合は、今後のデータの変更のために予期しない結果のみできなくなります。この修正プログラムを適用するだけでなく、ビューのフィルター条件に基づいてインデックスをすべて再作成する必要がありますように。詳細についてを参照してください、 306467マイクロソフト製品サポート サービスの知識ベース.

5.2 の分析サービスの強化

Sp2 の分析サービスの機能拡張は次のとおりです。
  • リモート パーティション。
  • 更新された Analysis Services クライアントの再頒布可能なセットアップ。
  • サード パーティ製のデータ マイニング アルゴリズム プロバイダーのサポート。
  • Analysis Services は、クライアントの更新されたファイルをインストールすること。
5.2.1 リモート パーティション

SP1 で導入されました。

SP1 またはそれ以降のバージョンがインストールされているローカル サーバー上にリモート パーティションが作成されると、リモート サーバーがローカル サーバー上、親キューブの完全なアクセス許可を持つドメイン ユーザー アカウントを使用する必要があります。ローカル サーバー上の OLAP Administrators グループのメンバーであるすべてのユーザー アカウントへのフル アクセスのアクセス許可を必要があります。

また、ローカル サーバーを SP1 がインストールされている場合は、リモート サーバーにインストールされている SP1 を作成したり、リモート パーティションを管理するためが必要です。

5.2.2 更新された Analysis Services の再配布可能なクライアントのセットアップ

SP1 で導入されました。

分析サービス SP1 およびそれ以降のバージョンの次のクライアント再頒布可能なセットアップ プログラムの更新版が含まれています。
  • PTSLite.exe
  • PTSFull.exe
これらのファイルは、SP2 のインストール ・ ディレクトリの \msolap\install\PTS のパスにあります。

メモPTSFull.exe には MDAC が含まれています。PTSLite.exe ではありません。

これらの更新済みのクライアント セットアップ プログラムを防止または Analysis Services や Microsoft Office XP の使用時に発生するクライアントのセットアップの問題を解決するのには、アプリケーションでを使用します。

メモOffice XP で Analysis Services を使用すると、クライアントをアップグレードする勧めします。

5.2.3 のサード ・ パーティ製のデータ マイニング アルゴリズムのプロバイダーが有効になっているサポート

SP1 で導入されました。

分析サービスの SP1 と、後で追加のサード ・ パーティ製のデータ マイニング アルゴリズム プロバイダーのサポートが含まれます。データ マイニング アルゴリズムのプロバイダーの開発の詳細については、「サード パーティ製のデータ マイニング プロバイダー」ホワイト ペーパーを参照してくださいと、OLE DB データ マイニングのリソース キット、をサンプル データ マイニング アルゴリズム プロバイダーは、マイクロソフトでは、コードを含む データ アクセスおよびストレージの開発センター.

5.2.4 は、Analysis Services がクライアントの更新されたファイルがコンピューターにインストールします。

SP1 で導入されました。

SQL Server 2000年の Analysis Services をインストールする場合を含むコンピューター クライアント ファイルなど SQL Server 2000 SP1 または Office XP では、分析サービスの SP1 を適用する必要がありますか、後でクライアントが確実に正しく動作し、キューブを参照することができることを更新しました。

5.3 レプリケーションの拡張機能

レプリケーションの拡張機能では、SP2 は、次のとおりです。
  • ストアド プロシージャでトランザクション レプリケーションの更新をユーザー設定
  • トランザクション レプリケーションの更新に固有の列
  • 同時実行スナップショット処理から削除の制限
  • スクリプトのカスタム ストアド プロシージャでトランザクション レプリケーション機能
  • レプリケーションの保有期間に基づきメタデータがクリーンアップ マージします。
  • SQL Server の別のバージョンからレプリケートされたデータベースを復元します。
  • 新しい ・ MaxCmdsInTran ログ リーダー エージェントのパラメーター
5.3.1 トランザクション レプリケーション UPDATE カスタム ストアド プロシージャ

SP1 で導入されました。

トランザクション レプリケーション中にセットアップでは、カスタム ストアド プロシージャを挿入、削除およびサブスクリプション データベースで更新操作が作成されます。列の数は、UPDATE ステートメントによって影響に関係なく、update カスタム ストアド プロシージャは、サブスクリプション テーブル内のすべての列を更新します。変更されていない列は更新前に存在していた値と同じ値にリセットされます。通常、これにより問題は発生しません。これらの列のインデックスを作成する場合は、ただし、このリセットする高価になります。

変更がサブスクライバーに適用するとトランザクション レプリケーションを使用して、複数のインデックスをサブスクリプション テーブルには、ある列の値をいくつかの更新プログラムを変更する場合、インデックス メンテナンスのオーバーヘッドがパフォーマンスの制限要素ことがあります。などの報告の目的で使用されている、サブスクリプション データベースはパブリケーション データベースよりも多くの複数インデックス必要があります。UPDATE ステートメントの実行時に動的に構築するとパフォーマンスが向上可能性があります。この更新プログラムは、最適な更新文字列を作成するため、変更された列だけが含まれます。

この service pack には、新しいストアド プロシージャが含まれています、 sp_scriptdynamicupdproc、使用できます、サブスクライバーを、update ステートメントの実行時に動的に作成するカスタム ストアド プロシージャを生成します。ただしをビルドする、動的な UPDATE ステートメントの実行時に余分な処理が発生します。

sp_scriptdynamicupdproc

動的更新のストアド プロシージャを作成、CREATE PROCEDURE ステートメントを生成します。カスタム ストアド プロシージャ内の UPDATE ステートメントは、変更する列を示す MCALL 構文に基づいて動的に構築されます。このストアド プロシージャは、サブスクライブしているテーブル上のインデックスの数が増加するいます、変更される列の数が小さいですを使用します。このストアド プロシージャは、パブリッシャーがパブリケーション データベースで実行されます。

構文

[@ sp_scriptdynamicupdproc artid =] artid

引数

[@ artid =] artidアーティクルの ID です。 artidは、 int 型、なしの既定値を使用します。

結果セット

1 つで構成される結果セットを返す nvarchar(4000)列です。結果フォーム カスタム ストアド プロシージャを作成するために使用する完全な CREATE PROCEDURE ステートメントを設定します。

解説

sp_scriptdynamicupdproc トランザクション レプリケーションで使用されます。デフォルトの MCALL スクリプティング ロジックは、UPDATE ステートメント内のすべての列が含まれています、ビットマップを使用して変更された列を決定します。列を変更していない場合は、列自体には、通常、問題は発生しません戻されます。列にインデックスを作成する場合は、余分な処理が発生します。対照的に、このストアド プロシージャは、動的なアプローチを使用します。 提供に最適な更新文字列が変更された列だけを含みます。動的な UPDATE ステートメントが構築されるときただし、余分な処理実行時に発生します。ストアド プロシージャを動的な方法と、既定の静的なアプローチは、テストし、特定のニーズに最適なソリューションを選択することをお勧めします。

アクセス許可メンバー、 パブリックロールで実行可能 sp_scriptdynamicupdproc.



次の使用例 (アーティクルを作成します。 artid設定するのには 1) で、 著者テーブル、 pubsデータベースで、UPDATE ステートメントを実行するカスタム ストアド プロシージャであることを指定します。
'MCALL sp_mupd_authors'
パブリッシャーで次のストアド プロシージャを実行することによって、ディストリビューション エージェントは、サブスクライバー側で実行するカスタム ストアド プロシージャを生成します。
EXEC sp_scriptdynamicupdproc @artid = '1' The statement returns: create procedure [sp_mupd_authors] @c1 varchar(11),@c2 varchar(40),@c3 varchar(20),@c4 char(12),@c5 varchar(40),@c6 varchar(20), @c7 char(2),@c8 char(5),@c9 bit,@pkc1 varchar(11),@bitmap binary(2) as declare @stmt nvarchar(4000), @spacer nvarchar(1) select @spacer =N'' select @stmt = N'update [authors] set ' if substring(@bitmap,1,1) & 2 = 2 begin select @stmt = @stmt + @spacer + N'[au_lname]' + N'=@2' select @spacer = N',' end if substring(@bitmap,1,1) & 4 = 4 begin select @stmt = @stmt + @spacer + N'[au_fname]' + N'=@3' select @spacer = N',' end if substring(@bitmap,1,1) & 8 = 8 begin select @stmt = @stmt + @spacer + N'[phone]' + N'=@4' select @spacer = N',' end if substring(@bitmap,1,1) & 16 = 16 begin select @stmt = @stmt + @spacer + N'[address]' + N'=@5' select @spacer = N',' end if substring(@bitmap,1,1) & 32 = 32 begin select @stmt = @stmt + @spacer + N'[city]' + N'=@6' select @spacer = N',' end if substring(@bitmap,1,1) & 64 = 64 begin select @stmt = @stmt + @spacer + N'[state]' + N'=@7' select @spacer = N',' end if substring(@bitmap,1,1) & 128 = 128 begin select @stmt = @stmt + @spacer + N'[zip]' + N'=@8' select @spacer = N',' end if substring(@bitmap,2,1) & 1 = 1 begin select @stmt = @stmt + @spacer + N'[contract]' + N'=@9' select @spacer = N',' end select @stmt = @stmt + N' where [au_id] = @1' exec sp_executesql @stmt, N' @1 varchar(11),@2 varchar(40),@3 varchar(20),@4 char(12),@5 varchar(40), @6 varchar(20),@7 char(2),@8 char(5),@9 bit',@pkc1,@c2,@c3,@c4,@c5,@c6,@c7,@c8,@c9 if @@rowcount = 0 if @@microsoftversion>0x07320000 exec sp_MSreplraiserror 20598
このストアド プロシージャを実行すると、サブスクライバーでストアド プロシージャを手動で作成するのには、結果のスクリプトを使用できます。

5.3.2 トランザクション レプリケーション UPDATE ステートメントで固有の列

SP1 で導入されました。

トランザクション レプリケーションでは、UPDATE ステートメントが通常の更新プログラムとしてレプリケートされます。しかし、更新一意のインデックス、クラスター化インデックスは、unique 制約として使用する式の一部である列が変更された場合、サブスクライバーの INSERT ステートメントに続く DELETE ステートメントとして、更新が行われます。これはこの更新の種類を複数行に影響する可能性があり、一意性違反の可能性があります更新が 1 行ずつ配信されなかった場合は、するために行われます。

ただし、更新プログラムを 1 つだけの行に影響する場合、一意性違反の可能性はありません。したがって、トレース フラグ 8207 が UPDATE ステートメントとしてレプリケートする 1 つだけの行に影響を与える固有の列への更新を許可するようにこの service pack に追加されました。ユーザー定義更新トリガーをサブスクライバーをインストールし、これらのトリガーを起動する必要がありますが一意の列を 1 つだけの行に影響する更新プログラムのアプリケーションはこのような最適化が追加されています。

トレース フラグ 8207 を使用するには、コマンド プロンプトから有効に (sqlservr.exe-T8207) および実行時のログ リーダー エージェントが開始される前に、DBCC TRACEON(8207,-1) を使用します。

重要です一般的に、トレース フラグ 8207 は読み取り専用のトランザクション レプリケーションで使用されます。主キーの更新がサブスクライバーで発生した場合このトレース フラグ更新可能なサブスクリプションを使用しません。

5.3.3 制限を同時実行スナップショット処理から削除

SP1 で導入されました。

SQL Server 2000 では、同時実行スナップショット処理をパブリッシュ テーブルに一意なインデックスがある場合は、プライマリ ・ キーまたはクラスター化キーではありませんを推奨されていました。同時実行スナップショットが生成されたときに、クラスター化キーにデータ変更が行われた場合は、レプリケーション、重複キーのエラーが、同時実行スナップショットをサブスクライバーに適用すると失敗します。この service pack では、同時実行スナップショット処理を使用して任意の制限はなくなりました。

5.3.4 トランザクションのレプリケーション カスタム プロシージャのスクリプトを作成

SP1 で導入されました。

挿入のカスタム ストアド プロシージャ nosync サブスクリプション (は、初期スナップショットが表示されないは、サブスクリプションの構成を設定すると、UPDATE、および DELETE ステートメントを手動で作成する必要があります。通常、初期スナップショットを配信する場合これらのステートメントがサブスクライバーで作成されます。新しいストアド プロシージャ sp_scriptpublicationcustomprocs、ユーザー設定のスクリプトを生成するストアド プロシージャ、パブリケーション レベルでを追加されています。この新機能 nosync サブスクリプションを設定しやすく場合があります。

sp_scriptpublicationcustomprocs

自動生成カスタム プロシージャ スキーマ オプションが有効なパブリケーションでこの手続きスクリプト、カスタム INSERT、UPDATE を保存、すべてのテーブル アーティクルの削除します。 sp_scriptpublicationcustomprocs スナップショットを手動で適用されるサブスクリプションを設定するために、特に便利です。

構文

sp_scriptpublicationcustomprocs [@ 文書] = publication_name

引数

[パブリケーション] @= publication_name

パブリケーションの名前です。 publication_nameは、 sysname no の既定値にします。

リターン コード値

0 (成功) または 1 (失敗)

結果セット

1 つで構成される結果セットを返す nvarchar(4000) 列です。結果フォーム完全な CREATE PROCEDURE ステートメントはカスタム ストアド プロシージャを作成するために必要な設定します。

解説

ないカスタム プロシージャをスクリプトの記事には、自動生成カスタム プロシージャ (0x2) スキーマ オプション。

アクセス許可

実行アクセス許可が付与されています。 パブリック;手順のセキュリティ チェックを実行して内のメンバーへのアクセスを制限するのには、このストアド プロシージャは、 システム管理者 固定サーバー ロールと db_owner 現在のデータベース内の固定データベース ロールです。

使用例

Northwind という名前のパブリケーションでのカスタム ストアド プロシージャのスクリプトを生成します。
exec Northwind.dbo.sp_scriptpublicationcustomprocs @publication = N'Northwind'
5.3.5 でマージ レプリケーション保有ベース メタデータのクリーンアップします。

SP1 で導入されました。

マージ レプリケーション システム テーブル内のメタ データが大量にある場合は、メタ データをクリーンアップ パフォーマンスが向上します。SQL Server 2000 SP1 の前に、メタ データのみ実行することによりクリーンアップできませんでした。 sp_mergecleanupmetadata.ただし、SQL Server 2000 SP1 および後で、メタ データは、次のシステム テーブルから自動的に削除できます保存に基づくメタ データのクリーンアップが含まれます。
  • MSmerge_contents
  • MSmerge_tombstone
  • MSmerge_genhistory
  • 前のイメージ テーブルが存在する場合に
メモ前に、のイメージ テーブル、パブリケーションの @ keep_partition_changes の同期の最適化オプションを有効にすると存在しています。

メタ データのクリーンアップの保有期間に基づき、次のようなが表示されます。
  • 場合は、 –MetadataRetentionCleanup 既定では、パラメーターが 1 に設定されて、マージ エージェント、マージ エージェントは、サブスクライバーとパブリッシャー、差し込み印刷に関連するクリーンアップされます。
  • 場合は、 –MetadataRetentionCleanup パラメーター自動クリーンアップが発生しないを 0 に設定されます。この例では、手動でメタ データのクリーンアップの保有期間に基づき実行して開始します。 sp_mergemetadataretentioncleanup.このストアド プロシージャは、各パブリッシャーおよびサブスクライバーでクリーンアップする必要がありますに実行する必要があります。これですが、必須ではありません、パブリッシャーとサブスクライバーのようなタイミングでクリーンアップこと (このセクションで後述の False の競合を防止を参照してください)。

    メモは、 –MetadataRetentionCleanup SQL Server 2000 sp1 以降のバージョンに付属するすべてのマージ エージェント プロファイルのパラメーターを 1 になりました。サーバーが SP1 または SP2 にアップグレードして、マージ レプリケーションを追加する場合は、このパラメーターを指定するのには、マージ エージェントのプロファイルが自動的に更新されます。マージ レプリケーションが有効になっているが、サーバー、SP1 または SP2 にアップグレードする場合は、マージ エージェント プロファイルは自動的には更新されません。実行して、プロファイルを更新します。 sp_add_agent_parameter (参照してください"Sp_add_agent_parameter を追加のパラメーター,"このセクションで後述)。
重要ですパブリケーションの既定保有期間は 14 日です。記事が複数のパブリケーションに属している場合は、それぞれ異なる保存期間になることがあります。この状況では、最長の保存期間を早い時間にクリーンアップが発生することができますを決定するためです。複数のパブリケーション データベースであり、無期限のパブリケーション保有期間はこれらの文書のいずれかを使用してかどうか (保存 @ = 0)、データベースに自動的にクリーンアップされないために、メタデータをマージします。このような理由から、無期限のパブリケーション保有期間は注意して使用します。

Sp_add_agent_parameter を追加のパラメーター


システム ・ プロシージャ sp_add_agent_parameter なりました、 MetadataRetentionCleanup パラメーターは、追加またはメタ データ保持のクリーンアップ マージ エージェントのプロファイルから削除することができます。値 1 プロファイルのクリーンアップを含める必要があることを示します。値 0 クリーンアップが必要がありますしないことを示します。たとえば、メタ データの保存期間のクリーンアップは、プロファイルに追加するには、次のように実行します。
EXEC sp_add_agent_parameter @profile_id=<my_profile_id>, @parameter_name='MetadataRetentionCleanup', @parameter_value=1
トポロジのさまざまなバージョンの SQL Server でのメタ データのクリーンアップ

マージ レプリケーションに関係するデータベースで発生する自動保存期間に基づくクリーンアップでは、データベースとマージ エージェント両方 SQL Server 2000 SP1 を実行しているサーバーである必要があります以降。たとえば。
  • SQL Server 7.0 のプル サブスクライバーで SQL Server 2000 SP1 パブリッシャーのクリーンアップは実行されません。
  • SQL Server 2000 SP1 プッシュ マージ エージェント SQL Server 2000 sp1 未適用のサブスクライバー データベースのクリーンアップは実行されません。
  • SQL Server 2000年のサブスクライバーを持っている場合でも、SQL Server 2000 SP1 プッシュ マージ エージェント SQL Server 2000 SP1 のパブリッシャー データベースのクリーンアップを実行する以前のバージョン。
いくつかのサーバー、および他の自動クリーンアップ多くて false の競合しまい、まれに発生する必要があります。SQL Server 2000 SP1 の前に SQL Server のバージョンを含むトポロジを実行してパフォーマンス上の利点を表示可能性があります。 sp_mergemetadatacleanup すべてのサーバーでは自動的に消去されません。

False の競合の回避

メタ データのクリーンアップの保有期間に基づき、非収束およびサイレントはの他のノードでの変更が上書きされます。ただし、両方の次の条件が満たされる場合 false の競合に発生します。
  • 1 つのノードでのメタ データをクリーンアップしています。
  • クリーンアップ ノードで更新メタ データが削除された行に発生します。
たとえば、データの表示を同期する場合でも、パブリッシャーがサブスクライバーではなく、メタデータがクリーンアップされ、更新がパブリッシャー上の場合は、競合発生します。

このような競合を回避するには、関連するノードでほぼ同時にメタ データがクリーンアップされるかどうかを確認します。If ・ MetadataRetentionCleanup 1 使用すると、パブリッシャーとサブスクライバーの両方に自動的に、差し込み印刷を開始する前に、ためのノードが同時にクリーンアップされるようにすることを確認クリーンアップされます。競合が発生する場合は、競合を確認し、必要に応じて結果を変更するマージ レプリケーション競合表示モジュールを使用します。

記事が複数のパブリケーションに属しているか再パブリッシュのシナリオでは、場合は、保存期間の特定の行、パブリッシャーとサブスクライバーが異なっていることが可能です。1 つの面が、それ以外のメタデータをクリーンアップする可能性を減らすために、これらの異なる文書のような期間であることをお勧めします。

メモ大量のメタデータをクリーンアップする必要があります、システム テーブルがある場合は、マージ プロセスを実行するかかります。この問題を回避するために定期的に上のメタ データをクリーンアップします。

5.3.6 をバックアップおよびリストアの問題をマージ レプリケーション用

SP1 で導入されました。

(に割り当てられた優先度値を持つ、サブスクリプション) がグローバル サブスクリプションによってサブスクリプション データベースをバックアップから復元されたパブリケーション データベースが初めて同期する必要があります正しい収束動作を保証します。復元操作のためにパブリケーション データベースで失った変更を正確に再適用されるように、同期を確認します。

匿名サブスクリプションがサブスクリプション データベースにパブリケーション データベースを同期しません。匿名サブスクリプションをパブリケーション データベースに変更を適用するための十分なメタ データがあるないため、このような同期データの非収束する可能性があります。

バックアップを計画しているし、マージ レプリケーションをリストアする場合は、次の追加問題を考慮してください。
  • 保存期間を過ぎていないバックアップからサブスクリプション データベースを復元します。

    バックアップ先のすべてのパブリケーションのサブスクライバーをサブスクライブ最短の保有期間よりもない古い場合にのみ、サブスクリプション データベースをバックアップから復元します。サブスクライバーは、3 つの文書を 10、20、および 30 日の期間をそれぞれ購読すると、たとえば、バックアップ データベースを復元するために使用後 10 日以上できません。
  • バックアップを生成する前に同期します。

    バックアップを実行する前に、パブリッシャーとサブスクライバーを同期するを強くお勧めします。このバックアップからサブスクライバーを復元する場合それ以外の場合は、システムが正しく収束可能性がありますされません。バックアップ ファイル自体は非常に新しいですが、前回の同期でパブリッシャーは保有期間とほぼ同じものです。たとえば、文書に 10 日間の保存期間を検討してください。8 日前に、前回の同期、バックアップを実行するようになりました。4 日後にバックアップが適用される場合は、最後の同期 12 日前に、過去の保有期間が発生したが。バックアップの直前に、サブスクライバーが同期された場合、サブスクリプション データベースを保有期間内になります。
  • 文書の保存期間の値を変更する場合は、サブスクライバーを再初期化します。

    文書の保存期間の値を変更する必要がある場合は、手動でデータの収束を回避するのには、サブスクライバーを再初期化します。パブリケーションの保有期間に達すると保有期間に基づきメタデータ クリーンアップの機能をマージ システム テーブルから古いメタデータを削除します。

    文書の保存期間の値は、保有期間内に同期されていないサブスクリプションが失効する必要がありますチェックする際に使用されます。後、クリーンアップ、パブリケーションの保有期間を増加サブスクリプション (これは、メタ データを既に削除しました) がパブリッシャーとマージしようと場合は、サブスクリプションに増加保有値の有効期限ありません。さらに、パブリッシャーは、非収束が発生する、サブスクライバーに変更をダウンロードするための十分なメタデータがありません。
  • すべての出版社とその代替同期パートナーに同じパブリケーション保有値を使用します。別の値を使用して、非収束する可能性があります。
5.3.7 SQL Server の別のバージョンからレプリケートされたデータベースを復元します。

SP1 で導入されました。

同じサーバーおよびデータベースに、バックアップを復元する — バックアップが作成されたサーバーと同じバージョンを実行している:、レプリケーション設定が保持されます。レプリケートされたデータベースのバックアップに使用したバージョンとは異なる SQL サーバーのバージョンに復元する場合は、次の点を考慮してください。
  • SQL Server 2000 SP2 を復元する場合 SQL Server 2000 は、作成したバックアップからレプリケーション設定を維持するために、実行する必要があります。 sp_vupgrade_replication.実行しています。 sp_vupgrade_replication レプリケーション メタ データがアップグレードされたことを確認します。実行していない場合 sp_vupgrade_replication、レプリケーション メタ データは予測不可能な状態になっています。
  • SQL Server 2000 SQL Server (かどうかは、リリース バージョン、Service Pack 1、Service Pack 2、または Service Pack 3 で)、7.0 で作成されたバックアップから復元し、レプリケーション設定を維持する場合は、service pack をインストールする前に、バックアップを再作成する必要があります。直接 SQL Server 2000 SP2 では SQL Server の 7.0 で作成された、レプリケートされたデータベースのバックアップを復元することがありますいないレプリケーション設定が維持されます。
5.3.8 新しい - MaxCmdsInTran パラメーターでログ リーダー エージェント

SP1 で導入されました。

SP1 では、新しいコマンド プロンプト パラメーターを開始、 ・ MaxCmdsInTranは、ログ リーダー エージェントが追加されています。多数のコマンド (通常は大量の更新、および削除) に影響を与えるトランザクションでは、トランザクションをサブスクライバーに適用を開始する前に、トランザクション全体がディストリビューション データベースに書き込むには、ログ リーダー エージェントは、ディストリビューション エージェントが待つ必要があります。この遅延は、ディストリビューション エージェントをブロックし、間、2 つのエージェントの並列処理を削減できます。

使用して –MaxCmdsInTran、小さな塊には、大きいトランザクション、ログ リーダー エージェントが中断され、各チャンクには、同じまたはより少ないコマンドが含まれています、 ・ MaxCmdsInTran 入力します。そのため、ディストリビューション エージェント、ログ リーダー エージェントは、同じトランザクションの後のチャンクを処理中のトランザクション以前のチャンクを処理を開始できます。

この間、ログ リーダー エージェントとディストリビューション エージェントの並列処理の改善レプリケーション ・ スループット全体に貢献しています。ただし、トランザクション単位個別のトランザクションとして、原子性の ACID プロパティを分割がサブスクライバーでコミットされる注意してください。これを確認するをテストすることをお勧めしますがこの結果は、ほとんどの状況では、問題ではありません。

–MaxCmdsInTran のパラメーターを定義します。

正の整数 (1 以上) を指定する、 ・ MaxCmdsInTran パラメーターの値です。0 を指定するパラメーターを使用しないすることと同じです。5000 以上のこのパラメーターの値は、トランザクションが非常に大きい場合にのみ、このパラメーターのパフォーマンスが向上するので、一般的です。たとえば。
logread.exe -MaxCmdsInTran 10000.
このパラメーターを使用するには、パブリッシャー SQL Server 2000 SP1 を実行する必要がありますまたはそれ以降、および、ログ リーダー エージェントとディストリビューション データベースは、この service pack にアップグレードしてください。それ以外の場合は、 ・ MaxCmdsInTran 無視されます。

5.3.9 制限の一意でないクラスター化インデックス

SP2 では (トランザクション レプリケーションにのみ適用されます) を導入しました。

トランザクション レプリケーションでは、発行後は、テーブルに一意でないクラスター化インデックスを作成できません。インデックスを作成する前にテーブルを含む文書を最初に削除する必要があります。

5.3.10 新しい - MaxNetworkOptimization コマンドラインの引数は、スナップショット エージェント

通常の処理では、マージ レプリケーション削除コマンド サブスクライバーに、サブスクライバのパーティションに属していない行を送信できます。DELETE コマンドのこのタイプに無関係な削除と呼ばれます。無関係な削除データの整合性や収束には影響しませんが、不要なネットワーク トラフィック可能性があります。

無関係な削除からのネットワーク トラフィックを軽減するには、新しいスナップショット エージェント パラメーターを使用することができます。 -MaxNetworkOptimization マージ レプリケーションのパブリケーションを使用します。パラメーターを 1 に設定、ネットワークの最適化を最大の関係の削除、最小限に抑えます。

メモマージ パブリケーションの同期の最適化オプションは設定されて場合このパラメーターを 1 に設定するに便利です。 true (、 @ keep_partition_changes パラメーター sp_addmergepublication).

メタ データの増加および結合フィルターと複雑なサブセット フィルターの複数のレベルが存在する場合は、パブリッシャー側のパフォーマンスの低下が発生する、パラメーターを 1 に設定できるため、既定値は 0 です。レプリケーション トポロジを慎重に評価し、のみを設定する必要があります。 -MaxNetworkOptimization 場合は 1 に無関係な削除からのネットワーク トラフィックが高いため容認できないです。

システム ・ プロシージャを実行することにより、スナップショット エージェントのプロファイルにこのパラメーターを追加できます。 sp_add_agent_parameter:
EXEC sp_add_agent_parameter 1, 'MaxNetworkOptimization', 1

5.4 Meta Data Services

以下に、SQL Server 2000 Meta Data Services に適用されます。
5.4.1 メタ データ ブラウザー unicode 形式でのエクスポートします。

SP1 で導入されました。

メタ データ ブラウザーが XML ベースのメタデータを Unicode にエクスポートします。SQL Server 2000 SP1 の前に、ansi 文字コードは、英語以外の文字をサポートしていないブラウザーをエクスポートしました。この機能の変更は、ユーザーに対して透過的です。この SP2 のリリースでは、エクスポートされたデータは常に Unicode 形式で表されます。レジストリ キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Repository\Engine\XMLExport を「0」の値を設定することにより、まだに ansi 文字コードをエクスポートできます。次に、このレジストリ キーを設定することができます、値を表します。
  • NOOBJID = 1
  • NOHEADER = 2
  • インデント = 4
  • UNICODE = 8
  • LOGUNMAPPEDTAGS = 16
  • EXPORTBASE 32 =
各フラグの詳細については、「IExport::Export メソッド」を参照してください。 SQL Server オンライン ブック.

5.5 のデータ変換サービス

以下に、SQL Server 2000年データ変換サービス (DTS に) 適用されます。
5.5.1 DTS ウィザード文字列カラムを 255 文字に制限されていません

SP2 で導入されました。

データをテキスト ファイルにエクスポートすると、DTS のインポート エクスポート ウィザードは最大 8000 文字の string 型のデータを含む列を作成するのには、パッケージを構成します。

5.5.2 セキュリティ コンテキストの SQL Server エージェントで実行する DTS パッケージのログに記録

SP2 で導入されました。

SQL Server エージェントは、ジョブの各ステップを実行するセキュリティ コンテキストを記録します。SP2 以降では、ジョブの履歴] ダイアログ ボックスで、セキュリティ コンテキストが表示されます。ジョブ内のステップの DTS パッケージを実行すると、パッケージの実行] で、ユーザー アカウント SQL Server エージェント ログに記録します。この情報は管理者のアクセス許可とは、サーバー上で実行する DTS パッケージをスケジュールするときに発生する認証の問題を診断できます。

5.5.3 SQL Server エージェントのプロキシ アカウントの機能強化

SP2 で導入されました。

場合のジョブの実行、サーバーがユーザーの TEMP フォルダーの下では、アカウントにプロキシ アカウントへのアクセス SP2 以前では、サーバーに保存されている DTS パッケージ SQL Server エージェントのプロキシ アカウントの資格情報で実行できませんでした。 xp_cmdshell)、または (の場合エージェント ジョブ) は、エージェントが実行中します。このため、ユーザーは SQL Server または SQL のエージェント開始アカウントは、起動時にアクセスできないディレクトリをポイントして、C:\TEMP と同様に、プロキシ アカウントの TEMP 環境変数を調整しなければなりませんでした。SP2 には、DTS ユーザーの TEMP フォルダーが使用できない場合は、システムの TEMP フォルダーを使用するこれらの調整の必要性を大幅に削減する拡張されています。

5.6 仮想バックアップ デバイス API の機能強化

SQL Server 2000年仮想バックアップ デバイス API には、次の項目を適用します。
5.6.1 複数のデータベースに 1 つのスナップショットをキャプチャします。

SP2 で導入されました。

SQL Server 2000年を自社製品に統合するためには、独立系ソフトウェア ベンダーは、仮想バックアップ デバイス API をできます。この API は、最大限の信頼性とパフォーマンスを提供するエンジニア リングです。完全バックアップと復元の機能 SQL Server ホットおよびスナップショット バックアップの機能の完全な範囲を含む 2000 をサポートしています。

SP1 以降のバージョンでは、固定およびよりも 1 つのデータベースを一度にバックアップする方法はありません。SP2 は固定して、複数のデータベースに 1 つのスナップショットをキャプチャするためのサーバー側サポートを提供、 VDC_PrepareToFreeze コマンドです。

仮想バックアップ デバイスの指定では、SP2 の更新された情報を含む、 VDC_PrepareToFreeze コマンドです。仮想デバイス インターフェイスのヘッダー ファイル (vdi.h) の更新版 \devtools\include では、SP2 のセットアップ ディレクトリにあります。

6.0 英語クエリの機能強化

SP1 で導入されました。

マイクロソフトは、セキュリティ拡張機能は、English Query アプリケーションをリリースしました。この拡張機能は、Service Pack の一部としてはインストールされていません。ただし、English Query を使用している場合は、それを適用するをお勧めします。セキュリティ拡張機能、SP2 の CD-ROM フォルダー \EQHotfix 内にあります。English Query の機能強化に関する詳細は下記をご、 マイクロソフト製品サポート サービスの知識ベース.ナレッジ ベースの記事 297105 を参照してください。

7.0 Db-library と埋め込まれた SQL c

SP1 で導入されました。

Db-library および埋め込み SQL C のアプリケーション プログラミング インターフェイス (Api) の SQL Server 2000 でがもサポートされますが、これらの Api を使用するアプリケーションでのプログラミング作業を行うために必要なファイル SQL Server の将来のバージョンは含まれません。DB ライブラリと、埋め込まれた SQL の C を使用した既存アプリケーションからの接続は、SQL Server の次のバージョンではサポートされますが、このサポートも将来のリリースで削除されます。新しいアプリケーションを作成すると、これらのコンポーネントを使用しないでください。既存のアプリケーションを変更する場合は、これらのテクノロジへの依存を削除するのには、強くお勧めです。Db-library または埋め込みの SQL c の代わりに、SQL Server でデータにアクセスするには、ADO、OLE DB または ODBC を使用できます。参照してください。 SQL Server オンライン ブック これらのテクノロジの詳細については。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:889552 - 最終更新日: 08/03/2011 11:29:00 - リビジョン: 5.0

  • kbhowto kbinfo kbservicepack kbdatabase kbmt KB889552 KbMtja
フィードバック