SQL Server 2000年レポート サービス sp2 の sp2Readme_EN.htm ファイルへの追加

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:889641
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
はじめに
この資料で microsoft の最新の変更を説明します。SQL Server 2000年報告サービス サービス パックには記載されていない 2 (SP2)sp2Readme_EN.htm ファイルにします。この資料でには、修正するにが含まれています、元の sp2Readme_EN.htm ファイルです。

メモ Sp2Readme_EN.htm ファイルをダウンロードするのには、以下をご覧下さいMicrosoft の Web サイト:
詳細
SQL Server 2000年の Reporting Services では、次の問題SP2 現在いない io を sp2Readme_EN.htm ファイルにします。
  • インストールが完了したら、コンピューターを再起動する必要があります。SQL Server 2000 Reporting Services Service Pack 2。メッセージが表示されます。セットアップ プログラムが終了すると、システムを再起動します。
  • SQL Server 2000 Reporting Services をインストールしている場合して、コマンド ライン コマンドを使用して SP2 をセットアップ後に表示されないようにします。再起動すると、次のコマンドを使用します。
    再起動 ReallySuppress を = します。
  • クライアント側の印刷を無効にするを設定する必要があります、 EnableClientPrinting プロパティ False.その後、Microsoft インターネット インフォメーション サービスを再起動する必要があります。(IIS) を有効にするのには、新しいプロパティ。
  • SQL Server 2000年レポート サービス SP2 と Microsoft.NET Framework の文字列比較方法を並べ替え式では使用、レポート定義です。これは、以前のリリースからの変更です。以前のリリースでは、SQL Server の文字列比較のライブラリが使用されています。一部のロケールでは、データをレポートします。SQL Server 2000年を使用して処理されるとき、別の並べ替え順序が必要があります。レポート サービス SP2。この方法の詳細についてを参照してください、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイト。
次の項目がで正しく文書化されていませんがリリース ノート:
  • パブリッシュされたレポートでのセクション 4.4.3 非表示パラメーター:

    現在、readme ファイルには、次のテキストが含まれます。
    SP1 では、オフには、 メッセージを表示 パラメーターのフィールドとをレポート内の値を非表示にする] チェック ボックス。
    ただし、このテキストが正しくありません。選択する] をクリックする必要があります、ユーザーのプロンプト チェック ボックスします。オフにする必要があります、メッセージを表示 レポート マネージャーが正常に非表示にするフィールドをパラメーターのフィールドと値を使用します。
  • セクション 4.2.1 グラフのデータ要素。

    この問題はのみ行と面グラフに適用されます。 詳細については、Microsoft では、資料を表示する次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
    883675修正: SQL Server 2000年報告サービス サービス パック 1 でグラフの系列を既定の色を変更する場合に無効な値をグラフに表示されます。
  • 4.1.2 - プログラミングと Api をセクションします。

    このセクションでクライアントが、次のプロパティを表示します。 印刷 ActiveX コントロールはそのコントロールからは利用できません。
    • ロケール Id
    • CultureInfo
    次のプロパティで利用できます、 印刷 制御が、Readme.htm ファイルには記載されていません。
    • カルチャ
    • UICulture
    • 認証
    これらのプロパティの詳細についてを参照してください、次の MSDN Web サイトします。
  • 4.2.7 - 既定のスタイル シートをセクションします。

    このセクションで<htmlviewerstylesheet>プロパティを参照します。これは SP2 には含まれません、これには、次の Web サイトで利用可能な修正プログラム含まれています:</htmlviewerstylesheet>
関連情報
詳細については、次の資料番号をクリックしてください。Knowledge Base の記事を表示するのには
842440SQL Server 2000年の Reporting Services の最新の service pack を入手する方法
889640 一覧SQL Server 2000年報告サービス サービス パック 2 で修正されるバグ
語り継がれて

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:889641 - 最終更新日: 01/17/2015 09:25:21 - リビジョン: 7.0

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbtshoot kbsqlserv2000reportservsp2fix kbmt KB889641 KbMtja
フィードバック